ずっと ドコモ 割 コース。 ドコモ新料金プラン「フリーコース」「ずっとドコモ割コース」を徹底解説

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)

ずっと ドコモ 割 コース

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、ご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン間の変更、およびキッズケータイプラスからカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプランへの変更が可能です。 通話が少なくデータ通信が多い方向けのプランです。 カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)ご契約の場合は、セットでパケットパックの契約が必要となります。 インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。 お申込み: 必要• ご注意事項• 「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、またはにてお手続きいただきますようお願いいたします。 2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約のお申出がない場合、自動更新となります。 契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金(フリーコースの場合は不要)がかかります。 ただし、契約満了月の当月、翌月、翌々月はかかりません。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となります。 詳細は「」をご確認ください。 カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)の契約時には、次のパケットパック契約が必須となります。 【必須パケットパック】 ベーシックパック、データS/M/L、ウルトラデータL/LLパック、シェアパック5/10/15、ウルトラシェアパック30/50/100、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100(シェアパックの場合子回線契約を含みます。 1回あたり5分以内の通話が、回数無制限で定額対象となります。 ただし、1回あたりの通話時間が5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに20円(税込21. 6円)の通話料がかかります。 またデジタル通信料(テレビ電話等)についても5分以内の通信は定額対象となります。 ただし、5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに36円(税込38. 88円)の通信料がかかります。 カケホーダイライトプラン(定期契約あり)とファミリー割引をお申込みの場合、5分を超えた通話も家族間通話無料の対象となります。 フリーコースの場合も、月額基本使用料は同額です。 Xiをご契約のお客さまのみご契約が可能です。 各プランに指定された区分以外のデバイスにドコモUIMカードを挿入してドコモのネットワークを利用した通信を利用した場合は、実際に利用したデバイスに応じて料金が変更となる場合があります。 全プラン無料通信分はありません。 インターネットサービスをご利用の場合は、spモード、mopera U(シンプルプラン、Uスタンダードプラン)などのインターネット接続サービスのご契約が必要となります。 ただし、spモード(iモード契約可)、mopera U(Uライトプラン、Uスーパーライトプラン)はご契約できません。 以下の割引サービスは、基本プランでは契約できません。 契約中の場合は廃止となります。 Xiカケ・ホーダイ、Xiパケット定額サービス、FOMAパケット定額サービス、ファミ割MAX50、ひとりでも割50、(新)いちねん割引、継続利用割引サービス、ゆうゆうコール、WORLD CALLいっかつ割引、ビジネス割50、ドコモへスイッチ学割、ドコモの学割、学生家族いっしょ割、キッズ割、プラスiPhone割、プラスXi割、Xiデータプラン ライト割、ドコモにのりかえ割、ドコモへスイッチ割、ドコモへおかえり割 など• 基本プラン(キッズケータイ除く)では、以下のパケットパックが契約できます。 ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5/10/15、ベーシックパック、ウルトラデータL/LLパック、データS/M/Lパック、らくらくパック、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100• 基本プランは、ファミリー割引もご契約が可能です。 ハーティ割引は、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラスの定期契約なしプランで契約でき、割引額は一律1,700円となります。 (キッズケータイプラスの場合の割引額は500円となります。 基本プランの基本使用料は、ご利用日数にかかわらず日割り計算しません。 ただし、新規契約(MNP含む)と同時のお申込みの場合に限り、お申込み月の基本使用料は日割されます。 (新規契約と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止等(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。 基本プラン(キッズケータイプラスを除く)間の変更の場合、同月内で最も高いプランの料金が適用され、それ以外のプランの料金はかかりません。 ただし、カケホーダイライトプランおよびシンプルプランを含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せてカケホーダイライトプランおよびシンプルプランで契約中に発生した通話料が課金されます。 Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。 ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。 基本プランは、継続利用期間によって契約期間が変更になることはありません。 また、解約金もフリーコースの場合を除き一律9,500円となります。 継続利用期間が10年超の回線が基本プランの定期契約型カケホーダイプランに変更した場合であっても、変更後の契約期間は2年間となり、解約金は9,500円(フリーコースの場合を除く)となります。 また、変更前に定期契約型基本プランや定期契約型割引サービスを契約している場合、契約期間は引継がれます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 詳細情報• カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ドコモユーザが2年ごとに選べるコース「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」の特徴・違い

