浅貝 もっ ちぬ。 本気で可愛いTwitterイラストまとめ

アケミ貝でチヌのフカセ釣り 爆釣!チヌのフカセ釣り

浅貝 もっ ちぬ

1 丷• 4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の

my

浅貝 もっ ちぬ

サシエサの表現方法 まずはサシエサの表現方法・・・、コイツをチョット考えて見ましょ。 オキアミをサシエに使う場合、サシエをどういう感じで表現するか、こう言う事言っている釣情報はあまり見かけないですが、私は以下のどちらかが有力と見ています。 すなわち・・・• サシエを一定のレンジで止めてサスペンドさせて狙うか・・・• 落ち込みで食わすか! これ、例えば防波堤の釣りなどでは、捨石と海底との境界線部分(一般的には駆け上がりになってます)はレンジを一定にしてサシエをサスペンドさせる(漂わす)感じが勝りますが、際の激浅レンジなどを二段ウキで攻めたりする場合には、落ち込みで食わす(要はオキアミを使った落とし込みです)方が勝ったりします。 魚類は基本的に上から落ちてくるエサに反応しやすいものが多いです。 下アゴがしゃくれている魚種などは、殆どがその傾向にあって、メバルなどはその典型と言えると思います。 まあ、メバルの話は、姉妹サイトをご覧頂くとして・・・ チヌはアゴの合わせはキチッと閉まる形をしていますから、上から落ちてくるエサにも下(海底)に落ちているエサにも、両方反応できます。 (それゆえに、チヌは釣り方も多彩なわけですね・・・) 脱線しそうです・・・汗 アケミの丸貝は落ち込みで食わす チヌを貝類(特に殻つき)で狙う場合、ダンゴを使わない限り、落ち込みで食わす演出をする方が有力です。 フカセタックルで狙う場合は、沈め探り釣りの要領で釣りますが・・・• ロッド、リール等は普通のタックルを使用します。 ウキは0号からG2を使用して• 丸貝の重みだけで落とし込んで釣ります。 仕掛けは別にでも遊動仕掛けでもどっちでもいいです。 丸貝を落とし込んで仕掛けが伸びるまでは落とし込み(あるいは前うち)の要領で、馴染むと落下速度にあわせてウキが沈んでいくように設定するのがコツです。 潮の流れ、あるいは風に道糸を取られるような場合は、シズを使用するのもありです! 少々ゴツいガンダマを使用しても、丸貝はエサ取りにやられる事は殆ど無いですから、ガンガン攻めるようにしましょう。 仕掛けを馴染ませて、サシエの落下速度で落とし込んでいく・・・ 海底まで丸貝が行ってしまったら、仕掛けを引いて、一度海底を切り、そこからまたさらに落とし込んでいけば、ディープレンジからボトムを流れに任せて探れます。 1mくらい引き上げて、またさらに落とし込む・・・、こんな感じです。 マキエにはアケミ貝を砕いた物を混ぜ合わせるとさらに効果的です。 オキアミのサシエに比べれば、当然丸貝のほうが食い込みは悪いですから、食いを立たせるためにも、少し多めに撒くのがコツだと思います。 エサ取りが大量にいるベタ際も、狙えます。 落とし込みの要領で狙うと、また新しいフカセ釣りのチヌ釣りが見えると思います。

次の

[Queen Bee]ヒナギクヴァージンロストクラブへようこそ 2 [赤月みゅうと] (1

浅貝 もっ ちぬ

サシエサの表現方法 まずはサシエサの表現方法・・・、コイツをチョット考えて見ましょ。 オキアミをサシエに使う場合、サシエをどういう感じで表現するか、こう言う事言っている釣情報はあまり見かけないですが、私は以下のどちらかが有力と見ています。 すなわち・・・• サシエを一定のレンジで止めてサスペンドさせて狙うか・・・• 落ち込みで食わすか! これ、例えば防波堤の釣りなどでは、捨石と海底との境界線部分(一般的には駆け上がりになってます)はレンジを一定にしてサシエをサスペンドさせる(漂わす)感じが勝りますが、際の激浅レンジなどを二段ウキで攻めたりする場合には、落ち込みで食わす(要はオキアミを使った落とし込みです)方が勝ったりします。 魚類は基本的に上から落ちてくるエサに反応しやすいものが多いです。 下アゴがしゃくれている魚種などは、殆どがその傾向にあって、メバルなどはその典型と言えると思います。 まあ、メバルの話は、姉妹サイトをご覧頂くとして・・・ チヌはアゴの合わせはキチッと閉まる形をしていますから、上から落ちてくるエサにも下(海底)に落ちているエサにも、両方反応できます。 (それゆえに、チヌは釣り方も多彩なわけですね・・・) 脱線しそうです・・・汗 アケミの丸貝は落ち込みで食わす チヌを貝類(特に殻つき)で狙う場合、ダンゴを使わない限り、落ち込みで食わす演出をする方が有力です。 フカセタックルで狙う場合は、沈め探り釣りの要領で釣りますが・・・• ロッド、リール等は普通のタックルを使用します。 ウキは0号からG2を使用して• 丸貝の重みだけで落とし込んで釣ります。 仕掛けは別にでも遊動仕掛けでもどっちでもいいです。 丸貝を落とし込んで仕掛けが伸びるまでは落とし込み(あるいは前うち)の要領で、馴染むと落下速度にあわせてウキが沈んでいくように設定するのがコツです。 潮の流れ、あるいは風に道糸を取られるような場合は、シズを使用するのもありです! 少々ゴツいガンダマを使用しても、丸貝はエサ取りにやられる事は殆ど無いですから、ガンガン攻めるようにしましょう。 仕掛けを馴染ませて、サシエの落下速度で落とし込んでいく・・・ 海底まで丸貝が行ってしまったら、仕掛けを引いて、一度海底を切り、そこからまたさらに落とし込んでいけば、ディープレンジからボトムを流れに任せて探れます。 1mくらい引き上げて、またさらに落とし込む・・・、こんな感じです。 マキエにはアケミ貝を砕いた物を混ぜ合わせるとさらに効果的です。 オキアミのサシエに比べれば、当然丸貝のほうが食い込みは悪いですから、食いを立たせるためにも、少し多めに撒くのがコツだと思います。 エサ取りが大量にいるベタ際も、狙えます。 落とし込みの要領で狙うと、また新しいフカセ釣りのチヌ釣りが見えると思います。

次の