あさ づき きわ。 次期宙組トップスターに真風涼帆 トップ娘役は星風まどか― スポニチ Sponichi Annex 芸能

昭和女子大学附属昭和高等学校出身の有名人

あさ づき きわ

朝月希和(あさづききわ、1月6日)は宝塚歌劇団96期生の娘役タカラジェンヌ。 芸名は恩師から名を貰い、家族で考えた〔3〕。 愛称は本名から「ひらめ、ともこ」、芸名から「きわ」。 身長は163cm。 血液型はB型。 出身地は東京都世田谷区。 出身校は昭和女子大学附属昭和高校。 趣味は菓子作り、のんびりする事、散歩、パン作り、カメラ〔3〕。 特技はフルート〔3〕。 集めている品はガチャピングッズ、アクセサリー、「Q-pod. 」の物、アロマグッズ、ブライス〔3〕。 好きな花はヒマワリ〔3〕。 好きな色は黄(淡い)〔3〕。 好きな食べ物はアイスクリーム(「サーティワン アイスクリーム」)、手料理(母親)、同期の母親のおはぎ、あんこ、クッキー、和菓子〔3〕。 宝塚時代 見てもらいたい所は心〔2〕。 入団して楽しかった事は、組子と過ごした事〔2〕。 演じてみたい役は色々な役、「エリザベート」のマデレーネ〔3〕。 2008年に宝塚音楽学校に入学。 2010年に宝塚歌劇団に96期生として入団し、月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台を踏み、花組に配属される。 2013年に「愛と革命の詩」で新人公演初ヒロインを務める。 「愛と革命の詩」では周りの人達に助けて貰った〔1〕。 2015年に「新源氏物語」で新人公演ヒロインを務める。 」で初エトワールを務め、8月28日に雪組へ組替え。 入団前 母親と宝塚歌劇を観劇した時に「同じ舞台に立ちたい」と思い、宝塚受験を決意した〔2〕。 」(初エトワール) 情報ソース 1、「元阪急山沖氏長女 花組新人公演で主演」 デイリースポーツ 2、「『フレッシュ!カフェブレ 花組96期』 691 特別編」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年6月26日 TOKYO MX 3、宝塚おとめ 2010年度版~.

次の

朝月希和・本名、年齢、成績は?雪組への組替えは何を意味は?トップ娘はある?

あさ づき きわ

今日は宝塚大劇場に行ってきました。 1階前のほう61番をゲット。 雪組客席降りで、朝月希和(あさづききわ)ちゃんと両手でハイタッチしてきました。 一言、「参りました。 」土下座させてもらいます。 潤花ちゃんがダンスうまいのは知っていたのですが、朝月希和ちゃんも野々花ひまりちゃんもみんな娘役のダンスうますぎじゃないの。 クラシックミュージックを歌いながら、娘役全員がピルエットを10回転するシーンは、すみません、「参りました。 」(土下座) 舞台を見ていて、次のトップ娘役は、彩みちるちゃんと潤花ちゃんの一騎打ちとみました。 私の目で確認できただけで、あーちゃん(綺咲愛里)、みほちゃん(有沙瞳)、まめちゃん(桜庭舞)、それに紫月音寧ねえさんら星組メンバーがS席で観劇されてました。 組替えしてきた、くらっちもまめちゃんも、いま何思う?雪組に帰りたくなっているのではなかろうか、ちょっと心配しました。 雪組と星組、あまりのレベル差にビックリしました。 星組Pは組替えメンバーをもっと大切に扱っていただきたい。 ひっとん(舞空瞳)とまこっちゃん(礼真琴)と並べたこともないペアをいきなりトップコンビにするのは、ちと乱暴ではなかったのか。 ひっとんも星組レベルに内心あきれているのではなかろうか。 これからも星組を応援するので頑張ってほしい。 吉村貫一郎役のだいもん(望海風斗)が鳥羽伏見の戦いで、義のために新政府軍に向かっていく様は、武士として見事でした。 だいもんのまわりで「仁」「礼」「智」「信」と背中に書かれた着物で踊る娘役4人。 だいもん自身が「義」なのですね。 八戸南部藩の藩士と言えば、玉井克人先生ですね。 南部藩 と 津軽藩 関ケ原の戦いでは、南部藩は西軍、津軽藩は東軍。 戊辰戦争では、南部藩は佐幕、津軽藩は倒幕。 南部藩は常に貧乏くじをひきましたね。 津軽藩は常に当たりくじをひきました。 だから青森県庁所在地は津軽藩なのです。 傷ついた体で慶喜の大坂城へ行かず、大野次郎右衛門役のさき(彩風咲奈)の藩邸にころがりこんだ吉村貫一郎。 大村益次郎ではないが、どうせ敗血症で苦しみながら死ぬ運命。 切腹して名誉の死を賜る。 100両の刀を授け、盛岡米の握り飯を与え、切腹のためにきれいな部屋を一つだけ汚して構わんとねぎらう大野次郎右衛門の友情。 一晩たって見ると、切腹刀はきれいなまま、激戦で刃こぼれし血でさびた自分の刀で切腹を遂げ、盛岡の妻子に金に換えて渡してくれと遺言する吉村貫一郎。 死に果てた吉村貫一郎を抱き上げ、「ほら、食わんか。 」と吉村貫一郎の口に握り飯を詰め込む大野次郎右衛門。 そして暗転。 いい芝居するね、お二人さん。 鹿鳴館のシーン、私の目に留まったのは、めっちゃ美人のお二人。 みつ(貫一郎の娘、看護婦) 朝月希和 鍋島栄子 妃華ゆきの それに、 大野千秋(みつの夫) 綾凰華 イザベラバード 舞咲りん イザベラバードは、大英帝国の御婦人で、紀行記を著し、日本はダニなど虫がいて汚いけど素晴らしい人間たち、朝鮮は悪いところしかないと宣った方ですね。 何色にも染まります。 新撰組のシーンは、目立つのはお三人。 土方歳三 彩凪翔 近藤勇 真那春人 伊東甲子太郎 煌羽レオ 角屋(すみや)で、吉村貫一郎新撰組入隊の祝いのシーン。 斎藤一扮する朝美絢の背後で酒をお酌しているのはなんと潤花ちゃん。 芸妓の潤花ちゃん、めちゃくちゃかわいい。 芸妓と舞妓を見分けるポイント。 だらりの帯で振袖なのが舞妓。 ロケットダンスは、潤花ちゃんがリーダーでした。 麻花(あさはな)すわんちゃんは上手側端っこ。 トップお二人のデュエットダンス、影コーラスは、愛すみれちゃん。

