沢尻 エリカ mdma。 沢尻エリカがMDMAの隠し場所を自白してまで「かばいたい人物」

沢尻エリカ容疑者「以前からMDMA使用」所持カプセルは「彼氏から預かった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

沢尻 エリカ mdma

次の逮捕者は沢尻エリカの友達? 沢尻容疑者の次に逮捕される人物として渡邉氏は次のように報じています。 「沢尻の薬物ルートで一部は、 既に判明している部分があります。 と言うことは、 次の逮捕者が出てくると可能性が高い。 」 「名前の挙がっているところでは モデルでタレントとしても活躍しているK、 女優のMなどです。 」 2人とも沢尻と交流があるので疑われるのは当然ですが、 以前から薬物疑惑があり 既に内偵捜査も入っていると聞いています。 」 「薬物の場合は、 とにかく現行犯逮捕に限られるので慎重に行わなければなりませんが。 いずれにしても、 薬物捜査に関しては組対もマトリに対抗していますからね」 (警視庁の内部に詳しい関係者)。 今年(2019年)も残るところ40日。 芸能界からさらなる薬物逮捕者が出てくる可能性は高い。 (2019年11月17日配信) 上記の通り、次の逮捕者として名前が挙がっている友達は 「K」と 「M」でした。 一体、この2人は誰なのでしょうか? 薬物の入手ルートは不倫相手ot暴力団? 現在のところ、沢尻容疑者が合成麻薬(MDMA)を 入手したルートは不明です。 ただ、彼女は 以前からMDMAの使用が疑われていたのです。 それは2011年の時。 当時の沢尻容疑は、元夫である高城 剛氏と 離婚協議中でした。 それがスペイン人の セルジオ氏でした。 この男性について「サイゾー」は次のように報じています。 バルセロナでは部屋に閉じこもっていることが多かったが、 彼の地の自称 「大麻インストラクター」の セルジオと知り合い、 再び薬物にはまっていった。 これを高城にぶつけると、 エリカ本人から聞いたと裏付けている。 それが 「暴力団」です。 実は、沢尻容疑者を逮捕したのは警視庁の 「組織犯罪対策5課」なのです。 組織犯罪対策5課は 暴力団の取り締まりを担当する課です。 そのため、この課が捜査に乗り出したということは、 組織的犯行の可能性が浮上しているということを意味します。

次の

沢尻エリカ容疑者所持の「パーティー・ドラッグ」MDMAとは? 米国ではPTSD治療薬になる日も近い(飯塚真紀子)

沢尻 エリカ mdma

高城剛氏との離婚から3日後、スカジャンを着て実家から外出する沢尻。 渋谷のクラブWから帰宅したところで自宅の捜索を受けた彼女は、捜査員に自ら「ここにMDMAがあります」と申告。 アクセサリーケースの中敷きの下に保管していた、MDMAのカプセル2錠を警察に押収された。 その後の取調べにも素直に応じ、「MDMAは数週間前にイベント会場でもらった」と供述。 共同して合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は沢尻の長年の恋人で、ファッションデザイナーのNAOKIこと横川直樹容疑者も逮捕した。 しかし、その後の尿検査本鑑定結果は陰性だった。 尿鑑定でも引っかからないことは、自分自身が一番わかっていたはずだ。 ではなぜ自宅を捜索されたときにMDMAの隠し場所を自ら明かしたのか。 それには沢尻容疑者の性格を巧みについた作戦があったという。 「沢尻は大河ドラマ出演を背負っており、一定期間薬物をやめていたそうです。 しかし現場で警察が放った言葉が沢尻を観念させたそうです。 どうやら長期間に渡って友人関係やクラブでの行動を徹底的にマークされており、全部知っているぞと警察が詰め寄ったそうです。 沢尻容疑者が憧れて慕っていたとされるうちの1人に、女子会のメンバーでクラブのイベントプロデュースをしていたA子がいる。 『週刊文春』は、クスリの調達役とされたA子が、イベントで沢尻にコカインを吸引するよう促し、沢尻は「いただきます」と言って鼻から一気にコカインを吸入したと報じている。 A子は沢尻が逮捕される直前に、クラブWでのイベントを主催した人物でもある。 「A子の夫はフジロックフェスティバルやULTRA JAPANなどに出演する有名DJです。 沢尻容疑者が逮捕されるまでインスタグラムやツイッターでは沢尻容疑者と映っている女子会の写真などを誇示するかのごとく複数掲載していた。 しかし逮捕されたとたん沢尻容疑者との写真をすべて削除しインスタグラムやツイッターは非公開にして逃亡しました。 さらにはDJの夫のSNS関連もすべて非公開にし、3歳の息子の写真を専用に上げていたインスタまで非公開にしたんです。 また、姉と慕い共にクラブ遊びをしていた女優B。 撮影:結束武郎.

次の

【沢尻エリカの友達】次の逮捕者:モデルでタレントのK+女優Mは誰?名前は?

沢尻 エリカ mdma

沢尻容疑者の弁護人は同日、東京地裁に保釈を請求。 地裁は請求を認め、沢尻容疑者は同日夜、勾留されていた警視庁東京湾岸署から保釈された。 保釈保証金は500万円だった。 起訴状によると、沢尻容疑者は11月16日、自宅の目黒区のマンションで、カプセル2錠に入ったMDMAの粉末0・198グラムや、LSDを含んだ紙片と液体計0・685グラムを所持したとされる。 捜査関係者によると、沢尻容疑者は、いずれの麻薬も共同所持容疑で警視庁に逮捕された知人のファッションデザイナー横川直樹容疑者(38)から受け取ったと説明したという。 沢尻容疑者は11月16日に逮捕された。 これまでの取り調べに「10年以上前に薬物の使用を始めた。 有名人が薬物事件で逮捕されるたび、私も危ないのではと注意していたが、気持ちのどこかで私のところには警察は来ないだろうと思っていた」と供述したという。 沢尻容疑者は2005年公開の映画「パッチギ!」や12年の映画「ヘルタースケルター」に出演。 来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」にも出演予定で撮影が進められていたが、NHKが代役を立てるなど、影響が広がっていた。 沢尻容疑者は保釈後、「多くの方々を裏切ってしまい、心の底から後悔しています。 違法薬物と決して関わりを持つことのないよう専門家の指導も受け、立ち直ることを約束します」などとコメントを出した。

次の