ずっと ドコモ 割 コース

シンプルプラン(スマホ) 「シンプルプラン(スマホ)」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、ご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン間の変更、およびキッズケータイプラスからカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプランへの変更が可能です。 通話を受けることの多い方向けのプランです。 シンプルプラン(スマホ)ご契約の場合は、セットでパケットパックの契約が必要となります。 インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。 ご注意事項• 「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、またはにてお手続きいただきますようお願いいたします。 2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約のお申出がない場合、自動更新となります。 契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金(フリーコースの場合は不要)がかかります。 ただし、契約満了月の当月、翌月、翌々月はかかりません。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となります。 詳細は「」をご確認ください。 フリーコースの場合も、月額基本使用料は同額です。 Xiをご契約のお客さまのみご契約が可能です。 各プランに指定された区分以外のデバイスにドコモUIMカードを挿入してドコモのネットワークを利用した通信を利用した場合は、実際に利用したデバイスに応じて料金が変更となる場合があります。 全プラン無料通信分はありません。 インターネットサービスをご利用の場合は、spモード、mopera U(シンプルプラン、Uスタンダードプラン)などのインターネット接続サービスのご契約が必要となります。 ただし、spモード(iモード契約可)、mopera U(Uライトプラン、Uスーパーライトプラン)はご契約できません。 以下の割引サービスは、基本プランでは契約できません。 契約中の場合は廃止となります。 Xiカケ・ホーダイ、Xiパケット定額サービス、FOMAパケット定額サービス、ファミ割MAX50、ひとりでも割50、(新)いちねん割引、継続利用割引サービス、ゆうゆうコール、WORLD CALLいっかつ割引、ビジネス割50、ドコモへスイッチ学割、ドコモの学割、学生家族いっしょ割、キッズ割、プラスiPhone割、プラスXi割、Xiデータプラン ライト割、ドコモにのりかえ割、ドコモへスイッチ割、ドコモへおかえり割 など• シンプルプランでは、以下のパケットパックが契約できます。 ケータイパック、ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5/10/15、ベーシックパック、ウルトラデータL/LLパック、データS/M/Lパック、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100• 2年定期契約ありの料金プランとファミリー割引をお申込みの場合、家族内通話無料の対象となります。 定期契約のない料金プランの場合、ハーティ割引のご契約が必要です。 基本プランは、ファミリー割引も契約になれます。 ハーティ割引は、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラスの定期契約なしプランで契約でき、割引額は一律1,700円となります。 (キッズケータイプラスの場合の割引額は500円となります。 基本プランの基本使用料は、ご利用日数にかかわらず日割り計算しません。 ただし、新規契約(MNP含む)と同時のお申込みの場合に限り、お申込み月の基本使用料は日割されます。 (新規契約と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止等(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。 基本プラン(キッズケータイプラスを除く)間の変更の場合、同月内で最も高いプランの料金が適用され、それ以外のプランの料金はかかりません。 ただし、カケホーダイライトプランおよびシンプルプランを含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せてカケホーダイライトプランおよびシンプルプランで契約中に発生した通話料が課金されます。 Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。 ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。 基本プランは、継続利用期間によって契約期間が変更になることはありません。 また、解約金もフリーコースの場合を除き一律9,500円となります。 継続利用期間が10年超の回線が基本プランの定期契約型カケホーダイプランに変更した場合であっても、変更後の契約期間は2年間となり、解約金は9,500円(フリーコースの場合を除く)となります。 また、変更前に定期契約型基本プランや定期契約型割引サービスを契約している場合、契約期間は引継がれます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 詳細情報• シンプルプラン(スマホ)• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ギガホ/ギガライトでずっとドコモ割プラスのdポイント付与がなくなるとなんだか損した気分

