豆腐ハンバーグ離乳食。 離乳食の豆腐レシピ!冷凍OK?初期~完了期の調理ポイント

【離乳食完了期】豆腐ハンバーグの簡単な作り方やポイントを紹介|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

豆腐ハンバーグ離乳食

1.簡単に調理ができる 柔らかい豆腐は、手でさっと崩すことができます。 ほかの材料を混ぜてこねることもラクチンですし、下ごしらえも簡単です。 2.赤ちゃんが食べやすい 柔らかい豆腐を使っていますから消化・吸収もよく、赤ちゃんにとっても食べやすいメニューです。 手づかみでも食べられるので、中期以降の赤ちゃんには「自分で食べた!」という満足感を与えることもできます。 3.冷凍保存ができる 豆腐ハンバーグは冷凍保存することができます。 焼く前でも焼いた後でも、どちらでもOKです。 時間のあるときに余分に作っておけば、ママが忙しいときの強い味方になってくれるはず。 赤ちゃんのお腹がすいて「待ったなし!」のときも、焼いた豆腐ハンバーグを冷凍してあれば、レンジでチンしてすぐに食べさせてあげられますよ。 離乳食をお弁当にするときに赤ちゃんを食中毒から守るため気を付けたい8か条、1品で大満足しかも冷めてもおいしいお弁当におすすめの離乳食レシピを離乳初期・中期・後期・完了期ごとにご紹介! 4.バリエーションがつけやすく栄養豊富 メインの豆腐に混ぜられる具材は、ひき肉、タマネギやニンジン、コマツナなどの野菜、ひじきやワカメなどの海藻など、バラエティー豊か。 淡白な味の豆腐だから、多くの食材との組み合わせができますし、組み合わせることで栄養価もアップします。 味つけも、塩、しょうゆ、味噌、ケチャップなど、さまざまに変えられるので、飽きません。 あんかけ風にするなど、工夫次第でバリエーションが広がります。 豆腐ってこんな食材 いいこといっぱいの豆腐ハンバーグ、消化・吸収がよいというのは、胃腸の機能が未熟な赤ちゃんにとっては嬉しいポイントです。 もちろん消化・吸収のよさは、食材が豆腐ならでは。 せっかくですから、ちょっと豆腐の魅力に迫ってみましょう。 消化・吸収がよい 豆腐は、豆乳を固めたものです。 豆乳は、ダイズを柔らかくふやかしてミキサーにかけ、どろどろにしたものですから、消化・吸収がよいというのも納得です。 病気の人や高齢者も安心して食べられる、全世代向けの食材なのです。 高タンパク質・低脂肪 豆腐の原材料であるダイズは「畑の肉」と言われるくらい質のいいタンパク質を豊富に含んでいます。 タンパク質は血液や筋肉などを作る上で欠かすことができない大切な栄養素です。 しかも低脂肪なので、その点では肉よりもヘルシーといえます。 冷凍保存ができる 豆腐は冷凍保存ができます。 安くてまとめ買いしたとき、余ってしまったときには、冷凍保存をしてみてはどうでしょうか。 適当な大きさに豆腐を切り、ラップでくるんで冷凍します。 冷凍すると黄色くなりますが、これはダイズの色なので心配はありません。 自然解凍して使うことができますが、冷凍すると食感が変わります。 高野豆腐のような少しボソボソした感じになりますので、煮物などに使うことをおすすめします。 冷凍保存しない場合は、ふたつきの容器の中に豆腐がたっぷりひたる冷水を入れ、ふたをして冷蔵庫へ。 冷水を使うと水道水を使うよりも、日持ちがよくなるそうです。 また、たっぷりの水にひたすことで味が落ちるのを防ぐことができます。 ただし、基本的には、できるだけ早く食べきるようにしましょう。 絹豆腐と木綿豆腐がある 絹豆腐は、豆乳ににがりを加えてそのまま固めたものです。 大きく作って切り分けたものが水をはったパックに入れて売られていますが、水の入っていないパックで売られているものもあります。 こちらは「充てん豆腐」と呼ばれ、豆乳を直接パックに入れて、固めたものです。 小さめのサイズもあり、水入りパックより日持ちするというメリットがあります。 木綿豆腐は、一度固めた豆腐を崩した後、木綿の布を敷いた型に入れて、押し固めて作ります。 タンパク質とカルシウムは、絹豆腐よりも木綿豆腐のほうがやや多いのですが、ほかの栄養に関しては、ほぼ同じとなっています。 食感は、絹豆腐のほうが水分が多く、つるんとしていてなめらかです。 