戒能 良子。 戒能良子とは (カイノウヨシコとは) [単語記事]

VRアプリ『京ちゃんと一緒』正式リリース版

戒能 良子

戒能良子は若手プロ雀士の中でも有名株である。 2年前あの宮永照に大物手を当てたことは相性の差もあるが偉業と言っていい。 実際に新人賞やシルバーシューターなどの賞も受賞、弱冠20才の若手としては目覚ましい活躍といえよう。 しかもその交友関係も広い。 牌のお姉さんこと瑞原はやりとは仲が良くプライベートでも時間が合えば会うし、一緒にグラビアに写ることも多々ある。 その肢体は永水高校の滝見春と従姉妹ということもあって素晴らしく起伏に富んでいる。 そんな彼女が今何をしているかといえば 「京太郎はキュートですね、ふふ、よしよし」 自分よりも大きな『京太郎』の背中に抱き着いて頭を優しく撫でていた。 『あの、良子さんあたって』 スキンシップの激しさに『京太郎』は顔が真っ赤である。 背中に大きな胸が触れており、しかも自分の好みの女性に撫でられるのである。 これは一介の高校男子にとって重い試練だった。 「おや、京太郎は姉にエキサイトするのですか?」 更に困ったことにこの良子、『京太郎』を弟に見立てていた。 周囲が女性ばかりであったため弟を可愛がるという願望があったらしい。 だが『京太郎』にとって良子は恋愛対象に見てしまいかねない少し前に出会った女性だ。 このままでは違う部分がエキサイトしてしまうだろう。 それはまずい、『京太郎』の尊厳のためにも良子の好意に対する返礼としてもそれは避けねばならない。 『……こんな年で恥ずかしいよ、姉さん』 選んだのは弟扱いに甘んじつつも『年齢的に素直には甘えづらい』という逃げ道を確保した一手。 姉のようにふるまおうとしつつも色々と台無しな年上のポンコツ幼馴染にこの場は感謝するべきだろう。 経験がなければこの手段を思いつきもしなかったに違いない。 ある意味自爆技ともいえるこの効果はいかようか、と背後に目を流す『京太郎』。 「いい、ベリーにキュートです京太郎。 お姉ちゃんが何でも買ってあげますね」 その返答と蕩け落ちそうな笑顔、そして首筋にかかる吐息の熱さに逆効果だったような気がひしひしと迫ってくるような錯覚を覚える。 『いやー、何でもは悪いですよ良子さ……姉さん』 名前呼びに戻そうした瞬間に妙なプレッシャーを感じたため言い直すと、背後からの空気が軟化する。 そして未だに大きなおもちが背中から離れない。 「大丈夫、お姉ちゃんはこれでもマネー持ちなんです。 とりあえずすべての課金機能を」 『待って、待って姉さん。 そんな散財は……そう、計画的に節約しないと。 いつ入用になるのか分からないからさ?』 なぜか所有者が課金したがってコンテンツであるはずの『京太郎』が思いとどまらせようとする、この辺り採算というものを無視した実装である事がよくわかる。 「……なるほど、確かにサプライズや式のために使った方が。 京太郎はブライトですね」 なんだか不穏な単語が含まれていたのだが『京太郎』の精神はそれどころではない。 むにむにと背中におもちがあたる感触に耳元で囁かれる度にかかる息はくすぐったく、じりじりと理性を削っていく。 これが作戦だというなら良子には魔性の女としての素質があるのかもしれない。 「京太郎、私は……」 良子が何かを言いかけたのと同時にスマホが着信を知らせる。 途中で邪魔をされたと感じる良子は眉をしかめるが、その相手が友人でもあり先輩という無碍にはできない相手であることを確認して小さくため息をつく。 「ハイ、はやりさん、何の用事ですか? 私も今インポータントな」 明らかにすぐに切り上げたそうな様子を見せる良子だったが、電話向こうからの話を聞いていくうちにだんだんとそちらに集中し始める。 「オーケーオーケー、勝算ありと。 私も乗りましょう。 ミートするにはどこへ?」 完全に目の色が変わった良子は今までとは雰囲気を一転させて『京太郎』に申し訳なさそうな声をかける。 「ソーリー、急用ができてしまいました。 埋め合わせは必ず。 外にはもらせない話ですので一度アプリも切らなければならなくて」 あのままでは自分がどうなるかも保証できなかった『京太郎』は神の助けだと思い喜んで提案を受け入れる。 『あ、大丈夫です。 俺はいつでもここにいますし、終わったらまた会いましょうね』 ニコニコと手を振りながらスマホの中に戻った『京太郎』は知らない。 これから瑞原はやりがやろうとしているのが『京ちゃんと一緒』のR-18指定対応版を作るための株の買取であり、それに今の所有者でもある戒能良子が参加するつもりであるなどということは。 「義理の姉弟の明かせない関係、ベリーにインモラルです」 何を思い浮かべているのかもはや妖艶という表現でも足りないほどの空気を滲ませる良子を知らないでいられたことが今後の『京太郎』にどのような結果をもたらすのか、それはまた別の話である。 『戒能良子の場合』、終了ということで。 なぜか全くアイデアが降ってこず数日うなっていたのですが、急遽「そういえばお姉さん系を生かしてるキャラあんまいなくね?」と思いついたらその勢いで。 京ちゃんをドギマギさせようと書いていったのですが、はやりんの親友ポジだし確実に声かけられるよな、というわけで最後はそちら方面に傾きました。 ……戒能さんこれかなり拗らせてない? 次回はレジェンドこと『赤土晴絵の場合』の予定。 問題はその後に誰まで手を広げるかなんですよね。 例えば風越の貴子コーチとか臨海のアレクサンドラ(34)監督とか、カツ丼さんとか新子姉とか、どの辺までありなのかと。 あ、さすがにトシさんはないです。 孫もありえるくらいの年齢差ですし。