ずっと ドコモ 割 コース

ドコモの長期利用者向け割引施策として2016年より展開されている、「 ずっとドコモ割コース」と「 フリーコース」、そしてずっとドコモ割コースを利用している時に適用される「 更新ありがとうポイント」について、改めて振り返っていきます。 それまでも適用されていた「ずっとドコモ割」を利用することができるコースを「 ずっとドコモ割コース」とし、それとは別に「 フリーコース」を新しく選択することができるようになったのが、2016年6月1日からでした。 既に開始から一年を経過しているものの、フリーコースを利用しているというユーザーは非常に少なく、ずっとドコモ割コースの場合にもらえる更新ありがとうポイントについても、まだまだもらい損ねている人が多いのが現状です。 ずっとドコモ割コースとフリーコースは一体何が違うのか、そして更新ありがとうポイントとは何なのか、詳細メリットやデメリットを検証していきます。 ずっとドコモ割コースとフリーコースとは NTTドコモの ずっとドコモ割コース」と「 フリーコース」は、2年定期契約満了後に解約金の「あり」「なし」をユーザーが選択できるようになる取り組みです。 フリーコースの追加により、2つのコースからユーザーは自らの意思で選択をすることが可能となりました。 それにより、長期でドコモを利用しており以後もドコモを利用していこうと考えているユーザーには「ずっとドコモ割コース」、近いうちに他社も含めて検討したいと考えている場合には「フリーコース」という形で選択肢が拡大する形となっています。 ずっとドコモ割コースに関しては、割引内容が拡充された以外には基本的にそれまでと変化はなく、長期でドコモを利用している場合に、利用プランによって割引が自動適用されるようになっています。 一方で、2016年6月時点で新しく追加された「フリーコース」に関しては、本来二年更新のプランを選択しなかった場合、カケホーダイプランの定期契約なしが設定され料金が高くなるようにされていたわけですが、 フリーコースでは基本プランの料金はそのままに、いつ解約したとしても解約金が不要になります。 これにより、二年更新で二年ごとにしか解約金がかからない月がなかった今までと比較しても、かなり他社への移行がしやすくなりました。 ただしそれと引き換えに、 長期利用の場合の「ずっとドコモ割」および新設の「更新ありがとうポイント」が適用されなくなるため、フリーコース選択時には注意が必要です。 ずっとドコモ割コース/フリーコースは更新のタイミングで選択可能 「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」は、前述したように2016年6月1日から選択可能となりましたが、実際に選択ができるのは、 カケホーダイプランを利用中で二年定期契約の更新期間になった場合のみなので、すべてのユーザーがすぐに選択変更できるわけではありません。 つまり最近更新月を超えたばかりでずっとドコモ割コースを継続した場合、最長二年後までは自動的に「ずっとドコモ割コース」が適用され、フリーコースが選択できるようになるのは次の更新タイミングということになります。 既に最近更新月を超えてしまったユーザーは、次の更新月まで待つしかありませんが、まだこれから更新月が近々やってくるという場合には、フリーコースへの変更は視野に入れておいてもいいでしょう。 ただ、もしフリーコースを選択している場合、フリーコースからずっとドコモ割コースへの変更は、いつでも常時可能となっています。 2年の縛りは発生しますが、その分、ずっとドコモ割が適用されますし、次回の更新タイミングでさらにずっとドコモ割コースを継続すれば更新ありがとうポイントももらえるのでお得です。 更新ありがとうポイントのメリットデメリット ドコモの契約を更新したユーザーへの還元サービス「 更新ありがとうポイント」は、二年定期契約を「ずっとドコモ割コース」で更新することにより、回線ごとに dポイント3000円分をプレゼントしてくれるというものです。 更新ありがとうポイントをもらうための大前提として、 2年定期契約の満了後に「 ずっとドコモ割コース」を選択したユーザー かつ「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」、「カケホーダイプラン(ケータイ)」、「カケホーダイライトプラン」、「」「データプラン(スマホ/タブ)」、「データプラン(ルーター)」を契約しているdポイントクラブ会員ユーザー という条件があります。 更新ありがとうポイントは、更新ごとに適用されるため、2年で更新したら3000ポイント、また2年経って更新したら3000ポイントという具合にその都度更新すれば3000ポイントもらえるという点は大きなメリットです。 フリーコースを選択していると更新ありがとうポイントはもらえないため、長期でドコモを利用しようと考えているのであれば、「ずっとドコモ割コース」の方がお得となります。 