ビットポイント。 ビットポイント:行政処分の解除から2週間で襲った不正流出──小田社長、声を震わせた90分会見

BITPoint(ビットポイント)を解約する手順は?【画像付き】

ビットポイント

BITPoint ビットポイント って? は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。 2017年9月29日は金融庁に正式に 仮想通貨交換事業者として登録されました! 金融庁発表 2018年1月17日付 会社概要• 社名 株式会社ビットポイントジャパン• 設立 2016年3月• 代表名 小田玄紀• 所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階• 資本金 44億3000万円 資本準備金含む 取り扱い通貨 は現在 5種類の通貨を扱っています。 国内の取引所で 手数料がかからずRipple XRP を購入できるのは とだけです。 仮想通貨の取り扱い種類は多いとは言えませんが、ビットコイン取引だけは 外貨でも取引が可能です。 BITPointで可能な外貨は以下の3種類です。 米ドル• ユーロ• BITPoint ビットポイント のメリットは? 手数料が無料 では、キャンペーン期間なしで全ての売買手数料が無料です。 売買手数料の他に、入出金手数料も無料です。 MetaTrade4を専用FX取引専用ツールとして採用 FX取引では MetaTrader4 MT4 というFXツールを利用して取引します。 現在では世界中750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されているとても優秀なトレードツールです。 現物取引とは異なる 本格的なFXトレードツールで、標準で多数の分析指標ツールを搭載し、自分で 自動売買を設計できたり 、 誰かが作った相場分析指標をダウンロードして自分の取引画面に反映する こともできます。 MetaTrader4 メタトレーダー4 は、2005年の発売以来わずか数年で世界中の金融機関や個人投資家の中で大人気となり、現在では世界中750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されています。 また、MetaTrader4には、のほか、スマートフォン取引ツールとしてならびにがあります。 レバレッジ最大25倍まで設定が可能 で行える取引 「現物取引」「レバレッジ取引 信用取引 」「FX取引」の3種類があります。 BITPointでは現物取引とレバレッジ取引は同じ画面で行うことが出来ます。 レバレッジは 2倍・5倍・10倍・25倍の中から自分で選択することができます。 レバレッジを設定する場合は現物取引、設定しない場合は信用取引として取り扱われます。 スマホアプリが使いやすい パソコンと同じようにスマホ画面でもスムーズに取引できます。 スマホユーザー向けに見やすく使いやすいデザインを提供しています。 セキュリティレベルが高く安心して使える は高度なセキュリティが特徴です。 BITPointの取引システムは、 楽天証券の元CTO(最高技術責任者)の原田 勉氏が開発し、 証券会社レベルの高いセキュリティを実現しています。 また、BITPointは 東証マザーズ上場企業である株式会社リミックスポイントの完全子会社であり、親会社の知名度や財務的な安全性を考えるととても信頼できる取引所であると言えます。 セキュリティも下記の基準で設定しています。 ・2段階認証 ・マルチシグネチャを採用 ・コールドウォレットに保管・管理し、ハッキングを防止 ・顧客資産と会社資産の分別管理 またが破綻した時に投資家の資産を守る仕組みとして、 日証金信託銀行との提携を行っています。 が破綻しても信託会社から資産が返金されるため、安心してに資産を預けることができますヽ• BITPoint ビットポイント のデメリットは? 取引が成立しにくい はCoincheckやBitflyer、Zaifなど日本の主要な取引所に比べてユーザーが少なく取引板に注文が並ぶ数が少ないです。 よって指値注文をしても、希望の相場で取引が成立しないことがあります。 クレジットカード入金ができない。 日本のCoincheckやBitflyer、Zaifなど日本の大手取引所はどこもクレジットカード入金に対応しています。