次の

【電子書籍のe

戒能 良子

わかる?良子ちゃん」 健夜「結局若さなんだよ。 小鍛治プロは3日間腹痛で苦しみ抜いた末に」 良子「末に…」 春「きりもみ回転しながら爆発四散」 良子「………」 春「嘘」 春「でも今日一日腹痛に悩まされるのはほんと」 良子「な、なんでそんなこと…」 春「発想の逆転。 里帰りできないならこっちから行けばいい。 仕事でゆっくりできないなら仕事をなくせばいい」 良子「とんでもないことしますね」 30: 春「なんにせよ今日はオフ…」 良子「それはそうですが」 春「とりあえず、ご飯にしよう」 良子「オーキー・ドーキー。 こうなったらなるようになれです」 ・ 春「いただきます」 良子「い、いただきます」 良子(シリアルとサラダ……) 31: 良子「…………」 春「……………」モグモグ 良子「……あの、ハル?」 春「なに」 良子「これは、何?」 春「コーンフレークとサラダ」 良子「ハルが食べてるのは?」 春「アジの開きと煮物と味噌汁」 春「…………昨日の残りの」 良子「ふつう、里帰りのおもてなしというからには私がそっちを食べるのでは」 春「良子が昨日、要らないといったから」ツーン 良子(怒ってたんですか……) 32: 良子「ハル、謝るからそれをください」 春「仕方ない」 春「良子、口開けて」 良子「自分で食べられますよ」 春「ダメ」 春「これもおもてなし……」 良子「わかりましたよ。 あ、あーん」 春「はい」 良子「……ん、おいしい」 34: 良子「懐かしいですね、この味。 黒糖使ったんですね」 春「もちろん」ソワソワ 良子「ちゃんとできてますね。 前は甘すぎて食べられたものじゃなかったですけど」 春「もう3年も前の話……既に時効」ソワソワ 良子「そんなになりますか」 良子「って、ハル。 今わたし病院なんだけどね?』 良子(すっかり忘れてた) 健夜『お母さんに聞いたんだけど、わたしが眠ってる間に永水女子の滝見さんが来たらしいの』 健夜『で、なにやらお祈りみたいなことをして、私に「良子のことを宜しく」って言って帰ったんだって』 良子(ハル、後始末はちゃんとして帰ったんだ) 良子「あ、ああ……小鍛治プロが倒れたと聞いたのでハルに祈祷をするよう頼んだんです」 健夜『ええ!?永水って鹿児島だよね?わざわざ来たの!?』 55: 良子「あ、あはははは……」 良子(そもそもあなたが倒れたのはその子のかけた呪いのせいですとは言えない) 健夜『でも、そのおかげかな。 今すっごく調子がいいんだ』 健夜『延期になった明日の対局……楽しみにしててね!』 良子「あっ、ハイ」 健夜『でも、鹿児島から従姉妹のお願いを聞くためにわざわざ……いい子だね、滝見さん』 良子「………ええ」 良子「それが自慢、です」 カン 58: 乙 はるしこはいいものだ 59: おつ はるるとかいのーさんにおっぱいサンドイッチされたい 6.