注意点としては、もらえるdポイントは、「 期間・用途限定」のポイントであるという点で、 6ヶ月間、獲得・利用が可能となっており、通常のdポイントとは有効期間が異なります。 取得してから6ヶ月間が利用可能というわけではなく、あくまで契約更新期間が終了してから6ヶ月間に、獲得と利用ができるということなので、注意が必要です。 つまり、契約更新期間が終了し、4ヶ月後に更新ありがとうポイントを獲得したら、利用期間は残り2ヶ月しかないということです。 加えて通常のdポイントにできて「更新ありがとうポイント」でできないこととして、「ケータイ料金への充当」「データ量の追加」「ポイント交換商品(商品が当たる抽選含む)」「他社ポイントへの交換」「寄付」には利用できなくなっています。 さらにもう一点、注意点があります。 更新ありがとうポイント獲得の方法として、ドコモの公式サイトには「専用のWEBサイトにアクセスし、獲得していただきます」とあります。 つまり、受動的に付与されるわけではなく、能動的に、つまり 自分から獲得しにいかないともらえないポイントになっています。 関連記事:「 」 意識していればいいものの、なかなかそうしたポイント獲得作業をしないユーザーも多いと思われ、期間・用途限定ポイントにされている点もそうですが、ある種ドコモの裏の意図が感じられるところです。 とはいえ、どちらにしてもドコモから変更する気がなく、今までもドコモを使い続けてきたというユーザーにとっては、メリットしかない「更新ありがとうポイント」なので、有効に活用していきたいところです。 フリーコースがお得なケースとは 基本的に、ドコモを利用することを前提としている「ずっとドコモ割コース」の方が、割引にしても「更新ありがとうポイント」にしても優遇される形となっているため、フリーコースにした方がお得になるケースはあまり多くありません。 フリーコースを選択することによる最大のメリットは二年を過ぎたら解約金がかからなくなるという点であり、いつでも自由にキャリア変更をすることができるという点ですが、そもそもドコモをやめようという意向があるのであれば、解約更新月のタイミングでやめればいい話なので、あまり利用メリットはないかもしれません。 例えば、ドコモから他社に移りたいけれども、他社で購入したい機種の在庫がないとか、もしくはタイミングとして1月より3月がお得だからしばらく待ちたいからとか、そういう理由で少しだけ解約金がかからないタイミングを延ばしたいような場合にのみ有効といえそうです。 長期利用の場合はもちろん、「更新ありがとうポイント」は長期利用者でなくても適用されるため、明確にドコモから他社へ、という気持ちが固まっていない場合には「ずっとドコモ割コース」を選択した方がお得と言えます。 関連記事:「」 ずっとドコモ割コース/フリーコースの対象プラン ずっとドコモ割コースとフリーコースには、対象プランがあります。 「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」、「カケホーダイプラン(ケータイ)」、「カケホーダイライトプラン」、「シンプルプラン」、「データプラン(スマホ/タブ)」、「データプラン(ルーター)」 従来のFOMAプラン利用の場合や、を利用している場合などには対象となりません。 合わせて法人契約も対象外となっています。 ずっとドコモ割について、以前からドコモが抱えている問題ではありますが、どんなに長期利用していたとしても、フィーチャーフォン利用で、FOMAプラン、もしくはカケホーダイプランでもパケットパック利用をしていなければ「ずっとドコモ割」は適用されないため、長期利用者としてのメリットが皆無である、という点はいまだ改善の余地がある部分です。 あくまでパケットパックを利用し、ある程度の金額をドコモに支払っているユーザーに対してのみの優遇施策となっています。 関連記事:「 」 au・ソフトバンクの「3年目以降解約金がかからないプラン」と比較 au・ソフトバンクは、ドコモに先駆けて「 3年目以降に解約金がかからない新プラン」を発表しました。 しかしその実態は、解約金はかからないものの毎月の利用料金が300円高くなるということで、実際にはかなり使い勝手の悪いプランでした。 関連記事:「」 それと比較すると、ドコモのフリーコースはまだ、良心的です。 3年目以降解約金は一切かからず、かといって月額料金が今までよりも高くなるわけではありません。 au・ソフトバンクのように、「 27ヶ月目から31ヶ月目の間に解約をした場合に限って多少メリットあり」というようなお得感がほとんどない内容とはまるで違います。 ドコモのフリーコースを受けて、au・ソフトバンクに動きがあるかとも当時は思いましたが、現在も特に内容は変わることなく継続しています。 au・ソフトバンクよりはマシとは言っても、ドコモのフリーコースもそんなに使い勝手がいいわけでもなく、解約金がかからない、という多くのユーザーが希望した料金プランには、まだまだ課題が山積されています。 今後のさらなる改善に注目したいところです。

次の