ですから、離乳食初期には絹豆腐のほうがおすすめですが、木綿豆腐は味がしみこみやすいという長所があります。 後期以降には、木綿豆腐も使ってみてはどうでしょうか。 "離乳食の豆腐は、ママにとってありがたい食材のひとつです。 それはどんな点でしょうか。 豆腐の選び方や利用するときに知っておきたいこと、離乳食各期に合わせたお手軽レシピを紹介します。 " 値段が安くどこでも買える 豆腐は、スーパー、コンビニなど、ほぼどこでも買うことができます。 しかも、家計に嬉しいお値段。 それなのに栄養豊富で赤ちゃんも食べやすい食材なのですから、どんどん利用したいところです。 豆腐ハンバーグを作る前に ところで、豆腐ハンバーグは、いつから離乳食として食べさせることができるのでしょうか。 豆腐ハンバーグを作る前に知っておきたいことをまとめておきましょう。 豆腐ハンバーグが食べられるのは、いつから? 離乳食中期以降が安心です。 離乳食初期は、食材の味やゴックンと飲み込むことに慣れる時期。 初期でも豆腐を使うことはできますから、すりつぶした豆腐を食べるなどして、豆腐の味に慣れておくとよいでしょう。 必ず豆腐を加熱してから使う 安全・安心のためにも、豆腐は加熱してから使うようにしましょう。 沸騰したお湯で1~2分加熱してもよいですし、電子レンジで1分程度加熱するのでもかまいません。 水切りする場合は、豆腐をペーパータオルでくるみ、1分~1分半、電子レンジでチンすると簡単です。 ぜひ作りたい!おいしい豆腐ハンバーグおすすめレシピ 離乳食各期に分け、おすすめの豆腐ハンバーグレシピを紹介します。 作りやすい分量のレシピになっていますので、必要に応じて調整してください。 多めに作って冷凍してもよいですし、パパとママのお惣菜にもなりますよ。 離乳食中期(7~8ヶ月) 中期になると、玉ねぎなどのハンバーグの定番野菜はもちろん、小松菜やにんじん、ほうれん草など野菜を食べさせた経験も増えているはず。 中にはあまり赤ちゃんが好まなかった野菜もあるかもしれませんが、ハンバーグなら再チャレンジも簡単で、栄養面もカバーできます。 【シンプル豆腐ハンバーグ】• 豆腐200gを水切りをする。 ボウルに豆腐、鶏胸ひき肉200g、タマネギ、塩少々、片栗粉大さじ1~2を入れてよくこねる。 3を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:2の加熱時間、3の片栗粉の量は、様子を見ながら調節してください。 3でよくこねると、ふわふわとしたハンバーグになります。 パパとママの分は、ケチャップやソースをかけてどうぞ。 【野菜とひじきの豆腐ハンバーグ】• もどしたひじきを細かく刻み、小さじ1の分量を用意する。 みじん切りしたシイタケ、ゆでて刻んだコマツナ、すりおろしたニンジンも、それぞれ小さじ1の分量を用意する。 豆腐200gを水切りする。 ボウルに1と2と3、片栗粉大さじ1~2、味噌小さじ1を入れてよくこねる。 4を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:野菜やヒジキの切り方は、赤ちゃんの成長や好みに合わせてあげてください。 味噌の代わりにしょうゆで味つけすることもできます。 離乳食後期(9ヶ月~11ヶ月) 後期のカミカミ期にはやや歯ごたえのある食感のハンバーグも大丈夫。 塩・胡椒・味噌・マヨネーズなどで味付けをして、赤ちゃんに美味しく食べてもらってください。 【もちもちポテトウフハンバーグ】• 豆腐200gを水切りをする。 ジャガイモ中1個(100g程度)を皮ごと水洗いし、ラップで包みんで電子レンジでチンする。 (竹串がスーッと通るまで)。 ニンジン中1本(100g程度)を粗みじん切りにして、電子レンジでチンして柔らかくする。 ゆでたホウレンソウをみじん切りにして大さじ2の分量を用意する。 1から4までの材料と片栗粉大さじ1~2をボウルに入れ、ジャガイモと豆腐をスプーンなどでつぶす。 その後、手でよくこねて混ぜ合わせる。 5を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:ゆでたホウレンソウの代わりに、コマツナやグリンピースで緑色を添えてもよいでしょう。 食べるときに、ケチャップやマヨネーズを薄くぬってもOKです。 【ダブル豆腐ハンバーグ】• 豆腐200gを水切りする。 