次の

朝月希和

あさ づき きわ

すでに花乃まりあさん、咲妃みゆさんは退団すみ。 また、綺咲愛里さんも2019年10月13日をもって退団することが発表済です。 それを踏まえた上でお読みください。 宝塚96期生の中からは 花組トップ娘役・ 花乃 まりあ(かの まりあ)さん(退団済) 雪組トップ娘役・ 咲妃 みゆ(さきひみゆ)さん(退団済) 星組トップ娘役に 綺咲 愛里(きさき あいり)(2019年10月13日退団予定) 以上の3人のトップ娘役が誕生しました。 2010年の初舞台以来「 なぜ宝塚歌劇団は96期生を優遇するのか?」とファンは、黒い噂として囁いていたことをご存知の方は多いでしょう? そう・・・ 96期生は「いじめ裁判」の加害者と言われているからです。 またメデイアも「清く、正しく、美しく」をモットーとする宝塚で「いじめ事件があった」と大きく取り上げたことから、世間にも広く知られることとなりました。 その事件に関与していたのが96期生であることから「黒期」とも呼ばれています。 また96期首席入団で、初舞台早々に新人公演で初ヒロインの座を得て、その後すぐに本公演でダブルキャストながら『ロミオとジュリエット』でヒロインをつかんだ、夢華あみさんに対するバッシング相当なものだったと想像されます。 それは、ネットで「宝塚 96期」と検索すると多数のバッシングの記事が見つかることからも簡単に想像できることです。 3人の96期トップ娘役達 咲妃 みゆさん まず2014年9月1日付でトップ娘になったのが、 咲妃 みゆ(さきひみゆ)さん。 咲妃 みゆ(さきひみゆ)さんは、演技力という点では申し分のない力量のある人で、歌を歌っても及第点。 月組時代に当時専科生だった 北翔 海莉(ほくしょう かいり)さんの相手役として『 メリー・ウィドウ』に出演した時の演技力は、唸らせるものがありました。 また、雪組組み替え後に 早霧せいな(さぎりせいな)さんの相手役になりましたが、チギさん(早霧)とのコンビが決まった当初は、「チギさんの嫁に96期?」の声はありました。 それをチギさんが公には(もちろん公私ともにかもしれません)、咲妃さんを非常に可愛がり、相手役として大切にしている様子がファンに伝わったことから ファンから「チギみゆ」 と呼ばれるトップコンビと慣れたことで、非常に救われたのではないかと想像されます。 ビジュアルとしては大変美人で、トップ娘役にふさわしい華やかさもある人です。 しかし宙組から花組への組み替え後に、 明日海 りお(あすみ りお)さんの相手役となりましたが・・・ まだ娘役としては演技、歌ともに未熟な点があったことは確かだと思います。 若手で月組時代から「未来のトップ」としてファンに愛されていた、みりおさんの嫁(ファンはトップスターの相手役を「嫁」と呼びます)が「よりによって、どうして96期生なの?」という風当たりがあったやもしれません。 実際・・・ トップ就任から間もない2012年末に 進退について明日海りおに相談をしていたことを 退団発表の時に明かしています。 花乃は昨夏、台湾公演に参加し「世界のお客さまに宝塚の魅力を届けられて幸せ」と感じ、同年末、明日海に退団を考えていることを相談したという。 (出典:) 記者会見という場であり「幸せを感じたから」と述べてはいますが、 その裏にある心境は、憶測ながら芸の壁を乗り越えられないでいたというより、風当たりのきつさに耐え難いものがあったのやもしれません。 『 ME AND MY GIRL』で吹っ切れたような、花乃まりあのサリーを演じることができたので、娘役としての充実感をはじめて味わえたのでしょうか? かのちゃん(花乃)が、あまりにも早い退団を決めた理由は、部外者にはわからないことです。 どんどん痩せていった印象があり、そういう憶測がどうしても働いてしまいました。 綺咲 愛里さん 2016年11月21日付けでトップ娘役。 まだトップ娘役としての舞台が始まっていないので、個人的な見解は舞台を観てからになりますが・・・ 「えっ? また96期なの?」 と、囁かれてはいます。 どうしてもそのマイナスイメージがファンの心の中で拭えない限り、他の娘役さんより心証がマイナスから始まってしまうのですね。 今年で研7と今までの早すぎる抜擢よりは、十分に娘役としての経歴も重ねた上でのトップ娘役就任であり、その分メンタルにも舞台人としての力もついているでしょう。 しかし・・・ 時は流れて「96期の事件」を知らないファンもいるかもしれませんが、やはりマイナスイメーじからのスタートであり、観客をうならせる実力を発揮しなければファンは納得しないでしょうね。

次の