ウイイレアプリ フェルナンドサントス。 【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキング!独自目線でおすすめを調査!

【ウイイレアプリ2020】世界ランク100位以内の最強監督・スカッド紹介

ウイイレアプリ フェルナンドサントス

ポストプレイヤー• ラインブレイカー の組み合わせにすることが多いです。 スタメンは ジェコと ムバッペ。 控えには、ワンパ&ワンシューを持っている インモービレを入れています。 それから、ジェコの代役&スパサブ要員として、 ドゥバン・サパタがいます。 OMF OMFは絶大な信頼を置いている クライフを配置しています。 サントス監督のOMFといえば2列目からの飛び出しっしょ!• そんで、一番強えぇのはクライフっしょ!! という単純な考えからの起用です 笑 クライフ(レジェンド)はライブアップデートB固定なので、コンディションには不安がないですし、スタミナも86とまぁまぁあるので、ベンチに交代要員は置いていません。 ただ、少し流れを変えたい時に、チャンスメイカーのデブライネをOMFで使う事もあります。 CMFの2枚に関しては、 カンテと ベッカムをスタメン起用しています。 一人はガツガツ守備が出来るファイター系の選手(カンテ)• もう一人はパス職人(ベッカム) みたいな感じで選手を選んでいます。 守備が出来るファイター系の選手として、• ナインゴラン• アラン なんかも良いかも知れません。 僕はコンディション安定と守備力を考慮してヴィエラを控えとしてベンチに入れています。 また、パス職人としてのCMFの控えは デブライネを入れています。 もちろん、本職がCMFでパサータイプの• デヨング• モドリッチ• クロース なんかを配置しても良いですし、超バランスの良い• サウール• マテウス でも面白そうです。 DMFには 機動力があるアンカーという意味で バリオスをチョイス。 控えには、バリオスと同じ理由から グエンデゥジを入れています。 LSB&RSB LSBとRSBにはそれぞれ• リュカエルナンデス• カフー(アイコニック) を起用しています。 「サイドには足が速くて守備も出来る選手が良いな」という理由からリュカエルナンデスを選びました。 リュカエルナンデスは、守備を固めたい時には役割をCBに変更することもあります。 (場所はそのまま左サイド) 右のサイドバックはカフーに落ち着きました。 FPアーノルドと非常に迷ったのですが、最終的にライブアップデートB固定のカフーを選んだ感じです。 控えには、SB,CBどちらも出来る万能型のマルディーニを選びました。 理由は 使用感が良いからです。 何の参考にもならないですけどね 笑 キャンベルは、動画配信者のメロンパンさんが絶賛していたので使ってみました。 彼は相手のチャンスを潰す本当にいい動きをしてくれます。 クリバリはもう、説明不要って言っても良いほど安定的に強いですよね。 彼は「競り合い絶対負けないマン」というあだ名を付けられてもおかしくありません。 (おかしい) 控えのCBには、使用感の良いグスタボゴメスを選びました。 GK GKは アイコニックモーメントのカーンです。 ライブアップデートB固定• コン安8• ゴールキーパー系能力がクリアリング以外カンスト• アイコニックで低弾道パントキックが追加 という理由から、「これはもう、カーンで決まりだよね。 」という感じです。 ウイイレアプリ2020では身長が重要視される風潮があります。 カーンの身長は188cm。 まぁ、キーパーとしては少し物足りない感じもありますが、僕はあまり気にせず起用しています。 実際、問題なく守護神としての役割を果たしてくれています。 フェルナンドサントス監督の人選解説!まとめ さて、このページでは、フェルナンドサントス監督の人選解説をしてきました。 ジェコ太郎をHNを使っているくらいなのでジェコは外せません 笑 もし、ここはこの選手もおすすめですよなどのアドバイス頂ければ嬉しいです。

