陰毛 毛抜き。 ムダ毛処理でぶつぶつになった肌の改善法と適切な処理法まとめ

陰毛の長さはどれくらい?

陰毛 毛抜き

「眉毛が生えてこなくなった」の真相 ムダ毛が生えてこなくなったという話がよく出るのが 眉毛です。 眉毛は抜いて整えている人が多いですが、 長年抜いていたらだんだん生えてこなくなった、というもの。 実際にそんな経験がある人も多いのではありませんか? わたし自身も、約10年間ほど、毛抜きで眉毛を抜いていました。 そして、徐々に眉毛が生えにくくなったな、という実感もありました。 そして、今どうなっているか? 普通に生えてますけど!! 今は毛抜きをやめてシェーバーで剃るようにしていますが、何日も処理をサボっていたら普通にワサワサ生えてます。 実は、眉毛を抜き続けていると、たしかに毛根が弱ってしまって、毛が生えにくくなることはあります。 でも、 あくまでも一時的なものです。 抜くのをやめれば、徐々に毛根が回復してきてまた以前と同様に生えてくるようになるんです。 もちろん個人差もありますし中には半永久的に生えてこなくなる毛穴もありますが、それでも、「抜き続けていたらそのうち生えてこなくなる」と毛抜き処理を続けるのは危険です。 毛抜きを使うデメリットの方が大きい! 毛抜きで抜き続けていたらいつか毛が生えてこなくなって、自己処理からも解放される! とうのは幻想です。 毛抜きをやめればいずれまた生えてきます。 そして、それ以上に 毛抜きを使うデメリットがあるんです。 肌が荒れる危険性 毛抜きで抜くときには、 毛と当時に皮膚も引っ張られています。 また、毛がなくなった毛穴はぽっかり穴が空いた状態になり、 雑菌が入りやすい状態にもなっています。 その結果、肌荒れを起こしてしまうことも。 カサカサと乾燥したり、ブツブツになったりと、せっかくムダ毛を処理しても肌が汚くなってしまっては本末転倒です。 埋没毛になる危険性 毛を抜いたときに皮膚が傷つき、その後皮膚は再生させるので小さなカサブタになります。 そのカサブタが毛穴をふさいでしまい、再生してきたムダ毛が肌表面に出てこれらなくなってしまいます。 伸びてきたムダ毛は皮膚の内側で渦巻くように伸び、表面には出ていないけれどうっすら毛が透けて見える、というなんともおぞましい状態に。 これを、 埋没毛と言います。 皮膚がたるんでしまう危険性 毛と同時に皮膚を引っ張り続けることになるため、 肌のたるみにもつながると言われています。 わたしはこの話を聞いてから、眉毛を抜くのをやめました。 体の場合はそこまで大きな影響はなさそうですが、眉毛や鼻の下を毛抜きで抜いていると肌が垂れやすくなるのではないでしょうか。 体の毛は抜いても抜いても再生する! ここまで読んでそれでも毛抜きで抜いてやろうと思っている人はいないと思います。 が、念のために申し上げておけば、 体のムダ毛は「生えなくなる」なんていうことはありません。 眉毛は比較的毛根が弱いところで、抜き続けることによって毛が生えなくなることはあります。 しかし、 体のムダ毛に関しては、そんなに弱くありません。 抜いても抜いても、どれだけ憎しみを込めて抜いても、どんどん 再生してくるのです。 そもそも、毛の量が眉毛と比べても断然多いですよね。 脚とか。 どれだけ抜いたとしてもすべて抜ききるのは至難の業ではないでしょうか。 体のムダ毛を毛抜きで抜いていても、毛が生えなくなることはありません。 それどころか肌にダメージを与え、見た目が悪くなってしまうリスクの方が怖いです。 「毛抜きで抜いてムダ毛を撲滅しよう」なんて考えずに、ムダ毛をなくしたいなら素直に脱毛に通いましょう。 また、 自己処理としても毛抜きで抜くというのは最悪の手段ですので、 シェーバーで剃るなど、もっと肌の負担が少ない方法で処理するようにしてくださいね。