ボウルに豆腐、タマネギ、鶏胸ひき肉150g、片栗粉大さじ1~2を加え、豆腐を崩しながらよくまぜる。 高野豆腐をすりおろしながら3に混ぜる。 (好みの固さになるまで)• 4を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:豆腐と高野豆腐を使ったダブル豆腐のハンバーグです。 高野豆腐がつなぎの役わりをしてくれます。 作るときに、塩や味噌少々で味をつけてもOKです。 離乳食完了期(12ヶ月~18ヶ月) 1歳を過ぎた完了期になると、ヘルシーな豆腐ハンバーグは大人の一品としてもそのまま食べられます。 取り分けをするときは、出来上がったハンバーグに後から味をつけるようにしてください。 赤ちゃんが好きなあんかけをかけてあげるのもオススメです。 【豚ひき肉の豆腐ハンバーグ】• ボウルに1と豆腐200g、豚ひき肉200g、塩少々を入れ、よく混ぜてこねる。 2を食べやすい形にまとめる。 油は入れずにフライパンを熱し、両面を中弱火で焼く。 焼き色がついたら水少々を入れてふたをし、蒸し焼きにする。 竹串をさして透明な汁が出てくるようであれば出来上がり! ポイント:豚ひき肉は完了期になれば安心して使えます。 ぜひ新しい豆腐ハンバーグの味を楽しませてあげてください。 なお、焼くときはひき肉から脂が出ますので、フライパンに油は不要です。 【あんかけ豆腐ハンバーグ】• ここまで紹介してきた中からお好きな豆腐ハンバーグを一品作る。 シイタケ1枚をゆでて、みじん切りにする。 片栗粉がかたまらないようにかき混ぜながら、とろみをつける。 とろみのついたあんをハンバーグの上からかければ出来上がり! ポイント:フォークを使って食べられるようになったら、あんかけハンバーグで目先を変えてあげましょう。 アレルギーには気をつけて 栄養豊富で消化・吸収もよく、赤ちゃんにも食べさせやすい豆腐ですが、ダイズアレルギーを起こす可能性がないとは言い切れません。 離乳食初期のころは特に気をつけて離乳食を進めていきましょう。 パパ・ママの分も一緒に作れる豆腐ハンバーグ、入れる野菜や食材をくふうしながら、バリエーションを増やしていってくださいね!.

次の

【離乳食・幼児食】混ぜて焼くだけ!冷めても美味しい豆腐の鶏ハンバーグレシピ

豆腐ハンバーグ離乳食

1.簡単に調理ができる 柔らかい豆腐は、手でさっと崩すことができます。 ほかの材料を混ぜてこねることもラクチンですし、下ごしらえも簡単です。 2.赤ちゃんが食べやすい 柔らかい豆腐を使っていますから消化・吸収もよく、赤ちゃんにとっても食べやすいメニューです。 手づかみでも食べられるので、中期以降の赤ちゃんには「自分で食べた!」という満足感を与えることもできます。 3.冷凍保存ができる 豆腐ハンバーグは冷凍保存することができます。 焼く前でも焼いた後でも、どちらでもOKです。 時間のあるときに余分に作っておけば、ママが忙しいときの強い味方になってくれるはず。 赤ちゃんのお腹がすいて「待ったなし!」のときも、焼いた豆腐ハンバーグを冷凍してあれば、レンジでチンしてすぐに食べさせてあげられますよ。 離乳食をお弁当にするときに赤ちゃんを食中毒から守るため気を付けたい8か条、1品で大満足しかも冷めてもおいしいお弁当におすすめの離乳食レシピを離乳初期・中期・後期・完了期ごとにご紹介! 4.バリエーションがつけやすく栄養豊富 メインの豆腐に混ぜられる具材は、ひき肉、タマネギやニンジン、コマツナなどの野菜、ひじきやワカメなどの海藻など、バラエティー豊か。 淡白な味の豆腐だから、多くの食材との組み合わせができますし、組み合わせることで栄養価もアップします。 味つけも、塩、しょうゆ、味噌、ケチャップなど、さまざまに変えられるので、飽きません。 あんかけ風にするなど、工夫次第でバリエーションが広がります。 豆腐ってこんな食材 いいこといっぱいの豆腐ハンバーグ、消化・吸収がよいというのは、胃腸の機能が未熟な赤ちゃんにとっては嬉しいポイントです。 もちろん消化・吸収のよさは、食材が豆腐ならでは。 せっかくですから、ちょっと豆腐の魅力に迫ってみましょう。 消化・吸収がよい 豆腐は、豆乳を固めたものです。 豆乳は、ダイズを柔らかくふやかしてミキサーにかけ、どろどろにしたものですから、消化・吸収がよいというのも納得です。 