次の

【ウイイレアプリ2020】世界ランク100位以内の最強監督・スカッド紹介

ウイイレアプリ フェルナンドサントス

<ウイイレアプリ2020監督一覧>• ピンク色は有名監督• オレンジ色はおすすめ監督 監督名 マネジメント能力 適応力 フォーメーション ロマン(グアルディオラ) 920 92 4-1-2-3 ツァイツラー(クロップ) 910 91 4-3-3 ヨアン・グリモー 900 90 4-2-2-2 デシャン 890 89 4-2-3-1 クアドレニ(ポチェッティーノ) 880 88 4-2-3-1 レーブ 870 87 3-2-2-3 アッレグリ 870 87 4-3-3 バルブエナ(シメオネ) 870 87 4-3-1-2 ルイス・エンリケ 860 86 4-3-3 バルベルデ 860 86 4-3-3 アントニオ・コンテ 860 86 3-3-2-2 ニコシャベス 860 86 4-2-3-1 ディーノ・ミレージ(アンチェロッティ) 850 85 4-2-2-2 アンツァネッロ(サッリ) 850 85 4-3-3 ウナイ・エメリ 850 85 4-2-1-3 フェルナンド・サントス 850 85 4-3-1-2 モリッツ・プロイス 850 85 4-1-2-3 マルティネス 840 84 3-2-2-3 ダミア・クレブラス 840 84 4-2-2-2 ニコラス・マルナト 840 84 4-3-1-2 ガスペリーニ 830 83 3-2-3-2 クラウディオ・ラニエリ 830 83 4-2-2-2 セシリオ・トゥナル 830 83 4-3-3 ニコ・コヴァチ 830 83 4-2-3-1 マンシーニ 830 83 4-2-3-1 サウズゲイト 830 83 4-3-3 ゾリアン・アボイム 830 83 4-2-1-3 ロナルド・クーマン 820 82 4-3-3 ヴェルンヘル・コッホ 820 82 4-2-2-2 ジャニオ・カント 820 82 4-3-3 ベニート・ビバンコ 810 81 4-2-2-2 シモーネ・インザーギ 810 81 3-3-2-2 サンティ・ベルメホ 810 81 3-2-4-1 ヤンネ・アンデション 810 81 4-2-2-2 ペテル・ボス 800 80 4-1-4-1 アリッツ・アルカイデ 800 80 4-2-2-2 チム・ピッシア 800 80 4-2-2-2 ロベルト・ドナドーニ 790 79 4-3-1-2 ハミロ・アメリカーノ 780 78 3-2-2-3 ハラべ・ラポルタ 780 78 3-2-2-3 セルジオ・コンセイソン 780 78 4-2-2-2 ホルヘ・ルラチ 770 77 4-1-3-2 カルロス・カルヴァリャル 770 77 4-2-2-2 トマス・デル・カンポ 770 77 3-3-2-2 マルク・シュナイダー 760 76 4-3-3 コスミン・オリャロイウ 760 76 4-2-2-2 アポロ・ゴウヴェア 760 76 4-1-3-2 ティモ・ビンデバルト 750 75 4-2-1-3 マルセル・ケイゼル 730 73 4-2-1-3 イヴ・ファンデルヘーゲ 730 73 4-3-3 ティオーニジ・アルナポルティ 730 73 4-3-1-2 ブリジド・アルカ 720 72 4-2-4 ジャラル・ビン・ファウジ 720 72 4-3-3 ダド・モントロ 720 72 4-3-3 ネルシーニョ・パウリスタ 720 72 4-2-2-2 ルイス・カストロ 720 72 3-3-2-2 カンナバーロ 700 70 4-3-3 (3CF) リヴェラーニ 670 67 4-3-3 トマス・トマスベリ 670 67 4-2-2-2 大槻毅 650 65 3-2-2-3(3CF) 長谷部茂利 640 64 4-2-2-2 アレシャンドレ・ぺウキング 610 61 3-2-2-3(3CF) メヴルディン・チャルダクリヤ 600 60 4-2-2-2 変わってしまった監督たち いやーかなり変わってしまった監督たちがいますね。 特に人気だった3人の監督が変わってしまいました。 