次の

おすすめ毛抜き:一度使ったらやみつきになる厳選毛抜き8選

陰毛 毛抜き

無理に毛を引っ張って抜くことは、毛根や皮膚へのダメージにつながってしまうことからあまり推奨されていない方法です。 これは、サロンなどで脱毛をする場合の自己処理においても同様で、できるだけ肌を傷つけずに毛を取り除ける方法で自己処理をおこないたいものです。 この記事では、脱毛前に毛抜きを使うことがなぜいけないのか、そして、やむを得ず毛抜きを使う場合の安全な使用方法についてご紹介します。 毛の除去さえできれば良いのでは?と思うかもしれませんが、実は脱毛前に毛を抜かないほうが良い理由がきちんとあります。 ・脱毛前に毛抜きを使ってはいけない理由とは? サロンでおこなっている脱毛法はおもに、毛に反応する光を照射して毛根に作用する「光脱毛」です。 一般的な光脱毛では、毛の黒い色素 メラニン に反応する仕組みのものが多いという特徴があります。 そのため、気軽にムダ毛を処理するには便利なグッズなのですが……。 ここでは、毛抜きやピンセットによる除毛の特徴や、トラブルの可能性についてご紹介します。 ・毛抜きやピンセットを使用した除毛の手順 毛抜きやピンセットで除毛する方法は、ご存じのとおり実に簡単です。 毛を1本ずつつまみ、そのまま引き抜くだけ。 ただし、抜くときに少しの痛みはありますし、1本ずつ処理しなければいけないので広い範囲をまんべんなく除毛するにはかなりの時間がかかります。 でもコストはほとんどかかりませんから、手軽な除毛方法として根強い人気があることはたしかです。 ・毛抜きやピンセットの使用で起こりうるトラブル 簡単な毛抜きでの除毛法ですが、毛や皮膚にトラブルを起こしてしまう可能性は低くありません。 もっとも多いトラブルは「埋没毛」といって、抜いた後にふたたび生えてくる毛が毛穴からきちんと生えてこず、毛根の内部で成長してしまう症状です。 痛みなどはありませんが、毛穴周りで毛がぐるぐると結び目のように伸びるためポツポツと目立って見えてしまいます。 また、さらに深刻なトラブルには「毛嚢炎」があります。 無理に毛を抜いたことで毛根の内部や周囲が傷ついてしまい、雑菌が入ることで炎症を起こす症状です。 赤く腫れたり膿んだりするなど、ひどくなれば皮膚科での治療が必要になってしまうかも>< その他のトラブルには、毛穴周りに刺激を与え続けたことで肌が黒ずんでしまう「色素沈着」も挙げられます。 でも、それをご存じなければ脱毛サロンに行く前にうっかり毛抜きでムダ毛処理をしてしまう可能性もゼロとはいえません。 ここでは、脱毛へ行く前に毛抜きで毛を抜いてしまったときの対処法についてご紹介します。 ・もし脱毛前に毛抜きで毛を抜いてしまったら? 脱毛前の毛抜きはNGですが、すでに処理してしまった場合は仕方ありません。 そのままサロンへ行っても脱毛の効果は少なくなってしまいますし、毛穴に見えない傷などがついていればさらに刺激を与えてしまう場合もあります。 気づいた時点で脱毛の予定を延期してもうことを検討しましょう。 脱毛サロンではキャンセルに関する規定が必ず設けられていますから、まずそれを確認しましょう。 