サイモン と ガーファンクル 明日 に 架ける 橋。 <歌詞和訳>Bridge Over Troubled Water (明日に架ける橋)

<歌詞和訳>Bridge Over Troubled Water (明日に架ける橋)

サイモン と ガーファンクル 明日 に 架ける 橋

日に日に高まる反戦の機運。 そんな中、「意気消沈する友だち」への励ましソングとも言うべきこの曲が大ヒットした(ちなみに、全米チャートでは6週間、全英チャートでは3週間にわたってNo. 1の座を死守)。 翌1971年のグラミー賞では、5部門を制覇するという快挙を達成。 サイモン&ガーファンクル名義になってはいるものの、ポール・サイモン作のこの曲はアート・ガーファンクルによる独唱。 皮肉なことに、この曲が大ヒットしていた頃、双方の間では音楽的方向性の差異が生じ、長年コンビを組んできたパートナーシップに亀裂が入ろうとしていた。 ポールは後々まで自らこの曲を歌わなかったことを心の底から後悔したそうだが、たとえガーファンクルの独唱ではあっても、彼らの代表曲であることには変わりがない。 昔ながらの邦題「明日に架ける橋」は今でも使われている。 その言葉が登場するフレーズはじつに私的な背景を背負っており、歌詞を綴っている最中にポールの彼女(後の妻ペギー・ハーパー)がたまたま白髪を見つけて大騒ぎしたことからヒントを得た彼が、戯れに思いついた言葉だという。 曲の要旨 身も心も擦り切れるほど疲弊してしまい、誰ひとり救いの手を差し伸べる人もいない。 今、君がそういう状態にあるのなら、この僕が身を挺して君を救ってあげる。 流れの早い濁流に架かる橋のように、君の支えになってあげたい。 その濁流を君の苦しみや悲しみにたとえるなら、僕は君がそこを安全に渡れるような架け橋になってあげよう。 溢れる君の涙を拭い、君の立場になって物事を考え、君の心のつっかえ棒になってあげる。 僕は君の味方なのだから。 1970年の主な出来事 アメリカ: オハイオ州で反戦デモに参加していた大学生4名が射殺される。 ヴェトナム戦争への反戦を唱える大規模な集会がワシントンD. で行われる。 日本: 赤軍派によるよど号のハイジャック事件。 世界: ビートルズが正式に解散。 1を記録している。 「戦争をして何かいいことがあるのか? 何ひとつないじゃないか!」と、怒りを顕にする曲である。 ヴェトナム戦争が激化した1970年前後には、両極端な反戦ソングがチャートをにぎわした。 1、全米No. 6を記録。 そのことからも、この曲に込められたメッセージがいかに多くの人々の心を捉えたかが判ろうというもの。 英語に精通している人なら、タイトルを見て「おや?」と思うはず。 話は前後するが、 a は非常に日本語になりにくい。 直訳すれば「(自分のことを)小さく感じる時」。 ちょっと想像力を働かせれば、「自分が他人より小さく見える時」となる。 意訳するなら、「自分は何て取るに足らない人間なんだろうと思うと、消え入りそうになる」と言ってるわけだ。 そしてこの曲は、そんな風に自虐的になっている人に向かって「僕がついているよ」とエールを送っているのである。 もちろん、その相手は不特定多数の人々。 辞書にもその説明が載っているが、もっと詳しく知りたい方には、 THE MAKING OF ENGLISH(H. Bradley, S. Porter共著の p. 228/訳本『英語発達小史』寺澤芳雄訳, 岩波文庫のp. 297)を一読することをお薦めしたい。 筆者が b の言い回しを「なるほど、こういう時に言うんだな」ということに思い至ったのは、シドニー・ポワティエ(Sidney Poitier/1927-)主演の映画『IN THE HEAT OF THE NIGHT(邦題:夜の大捜査線)』(1967)のセリフを耳にした時のこと。 同映画が初めて字幕スーパーでTV放映された時のことだと記憶している。 