次の

BITPoint(ビットポイント)を解約する手順は?【画像付き】

ビットポイント

BITPoint(ビットポイント)の出金方法は2種類 まずはBITPoint(ビットポイント)の出金方法は2種類(日本円出金、仮想通貨出金)についての概要をまとめます。 出金方法によってメリット、デメリットがあるのでしっかりと確認してください。 また、実際の出金方法などについては次の項目で詳細をまとめます。 出金の取引画面の使い方などを知りたい場合は次の項目に移動してください。 日本円での出金の概要 日本円での出金についてはすぐにイメージできることでしょう。 あなたのBITPoint(ビットポイント)の口座に日本円が残っていたらその日本円を出金することができます。 出金先はあなたがBITPoint(ビットポイント)の口座開設した時に指定した口座になります。 また 出金の金額に関係なく振込みに係る銀行振込手数料(実費324円)が必要になります。 よって、小さい金額で頻繁に出金を行うと手数料が積み重なって損だと考えてください。 ケースバイケースですが出金はなるべくまとめた方がいいでしょう。 仮想通貨のままでの出金(送金) BITPoint(ビットポイント)では仮想通過を出金(送金)することも可能です。 出金(送金)できる仮想通貨はBITPoint(ビットポイント)で取引ができる「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「イーサリアム」「ライトコイン」「リップル」の5種類。 日本円での出金があなたの所有する口座にしか出金できないのに対して、仮想通貨の出金(送金)は自由度が高く他人の口座(送金先アドレス)に送ることができます。 また 送金する際の手数料は無料。 すごく便利です。 ただ便利な分だけ詐欺などで仮想通貨を取られてしまう可能性もあり他人の口座に送金する時は細心の注意を払う必要があります。 よほど信頼できる相手以外には送金しないようにしてください。 仮想通貨の送金手数料は無料ですがリップルについては受金側が初めての場合、20リップル(XRP)のアドレス有効化費用が必要となります。 これは受金側の口座での負担になります BITPoint(ビットポイント)日本円での出金(送金)方法と反映タイミング それでは実際にBITPoint(ビットポイント)取引画面で出金する方法や口座に反映されるタイミングなどについてまとめます。 パソコン画面での振込方法を解説しますがスマホ画面でも基本的な操作は同じ、取引の流れを確認してください。 BITPoint(ビットポイント)日本円での出金方法 日本円で出金する手続きは以下の画面の通り、BITPoint(ビットポイント)画面上部メニューの[入出金・振替]-[出金]の順で操作します。 すると以下の画像の通り、画面左側にあなたがビットコイン口座開設の際に指定した出金先口座が表示されます。 まずは出金先口座が間違っていないか確認ください。 次に右側の画面で出金する金額を入力します。 全額出金する場合は指定方法で全額にチェックを入れてください。 金額を指定したら確認ボタンをクリックします。 すると以下のように最終確認画面が出てきます。 出金額などに間違いがないか確認して口座開設の際に設定した取引暗証番号(ログインパスワードとは違うので注意)を入力し、出金依頼のボタンをクリックすれば出金の申請が完了です。 あとは自分の口座に入金されるのを待つということになります。 日本円での出金が反映されるタイミング 出金日(振込予定日)は先の画面で確認できます。 4月5日に出金依頼をして4月9日に出金日ということで少し遅いようにも感じますがこれは予定通りです。 何故少し送れるのか解説しますね。 BITPoint(ビットポイント)側で出金依頼を受け付けるのは毎日16時になります。 従って16時以降に先の方法で出金を依頼すると翌日の16時にBITPoint(ビットポイント)側は出金依頼を受け付けます。 例えば月曜日の15時に出金依頼をすると当日の16時にBITPoint(ビットポイント)側で出金依頼を受け付けます。 