デンソーテン 強み。 企業ホームページにて、「1分で分かるデンソーテン」を公開~約1世紀に及ぶ、当社の軌跡や強みが早わかり!~|プレスリリース|デンソーテン

企業ホームページにて、「1分で分かるデンソーテン」を公開~約1世紀に及ぶ、当社の軌跡や強みが早わかり!~|プレスリリース|デンソーテン

デンソーテン 強み

デンソーは2018年10月31日、東京都内で開いた決算説明会において、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトと立ち上げる新会社の戦略について言及した。 自動運転の統合制御用ECU(電子制御ユニット)のソフトウェアを開発する新会社をデンソー、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトの共同出資で設立する。 また、電動車の駆動モジュールを開発、販売する新会社もアイシン精機とデンソーで立ち上げる。 新会社2社の設立は2019年3月の予定だ。 デンソー 取締役社長の有馬浩二氏は、「部品メーカーが一緒になって何をできるか、どう貢献できるか、動き出した結果が2つの新会社だ。 クルマは部品を組むだけでは完成しない。 トヨタとは今まで以上に距離感を縮めなければいけない。 ソフトウェアの領域は特にそうだ。 ソフトウェアを実装するプロセスがないとクルマは動かない。 ソフトウェアの実装は自動車メーカーではなくティア1が果たすべき役割だ。 きちんと貢献できるようにしていきたい」と説明した。 トヨタグループの連携を強化する背景(クリックして拡大) 出典:デンソー 自動運転車の大脳から小脳まで トヨタ自動車は、「ホーム&アウェイ」の視点でグループ全体を対象に事業の見直しを進めている。 「ホーム」は現地現物で自分たちで付加価値を持たせることができ、競合と比較して競争力で勝っている事業や地域を指す。 「アウェイ」は、他社が多くの優位性をもつ事業や地域を意味する。 グループ内の事業を「ホーム」の会社に集約することにより生産性を向上し、グループ全体の競争力を強化する。 統合ECUのソフトウェア開発も、ホーム&アウェーになっている。 デンソー 専務役員で技術開発センター担当の加藤良文氏は、トヨタ自動車との役割分担について、「TRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)は上位のアルゴリズム開発を担う。 できたアルゴリズムを効率的に、安定したソフトウェアのコードに直して実装することが4社の役割になる。 統合ECUのソフトウェアを開発する新会社の位置付け(クリックして拡大) 出典:デンソー 新会社がターゲットとするのは、レベル3以上の自動運転車の統合ECUだ。 「レベル3に限りなく近いレベル2でもまだやることがある」(加藤氏)。 レベル3以上の自動運転システムでは、ドライバーではなくシステムが周辺監視の主体となるため、人工知能(AI)技術も必要になる。 しかし、AIのアルゴリズムを車載品質で搭載することは簡単ではないと強調した。 統合ECUに対する要求水準について、加藤氏は「高性能で複雑なチップを信頼性を確保して実装し、熱対策も踏まえて安定的に動作させること。 機能安全や冗長性への対応、ソフトウェアを車載品質で遠隔から書き換える機能も必要になってくる。 (4社でやるのは)アウディ(Audi)の統合ECU『zFAS』よりもかなり難しいコンピュータになるだろう」と説明。 また、AIのアルゴリズムをベンチャー企業も開発していることについては「機能安全を満たすことが技術的なハードルになっているようだ。 ROS(Robot Operating System)で自動運転システムを構築してもクルマにそのままでは実装できない。 