もしかしたら大学時代だったかも知れない。 それまでは、恐らく学校の授業で b の成句を学んだと思うが、実際のところ、どういった場面で言うのかが判然としなかった。 この曲でもそうだが、主に相手が窮地に立たされている時に口にすると効果的な言葉になる。 そこに言葉を補足して意訳するなら、「たとえ君が四面楚歌になっても、僕は君を見捨てない」となるだろうか。 今ひとつその区別がつかなかった時、子供の頃にFEN(現AFN)からよく流れていたこの曲の d のフレーズが頭の中にひらめき、瞬時にしてそれら似た者同士(?)の動詞の区別がハッキリとついた。 d は「~を横たえる」、すなわち「横になる、寝る姿勢になる」のだと。 瞬間、アクロバティックな姿勢のいわゆる「ブリッジ」の形が頭の中に浮かび、「なるほどー!」と思ったものだ。 飽くまでも比喩、ですから。 e は b とほぼ同じ意味を持つイディオム。 タイトルそのものもそうだし、 b や e のイディオムからも判るように、この曲の主人公は無条件に相手を助けることを申し出ているのだ。 この曲のメッセージを凝縮するなら、「見返りを求めない献身的な救いの精神」であろう。 そして1970年代当時、とりわけヴェトナム戦争以降の社会の不穏な空気に漠然とした不安を感じずにはいられなかった人々の心に、曲のメッセージは深く沁み入ったのである。 あれから40年以上も月日は流れたけど、大震災を経験した多くの日本人も含めて、今も世界のあちこちでこの曲に励まされる人々がいるはずだ。 1963年青森県生まれ。 幼少の頃からFEN(現AFN)を聴いて育つ。 鶴見大学英文科在籍中に音楽ライター/訳詞家/翻訳家としてデビュー。 洋楽ナンバーの訳詞及び聞き取り、音楽雑誌や語学雑誌への寄稿、TV番組の字幕、映画の字幕監修、絵本の翻訳、CDの解説の傍ら、翻訳学校フェロー・アカデミーの通信講座(マスターコース「訳詞・音楽記事の翻訳」)、通学講座(「リリック英文法」)の講師を務める。 著書に『アフリカン・アメリカン スラング辞典〈改訂版〉』、『エボニクスの英語』(共に研究社)、『泉山真奈美の訳詞教室』(DHC出版)、『DROP THE BOMB!! 』(ロッキング・オン)など。 『ロック・クラシック入門』、『ブラック・ミュージック入門』(共に河出書房新社)にも寄稿。 マーヴィン・ゲイの紙ジャケット仕様CD全作品、ジャクソン・ファイヴ及びマイケル・ジャクソンのモータウン所属時の紙ジャケット仕様CD全作品の歌詞の聞き取りと訳詞、英文ライナーノーツの翻訳、書き下ろしライナーノーツを担当。 近作はマーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイン・オン 40周年記念盤』での英文ライナーノーツ翻訳、未発表曲の聞き取りと訳詞及び書き下ろしライナーノーツ。 編集部から ポピュラー・ミュージック史に残る名曲や、特に日本で人気の高い洋楽ナンバーを毎回1曲ずつ採り上げ、時代背景を探る意味でその曲がヒットした年の主な出来事、その曲以外のヒット曲もあわせて紹介します。 アーティスト名は原則的に音楽業界で流通している表記を採りました。 煩雑さを避けるためもあって、「ザ・~」も割愛しました。 アーティスト名の直後にあるカッコ内には、生没年や活動期間などを示しました。 全米もしくは全英チャートでの最高順位、その曲がヒットした年(レコーディングされた年と異なることがあります)も添えました。 曲の誕生には様々なエピソードが潜んでいるものです。 それを細かく拾い上げてみました。 また、歌詞の要旨もその都度まとめましたので、ご参考になさって下さい。 おすすめコラム• metrolyrics. html 曲のエピソード 恥ずかしなが […]• songlyrics. google. eltonography. html 曲のエピソード 世界的人気を誇るエルトン・ジョンの記念すべき最初 […].