病気の人や高齢者も安心して食べられる、全世代向けの食材なのです。 高タンパク質・低脂肪 豆腐の原材料であるダイズは「畑の肉」と言われるくらい質のいいタンパク質を豊富に含んでいます。 タンパク質は血液や筋肉などを作る上で欠かすことができない大切な栄養素です。 しかも低脂肪なので、その点では肉よりもヘルシーといえます。 冷凍保存ができる 豆腐は冷凍保存ができます。 安くてまとめ買いしたとき、余ってしまったときには、冷凍保存をしてみてはどうでしょうか。 適当な大きさに豆腐を切り、ラップでくるんで冷凍します。 冷凍すると黄色くなりますが、これはダイズの色なので心配はありません。 自然解凍して使うことができますが、冷凍すると食感が変わります。 高野豆腐のような少しボソボソした感じになりますので、煮物などに使うことをおすすめします。 冷凍保存しない場合は、ふたつきの容器の中に豆腐がたっぷりひたる冷水を入れ、ふたをして冷蔵庫へ。 冷水を使うと水道水を使うよりも、日持ちがよくなるそうです。 また、たっぷりの水にひたすことで味が落ちるのを防ぐことができます。 ただし、基本的には、できるだけ早く食べきるようにしましょう。 絹豆腐と木綿豆腐がある 絹豆腐は、豆乳ににがりを加えてそのまま固めたものです。 大きく作って切り分けたものが水をはったパックに入れて売られていますが、水の入っていないパックで売られているものもあります。 こちらは「充てん豆腐」と呼ばれ、豆乳を直接パックに入れて、固めたものです。 小さめのサイズもあり、水入りパックより日持ちするというメリットがあります。 木綿豆腐は、一度固めた豆腐を崩した後、木綿の布を敷いた型に入れて、押し固めて作ります。 タンパク質とカルシウムは、絹豆腐よりも木綿豆腐のほうがやや多いのですが、ほかの栄養に関しては、ほぼ同じとなっています。 食感は、絹豆腐のほうが水分が多く、つるんとしていてなめらかです。 ですから、離乳食初期には絹豆腐のほうがおすすめですが、木綿豆腐は味がしみこみやすいという長所があります。 後期以降には、木綿豆腐も使ってみてはどうでしょうか。 "離乳食の豆腐は、ママにとってありがたい食材のひとつです。 それはどんな点でしょうか。 豆腐の選び方や利用するときに知っておきたいこと、離乳食各期に合わせたお手軽レシピを紹介します。 " 値段が安くどこでも買える 豆腐は、スーパー、コンビニなど、ほぼどこでも買うことができます。 しかも、家計に嬉しいお値段。 それなのに栄養豊富で赤ちゃんも食べやすい食材なのですから、どんどん利用したいところです。 豆腐ハンバーグを作る前に ところで、豆腐ハンバーグは、いつから離乳食として食べさせることができるのでしょうか。 豆腐ハンバーグを作る前に知っておきたいことをまとめておきましょう。 豆腐ハンバーグが食べられるのは、いつから? 離乳食中期以降が安心です。 離乳食初期は、食材の味やゴックンと飲み込むことに慣れる時期。 初期でも豆腐を使うことはできますから、すりつぶした豆腐を食べるなどして、豆腐の味に慣れておくとよいでしょう。 必ず豆腐を加熱してから使う 安全・安心のためにも、豆腐は加熱してから使うようにしましょう。 沸騰したお湯で1~2分加熱してもよいですし、電子レンジで1分程度加熱するのでもかまいません。 水切りする場合は、豆腐をペーパータオルでくるみ、1分~1分半、電子レンジでチンすると簡単です。 ぜひ作りたい!おいしい豆腐ハンバーグおすすめレシピ 離乳食各期に分け、おすすめの豆腐ハンバーグレシピを紹介します。 作りやすい分量のレシピになっていますので、必要に応じて調整してください。 多めに作って冷凍してもよいですし、パパとママのお惣菜にもなりますよ。 離乳食中期(7~8ヶ月) 中期になると、玉ねぎなどのハンバーグの定番野菜はもちろん、小松菜やにんじん、ほうれん草など野菜を食べさせた経験も増えているはず。 中にはあまり赤ちゃんが好まなかった野菜もあるかもしれませんが、ハンバーグなら再チャレンジも簡単で、栄養面もカバーできます。 【シンプル豆腐ハンバーグ】• 豆腐200gを水切りをする。 ボウルに豆腐、鶏胸ひき肉200g、タマネギ、塩少々、片栗粉大さじ1~2を入れてよくこねる。 