クルマ向けに焼き直すのは骨が折れる作業だ。 自動車メーカーにアルゴリズムを提案しても、『機能安全を満たしてほしい、ティア1サプライヤーと一緒に来てくれないか』といわれるそうだ。 近頃はそういう話を多くいただいている。 ティア1の方が偉いということではない。 組んでくれる会社とは積極的にやっていきたい」(加藤氏)と述べた。 モーター専業でないからこその強み アイシン精機と折半出資で立ち上げる新会社は、2020年代の早い段階で収益が立つ見通しだ。 電気自動車(EV)だけでなく、ハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)も含めて関心を寄せられているという。 モーター専業のサプライヤーに対する新会社の強みとして、アイシン精機のギアトレーン技術とデンソーが持つインバーターの小型化技術を挙げる。 「ギアトレーンとパワーエレクトロニクスの組み合わせで電動アクスルができる。 電動車の種類ごとに、パワートレイン、インバーターやギアトレーンへの要求は千差万別になる。 なるべく少ない商品の組み合わせでカスタマイズして対応する場合には、デンソーとアイシンに一日の長がある。 モジュール化したチューニング方法を開発して対応していく」(加藤氏)。 中国市場向けでは、HVの引き合いも強いという。 「中国ではEV市場の拡大が見込まれているが、各社ともEVだけを投入する戦略ではない。 HVの場合はエンジンとの適合開発がある。 新会社では1モーターと2モーター、どちらのシステムもやるが、2モーターは特に適合が難しい。 モーター専業のサプライヤーよりも、ティア1サプライヤーがやる方が絶対に良い」(加藤氏)。 関連記事• デンソー、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトの4社は2018年8月27日、自動運転の統合制御用ECU(電子制御ユニット)のソフトウェアを開発する新会社設立の検討開始に合意したと発表した。 出資比率はデンソーが65%、アイシン精機が25%、アドヴィックスとジェイテクトが5%ずつとなる。 また、同日付で、アイシン精機とデンソーは、電動車の駆動モジュールを開発、販売する新会社を折半出資で設立することも公表した。 トヨタ自動車は主要な電子部品事業をデンソーに集約する検討を始めた。 2019年末をめどにトヨタ自動車 広瀬工場が担う電子部品の生産をデンソーに移管する方向で協議している。 2022年以降は電子部品の量産開発機能もデンソーに集約する。 デンソーの中長期的な要素技術の開発を担う先端技術研究所。 自動運転車はドライバーの認知、判断、操作を代わりに行わなければならない。 知覚はセンサー、判断はコンピュータが担う。 その意思決定の通りにクルマを曲がらせるための筋肉と小脳はどう代替するか。 ジェイテクトは2018年7月12日、伊賀試験場(三重県伊賀市)で報道など向けに製品・技術体験会を実施した。 体験会では、トヨタ自動車のコンパクトカー「オーリス」をベースに開発中の「高剛性ハブユニット」や「トルセン タイプD」を搭載した車両に試乗することができた。 コンパクトカーの走行性能を向上させる2つの部品について紹介する。 アウディジャパンは2018年9月5日、東京都内で会見を開き、フルモデルチェンジした「A8」と「A7 Sportback」を日本で発売すると発表した。 両モデルとも、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムや、全面タッチパネルのインフォテインメントシステムなど新技術を採用した。 A7 Sportbackは同年9月6日から、A8は同年10月15日から販売を開始する。 関連リンク•