サロンによってはキャンセル料がかかってしまうこともありますし、「当日のキャンセルは施術1回分の消化扱い」とするサロンもあります。 次の毛が生えるまでの期間もありますし、毛穴が炎症などを起こしていれば症状が収まるまでの時間も必要です。 だいたい1か月の期間を空けて、次回の予約日を変更してもらうとよいでしょう。 ・脱毛前はもちろん、脱毛後の毛抜きも実は良くない 脱毛後だからといって、毛抜きでの処理が安全になるということはありません。 脱毛前後にかかわらず、毛抜きで毛を抜くことはできるだけ回避したほうが良さそうです。 前日でも基本的には問題ありませんが、敏感肌の方は電気シェーバーを使用しても除毛直後は肌に赤味などが出る可能性があります。 それを考慮すると、2日前には電気シェーバーで処理して施術までに肌を落ち着けておくことがおすすめ。 また、施術前の自己処理には毛抜きを使うのがNGなのと同様、やはり毛を根元から抜いてしまう方式の「脱毛ワックス」「脱毛テープ」の使用も避けましょう。 それに、自己処理しなければならないからといって、剃りにくい箇所まで無理に剃ろうとしなくても大丈夫です。 背中やデリケートゾーンなど、自分で処理するのがむずかしければサロンでシェービングをお願いしましょう。 ただし追加シェービングに料金がかかるサロンもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。 医療レーザーは、光脱毛のフラッシュをさらに狭範囲・高出力にしたものですから、肌トラブルを抱えた状態で施術すると色素沈着などのダメージリスクが大きくなる危険があります>< また、医療レーザーも一般的な光脱毛と同様、メラニン色素に反応する性質を利用した脱毛法です。 毛を完全に抜いてしまうと施術の効果が低減してしまいますから、結局脱毛完了までの期間が延びてしまうことになります。 もちろんリスクはありますが、どうしても毛抜きを使わずにいられないという方は、以下のようにルールを決めておくと良いかもしれません。 ここでは、ダメージを極力減らしながら毛抜きを使うテクニックをご紹介します。 皮膚をやわらかくし、毛穴を開く 毛がスムーズに抜けるよう、事前に蒸しタオルなどで皮膚をやわらかくして毛穴を広げておきます。 同様の理由で、お風呂上りのタイミングに毛抜きを使用するという方法もあります。 毛を抜く方向は毛並みに沿って 抜くときは「逆毛」に抜かず、毛の流れの向きに沿って抜いていくようにしましょう。 無理やり抜かない 無理に毛を抜くことは、即ダメージに直結します。 抜きにくい毛は無理に抜かず、ラクに抜ける毛だけを抜いていくようにしましょう。 必ずアフターケアをする 毛を抜いた後は化粧水やボディローションなどを使い、必ず保湿と肌の引き締めをおこなっておきましょう。 何度も繰り返せばその状態が慢性的に続いてしまうため、毛穴の部分がポツポツして見えてしまうことも。 たとえば、ワキ毛をきちんと処理している人のなかにも毛穴だけポツポツして見える人が稀にいますが、おそらく過去に毛抜きでの処理を続けてきた経験があるのかもしれません。 特に、サロンやクリニックへ通っている間は毛抜きの使用は自粛しましょう。