安定のレーブ• 使用率ナンバー1のフェルナンド・サントス• 2トップ距離最高のデシャン レーブ監督がまさかの3-2-2-3へ(使う人減るなー) 最強に安定していた監督であるレーブ監督が、まさかの3-2-2-3へ変更です。 これは減りますねー。 ウイイレアプリの3バックは不安定ですかね。 攻撃はめっちゃしやすいんですが、ディフェンスが心配。 もしかしたらウイイレアプリ2020からは操作性がアップして、3バックでも安定するかもしれないのでアップデートまでまだ分かりません。 一応形はこんな感じです。 <ウイイレ2020のレーブ監督のフォメ> フェルナンド・サントス監督もダイヤモンドじゃない! みんな大好きフェルナンド・サントス監督も実は変わってます。 フォーメーション表記は4-3-1-2ですが、もうダイヤモンドではなくなりました。 中盤はCMF(DMF)3人がフラットで、前にOMFが1人いる形です。 サイドの選手をRMFやLMFで使ってた人は変わってしまいますね。 サイドをCMFで使ってた人はそんなに影響ないかもしれませんが、若干内側に配置されてそうです。 でもこれは強いと思います <ウイイレ2020のフェルナンド・サントス監督のフォメ> デシャン監督の4-2-2-2も崩壊!?安定の4-2-3-1へ デシャン監督のちょうどいい2トップも変わってしまいましたね。 <2019デシャンのフォメ> せっかくマネジメント能力が高くなったのに残念ですね。 もしかしたらレーブ監督のような安定が対になるかもしれませんが、戦術が違うのでどうなるかな。 とにかく残念なフォメチェンジです。 <ウイイレ2020のデシャン監督のフォメ> おすすめ監督ウイイレアプリ2020<随時更新> ここからはおすすめ監督を紹介していきます。 以下の監督最強ランキングも参考にしてください。 <4-3-1-2監督一覧> 監督名 マネジメント能力 クリスト・バルブエナ 870 フェルナンド・サントス 850 ニコラス・マルナト 840 ロベルト・ドナドーニ 790 ディオニージ・アルナポルティ 730 夢の3CF型が欲しい! 毎回一人か二人だけ登場する3CF監督。 これを探して待つのもウイイレアプリの楽しみの1つ。 3-2-2-3(3CF型)大槻毅:STで近距離型 まだ完全体ではありませんが、大槻毅監督はST2枚とCFがかんり近いフォーメーションです。 3-2-2-3(3CF型)アレシャンドレ・ぺウキング:同じ高さでSTもしくはWG 3CFにはできませんが、同じ高さにSTとRWG(LWG)を配置可能 4-3-3(3CF型)カンナバーロ監督:STで近距離型 完全な3CFではありませんが、やっとでた4バックでの3CF型です。 おすすめ超攻撃的フォーメーション こちらは攻撃だけを考えた極端なフォーメーションです。 得点はめちゃくちゃとれるので後は守備をどうするか。 4-2-4ブリジド・アルカ:超攻撃的4TOP 3-2-2-3ハラべ・ラポルタ:3TOPにトップ下 個人的には待っていたフォーメーション。 ウイイレアプリではかなり珍しいと思います。 4-2-1-3監督(3トップの下にOMF) やっぱり個人的には 3トップの下にOMFを置ける4-2-1-3と、 中盤がフラットじゃない4-2-2-2が欲しいですね。 2020だと ヴィコル・ドスサントス(4-2-1-3)とレオナルド・ジャルディン (4-2-2-2:フラットじゃない)のような形です。 4-1-3-2の監督その1:アポロ・ゴウヴェア どちらかというと2019アルベルト・ロマン監督に近いです。 4-1-3-2の監督その2:ホルヘ・ルラチ こちらはフェルナンド・サントス型、戦術に多少違いあり。 以前記載していた、ニコ・コヴァチ監督とサンティ・ベルメホ監督も変わってしまっていたので削除しました。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 監督についてはかなり変わりましたね。 なんといってもマネジメント能力がみんな上がったのが嬉しいですね。 自分の好きなフォメでFP選手も使えるようになります。 あとは、好きなフォメが見つけられるかですね。 だいぶ有名どころのフォメが変わってしまったのでガチスカ監督を選ぶ必要がありそうです。 監督選びもウイイレアプリの楽しみの1つなので楽しみましょう!.