次の

企業ホームページにて、「1分で分かるデンソーテン」を公開~約1世紀に及ぶ、当社の軌跡や強みが早わかり!~|プレスリリース|デンソーテン

デンソーテン 強み

略称 デンソー、DENSO、DN 本社所在地 〒448-8661 昭和町1丁目1番地 設立 (日本電装株式会社) 事業内容 部品の研究・開発・生産 代表者 () (代表取締役副社長) (同上) 資本金 1874億57百万円 (2015年3月31日時点) 発行済株式総数 7億9406万8713株 (2018年3月31日時点) 売上高 連結:5兆1535億 (2020年3月期) 営業利益 連結:4126億76百万円 (2018年3月期) 純利益 連結:3434億44百万円 (2018年3月期) 純資産 連結:3兆7742億93百万円 (2018年3月末時点) 総資産 連結:5兆7644億13百万円 (2018年3月末時点) 従業員数 連結:17万932人 (2020年3月末時点) 決算期 主要株主 株式会社 24. (21年)以来、自動車部品業界では国内最大手である。 概要 [ ] 前身はの開発部門であり、現在もに属している。 (24年)に日本電装株式会社として創業以来、トヨタ自動車を中心に自動車用部品を拡販し、現在では世界の主要なに幅広い製品を供給するメガサプライヤーである。 36カ国に拠点を置き、従業員数は約15万人、売上高は(平成30年)3月時点で約5兆円である。 自動車部品業界では、独、独に次いで世界第3位。 主な製品はの熱機器関連、関連(各種、、、、、システム)、関連、関連、関連である。 自動車部品を広範囲に扱っているが、センサ技術を応用した産業用(が機体開発に協力した)分野にも参入した。 また近年、分野やヘルスケア分野、情報分野、製品としてはセーバーや基礎など、様々な取り組みもしている。 には Nippon Denso から取られたNDで始まる型番の機器を生産 、また を中心にも供給していた。 (平成19年)まで細々とではあるがの「デジタル・カーホン」を生産していた。 携帯電話になどを転送する際に使われる、の開発を行ったのも同社である。 QRコードは同社のである株式会社のである。 冷媒給湯器「」は同社と、が共同開発した技術である。 CO2カーエアコンの開発技術を生かして製品試作段階から深くかかわっている。 現在も向けエコキュートの生産を行っている。 「エジェクタサイクル」を世界で初めて実用化に成功させた。 電流を細かく制御することで産業装置から家電製品にまで革命を起こした「」以来の大発明と言われる。 刈谷本社は、が導入されており、 コアタイム 10時10分 - 14時25分 が決まっている。 (平成27年)度から、夏に朝型勤務を促す活動「モーニングシフト」を積極的に取り組んでいる。 期間中は効果があり、定時より早く帰宅でき、そこから女性社員を中心に自身の勤務時間を見直す動きも出ている。 2018年度によると、海外勤務者数がトヨタ自動車に次ぎ、日本で二番目に多く、これは、など大手の商社よりも多い。 沿革 [ ]• (24年) - トヨタ自動車の赤字部門であった「電装部」が分離独立、「 日本電装株式会社」として創業。 (昭和28年) - ドイツのと電装品に関する技術提携を締結。 (昭和29年) - 技能養成所を開設。 (昭和30年) - 準備室を開設。 (昭和36年) - を受賞。 (昭和40年) - 池田工場及び広島工場の操業開始。 (昭和41年) - 米国に営業所を、とに出張所を開設。 (昭和42年) - 安城製作所の操業開始。 (昭和43年) - 研究室を開設。 (昭和45年) - 西尾製作所の操業開始。 (昭和46年) - ロサンゼルスに初の海外販売会社を設立。 (昭和47年) - 、に初の海外生産会社を設立。 (昭和49年) - 高棚製作所の操業開始。 (昭和52年) - で初の金メダルを獲得。 (昭和54年) - 生産賞を初受賞。 (昭和57年) - 大安製作所の操業開始。 (昭和59年) - 額田テストコースを開設。 (昭和62年) - 幸田製作所、豊橋製作所の操業開始。 (2年) - 阿久比製作所の操業開始。 (平成3年) - 基礎研究所の設立。 (平成6年) - デンソー基本理念を制定。 (平成8年) - 現社名「 株式会社デンソー」に社名変更。 (平成10年) - 善明製作所の操業開始。 (平成12年) - 「デンソーエコビジョン 2005」を策定。 (平成13年) - 網走テストセンターを開設。 (平成14年) - 国内全事業所で達成。 (平成16年) - 長期経営指針「DENSO VISION 2015」を策定。 (平成17年) - タイに初の海外地域研修センターを設置。 (平成25年) - デンソーグループ2020年長期方針を策定。 (平成28年) - デンソーエコビジョン2025を策定。 (平成29年) -• 1月1日- ブランドスローガン「Crafting the Core」を策定。 4月1日-アスモ株式会社 静岡県湖西市 を経営統合により、自動車用小型モータの生産拠点としてデンソー湖西製作所を設置。 6月21日 - モビリティ(移動)や製造業の将来をテーマとした企画小説集『未来製作所』()を発売。 7月23日 - 高棚製作所に工場見学コース「TAKATANAファクトリーツアー」設置。 - 近くにの試験走行を行える試作開発拠点を開設(予定)。 経営者 [ ] 歴代社長は創業以来一貫して生え抜き社員が就任しており、同族会社が多いトヨタグループの中では異例の企業である。 現取締役 [ ]• 社長 - 有馬 浩二(2015年6月~)• 副社長 - (2014年6月~)• 副社長 - (2015年6月~)• 副社長 - (2017年4月~)• 取締役 - (2018年4月~)• 熱機器• 冷暖房 - システム、・・用エアコン、用、• 冷却機器 - 、冷却ファン、、、フロントエンド、クーリングモジュール• パワトレイン機器• エンジン機器 - 、、、、、センサ、モノリス、• 燃料噴射 - 用製品(システム、、噴射ノズル 他)、用製品(モジュール、フューエルフィルタ、 他)• - 各種センサ、モノリシックIC、ハイブリッドIC• かつてIDO向け端末として製造した 528G DIGITAL minimo(1998年)• 電気機器• 電機 - 、• EHV - 、DC-DCコンバータ、電池監視ユニット• 情報安全• - 、車載器、車両運行管理システム、データ通信モジュール()• モータ - システム、ウォッシャシステム、パワーウィンドーモータ、パワーシートモータ、パワーステアリングモータ、他各種モータ 新事業分野• 産業機器• 自動認識関連製品• 関連製品 -• 冷却・空調関係製品• 遠赤外線ヒータ エンセキ• 農業支援(プロファーム)• 手術支援ロボット• 生活関連機器 - 自然冷媒 ヒートポンプ式給湯器()• ワインセーバー• 化粧品開発 ハンドクリーム 製品別売上高 [ ] 度(2014年〜)の製品別売上高構成(連結)は以下のようになっている。 パワトレイン機器: 35. 熱機器: 28. 情報安全: 14. 電子機器: 8. モータ: 7. 空調冷熱: 2. その他: 1. 自動車分野計: 98. 産業・機器生活関連機器: 1. その他:0. 新事業分野計: 1. 引き継ぎをしてみるとトヨタ自動車への借金が一億四千万円ぐらいある。 