次の

戒能良子

戒能 良子

1 祝日の午前、けっこう早い時間。 いつもの癖で目覚めてしまい、二度寝しようにも完全に目が覚めてしまったからとりあえずテレビを眺めている。 流れている朝の情報番組では、振り袖姿の女の子やスーツ姿の男の子が映っている。 携帯の着信ランプが一瞬点滅し、直後に着信音が鳴った。 数秒で鳴り終わるそれを聞いて「なんだ、メールか」と独り言を呟く。 知り合いの中でこんな日のこんな時間に連絡をしてくる人は少ない。 少ないけど数人思いつく人はいるから、念のため確認する。 画面を開くと良子……恋人の名前が画面に映し出される。 これから楽しんでくるんだからこっちは気にしなくていいのに…と思う反面で、連絡をよこしてくれた事は凄く嬉しく感じる。 画面を開くと、件名の部分には「大人のミーです」と書かれていた。 「大人……かぁ…」 思わず言葉が漏れる。 9ヶ月ほど前に20歳の誕生日を迎えてから、なにかと「大人」という言葉に拘っていたのを思い出す。 周りにはプロの先輩や俺も含めて年上しか居ない状況を考えると、背伸びをしたい気持ちもわからなくはない。 って……件名を見ただけでここまで考えてしまうのはダメだな。 「本文も短いな」 本文を開いてみたら「今日はエンジョイしてきます」とだけ書かれている短いものだった。 ただそのかわり画像が数枚添付されていた。 画像の中身は簡単に予想できた。 そもそも今日が何の日かということを考えれば、わからない方がおかしいのだけど。 開いてみる。 1枚目の画像は、銀というか……紫と言えば良いのか……まあそんな感じの色の髪が映えるような、暖色系の振り袖を着た良子がはにかんでいる写真だった。 「……かわいいな」 思わずそう呟く。 化粧も服装も普段とは全然違うタイプのものなのでとても新鮮に思える。 2枚目以降の画像は、友達と写っている画像だった。 振袖を着て楽しそうに写真に写っている良子を見て、こちらも頬が綻ぶ。 「やっぱ振り袖で良かったな」 この画像でこそ振袖を着ているが、去年の夏頃に前撮りしようとした際に留袖で出たいと言い始めた事があった。 流石にそれは世間的にも色々まずいということと振袖を着る機会なんてこれくらいしかないからということで、俺と親御さんとが協力し説得を重ねた結果なんとか納得はしてもらえた。 その時に結構大変な約束させられちゃったけど。 「っていうか、俺の彼女……今年成人式なんだなあ」 自分の時の事を思い出し微笑ましく思うが、その一方で僅かな罪悪感も芽生える。 普段あまり意識しないけど、ほんの少し前まで未成年だったことを実感する。 ほんの数日前、対局から帰ってきた良子を前にして我慢できずに組み敷いてしまった事を思い出す。 可愛かったから仕方ない。 おれはわるくない。 あいつもたのしんでた。 しかたない。 すんだこと。 うん、そう思うことにしよう。 2 テレビのニュースでは今日のプロ麻雀の対局結果が流れている。 どこが勝った、誰が健闘したなどの情報が耳に入ってくる。 それを聞き流しながら良子のスーツのほつれや汚れを取り、ブラウスにアイロンをかける。 平日にはなかなかできない作業も今日は祝日なので一気に進められる。 日中は基本的にずっと着ているし、帰ってきても良子ごとちょっと乱暴に扱ってしまう事が多いからダメージが積み重なってくるからこういう時に補修しておかないと。 よれたスーツってみっともないし。 そういえば……誕生日に新しいスーツを買ってあげたら物凄く喜ばれたな。 これくらいの甲斐性は出せると少し見栄張って高いの買ってあげたが、そればっかり着るようになったので注意したけど。 嬉しかったけど、ローテーション組んで着ないと傷みやすくなるから。 良子のスーツとかの補修をするようになってからだいぶ経つせいか、手は自然に動くようになっている。 慣れってこわい。 