砂時計 漫画。 砂時計(漫画)

漫画『砂時計』を全巻無料で1巻から最終巻まで全話一気に読めるか調査|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

砂時計 漫画

砂時計のあらすじ紹介 植草杏は10歳の時に両親が離婚し、 母親とともに母親の実家である 島根に来た。 しかし母親は精神を患っており、 杏を置いて自殺。 残された杏は祖父母と暮らし、 同級生の北村大悟と仲良く 学校生活を送っていた。 しかし高校進学を控えたある日、 父親が東京からやってきて 一緒に暮らそうと言われる。 大悟と離れたくない杏だが、 父親と暮らすことを選び大悟と 遠距離恋愛をすることに。 大人になるにつれて別々の道を 歩み始める2人だが、杏の中には 常に母親の自殺という闇が残り、 彼女も自殺を図る。 砂時計のネタバレと今後の展開は? 杏の中には常に母親の自殺が 強く残っており、大悟を その闇に引きずってしまうのではないかと 不安になり、杏の方から別れを切り出す。 大悟と別れた後に自分をずっと 好きでいてくれた藤とも付き合うが、 上手くいかない。 大悟と藤は杏の中には常に母親がいて、 死んでしまった母親には叶うことが できないんだと、どうしようもできない 事実を目の当たりにする。 しかし杏の中では大悟はいつでも 特別な人で、26歳になった時に 思い立って大悟の働く小学校へ 内緒で尋ねる。 そこで出会った大悟の生徒から 大悟はもうすぐ結婚すると聞き、 杏は思い残すことがなくなり 自殺を図るが、遠のいていく意識の中で 家族や友人が自分の周りには たくさんいることを思い、 生きたいと思う。 遠のいていく意識の中で 大悟が助けに来る。 もう杏は大丈夫だと、母親のことを 自分の中でケリをつけることが できた時に大悟からやり直そうと言われ、 2人は結ばれる。 2人の間には男の子が生まれ、 海の近くに仲良く3人で暮らしている。 サイト内で【 砂時計】を検索! 砂時計の読んでみた感想・評価 10歳の杏から始まり、彼女の 青春時代から26歳の大人になるまでの 長いスパンを描いていくという なかなかない作品だと思う。 16年間の杏やその周りの 人物の変化を見れる。 1番勝解なのは杏の母親の自殺。 10歳の杏にとっても衝撃だが、 杏の祖父母や大悟の母親とのつながりも 描かれており島根という土地での生活や 人間関係も描かれているので 杏の母親の自殺の動機が きちんと根付けられている。 個人的に好きな場面は、杏と大悟が 高校生になり東京と島根で 遠距離になって、大悟が最初に東京に 遊びに来た時の事。 杏の誕生日にプレゼントではなく 自分が会いに来るというサプライズで、 杏が久々に大悟に会えるということで ワクワクしているところがとっても純粋で 可愛いし、お花見をするというところも 高校生らしくてとても好きです。 大悟には帰るバスの時間があり ゆっくりする時間もなく 帰っていくところも切ない。 お金のない学生にとって 遠恋は辛いなと悲しくなりました。 砂時計はこんな方におすすめな作品!必見 私がこの作品を読んだのは 高校生の時で、時が16年も経つし 杏の最後の年齢は26歳なので 16歳くらいの私には少し 難しい部分もありました。 20歳くらいにもう1度読んだときのほうが 深く理解ができ、切なさや純粋さ もどかしさなど色々な感情が生まれて 泣きながら読みました。 なので大学生から20代の社会人 女性の方にオススメしたいです。 似たような漫画は同じ小学館から 出版されている、小畑友紀作の 「僕等がいた」が少し似ていると思います。 この作品は主人公の女の子、七美が 闇を抱えているのではなく、七美が 恋をしたクラスメイトの矢野の母親が 自殺をして闇を抱えるという パターンです。 この作品も15歳から26歳くらいまでの 2人とその周りの登場人物の変化が 見られるし、矢野も両親の離婚を機に 東京へ引っ越し、そこで母親が自殺。 そこで七美を闇へ引きずるのは 嫌だと思い離れるが、最終的には 2人は結ばれるという内容なので、 「砂時計」とパターンは 似ていると思います。

次の

砂時計 (漫画)