3を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:2の加熱時間、3の片栗粉の量は、様子を見ながら調節してください。 3でよくこねると、ふわふわとしたハンバーグになります。 パパとママの分は、ケチャップやソースをかけてどうぞ。 【野菜とひじきの豆腐ハンバーグ】• もどしたひじきを細かく刻み、小さじ1の分量を用意する。 みじん切りしたシイタケ、ゆでて刻んだコマツナ、すりおろしたニンジンも、それぞれ小さじ1の分量を用意する。 豆腐200gを水切りする。 ボウルに1と2と3、片栗粉大さじ1~2、味噌小さじ1を入れてよくこねる。 4を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:野菜やヒジキの切り方は、赤ちゃんの成長や好みに合わせてあげてください。 味噌の代わりにしょうゆで味つけすることもできます。 離乳食後期(9ヶ月~11ヶ月) 後期のカミカミ期にはやや歯ごたえのある食感のハンバーグも大丈夫。 塩・胡椒・味噌・マヨネーズなどで味付けをして、赤ちゃんに美味しく食べてもらってください。 【もちもちポテトウフハンバーグ】• 豆腐200gを水切りをする。 ジャガイモ中1個(100g程度)を皮ごと水洗いし、ラップで包みんで電子レンジでチンする。 (竹串がスーッと通るまで)。 ニンジン中1本(100g程度)を粗みじん切りにして、電子レンジでチンして柔らかくする。 ゆでたホウレンソウをみじん切りにして大さじ2の分量を用意する。 1から4までの材料と片栗粉大さじ1~2をボウルに入れ、ジャガイモと豆腐をスプーンなどでつぶす。 その後、手でよくこねて混ぜ合わせる。 5を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:ゆでたホウレンソウの代わりに、コマツナやグリンピースで緑色を添えてもよいでしょう。 食べるときに、ケチャップやマヨネーズを薄くぬってもOKです。 【ダブル豆腐ハンバーグ】• 豆腐200gを水切りする。 ボウルに豆腐、タマネギ、鶏胸ひき肉150g、片栗粉大さじ1~2を加え、豆腐を崩しながらよくまぜる。 高野豆腐をすりおろしながら3に混ぜる。 (好みの固さになるまで)• 4を食べやすい形にまとめる。 フライパンに油少々を熱し、片面を中火で焼く。 焼き色がついたらひっくり返して弱火にし、ふたをして蒸し焼きにする。 火が通ったら出来上がり! ポイント:豆腐と高野豆腐を使ったダブル豆腐のハンバーグです。 高野豆腐がつなぎの役わりをしてくれます。 作るときに、塩や味噌少々で味をつけてもOKです。 離乳食完了期(12ヶ月~18ヶ月) 1歳を過ぎた完了期になると、ヘルシーな豆腐ハンバーグは大人の一品としてもそのまま食べられます。 取り分けをするときは、出来上がったハンバーグに後から味をつけるようにしてください。 赤ちゃんが好きなあんかけをかけてあげるのもオススメです。 【豚ひき肉の豆腐ハンバーグ】• ボウルに1と豆腐200g、豚ひき肉200g、塩少々を入れ、よく混ぜてこねる。 2を食べやすい形にまとめる。 油は入れずにフライパンを熱し、両面を中弱火で焼く。 焼き色がついたら水少々を入れてふたをし、蒸し焼きにする。 竹串をさして透明な汁が出てくるようであれば出来上がり! ポイント:豚ひき肉は完了期になれば安心して使えます。 ぜひ新しい豆腐ハンバーグの味を楽しませてあげてください。 なお、焼くときはひき肉から脂が出ますので、フライパンに油は不要です。 【あんかけ豆腐ハンバーグ】• ここまで紹介してきた中からお好きな豆腐ハンバーグを一品作る。 シイタケ1枚をゆでて、みじん切りにする。 片栗粉がかたまらないようにかき混ぜながら、とろみをつける。 とろみのついたあんをハンバーグの上からかければ出来上がり! ポイント:フォークを使って食べられるようになったら、あんかけハンバーグで目先を変えてあげましょう。 アレルギーには気をつけて 栄養豊富で消化・吸収もよく、赤ちゃんにも食べさせやすい豆腐ですが、ダイズアレルギーを起こす可能性がないとは言い切れません。 離乳食初期のころは特に気をつけて離乳食を進めていきましょう。 パパ・ママの分も一緒に作れる豆腐ハンバーグ、入れる野菜や食材をくふうしながら、バリエーションを増やしていってくださいね!.