その2営業日後の水曜日に出金。 月曜日の16時以降に出金依頼をすると翌日の16時に受付となるので木曜日の出金という形になります。 これが週末を挟むと翌々営業日というのが翌週になるので今回の出金依頼のように4日も後になるわけです。 水曜日の16時以降は翌週の反映になるので注意してください。 以下にBITPoint公式サイト出金依頼のタイミングと出金予定日の一覧表を引用したので確認ください。 出典元: BITPoint(ビットポイント)仮想通貨の送金方法と反映タイミング 次に仮想通貨のままで出金(送金)する方法と送金が反映されるタイミングについてまとめます。 パソコン画面での振込方法を解説しますがスマホ画面でも基本的な操作は同じ、スマホで操作する人も取引の流れを確認してください。 仮想通貨の送金方法と手数料 BITPoint(ビットポイント)にて仮想通貨で出金(送金)する手続きは以下の画面の通り、BITPoint(ビットポイント)画面上部メニューの[入出金・振替]-[仮想通貨送受金]-[送金(送付)]の順で操作します。 すると以下の画面に移ります。 画面右側には現在保有の仮想通貨と保有量の一覧が出ます。 当然のことながら保有量以上の仮想通貨を出金(送金)することはできません。 更に画面を下がっていくと以下の通り、送金取引画面が出てきます。 最初に取引する仮想通貨を選びます(BTCのところをクリックすると一覧が出てくるので選択)。 次に出金(送金)先のアドレスを入力、そして送金額を指定し、あとは暗証番号を入力して確認ボタンを押してください。 次に確認画面が出るので送金額、BTC換算額に間違いがないことを確認ボタンを押して仮想通貨での出金(送金)依頼が完了します。 仮想通貨の出金(送金)が反映されるタイミング 送金依頼後、送金先へ着金するまでにおよそ約10分から30分がかかります。 また、各仮想通貨の送金取引依頼が急激に増加した場合、在庫が不足する場合があります。 その場合、送金の実行には数日の時間がかかる場合もあります。 仮想通貨の出金(送金)数量の制限 BITPoint(ビットポイント)での仮想通貨の出金(送金)には下限と上限があります。 例えばビットコインであれば0. 01BTC以上でないと出金できません。 また、最大で1000BTCまでの出金となります。 また仮想通貨の出金は下限と上限の間であれば小数第8位まで指定することができます(リップルのみ小数第6位まで)。 以下、各仮想通貨の下限と上限をまとめたので確認ください。 下限値 上限値 ビットコイン(BTC) 0. 01BTC 1,000BTC ビットコインキャッシュ(BCH) 0. 02BCH 1,000BCH イーサリアム(ETH) 0. 1ETH 5,000ETH ライトコイン(LTC) 0. 1LTC 1,000LTC リップル(XRP) 10XRP 100,000XRP 仮想通貨の送金の注意点など 送金先のBTC受金アドレスや送金額に間違いがないかしっかりと確認ください。 送金依頼を出した後に取り消しができません。 特に送金アドレスを打ち間違うと取り返しが付かないことになる可能性があります。 誤った送金アドレスに送金依頼を出してしまった場合はBITPoint(ビットポイント)側ではどうしようもなく、送金先に問い合わせるしかありません。 BITPoint(ビットポイント)の出金まとめ• BITPoint(ビットポイント)の出金は日本円での出金と仮想通貨の出金(送金)の2種類• 日本円での出金の場合は依頼日の2営業日後に反映。 また、324円の手数料が必要• 仮想通貨の出金(送金)の場合、通常は送金依頼の約10分から30分後に反映。 また、出金(送金)の手数料は無料 今回はBITPoint(ビットポイント)の出金方法と反映のタイミングなどをまとめました。 日本円での出金は最短でも2日後です。 余裕をもって出金依頼をする必要があります。 一方で仮想通貨の出金(送金)の場合はほぼ当日で便利。 ただしリスクもあるので慎重に出金(送金)依頼をしてください。

