あめふり婦人 歌詞。 あめふり婦人 / 米津玄師 ダウンロード・試聴

あめふり婦人 / 米津玄師 ダウンロード・試聴

あめふり婦人 歌詞

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

あめふり婦人 歌詞『米津玄師』

あめふり婦人 歌詞

それでは歌詞の意味について考察していきます! 歌詞の意味を考察! すべてを洗い流す雨でも流されない彼女の心とは? ここはジオラマの世界。 常識なんて通じない何でもありありな世界だ。 いろいろなところで様々なストーリーが繰り広げられている。 彼女は愛されたいと願う人からは愛されず、生活のために愛されたくもない人の相手をしなればいけなかった。 今日もいけない事とは知りながら、夜の街に消えていく。 どうして私が外に出たら雨が降るのだろう? 今日も雨がびしゃびしゃ降っている。 太陽の光がよく降り注いだ昼間の街は、声で溢れていた。 昼間はあんなに晴れていたのに、夜になって私が外に出た途端雨が降り出した。 街がびしゃびしゃ濡れている。 そこには耐え難いくらいの静けさが蔓延る街が残されていた。 私の中の不遜な心ばかりが強くなる。 本当の私を見てよ。 強がってはいるけれど、私はただ愛が欲しいだけなの。 水面に浮かんだ泡が重なり合って弾けるように、私の重なり合った寂しい気持ちも弾けた。 寂しくてどうしようもない。 真赤な笛の音 はしゃぐ子供たち 遠くのほうへ行くようだ 俄かに雨が降り出すみたいに 通りすがって消えていった おどろに揺れるマッチの灯を抱え どうやらとても暖かく 何故だか嫌に静かで煩い 心満たしてよ! そこに真赤な笛で音を奏でる笛吹き男がやってきた。 笛吹き男の楽し気な音色に引きつらて、はしゃぐ子どもたちは遠くのほうへ付いて行ってしまった。 まるでにわか雨が降るかのように、笛吹き男とはしゃぐ子どもたちは通りすがって消えていった。 そこには耐え難いくらいの静けさが蔓延る街が残されていた。 私の恋心は、まるでマッチの灯のように、私の心をほのかに照らしてくれた。 あの人を思い出すだけで、マッチの灯はおどろに揺れ、とても暖かい気持ちになれた。 こんな時間がいつまでも続けばいいのに。 そう思った矢先に私はハッとした。 周りのあまりの静けさに私の妄想はかき消された。 孤独な私は愛に飢えていた。 それはつかの間の恋心。 大きく肥えた私の恋心は明日になったら消さないといけない。 ああ、何てつまらないことをしたのだろう。 どうせ消さないといけない恋心なんて抱いても意味ないのに。 知らぬ間におかしくなっていた。 恋が実らない理由を考えるのに脳を使いすぎて、適当な言葉が澱んだ。 考えてもしょうがない。 今日も夜の底へ行く列車に乗るしかないんだから。 もちろん、見知らぬ男性との関係は、いけないと知っている。 それでも生活するには仕方がなかった。 色んな男性に愛されたとしても私の心は変わらない。 あなただけに愛されたい。 街がびしゃびしゃ濡れる夜までは 確かに声で溢れていた 今ではおよそ耐え難いくらいの 静けさ達がここに居た 魚が揺れる雨に苛まれ どうやらとても暖かく 何故だか嫌に静かで煩い 心満たしてよ! 太陽の光がよく降り注いだ昼間の街は、声で溢れていた。 昼間はあんなに晴れていたのに、夜になって私が外に出た途端雨が降り出した。 街がびしゃびしゃ濡れている。 そこには耐え難いくらいの静けさが蔓延る街が残されていた。 私の恋心は、まるでマッチの灯のように、私の心をほのかに照らしてくれた。 まるで魚のような形をした灯は、どしゃ降りで揺れる雨に苛まれた。 それでも消えない灯はとても暖かかった。 こんな時間がいつまでも続けばいいのに。 そう思った矢先に私はハッとした。 周りのあまりの静けさに私の妄想はかき消された。 孤独な私は愛に飢えていた。 それはでたらめな恋模様。 大きく肥えた私の恋心は明日になったら消さないといけない。 ああ、何てつまらないことをしたのだろう。 どうせ消さないといけない恋心なんて抱いても意味ないのに。 知らぬ間におかしくなっていた。 恋が実らない理由を考えるのに脳を使いすぎて、適当な言葉が澱んだ。 考えてもしょうがない。 今日も夜の底へ行く列車に乗るしかないんだから。 もちろん、見知らぬ男性との関係は、いけないと知っている。 それでも生活するには仕方がなかった。 色んな男性に愛されたとしても私の心は変わらない。 あなただけに愛されたい。 街角が溜まった雨水で溺れている。 その光景は、何とも言えなかった。 まさか雨で街が飲み込まれるとは。 今まで積み上げた私の中の確かなことが崩壊するのが分かった。 そして、私の中の確かなことも雨で沈んで流された。 ああ、何てくだらないことをしたのだろう。 世の中には確かなことなんて何もないのに。 知らぬ間に積み上げたあの人への愛も例外ではないのかもしれない。 私の腕にはあの人からもらった物がたくさん身についていた。 身に着けていてもしょうがない。 夜へ沈むには邪魔にしかならないんだから。 もちろん、見知らぬ男性との関係は、いけないと知っている。 それでも生活するには仕方がなかった。 色んな男性に愛されたとしても私の心は変わらない。 あなただけに愛されたい。 まとめ いかがでしたか? 愛されたいと願った人からは愛されず、愛されたくもない人から愛される。 人生は中々うまくいかないものですよね。 あめふり婦人にもいつか晴れが来てほしいですね。 最後に 歌詞の解釈は人それぞれです。 米津玄師さんの「あめふり婦人」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?.