次の

陰毛は毛抜きで抜かないほうが良い理由5選

陰毛 毛抜き

このページの目次• ムダ毛処理でぶつぶつができるのは「肌のバリア機能低下」が原因 カミソリや毛抜き、脱毛ワックス・テープ、光脱毛、医療レーザーなどは「肌の水分と皮脂」を失いやすく、バリア機能低下によるぶつぶつやポツポツも発生しやすくなります。 肌のバリア機能とは、水分と皮脂の薄い膜による防衛機能を指し、ウィルスや細菌の侵入を防いだり紫外線の影響を抑える働きをしています。 カミソリや毛抜きは皮膚に傷ができやすく、そこから細菌が侵入して赤いぶつぶつ 毛嚢炎 ができたり、皮膚のなかに毛が埋まってぽつぽつが目立つことがあります。 これらのぶつぶつは自然と治ることが多いですが、繰り返し発生するとぶつぶつが悪化することもあります。 重度のぶつぶつは手術や皮膚移植を必要とすることもあり、後遺症で「シミ」や「肌のデコボコ」が残る可能性が高くなるので、普段から ムダ毛処理は正しく行い、肌のバリア機能を高める「保湿」を行うことが重要になってきます。 重度のぶつぶつの方はページ内「」を参考にして下さい。 正しいムダ毛処理でぶつぶつの予防と悪化防止ができる 正しくムダ毛処理を行うことはぶつぶつの発生や悪化を防ぐのに役立ちます。 そのなかで最も肌負担が少なくぶつぶつ等の肌トラブルが起きにくいのは電気シェーバーとなりますが、ムダ毛処理ごとに正しいポイントも変わってきますので把握しておくとよいです。 ・ カミソリの正しい使い方 カミソリは肌負担を抑えながら滑らかに剃れるよう、毛穴を開いてからシェービング剤を使用して順剃り 毛の流れに沿って剃る をします。 ・ 毛抜きの正しいムダ毛処理法 毛抜きはムダ毛が掴みやすく切れにくいものを選び、毛の流れに沿って丁寧に抜いたあとに水で洗い流すかウェットティッシュなどで清潔にして雑菌が繁殖しないようにします。 ・ 除毛クリームはパッチテストが必須 除毛クリームはムダ毛が隠れるほどたっぷり塗り、肌に優しい弱酸性の石鹸やボディソープでしっかり洗い流します。 事前のパッチテストでは二の腕の内側に10円玉ほどの量の除毛クリームを塗り、24時間以内に赤みやかぶれなどのアレルギー反応がなければ問題なく使用できます。 ・ ワックス脱毛と脱毛テープは少ない肌刺激でしっかり除毛する ワックス脱毛と脱毛テープを使用する場合はベビーパウダーをあらかじめ塗ることで肌刺激が抑えられます。 1回でしっかり除毛できるよう、使用時は真上に引っ張るのではなく、低い角度で毛の流れの逆方向に思い切って引っ張ってください。 ワックス脱毛やテープの使用後は1~2時間ほどヒリヒリや赤みが出やすいので、冷たいおしぼりや保冷剤をあてて冷やすと早く落ち着きます。 ・ 電気シェーバーは種類ごとの剃り方を行う 回転刃式の電気シェーバーは円を描くように剃り、その他のタイプは逆剃りが一般的となります。 電気シェーバーにはドライ剃りやウェット剃りタイプなどがあるので使用する種類の使い方を確認し行いましょう。 ムダ毛処理後のぶつぶつ改善には「保湿」が最良 ムダ毛処理後のぶつぶつ・ポツポツの改善には、保湿ケアを行って肌に潤いを与えバリア機能の維持と向上をさせることが大切です。 保湿には「肌に潤いを与える」「炎症を抑える」「毛穴を引き締める」の3つの作用があり、肌のバリア機能を維持するうえで最良の方法のため、正しく ムダ毛処理をした後は「朝・入浴後(または就寝前)」に保湿を欠かさず行うようにして下さい。 保湿では肌への密着性が高いクリームがよく、保湿力が高い 「セラミド」や「ヒアルロン酸」の成分を含むものがオススメです。 さらに詳しい情報は?ムダ毛処理後に適した保湿クリームの選び方や使い方はにまとめていますのでご参考ください。 【体質的・遺伝的に肌のバリア機能が弱い方の保湿剤の使い方】 「乾燥肌」「敏感肌」「アトピー肌」の方は肌のバリア機能が弱く、ムダ毛処理後にぶつぶつや赤み が発生しやすい体質と言えます。 