次の

【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキング!独自目線でおすすめを調査!

ウイイレアプリ フェルナンドサントス

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をご紹介させていただきます。 【オススメ監督紹介】フェルナンド・サントス【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 監督名 フェルナンド・サントス 国籍 ポルトガル 在籍情報 ポルトガル 4-3-1-2 オフェンシブ戦術 攻撃コンセプト 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 サポート距離 10 守備コンセプト 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 9 コンパクトネス 9 ディフェンシブ戦術 攻撃コンセプト 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ロングパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 サポート距離 10 守備コンセプト 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 10 コンパクトネス 10 フェルナンド・サントスの解説 前作でも大人気、今作でも、人気の高い監督です。 今作強いといわれる、4-3-1-2のダイアモンド型のフォーメーションです。 とにかく、攻撃がしやすい。 ボールを味方が持つと、みんなが前に向かって走ってくれます。 サポート距離も長いので、長めのボールを配給することになり 少ない手数で大きなチャンスを作り出すことができます。 この監督については、ディフェンシブ戦術を使用するのがオススメです。 ディフェンシブ戦術の場合、ビルドアップがロングパスになります。 サポート距離が10なので、ビルドアップロングパスとの相性が抜群。 さらに、攻撃意識を1個上げると、無得点でおわるような試合はなくなります。 ディフェンスラインも高めなので、事故失点を軽減させる効果も期待できます。 ただし、ディフェンスラインの高さと、前がかりになりがち、なおかつ、攻撃時に味方の距離感が遠いことから、ディフェンスラインの裏に大きくボールを入れられることに弱いです。 ガンガンと攻めていきたいタイプの方に、オススメの監督です。 下記の記事で、フェルナンドサントスのカウンター攻撃について解説しています。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介! 下記の記事で 紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 ウイイレ(ウイニングイレブン)の監督の更新時間と解放の条件 PS4のサッカーゲーム「ウイイレ(ウイニングイレブン)」は、2020から監督の更新時間と更新頻度が変更になったので、更新頻度と解放条件を紹介します。 監督の更新時間と更新頻度 ウイイレ2020の監督の更新頻度は8時間ごとで、1日に3回、更新されます。 更新時間は、深夜0時、朝8時、夕方4時です。 木曜日の更新で、監督のフォーメーションが変更される場合があります。 同じ監督はリストアップされないので、新しいバージョンの監督が欲しい場合は、所持している監督を放出しなければ、リストに載りません。 たとえば、442のシメオネを持っている場合は、4312のシメオネはリストアップされません。 監督の解放条件 ウイイレの監督はロックがかかっており、初めはGPで購入することが出来ません。 このロックを解放する条件は試合数です。 試合数は戦績の「myclub戦績」で確認できます。 試合数は、ランクマッチ、SIM戦、COM戦の通算です。 監督の解放条件は、2019と同じだと思っていたので、データーを取り忘れたのですが、2020で条件が緩和されました。 2019では全監督を解放するのに500試合かかっていたのですが、2020では200試合で全監督が解放できると思います。 試合数180から190あたりで、マネージメント能力870のクリスト・バルブエナ(シメオネ監督)が解放されました。 注意点 監督に関する注意点は、先ほども紹介したとおり、取得している監督と同じ監督はリストアップされないという点です。 3CFのユルゲン・クロップが出たこともあるので、むやみやたらと監督を取るのには注意が必要です。 重複の獲得はできませんので、使わない監督は、放出したほうがいいですね。 フェルナンド・サントスの戦術 監督: フェルナンド・サントス 63歳|ポルトガル 14年9月就任 EURO2016でポルトガルを欧州王者に導いたフェルナンド・サントス監督は、ブラジルW杯でギリシャを16強に進出させた実績があり、ポルトガルが持つ攻撃的な伝統に守備のバランスをミックスした戦い方で世界王者を目指す。 最大の強みはやはり、ロナウドだ。 持ち前の決定力は健在で、偉大なキャプテンとしてチームを心身で牽引する存在である。 守備や上下動の負担を減らし、彼の持ち味を最大限に発揮させる意味で、現在の基本システム[4-4-2]のFWは理想的なポジションだ。 その相棒を担うアンドレ・シルバ(ミラン)は1トップもこなす屈強なCFタイプだが、代表ではより幅広いハードワークを求められている。 サントスが母国代表に植え付けた組織的な守備は状況に応じて高い位置、中間、低い位置のブロックを使い分けるものだが、列強国の中ではドイツやスペインに比べて重心が後ろ寄りだ。 サイドMFは敵のビルドアップに対してあまり深追いせず、ボランチもCBとの距離を狭くしてバイタルエリアでボールを持たせない状況を作る。 強引にボールが入ってくれば対人能力の高いCBのペペ(フェネルバフチェ)やフォンテ(大連一方)、ブルーノ・アルベス(レンジャーズ)らがはね返せるし、裏へのボールはGKルイ・パトリシオ(スポルティング)が処理できる。 ロナウドは中央でのチェックにはA. シルバと同様に参加するが、全体が引けばA. シルバが下がり、ロナウドは前めに残ってカウンターの機をうかがう形になる。 ボールを奪ったら第一の優先事項はロナウドに素早く縦のボールを付けること。 一発で通せればカウンターで攻め切ってしまうが、相手の守備がそろっていればA. シルバがポストに入り、ジョアン・マリオ(ウェストハム)、ベルナルド・シルバ(マンチェスターC)、モウティーニョ(モナコ)の3人でパスを繋ぎ、ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング)がボールを奪われた場合のリスクに備えつつ、バックパスを左右に大きく展開して攻撃に幅をもたらす。 両SBは守備時より高めのポジションを取り、基本的にサイドMFよりやや低い位置からタイミングを見て追い越し、W. カルバーリョやモウティーニョからボールを受ける。 ポゼッションからのクロスであれば、逆側のサイドMFがファーサイドに飛び込むのが鉄則だ。

次の