次の

あめふり婦人 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

あめふり婦人 歌詞

それでは歌詞の意味について考察していきます! 歌詞の意味を考察! すべてを洗い流す雨でも流されない彼女の心とは? ここはジオラマの世界。 常識なんて通じない何でもありありな世界だ。 いろいろなところで様々なストーリーが繰り広げられている。 彼女は愛されたいと願う人からは愛されず、生活のために愛されたくもない人の相手をしなればいけなかった。 今日もいけない事とは知りながら、夜の街に消えていく。 どうして私が外に出たら雨が降るのだろう? 今日も雨がびしゃびしゃ降っている。 太陽の光がよく降り注いだ昼間の街は、声で溢れていた。 昼間はあんなに晴れていたのに、夜になって私が外に出た途端雨が降り出した。 街がびしゃびしゃ濡れている。 そこには耐え難いくらいの静けさが蔓延る街が残されていた。 私の中の不遜な心ばかりが強くなる。 本当の私を見てよ。 強がってはいるけれど、私はただ愛が欲しいだけなの。 水面に浮かんだ泡が重なり合って弾けるように、私の重なり合った寂しい気持ちも弾けた。 寂しくてどうしようもない。 真赤な笛の音 はしゃぐ子供たち 遠くのほうへ行くようだ 俄かに雨が降り出すみたいに 通りすがって消えていった おどろに揺れるマッチの灯を抱え どうやらとても暖かく 何故だか嫌に静かで煩い 心満たしてよ! そこに真赤な笛で音を奏でる笛吹き男がやってきた。 笛吹き男の楽し気な音色に引きつらて、はしゃぐ子どもたちは遠くのほうへ付いて行ってしまった。 まるでにわか雨が降るかのように、笛吹き男とはしゃぐ子どもたちは通りすがって消えていった。 そこには耐え難いくらいの静けさが蔓延る街が残されていた。 私の恋心は、まるでマッチの灯のように、私の心をほのかに照らしてくれた。 あの人を思い出すだけで、マッチの灯はおどろに揺れ、とても暖かい気持ちになれた。 こんな時間がいつまでも続けばいいのに。 そう思った矢先に私はハッとした。 周りのあまりの静けさに私の妄想はかき消された。 孤独な私は愛に飢えていた。 それはつかの間の恋心。 大きく肥えた私の恋心は明日になったら消さないといけない。 ああ、何てつまらないことをしたのだろう。 どうせ消さないといけない恋心なんて抱いても意味ないのに。 知らぬ間におかしくなっていた。 恋が実らない理由を考えるのに脳を使いすぎて、適当な言葉が澱んだ。 考えてもしょうがない。 今日も夜の底へ行く列車に乗るしかないんだから。 もちろん、見知らぬ男性との関係は、いけないと知っている。 それでも生活するには仕方がなかった。 色んな男性に愛されたとしても私の心は変わらない。 あなただけに愛されたい。 街がびしゃびしゃ濡れる夜までは 確かに声で溢れていた 今ではおよそ耐え難いくらいの 静けさ達がここに居た 魚が揺れる雨に苛まれ どうやらとても暖かく 何故だか嫌に静かで煩い 心満たしてよ! 太陽の光がよく降り注いだ昼間の街は、声で溢れていた。 昼間はあんなに晴れていたのに、夜になって私が外に出た途端雨が降り出した。 街がびしゃびしゃ濡れている。 そこには耐え難いくらいの静けさが蔓延る街が残されていた。 私の恋心は、まるでマッチの灯のように、私の心をほのかに照らしてくれた。 まるで魚のような形をした灯は、どしゃ降りで揺れる雨に苛まれた。 それでも消えない灯はとても暖かかった。 こんな時間がいつまでも続けばいいのに。 そう思った矢先に私はハッとした。 周りのあまりの静けさに私の妄想はかき消された。 孤独な私は愛に飢えていた。 それはでたらめな恋模様。 大きく肥えた私の恋心は明日になったら消さないといけない。 ああ、何てつまらないことをしたのだろう。 どうせ消さないといけない恋心なんて抱いても意味ないのに。 知らぬ間におかしくなっていた。 恋が実らない理由を考えるのに脳を使いすぎて、適当な言葉が澱んだ。 考えてもしょうがない。 今日も夜の底へ行く列車に乗るしかないんだから。 もちろん、見知らぬ男性との関係は、いけないと知っている。 それでも生活するには仕方がなかった。 色んな男性に愛されたとしても私の心は変わらない。 あなただけに愛されたい。 街角が溜まった雨水で溺れている。 その光景は、何とも言えなかった。 まさか雨で街が飲み込まれるとは。 今まで積み上げた私の中の確かなことが崩壊するのが分かった。 そして、私の中の確かなことも雨で沈んで流された。 ああ、何てくだらないことをしたのだろう。 世の中には確かなことなんて何もないのに。 知らぬ間に積み上げたあの人への愛も例外ではないのかもしれない。 私の腕にはあの人からもらった物がたくさん身についていた。 身に着けていてもしょうがない。 夜へ沈むには邪魔にしかならないんだから。 もちろん、見知らぬ男性との関係は、いけないと知っている。 それでも生活するには仕方がなかった。 色んな男性に愛されたとしても私の心は変わらない。 あなただけに愛されたい。 まとめ いかがでしたか? 愛されたいと願った人からは愛されず、愛されたくもない人から愛される。 人生は中々うまくいかないものですよね。 あめふり婦人にもいつか晴れが来てほしいですね。 最後に 歌詞の解釈は人それぞれです。 米津玄師さんの「あめふり婦人」を聞いて、あなたはどのように歌詞を解釈しましたか?.

次の