次の

明日に架ける橋/サイモン&ガーファンクル

サイモン と ガーファンクル 明日 に 架ける 橋

解説 [ ] が、に影響を受けて作った曲。 当初はのキーで作曲され、ポールはで歌ってみたがうまくいかず、最終的に、がリード・ボーカルで、キーもに下げる形になった。 音楽評論家のWilliam Ruhlmannは、において、「1969年から1971年にかけて、""のデイ・イズ・ダン、ビートルズの""、の""(作者のヴァージョンも知られる)といった、困難に直面した時の慰めとなる曲が多く発表されたが、この曲はとりわけよく知られている」と評している。 レコーディングには()、ジョー・オズボーン()、()といったが参加し、とアーニー・フリーマンが・を担当。 アルバム『』と同時期にシングルとしてリリースされ、で6週連続1位を獲得。 年間チャートの1位に輝いた。 イギリスでも3週連続で1位となる。 では、最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を含む4部門を受賞。 同名のアルバムも、最優秀アルバム賞と最優秀録音賞を受賞した。 膨大な数のアーティストにカヴァーされたスタンダード・ナンバーとなり、1970年の時点で、『ビルボード』にチャート・インしたアルバム24枚に、この曲が収録されていたという。 ポールのライヴ・ヴァージョンは『』(1974年)と『ライヴ・イン・セントラル・パーク』(1991年)に、アートのライヴ・ヴァージョンは『』(1996年)に収録。 また、再結成ツアーでは1番をアート、2番をポールが歌い、3番を2人で歌うパターンが多い。 またには、ポールが『』に中継で出演し、この曲を歌った。 カバー・バージョン [ ] 「 明日に架ける橋」 の 初出アルバム『Aretha's Greatest Hits』 ブランド・ニュー・ミー リリース 録音 8月 アトランティック・レコーディング・スタジオ ポール・サイモン 、、ジェリー・ウェクスラー チャート最高順位• 6位()• 1位() シングル 年表 ユア・オール・アイ・ニード・トゥ・ゲット・バイ 1971年 明日に架ける橋 1971年 スパニッシュ・ハーレム 1971年 1970年• - 『』。 はエルヴィスのバージョンについて、「エルヴィスはこの曲をすばらしく感情込めて歌ってくれた。 この歌はこう歌われるべきであるという、まさにそのとおりに」とコメントしている。 - 『Third Album』• - 『Get Ready』• - 『Everybody's Out Of Town』• - 『』• - 『Bridge over Troubled Water』• - 『Gula Matari』• - 『It's Hard To Be A Woman』• - 『』• - 『Gimme Shelter』• - 『Turn On The Sun』• 1971年• - スタジオ・バージョンはシングル、コンピレーション・アルバム『Aretha's Greatest Hits』(1971年9月)。 ライブ・バージョンは『』(1971年5月)。 ゴスペルソングとしてカヴァーした。 1972年にを受賞。 このゴスペルアレンジのカバー曲は当時で苦しんでいたに伝わり、讃美歌として普及した。 - 『』• シラ・ブラック - 『Images』• - 『尾崎紀世彦 ファースト・アルバム』(1971年)、『』(2007年)ライブ版収録• - 『フォーク・アルバム第2集』 1972年~1999年• オリジナルズ - 『Def-i-ni-tions』(1972年)• - 『』(1974年)• - 『Always on My Mind』(1982年)• ジュディ・コリンズ - 『』(1985年)• - 『』(1987年)• - 『フォロー・ミー』(1989年)• - 『ブルースを浴びて暮らしたい』(1992年)• - 『Free Spirit』(1995年)• - 『』(1998年)。 ラリー・ネクテルがレコーディングに参加。 - 『サウンド・オブ・サイレンス』(1998年) 2000年以降• - 『Devotion』(2000年)• - 『』(2000年)• - 『The Voice』(2001年)• - 『Lucky Number』(2001年)• - 『星に願いを〜T. Adagio〜』(2001年)• - 『American IV: The Man Comes Around』(2002年)• が2003年にこの曲のカヴァーでシングル・デビュー• - 『CAMELLIA』(2004年)• - 『Bridge Over Troubled Water』(2011年)• - 『The Greatest Songs Of The Seventies』 2007年 Produced by Walter Afanasieff• - 『』(2012年)• - カバーアルバム『借りもの協奏』(2016年)に収録• - 『THE GIFT』(2017年) 脚注 [ ].

