横浜 市 ゴミ の 捨て 方。 カーペットの捨て方・処分方法

横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」

横浜 市 ゴミ の 捨て 方

「小さな金属類」の出し方 週1回収集(「缶・びん・ペットボトル」の収集日と同じ) (集積場所のシールなどで確認してください) 主な対象物等 主な対象物 主に金属でできているもので、一番長い辺が30センチメートル未満の大きさのもの及び金属製の傘の骨 出し方• 「缶・びん・ペットボトル」の袋とは分けて出してください。 細かなもの以外は、袋に入れずに出してください。 なべ・フライパンなどは取っ手を含めずに30センチメートル未満であれば小さな金属類として出してください。 傘は金属製の骨組と布部分を分けてください。 (布部分はに出してください。 傘の骨は30センチメートル以上であっても、小さな金属類として出してください。 火災の恐れがありますので、オイル缶やペンキ缶等は、中身を使い切ってからお出しください(プラスチック製のキャップは「プラスチック製容器包装」に出してください)。 刃物など収集の際に危険なものや、くぎや針など細かくて散乱する恐れがあるものは、紙で包み、品名を書いて出してください。 袋に入れる場合は中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋に入れてお出しください。 対象外となるもの• ドライヤー、電話機、ラジカセなど主にプラスチックでできている家電製品 一番長い辺が50センチメートル未満のものはに、より大きなものは「粗大ごみ」として出してください。 ゴルフクラブやスキーストックなど、一番長い辺が30センチメートル以上の金属製品 「粗大ごみ」として出してください。 使い捨てライター 中身を使い切ってとして出してください。 高圧ガスボンベ 横浜市では回収していません。 購入先または販売店等に相談してください。

次の

小さな金属類 横浜市

横浜 市 ゴミ の 捨て 方

包丁の処分方法 包丁の処分方法は住んでいる地域によって違いはありますが、 基本的には不燃ごみとして処分します。 ただ、そのまま捨てるのでは作業する方が怪我をしてしまう可能性があるので、しっかりと新聞紙や布などで刃先をくるんでガムテープなどで取れないように覆いましょう。 その上で「危険物」や「包丁」などとマジックで書いて指定されているゴミ捨て場へ持っていきます。 包丁に限らず、カッターなどの刃物や割れた食器などのガラスを捨てる時も同じような方法で不燃ごみとして処分しましょう。 包丁は危険な道具ですが、粗大ゴミのように連絡をして処分してもらうという必要はないので、もし包丁を買い換えたいと思ったら気軽に買い換えることができますよ。 また、最近では使わなくなった包丁を回収するという地域もあるようです。 岐阜県関市の岐阜県刃物会館では使わなくなった刃物を回収して、毎年11月8日に刃物を供養するそうです。 関市は刃物の町と言われているのですが、 11月8日を「いい刃物の日」と定めているそうですよ。 一人暮らしを初めてずっと使ってきた包丁を処分するとき、感謝の気持ちを込めてこちらで処分してもらうのもいいかもしれませんね。 参考元: ちなみに、刃物の町として知られる岐阜県関市は販売士のレジェンド松下さんが紹介しているスーパーストーンバリア包丁が造られている場所でもあります。 刃物を造り、処分もしてくれる。 最初から最後まで責任をもって刃物と向き合ってくれる関市はまさに刃物の町としてふさわしいですね。

次の

ゴミの分別情報:横浜市のごみ分別・処分方法を調べる『ごみ分別ナビ:横浜市』

横浜 市 ゴミ の 捨て 方

横浜市の缶・びん・ペットボトルの出し方について、横浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく缶・びん・ペットボトルの出し方情報を提供されていますのでぜひご活用ください。 横浜市ホームページの中から缶・びん・ペットボトルの出し方のページを探し、缶・びん・ペットボトルの出し方がわかるようにしましたのでご利用いただければ幸いです。 横浜市缶・びん・ペットボトルの出し方の紹介 缶・びん・ペットボトルの出し方 「缶・びん・ペットボトル」は資源として再利用するため分別収集しています。 ルールを守って、それぞれの収集日にお出しください。 集めない物…【注意】茶わんや湯呑み、耐熱ガラス 哺乳びん等 、化粧品のびん、果実酒びん 梅酒等を漬けるもの 、蛍光灯、電球は、「燃えないゴミ」に、スプレー缶は、「スプレー缶」に出してください。 【注意】注射針等は絶対に入れないでください。 選別作業は主に手作業で行っており、針刺し事故の危険があります。 横浜市のマニキュアの捨て方 マニキュアのケース プラスチック製 とキャップ プラスチック製 は「プラスチック製容器包装」に分別されます。 「プラスチック製容器包装」の出し方 週1回収集 (集積場所のシールなどで確認してください) プラスチック製容器包装とは 商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)であって、中身の商品を取り出した(使った)後、不要となるプラスチック製のものをいいます。 プラマークがついているものが対象です。 また、プラマークがなくても商品を包装しているプラスチック製のものは対象になります。 マニキュアのびんは「燃えないごみ」 「燃えないごみ」の出し方 週2回収集(「燃やすごみ」の収集日と同じ) (集積場所のシールなどで確認してください) マニキュアの中身は、ぼろ布等に染み込ませて燃やすごみで出してください。 ハケは「燃やすごみ」です。 「燃やすごみ」の出し方 週2回収集 (集積場所のシールなどで確認してください) 中身がはっきりと確認できる透明または半透明の袋にまとめて入れてください。 ペットボトルを出すまでにお願いしたいこと ・中を空にして洗う。

次の