次の

玉ねぎと豆腐のハンバーグ|離乳食レシピ(管理栄養士監修)|パルシステムの育児情報サイト~子育て123~

豆腐ハンバーグ離乳食

中期 30~40g• 後期 45g• 完了期 50~55g 離乳食初期は体質に合うかどうかを試したり、飲み込みを練習したりする時期なので1さじでもOK。 量や栄養をあまり気にせず、慣れてきたら中期前半の30gまでゆっくりと近づけていきましょう。 豆腐に含まれる赤ちゃんに嬉しい3つの栄養素 豆腐の原料である大豆は「畑のお肉」とも呼ばれ、利用効率が高く老廃物が少ない 良質なたんぱく質や脂質といった赤ちゃんの発育に大切な栄養素を多く含んでいることでよく知られています。 他にも体を調節するミネラルやビタミン類といった栄養素も豊富に含まれているため、大豆で作った豆腐にも次のような嬉しい栄養素が含まれているのです。 1カルシウム 豆腐には、カルシウムが多く含まれています。 さらに、豆腐のタンパク質にはカルシウムの吸収率をアップさせる働きがありますので、豆腐を食べることで赤ちゃんは効率よくカルシウムを摂取することができます。 カルシウムは、骨や歯を作る重要なミネラルとして広く知られていますが、他にも 精神を安定させてくれる働きや、体内に侵入した細菌をやっつける 免疫細胞の働きを援護する作用があります。 離乳食後期になり離乳が進んでくると、好き嫌いなどでカルシウム不足になった赤ちゃんが、イライラしたり神経過敏になったりして、ぐずる可能性もありますので気をつけましょうね。 ビタミンやミネラルの中には熱に弱いものもあるため、離乳食の段階ではあまり効果を期待できないのですが、カルシウムに関しては、 熱に強いので、離乳食作りで加熱調理しても栄養をそのままとることができますよ。 2オリゴ糖 豆腐には少し甘みがありますが、これは豆腐に含まれるオリゴ糖のおかげです。 豆腐に含まれる大豆オリゴ糖は熱に強く、お腹の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする働きがあります。 大豆オリゴ糖は赤ちゃんのお腹にいるビフィズス菌のエサにもなるので、腸内環境を良好に保つ働きも担っています。 3レシチン 豆腐に含まれるレシチンは脳を活性化にさせて、赤ちゃんの記憶力や集中力をアップする働きがあります。 豆腐が体内に吸収されると、レシチンは脳の神経細胞を作り出す材料となり、レシチンを構成する要素の一つであるコリンは、脳で情報を伝達する働きのある物質アセチルコリンに変わります。 電子レンジでの豆腐の水切り方法 キッチンペーパーで包んで皿にのせ、600wの電子レンジで豆腐50gで30秒前後加熱。 しっかり水切りしたい場合は、上に皿をのせて暫く待つ。 豆腐は傷みやすいため特に夏場は早めに使い切るように心掛け、離乳食用に使いたい場合は余ったらすぐに冷凍するとよいでしょう。 豆腐の離乳食は冷凍できる?パサパサになるけど食べられる 豆腐は冷凍しても食べられますが、色や食感は変わります。 は、豆腐を凍らせて乾燥させたフリーズドライなので、黄色くて戻してもザラついた食感。 冷凍した豆腐も調理した高野豆腐のように滑らかさがなくなります。 豆腐を冷凍すると組織が壊れて滑らかさが失われ 木綿豆腐はボソボソ、絹ごし豆腐は層のようになりますが、栄養価は落ちないので冷凍しても食べられます。 豆腐を離乳食用に冷凍&解凍する方法 離乳食作りで余った豆腐は冷凍保存し、レンジで解凍してから食感が気にならない方法で調理するのがおすすめ。 まずは豆腐の冷凍と解凍の方法から確認しておきましょう。 