次の

明日に架ける橋 / サイモン&ガーファンクル

サイモン と ガーファンクル 明日 に 架ける 橋

今回は私の大好きな曲をご紹介しながら、聖書のお話をさせていただきたいと願っています。 本日は、サイモンとガーファンクルが歌いました「明日に架ける橋」という曲についてのお話をさせていただきます。 サイモンとガーファンクルは、1960年代を中心に活躍いたしましたポール・サイモンとアート・ガーファンクルによるフォークデュオです。 「サウンド・オブ・サイレンス」とか、「スカボロー・フェア」とか、たくさんのヒット曲を生み出した二人ですけれども、この「明日に架ける橋」という曲は1970年に発表されるや否や、全米シングルチャート6週連続一位を記録し、その年のグラミー賞を6つも取りました。 多くの人々の心に響いた名曲なのです。 ポール・サイモンが作りアート・ガーファンクルが歌ったのですけれども、この曲をどちらが歌うかとか、3番の歌詞をどうするか、というようなことをめぐって二人の意見は対立して、結局その後サイモンとガーファンクルは活動を中止してしまうのです。 そういう残念な出来事も生んだ曲なのですけれども、でもこの曲は多くの人々に慰めと励ましを与え続けてまいりました。 そもそもこの曲が生まれた時代はベトナム戦争をめぐる反政府運動や公民権運動などが起こり、その中で政治家ロバート・ケネディや公民権運動の指導者であったキング牧師が暗殺されるなど、アメリカ社会が揺れ動いた時代の中で作られました。 そのような不安や痛みの中で、この曲は多くの人々の心に慰めと励ましを与えたのです。 またこの曲はアレサ・フランクリンという黒人の女性歌手によってカバーされ、当時アパルトヘイトによる差別に苦しんでいた南アフリカの黒人の人々の心にも届きました。 そしてやがてこの曲はアパルトヘイト撤廃運動には欠かせない曲となり、南アフリカの教会では今でもこの曲を讃美歌として歌っている教会があるそうです。 そんな「明日に架ける橋」という曲はこういう歌詞の曲です。 時間の関係で、1番と2番をご紹介いたします。 「あなたが疲れ切って、自分が小さく感じられるとき、あなたの目に涙があふれる時、わたしがぬぐってあげよう。 私はあなたのそばにいる。 あなたが苦しい時には荒波の上に架ける橋のように私がこの身を横たえてあげよう。 あなたが落ちぶれて路上で生活するようになり夕暮れの寒さがひどく身に染みる時私があなたを慰めてあげよう。 私があなたの味方となり、夜の闇が訪れそして周りのあらゆることが苦痛であっても、荒波の上に渡す橋のように私がこの身を横たえてあげよう。 荒波に架ける橋のように私がこの身を横たえてあげよう。 」こういう歌詞です。 この歌詞の中に出てくる「私」が、もしもただの人間であったとしたら、それは随分と偉そうな歌になってしまうのではないかと思います。 けれども、ポール・サイモンはそういう気持ちでこの曲を作ったのではないと思います。 なぜなら彼はこの曲を、教会で聞いたあるゴスペルソングに触発されて作ったからです。 ポール・サイモンがまだ無名の時、ハーレム地区の教会の中で聞いたゴスペルソングの中にこういう歌詞があったそうです。 「あなたが私の名において信じるなら、私は深い海の上に架かる橋になってあげよう。 」それは荒れ狂う湖を渡って恐れる弟子たちのところに来てくださったお方、私たちを救うために十字架の上に身を投げ出してくださって天国への架け橋となってくださったお方、そしてやがては私たちの目の涙をことごとく拭い取ってくださるお方、イエス・キリストのことをうたったゴスペルソングだったのです。 この曲を作ったポール・サイモンも、歌ったアート・ガーファンクルも、またそれを聞いて深い慰めや励ましを受けた人々の多くも、きっとそういう曲として理解したに違いない。 私が人生の嵐に遭う時にも、その身を横たえてくださって「私の上を渡って行け」とおっしゃってくださる方がおられる。 やがて私の目の涙を全部拭ってくださる方が共におられる。 そういう歌としてこの歌は歌われ続け、聞かれ続けて来たに違いないと私は思うのです。 サイモンとガーファンクルはその後ずっと喧嘩別れをしたわけではなくて、やがて時々一緒に活動するようになります。 その時には、この「明日に架ける橋」を1番はアートが歌い、2番はポールが歌い、三番は一緒に歌ったそうです。 この曲は、一度は嵐に隔てられてしまった彼ら二人をつなぐ架け橋ともなったのです。 この曲の中に込められている、御自身の身を投げ出してまで私たちを救おうとしてくださるイエス・キリストの愛が皆さんの心にも届くとき、皆さんもまた、嵐によって隔たれている、誰かと誰かの間をつなぐ、「明日に架ける橋」となれるかもしれません。 関連する番組• サイモンとガーファンクルの~明日に架ける橋~より.

次の