「よし、こんなもんで大丈夫かな」 靴やストッキングのメンテも全て終わり、つけっぱなしのテレビ画面に目を向ける。 ちょうど夜のニュースが終わったとこだった。 作業に夢中だったせいでそんなに時間が立っていたとは気付かず、夕食も食べ忘れていたことに気付く。 しかし、夜ももう遅く作るのも食べに行くのも面倒な時間になっている。 少し考えた後、食べないという選択をする。 それよりも、と風呂へ入る。 一日作業をして強張った身体に暖かい風呂が効いて、あまりの気持ち良さに意識が飛びかける。 危ない危ない。 十分暖まったからと風呂を出て、着替えている時にガチャン! とドアノブを回す音がした。 インターホンを鳴らすわけでもなく、ノックをするわけでもなく、いきなりドアノブに手をかける人は……。 「いや、今日はこっちには帰って来ないはず……」 かちゃり…と鍵の回る音がする。 家の鍵を持ってる人は俺と良子しか居ないため、もう疑う余地はない。 出迎えるために玄関へ向かい、ドアを開ける。 「ただいまれす」 「お……おかえり?」 今朝送られてきた画像で見た姿そのままの、振袖姿の良子が立っていた。 恐らく酒を飲んできたのだろう。 少し顔が赤く染まっている。 一瞬見惚れてしまったが、気を取り直して迎え入れる。 「今日は帰ってこないと思ってたけど?」 「ホワイ?」 「なんでって……」 こっちがききたい。 けっこう酔ってるし楽しんできたのだとは思うけど、思ったより早かったし今日は実家の方に帰るのだと思ってた。 「振袖見たいって言ってたじゃないれすか」 「いや…まあ言ったけど……」 留袖騒動の際に良子の振袖姿が見てみたいと言った。 嘘ではないけど、写真で見られたからそれで結構満足してたんだけど……。 「あ、ちょっと待って。 携帯鳴ってる」 話しながらも微妙に距離を詰めてくる良子から後ろ足でゆっくりと逃げていたら、良子の携帯から電話の着信音が鳴り始めた。 ……が、誰からの着信かを確認すると電話に出ずに切った。 そして携帯を投げ捨て笑顔で俺の方へ振り向く。 「フリーズ」 「何をする気だ」 「ノープロブレム。 いつもヤってる事です」 確かに可愛いし興奮するしやりたくないかと聞かれればやりたい。 だけどなんか酔ってる良子が恐い。 据え膳を前にしてどうしようか悩んでいたら、今度は俺の携帯が鳴りだした。 発信者は……良子のお母様。 タイミング的にさっき良子に電話したのはこの人だろうなあ。 「はい」 目の前の良子に関しては一時保留して電話に出る。 出た瞬間、良子が凄く不機嫌そうな顔になったのは見なかった事にする。 「あ、連絡ついた~。 よかった~」 「なんですか?」 「いやーもう帰るってメール来たけど全然帰って来ないから、もしかしたらそっちに居るんじゃないかと思ってね」 「当たりです。 目の前に居ます。 かなり酔ってます」 「ならいいや」 いいのか。 年頃の娘を持つ母とは思えないほど適当だな。 まあそのおかげで半同棲状態で暮らせてるんだから助かってるけど。 「無事が確認できればそれでいいから~。 あとは若い2人に任せるわね」 「いや、あの……今日くらいはそちらで過ごした方が……振袖のこともありますし……」 「振袖?従妹のハルも着る予定だけど、破いたりしなきゃ問題無いわよ。 などと考えているうちに電話は切れた。 後に残ったのは目の前に居る良子だった。 仕方ない。 うん、しかたない。 明日は仕事あるけど少し加減すればいいだろう。 とりあえず今を楽しもう。 いつもの事だけど良子を目の前にして加減なんてできるわけがなかった。 いつも以上に張りきったせいで次の日は遅刻しかけた。 それと後で知ったことだが、友達と飲んでる時に愚痴ってたら攻めに回ればいいんじゃないかとアドバイスされてそのままこっちに直行してきたらしい。 若い子の行動力って恐ろしいな。

次の