次の

【評価】ビットポイント(BITPOINT)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

ビットポイント

レバレッジとは レバレッジをかけると少ない元手でも大きな金額の取引をすることができます。 例えば、 1万円の元手でレバレッジ4倍をかけると4万円で取引することになり、レバレッジが高ければ高いほどハイリスク・ハイリターンの取引になります。 売りから入ることができる ビットコインFXでは 売りから入ることができます。 今まで現物に慣れていた人にとってはどういうことか想像がつきにくいかもしれませんが、 先に売ったコインを後に買うことができるイメージと思ってもらえればオッケーです。 つまり、 通貨の価格が下がると利益がでるという仕組みになります。 MT4を利用することができる ビットポイントならMetaTrader4、通称 「MT4」と呼ばれるテクニカルツールを利用することができます。 ビットポイントは日本で初めてMT4を使えるようになった取引所です。 ビットポイントFXではこのMT4を使っての取引となります。 MT4とはMT4は世界中で使われる 様々なテクニカル指標を網羅したテクニカルツールです。 MT4を使えば誰でもプロのような高度なテクニカル分析をすることができるようになります。 また、 自分でロジックを組んで自動売買をすることもできます。 スマホでアプリをダウンロードできるのでぜひ実際に触ってみてください! パソコンで使う場合は公式サイトからダウンロードできます。 デモ版もありますよ! ビットポイントFXとレバレッジ取引との違い 実はビットポイントには ビットポイントFXの他にレバレッジ取引があります。 少し特徴が違うのでここで違いを説明していきます。 やはりビットポイントFXなら「 MT4を使える」という点で非常にメリットが大きいと思います。 ビットポイントFXの手数料 ビットポイントでFXするときの手数料がこちら。 以下の記事で口座開設方法について詳しく解説しています!• クイック入金• 振込入金 クイック入金であれば手数料かからずに即座に入金することができます。 振込入金だと振込手数料がかかるのでクイック入金を使うのがおすすめです。 *振込手数料は自己負担です ビットポイントFXのやり方 ビットポイントFXはMT4を使って取引をします。 注文の仕方は4つに分けられます。 成行注文:値段を指定せずにその時の値段で注文する方法• 指値注文:値段を指定して注文する方法• OCO注文:異なる2つの注文を同時に出してどちらかの注文が約定したらもう片方の注文を取り消す方法• IFDOCO注文:1つの注文が通ったらOCO注文を出す方法 おなじみの成行注文、指値注文以外にもOCO,IFDOCO注文を使うことができます。 PCで注文する PCの場合は公式サイトからダウンロードできます。 Windowsの用意をしましょう。 「ツール」から新規注文をします。 注文画面は以下のようになっており、 通貨ペア、数量、注文種別、売りか買いかを選択して注文を行います。 板取引をするときは右クリックをして 「板注文画面」を選択します。 取引したい価格と注文方法を選びましょう。 アプリで注文する まだアプリをインストールしていない方はこちらからどうぞ! MT4のアプリを開いて 「設定」から「新規口座」を選択し、検索欄に「BITPoint」と入力します。 トレードするときは下の「トレード」「チャート」「気配値」のいずれからでも移ることができます。 「トレード」から移る場合は 右上の+ボタンをクリックし「トレード」を選択します。 「チャート」から移る場合は チャートを直接ダブルクリックし、「トレード」を選択します。 「気配値」から移る場合は取引したい 通貨ペアを選択して「トレード」をクリックします。 取引画面は以下のようになっています。 「Buy」で購入し、「Sell」で売ることができます。 ロスカットとは 含み益が増えて証拠金維持率が下がり、強制的に建玉を約定させられることです。 ロスカットは証拠金がマイナス 借金をすることに等しい にならないようにする制度ですが、 相場が急に動くとロスカットが発動しないときもあります。 借金を負わないためにも損切りラインを設けたり無理なレバレッジで取引をしないことが重要です。 ビットポイントFXまとめ ビットポイントではMT4を利用したビットポイントFXをすることができます。 MT4での取引をしてみたい方や高いレバレッジで取引したい方にはうってつけの取引所です。 まだビットポイントで口座開設していない方もこの機会にしておきましょう!口座開設だけなら無料ですしね!• 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の