ペーパータオルにくるんでお皿を載せる、または電子レンジでしっかり水切り• 使いやすい大きさに切ってラップに包み、素早く冷凍• 電子レンジで解凍後、しっかり水切りしてから調理 離乳食に冷凍豆腐を使うならハンバーグにするのがおすすめ 初期や中期はペーストにして野菜などと和えると食べやすいのですが、好き嫌いが激しくなる反面噛む練習も必要になる離乳食後期以降は、冷凍豆腐を野菜や肉と一緒にフードプロセッサーで細かく砕いて豆腐ハンバーグにするのがおすすめです。 冷凍豆腐は食感が肉と似ているため、離乳食後期の赤ちゃんでもハンバーグにすれば食べやすく噛む練習にもなります。 ささみと冷凍豆腐でつくねにしても喜びます。 片栗粉やジャガイモのすりおろしをつなぎとして入れると、さらに食べやすくなります。 生の豆腐で作った豆腐ハンバーグを美味しく冷凍する方法 生の豆腐で作った豆腐ハンバーグを冷凍すると、解凍後に豆腐がスカスカになり焼き立てのおいしさはなくなりますが、冷凍する前や解凍後に一工夫することで味が落ちるのを抑えられます。 冷凍 国産大豆のカット絹豆腐 CO-OP 豆腐を小さなさいの目にカットして、冷凍してあります。 大人用ではそのまま味噌汁にいれるなどして調理できますが、食感は高野豆腐のような感じです。 ただし、冷凍食品ですので買い物を頻繁にできないママにはとても便利。 冷凍した豆腐をお湯で解凍し、フードプロセッサーに入れて牛乳、卵、肉などを入れてスイッチオンすれば、あっという間に豆腐ハンバーグのネタが完成! 離乳食初期の豆腐おすすめレシピと調理のポイント 離乳食の初期は豆腐を飲み込むことや風味に慣れることが目的の時期。 初期は水分が多くのど越しのいい絹ごし豆腐を使います。 すり潰したり裏ごしたりしてペースト状にし、味付けをせずに与えて豆腐の香りや甘さなどを赤ちゃんに体験させましょう。 初めは小さじ1杯から豆腐だけで慣らし、喜んで食べられるようになったら。 豆腐が苦手そうな場合はおかゆに混ぜたり果物のペーストを加えたり、だしや粉ミルクを加えたりしてみましょう。 くずし豆腐のヒスイあんかけのレシピ 材料:豆腐30g、ブロッコリー小さい1房、だし汁大さじ2、片栗粉少量• 豆腐は2~4mm程度に粗く崩し、レンジで加熱して軽く水気を切る• ブロッコリーは茎を除いて細かくする• 耐熱ボウルにだし汁と2を加え、ブロッコリーが柔らかくなるまで加熱する• 3に水溶き片栗粉を少量加えて軽く加熱し、とろみをつける• 器に1を盛り、上から3を回しかける 離乳食後期の豆腐おすすめレシピと調理のポイント 離乳食後期の硬さの目安はバナナなので、噛む練習を意識して木綿豆腐に切り替えましょう。 角切りにする場合は5~8mmくらいにカットして、。 またに変えてみましょう。 離乳食後期になると1日3回食のため、タンパク源を朝昼晩で変えたメニューを心掛けると栄養バランスが整いやすく、色々な素材を噛む練習がしやすいです。 人参はすりおろし、みじん切りにした玉ねぎとブロッコリーと一緒にレンジで柔らかくなるまで加熱する• 豆腐は粗く崩してからレンジで加熱し、滑らかに磨り潰す• ホットケーキミックスと豆乳、1、2を混ぜあわせてフライパンで両面を焼く 離乳食完了期の豆腐おすすめレシピと調理のポイント 完了期の離乳食の目安は肉だんごの硬さ。 赤ちゃんは自分で食べたい!という意欲が出てきますので、冷凍した豆腐をすり潰してひき肉のように使ったり、肉のつなぎに豆腐を使ったりしてもよいでしょう。 またと冷凍豆腐を使えばうと、買い物に行けなかった時もヘルシーなお魚ハンバーグが作れます。

次の