主に遺伝が原因の「毛孔角化症(モウコウカクカショウ)」「毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)」は鳥肌のように毛穴が目立つ症状があり、ムダ毛処理でぶつぶつが悪化しやすい状態にあります。 毛孔性苔癬の症例 上記に該当する方はぶつぶつ予防・改善のためにムダ毛処理の頻度を「週に1回」または「2週間に1回」に減らし、「1日に数回(朝・昼・入浴後・就寝前)の保湿」を徹底して行いましょう。 ただし、症状が重度の場合は皮膚科や美容クリニックでの診察をおすすめします。 埋没毛の場合は、角質除去ができる「スクラブ」を行うことで改善が見込めます。 スクラブの使い方や選び方は以下でまとめていますので参考ください。 参考ページ: 4. ぶつぶつが重度の方は皮膚科での治療がおススメ 重度のぶつぶつで強い炎症が起きていたり、症状が悪化していく方は「皮膚科」での治療を検討したほうが良いです。 皮膚科では「炎症の抑制」と「ぶつぶつの治療」を主に行い、肌の状態によってはビタミン剤やかゆみ止めを別途で処方することもあります。 ・炎症を抑える治療法 毛穴に炎症や膿、出血が起きている場合は「抗菌剤」や「抗生物質」「ステロイド剤」などの飲み薬や塗り薬を使用して炎症を抑制しぶつぶつを改善します。 これらの薬は肌で繁殖した菌を殺菌する役割があり、2~3か月ほどの使用で症状が落ち着いていきます。 ただし、これらの薬剤を半年以上などで長期使用すると、菌が耐性を持ってしまい効力が薄くなることがあるので、あくまで対処療法となります。 費用は保険適用で2~3ヵ月分2,000円前後となります。 尿素はもともと身体の中に存在する成分で高い保湿力があり「肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の促進」に役立ち、肌刺激も少ない傾向にあります。 尿素は市販の化粧品やクリームにも配合されていますが、皮膚科処方は純度・濃度が高く、余分な成分(ヒアルロン酸やセラミドなどの他の保湿成分)が入っていないため市販品よりも効果が得られやすいです。 尿素の副作用でかゆみが現れることもありますが、その場合はかゆみ止めと併用しながら処方することもあります。 費用は保険適用で1ヵ月分180~300円 約25g ほどとなっています。 カラダのぶつぶつを一時的に隠す方法 すぐにカラダのぶつぶつを隠したい場合、顔や腕なら化粧品、足ならストッキングが一般的です。 なかでも顔や腕のぶつぶつは、ダメージを受けた肌を保護しながらシミや肌荒れをうまく隠すBBクリームがおすすめです。 BBクリームは保湿成分や美容液成分を含み、ファンデーションや化粧下地、日焼け止めの機能まであるオールインワン化粧品で肌をケアする効果もあります。 さらにコンシーラーも併用すると目立つぶつぶつでも長時間隠すことが可能です。 足のぶつぶつをうまく隠すストッキングには足の指先部分だけ隠れていないタイプもあり、ミュールやサンダルを履く方や、ペディキュアを見せたい方でも使えるものがあります。 BBクリームはドラッグストア・コンビニ・アマゾン、ペディキュア見せもできるストッキングは主にアマゾンや楽天で販売されています。 まとめ ムダ毛処理後にぶつぶつや肌荒れが起きる主な原因は「肌のバリア機能の低下」で、 肌の水分や皮脂量が少なくなって乾燥が起き、細菌の侵入や繁殖しやすい状態になることが肌トラブルを招いています。 特にカミソリや毛抜きなどは肌に小さい傷や炎症がつきやすく、そこに雑菌が入りぶつぶつや毛嚢炎になることも多いです。 これらのぶつぶつを根本から予防・改善するには「正しいムダ毛処理 」または「肌負担の少ないムダ毛処理」と「朝・入浴後の保湿」を行うことが欠かせません。 ぶつぶつが重度だったり悪化していく場合は、皮膚科で肌状態をみてもらい必要な治療を受けるようにして下さい。 ぶつぶつを一時的に隠したいときは足ならストッキング、顔や腕ならBBクリームやコンシーラーがおすすめです。

次の