僕の腹ではこの借金は、無期限のある時払いと軽く考えていたところ、社長は「この借金は電装にやったのではない、貸したのだから、そのことを忘れないように」と一本クギを刺され、なおその上に「社会的信用は何もないのだからトヨタの信用でやる限りはトヨタの信用を食いつぶしてもらっては困る。 また、社名にトヨタを使うことも遠慮してもらいたい」と厳命された。 誠に厳しい言葉ではあるが、豊田社長としては当然のことであって、私たちは今もってその言葉が忘れることのできない励ましとなっている。 そこで私はこれは容易ならぬ立場に立ったと思ったが、それだけにまた決心もいよいよ強固になった。 — デンソー十五年史 縁のある人物 [ ]• 日本電装当時のに技術者として入社する。 に退職• 日本電装当時のに入社。 に退職。 現社長• デンソーに入社、その後、に移籍• デンソーに入社後、での同社の三連覇を支えた スポーツ関連 [ ]• 女子ソフトボール()は、1部所属で古豪チームとして知られている。 獲得タイトルは、計13回(日本リーグ1回・全日本総合2回・全日本実業団2回・国体8回)である。 女子チームの、は、現在・Division1に所属している。 女子チームの、は、(Wリーグ)に所属している。 全国タイトルは国体優勝6回。 旧JGTC 自動車レース• SUPER GTの前身の全日本GT選手権の初年度から長年とチーム SARD, 39号車 のメインスポンサーになっている。 2016年、この年のシーズンの最終戦のツインリンクもてぎで優勝し、ドライバーズチャンピオンを獲得した。 ・の2007-2008年、2013-2014年のユニフォームの背中スポンサーに起用された。 提供番組 [ ] 現在• (、東海地区のみ)• (、東海地区のみ)• (制作、東海地区のみ、かつては全国ネットで提供していた。 (、東海地区のみ)• おんがく交差点()• 電王戦関連番組で本編の合間をぬってPVや他社CMなどと共にデンソーのCMが流れることもある。 なお、2020年4月以降、全国ネットのレギュラー提供は無い。 ジャック・オッフェンバックのオペレッタ「(邦題「天国と地獄」)」の序曲が2019年現在のCMに使われている。 (2013年3月をもって降板)• それマジ!? ニッポンを提供していた。 終了後、ザ! 世界仰天ニュースに提供枠移動。 2018年4月より新・情報7DAYS ニュースキャスターへ移動。 同年4月よりジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます! へ移動。 (系全国ネット、1980年10月から1985年3月まで)• 脚注・出典 [ ] []• FOURIN INC. 『世界自動車部品産業年鑑 2013』• 水谷集治取締役が社員当時からアマチュア無線家だったという事で上司にエレクトロニクス部門に回され、これが転機となってカーエレクトロニクス部門や燃料電子噴射制御システムにも関わる様になったという。 丸文株式会社• KDDIの前身企業の IDO とはトヨタが設立に関与している。 デンソー日本ウェブサイト. 2019年11月3日閲覧。 デンソー ニュースリリース(2018年6月21日)2018年7月12日閲覧• デンソー ニュースリリース(2018年6月27日)2018年7月3日閲覧• (2019年3月31日閲覧)。 デンソー ニュースリリース(2018年10月31日)2019年3月31日閲覧。 毎日新聞中部朝刊 2008年4月18日. 毎日新聞. 2008年4月19日閲覧。 2017年12月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。 - チャンネル•