砂時計 漫画

〜「砂時計」最終10巻のあらすじここから〜 主人公は 植草杏。 物語の始まり時は12歳の冬です。 両親が離婚をしたことで、母と一緒に島根に引っ越してきます。 田舎の空気が合わない、と思った杏ですが近くに住む北村大悟と知り合うことで、杏もどんどん変わってきます。 最初は小学生だったふたりが、青春時代を過ごしそれから大人になるまでを描いたひとりの女性の人生の壮大な物語なのです。 〜あらすじここまで〜 以上が「砂時計」最終10巻のあらすじです。 続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきます。 【漫画】砂時計の最終回10巻のネタバレ 「砂時計」は単行本全10巻をもって最終回を迎えました。 最終回10巻では、果たしてどのような結末が描かれているのか? さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。 〜砂時計の最終回ネタバレここから〜 引越後、母親は過労もあり倒れてしまいます。 杏は自分が「頑張れ」と言ったからだ、と落ち込み自分が少しでも助けになろうと仕事を探します。 しかし小学生でできる仕事は限られています。 大悟と一緒に村の地主である「月島」家でお手伝いをする事になりました。 そこで月島藤と椎香に出会います。 年齢が近く、仲良くなる4人。 いつも一緒に過ごすようになります。 杏もいやだった田舎を好きになっていきます。 杏が馴染んでいく一方、杏の母が疲れたと自殺してしまいます。 悲しみのあまり、母との思いでの砂時計を遺影になげつける杏。 そんな杏に大悟は同じ砂時計をプレゼントし、ずっと一緒にいると約束します。 最初は幼い約束でしたが、時がたち二人の間に好意がめばえます。 そして二人は付き合う様になるのでした。 しかしやっと両想いになったものの、杏の父親が杏を向えにきて高校生の間を東京で過ごすことになります。 最初は遠距離恋愛もうまくいっていたのですが、遠距離恋愛という問題や杏に恋する 藤、大悟に恋する椎香の存在、そして杏の母への想いなどからふたりは別れることになってしまいます。 すれちがいがうんだ別れといえるかもしれません。 最終回までに、杏は佐倉という男性と結婚する事になっています。 しかし、杏は佐倉とは結婚しないという選択をしました。 佐倉が他の女性に対して冷たい態度をみてしまったこともあり、一生を一緒にすごすことはできないと思ったのです。 別れを告げた杏は、想い出の砂時計を購入した場所へでかけます。 そして自分自身も母と同じように命を絶つとうとするのです。 その前に大悟の働く小学校を実はこっそり訪ねていたのですが、そこで生徒から「もうすぐ結婚する」という話をききます。 もう思い残すことはない、という想いから死を選ぶことにしたのでした。 しかし意識が遠のくなか、今間で関わってくれた人たちへの想いが頭の中をめぐります。 死のうとして初めて、生きたい、という想いに気付くことができたのです。 そこへなんと大悟が助けにきてくれます。 大悟の結婚は生徒の勘違いでした。 大悟は「杏が母親の事を決着がつけられたら、やり直そう」と言います。 ずっとすれ違っていたふたりでしたが、ようやく再会することができ、結ばれることが出来ました。 涙と笑顔でだきあうふたり。 ラストシーン、大悟と杏は結婚していてこどもにも恵まれています。 やっと幸せな生活を手に入れることができたのです。 〜砂時計の最終回ネタバレここまで〜 以上が「砂時計」の最終回(最終話)ネタバレです。 【漫画】砂時計の最終回10巻を無料で読む方法 「砂時計」の単行本は全10巻となっています。 先ほどは「砂時計」の最終回(最終話)のネタバレをご紹介してきました。 とはいえ、最終回(最終話)を読むなら、イラスト付きの漫画の方が何倍も楽しめます。 そこで活用したいサービスが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。 U-NEXTは無料会員するだけで600円分のポイントをもらえます。 さらに、31日間の無料お試し期間もあります。 お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。 なので、「砂時計」の最終回10巻を読んでみたいという方は、この機会にU-NEXTを活用してください。 冒頭部分の試し読みが出来たり、電子書籍サービスの特典を使って一部の巻をお得に読むことはできるものの、全10巻を無料で読むことはできません。 ですが、全巻半額で読むことができます。 物語の中では藤くんや椎香の存在も大きく、ふたりの切ない気持ちもかなり身につまされるのですが、それよりもやはりどうしても杏には大悟と幸せになってほしい、と思っていました。 そのためやっとふたりが結ばれる最終回はとても感動深いものでした。 幼い頃から描かれているため、まるで近所のこどもを見守るような気持ちで成長を楽しめます。 物語の中で辛い事件や悲しい出来事もたくさんあったのですが、遠回りしながらもふたりが結ばれるためには全て必要なことだったのでは、と思わされました。 ふたりのこどもの姿をみることができたのも嬉しかったです 【漫画】砂時計の関連作品をご紹介 「砂時計」は2008年に連続テレビドラマ化されています。 いわゆる「昼ドラ」として人気を得てたくさんの話題となりました。 原作とは少し設定が変わっている部分もありましたが、昼ドラならではの長い期間の放送だったので、しっかりと原作をいかしたドラマになっています。

次の

砂時計(1)

砂時計 漫画

映画化・ドラマ化され大人気となった芦原妃名子さん原作の漫画『砂時計』。 両親の離婚で島根へと引っ越した主人公の杏と、そこで出会った大悟との初恋、そして成長を描いたヒューマンラブストーリー。 『砂時計』の舞台である島根には、漫画でも登場したスポットがたくさん。 漫画を読んだ人ならば一度は行ってみたい「あの場所」をご紹介します! 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 仁摩サンドミュージアムからほど近い場所に、琴ヶ浜があります。 この琴ヶ浜も『砂時計』の中ではキースポットの一つとなる場所。 琴ヶ浜は、砂の上を歩くとキュッキュッと音がする日本有数の鳴き砂で知られる浜です。 砂の粒が大きさが均一であること、水がキレイであること、などのいくつもの条件の元でしか生まれないこの音、ぜひ、砂浜まで降りて音を聴いてみて下さい。 <基本情報> 住所:島根県大田市仁摩町馬路 アクセス:山陰本線馬路駅下車、徒歩約5分 漫画『砂時計』の世界を島根で巡る 皆さんも『砂時計』のあのシーンを思い出したのではないでしょうか? ぜひ、旅行の前と後で、漫画をもう一度読み直してみて下さい。 きっと感じ方が変わることでしょう。 また、今回は漫画で登場した場所を中心に紹介しましたが、映画やドラマでは、島根の岩見や邑南などの場所もロケ地として使われています。 日程に余裕のある方は、ぜひ足を運んでみて下さい。 2018年8月現在の情報です。 最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

次の