次の

デンソーの自動運転・LiDAR戦略まとめ 開発・提携状況を解説

デンソーテン 強み

デンソーテンの平均年収は569万円 複数の口コミ調べによると、株式会社デンソーテンの平均年収は569万円程度です。 20代では600万円、30代では560~630万円程度の年収が見込まれます。 デンソーテンは、昭和47に設立され、インフォテインメント機器、自動車用電子機器の製造・販売をおこなう企業です。 主に、カーナビ、ドライブレコーダー、ホームオーディオ、移動通信システム、ECU開発用シミュレータなどを取り扱っています。 ドライブレコーダー内蔵「録ナビ」2018年モデルを発売したことでも話題になりました。 企業理念は『私たちは、「誠」を大切にして働き、お客様・社会に貢献します。 』です。 国内に3つの営業所、2つの研究所、1つの工場があり、海外には4つの研究所、工場5つの工場、中国に駐在所を設立するなど、事業を展開しています。 資本金は53億円です。 年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。 平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション 各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。 1万円 19. 7万円 80. 3万円 29. 3万円 119. 2万円 34. 2万円 139. 3万円 36. 9万円 150. 4万円 39. 3万円 160. 8万円 43. 2万円 175. 5万円 45. 8万円 186. 0万円 42. 9万円 174. 6万円 27. 5万円 111. 平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション デンソーテンの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。 年齢 月給 ボーナス 平均年収 22歳 19. 7万円 80. 4万円 317. 1万円 23歳 21. 6万円 88. 2万円 347. 7万円 24歳 23. 5万円 95. 9万円 378. 4万円 25歳 25. 4万円 103. 7万円 409. 0万円 26歳 27. 3万円 111. 5万円 439. 6万円 27歳 29. 3万円 119. 2万円 470. 3万円 28歳 30. 2万円 123. 2万円 486. 1万円 29歳 31. 2万円 127. 2万円 501. 8万円 30歳 32. 2万円 131. 2万円 517. 6万円 31歳 33. 2万円 135. 2万円 533. 4万円 32歳 34. 2万円 139. 2万円 549. 2万円 33歳 34. 7万円 141. 5万円 558. 0万円 34歳 35. 3万円 143. 7万円 566. 8万円 35歳 35. 8万円 145. 9万円 575. 6万円 36歳 36. 4万円 148. 2万円 584. 4万円 37歳 36. 9万円 150. 4万円 593. 3万円 38歳 37. 4万円 152. 3万円 600. 9万円 39歳 37. 9万円 154. 3万円 608. 5万円 40歳 38. 3万円 156. 2万円 616. 2万円 41歳 38. 8万円 158. 1万円 623. 8万円 42歳 39. 3万円 160. 1万円 631. 4万円 43歳 40. 1万円 163. 2万円 643. 9万円 44歳 40. 8万円 166. 4万円 656. 4万円 45歳 41. 6万円 169. 6万円 668. 8万円 46歳 42. 4万円 172. 7万円 681. 3万円 47歳 43. 2万円 175. 9万円 693. 8万円 48歳 43. 7万円 178. 0万円 702. 1万円 49歳 44. 2万円 180. 1万円 710. 4万円 50歳 44. 7万円 182. 2万円 718. 8万円 51歳 45. 2万円 184. 3万円 727. 1万円 52歳 45. 8万円 186. 5万円 735. 5万円 53歳 45. 2万円 184. 1万円 726. 2万円 54歳 44. 6万円 181. 7万円 716. 9万円 55歳 44. 0万円 179. 4万円 707. 6万円 56歳 43. 4万円 177. 0万円 698. 3万円 57歳 42. 9万円 174. 7万円 689. 0万円 58歳 39. 8万円 162. 1万円 639. 5万円 59歳 36. 7万円 149. 6万円 590. 0万円 60歳 33. 6万円 137. 0万円 540. 5万円 61歳 30. 5万円 124. 5万円 491. 0万円 62歳 27. 5万円 111. 9万円 441. 6万円 63歳 22. 0万円 89. 6万円 353. 3万円 64歳 16. 5万円 67. 2万円 264. デンソーテンの役職者の年収 役職者の年収について 役職 平均年収 部長 943. 9万円 課長 738. 3万円 係長 562. デンソーテンの大卒・大学院卒初任給について 学歴 初任給 大卒 21万円 修士了 23. デンソーテンの初任給は、一般的な金額といえます。 高専卒は185,000円です。 職種は理系と文系に分かれ、理系は研究、開発・設計 電気・機械・ソフトウェア 、生産技術、製造技術、品質管理です。 文系は営業 国内・海外 、調達、生産管理、経理、人事、総務、法務、経営企画があります。 電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金 電機・家電大手業界とは 電機業界の景気は、米国のサブプライムローン問題で一時大幅に落ち込みましたが、その後回復したものの、最近では横ばいが続いている傾向です。 国内市場では、シャープ買収や東芝の白物家電事業の売却で、テレビなどの家電製品が落ち込んでいます。 デンソーテンでは車の安心・安全を実現するために先進の独自センサーから得られた情報を培ってきた技術とICTを搭載した制御システムを介してやさしく、分かりやすく人に情報を伝えて快適なモビリティ社会の実現に貢献します。 1万円 451. 3万円 563. 2万円 645. 3万円 692. 4万円 755. 8万円 809. 5万円 860. 0万円 835. 6万円 578. 6万円 生涯賃金 2. 56億円 3. デンソーテンの年収は、電機・家電大手業界と比較すると、93~146万円下回っていることがわかります。 世代別比較で業界平均との差が開いている世代は、50代後半でー146万円、60代でー137万円、20代前半でー134万円です。 業界平均との差が近い世代は20代前半で-93万円、30代前半でー96~ー99万円、40代後半で-115万円です。 まとめ ここまでデンソーテンについて調査を進めてきました。 年収は、電機・家電大手業界と比較すると下回っていることがわかりました。 富士通テン株式会社は、平成29年11月に株式会社デンソーテンに社名が変更されました。 社名の「テン」は最高・至上を意味する「天」を意味しています。 あらゆるものがネットワークにつながるIoTの時代を迎え、自動車業界はクルマとICTの融合による自動運転や、コネクティッドカー、電動化に向けた技術革新が急速に進展しています。 デンソーテンでは「人とクルマ、社会とクルマをつなぎ、自由で快適なモビリティ社会の実現に貢献する」という事業ビジョンを掲げた取り組みがおこなわれています。 読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の