月 の 呼吸。 月は空気がないということですが、呼吸をするための酸素は地球から持っていく必要があるのでしょうか?

月の呼吸 (つきのこきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

月 の 呼吸

十二鬼月最強の剣士・黒死牟はなぜ月の呼吸が使えるのか 引用元:漫画ブログ. jpn. その見た目も特徴的で、• 長い黒髪を後ろで束ね、6つの鋭い眼を持つ• 額や首にかけて揺らめく黒い炎の痣がある 十二鬼月の中でも特に見た目の印象が強いキャラクター。 鬼である黒死牟はなぜ「月の呼吸」が使えるのでしょうか。 参ノ型 厭忌月・銷り 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第168話 参ノ型 厭忌月・銷りは右回転する斬撃を左側から撃ち、左回転する斬撃を右側から撃つ二回攻撃技! 三日月型の刃も二倍になるため、攻撃範囲は広く、ほぼ避けることは不可能な攻撃です。 瀕死の風柱・不死川実弥にとどめとして撃った攻撃で、間一髪のところで岩柱・悲鳴嶼行冥が助けに入り攻撃を防ぎました。 伍ノ型 月魄災渦 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第167話 伍ノ型 月魄災渦は自身を中心として、360度まわりを取り囲むように斬撃を放つ技! 刀を振るう事無く出せる斬撃で、 前後左右広い範囲に攻撃することができます。 陸ノ型 常夜孤月・無間 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第167話 陸ノ型 常夜孤月・無間は対象に向けて攻撃を集中させ、無数の斬撃を浴びせることができる技! 無間という名の通り、 絶え間ない斬撃が相手を切り刻んでいく攻撃で、この攻撃を受けた風柱・不死川実弥は、動けば内臓が出てしまうほどの大きなダメージを負ってしまうものの、助っ人に入った岩柱・悲鳴嶼行冥が相手をしている間に自信で傷の治療をしました。 漆ノ型 厄鏡・月映え 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第172話 漆ノ型 厄鏡・月映えは一振りで自身の全面に地面を抉るような複数の斬撃を同時に5つ出す技! 付与されていた三日月型の斬撃はありませんが、 自身の血鬼術によって刀伸ばしているため、攻撃範囲も格段に伸びています。 共に戦っていた岩柱・悲鳴嶼行冥と風柱・不死川実弥は餌食となりました。 捌ノ型 月龍輪尾 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第172話 捌ノ型 月龍輪尾は変形した刀から、巨大な三日月型の斬撃を撃つ技! 三日月型の斬撃も同様に巨大化しており、 広範囲を一気に攻撃できます。 壱の型「闇月・宵の宮」よりも強化されており、格段に攻撃力、範囲ともにパワーアップ。 作中では、「漆ノ型 厄鏡・月映え」から「捌ノ型 月龍輪尾」の連続攻撃で、岩柱・悲鳴嶼行冥が足に攻撃を受けてしまいます。 玖ノ型 降り月・連面 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第172話 捌ノ型 月龍輪尾は上空から、無数の巨大な三日月型の斬撃が降り注ぐ技! 絶え間なく降り続ける無数の攻撃で、それぞれの斬撃も交錯しながら連なっており、ほぼ避けるのは不可能な攻撃。 頭上からの斬撃の雨は、視認もしづらく、大きさの違う斬撃によって風柱・不死川実弥は背中に攻撃があたってしまいました。 漆ノ型「厄鏡・月映え」、捌ノ型「月龍輪尾」そして玖ノ型「 降り月・連面」の三連撃で、岩柱・悲鳴嶼行冥と不死川実弥を追い詰めたのです。 拾ノ型 穿面斬 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第172話 拾ノ型 穿面斬は三日月型の斬撃を、何枚にも重ねノコギリのような歯が高速で回転する技! 正面に向けて撃つ攻撃で、 近距離技の中でも最強の威力を誇っており、驚異の三連撃によって身動きの取れない風柱・不死川実弥、トドメとして黒死牟に攻撃をくらいそうになりますが、戦線に復帰した霞柱・時透無一郎によって助けられます。 拾肆ノ型 兇変・天満繊月 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第173話 拾肆ノ型 兇変・天満繊月は広大な範囲に、右回転する斬撃を左側から、左回転する斬撃を右側から渦巻くように繰り出す技! 月の呼吸の中で最も攻撃範囲が広く、参ノ型 「厭忌月・銷り」の上位互換にあたる攻撃で「厭忌月・銷り」よりも格段に殺傷能力も上がり、 螺旋状の攻撃には無数の三日月型の斬撃が襲ってきます。 拾陸ノ型 月虹・片割れ月 引用元:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第173話 拾陸ノ型 月虹・片割れ月は刀を大きく振りかぶり、上空から地を穿つほどの威力をもった斬撃を複数食らわせる技! 玖ノ型 「降り月・連面」と同じく上空からの攻撃だが、拾陸ノ型 「月虹・片割れ月」は 標的を狙って撃つことができる為、速度、威力も格段に違います。 月の呼吸だけじゃない黒死牟の強さ 十二鬼月の中でも唯一の剣士である黒死牟は、「月の呼吸」を使った鬼殺隊さながらの攻撃を仕掛けてきますが、黒死牟の強さはそれだけではありません。 黒死牟の血鬼術 引用元:manga-tei. 黒死牟の血鬼術は「武器精製」で、自身の身体から刀を生み出すことができるので、この能力により、剣士の武器である刀を壊し戦闘不能状態にしてもまた生成することができてしまいます。 また、黒死牟の使う刀は通常の刀とは違い、血管のような管の模様と瞳が無数についた刀身をしており、何度でも作ることが可能です。 また、 三日月型の斬撃を生み出す能力も保有。 攻撃範囲の拡張 黒死牟の斬撃には、衝撃波として攻撃を飛ばすほか、 剣の軌道に三日月型の斬撃を加えて攻撃することができます。 人間であった頃から剣技の才には長けており、鬼となってからはこの二つの能力を組み合わせることで、黒死牟にしか出すことのできない戦技を完成させました。 透き通る世界 相手の行動を先読みし、次の攻撃を潰し、先の先にある現実を可能にします。 痣を発症させた上で身体能力が高くなければ見ることができない視界で、限られた者しか使うことはできません。 まとめ 今回は黒死牟の使用する「月の呼吸」について紹介しました。 鬼だからこその合わせ技であったり、剣士の武器である刀を精製できてしまったりと他の十二鬼月とは違った強さを持った鬼でした。 あの柱が三人がかりでようやく倒すことができたので、その強さは異次元並ですね。 黒死牟との戦闘シーンは、単行本 19巻から最新刊の20巻まで描かれています。

次の

全集中の呼吸 (ぜんしゅうちゅうのこきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

月 の 呼吸

5月9日は呼吸の日 今回は 「呼吸の日」について解説していきます! なぜ5月9日が「呼吸の日」なのかというと、 五 こ 九 きゅう で「こきゅう」という語呂合わせが由来となっています。 「呼吸の日」についてはNPO日本呼吸器障害者情報センターによって制定されました。 この日は生き物全てに与えられる 「よりよい呼吸を考える日」にしてほしいということを目的としています。 5月9日という日付は立夏も過ぎて夏が始まっており、緑も多くなっていることから、深呼吸をすると美味しい空気が吸えそうですよね。 NPO日本呼吸器障害者情報センターからも「よりよい呼吸を考える日にしてほしい」としていますから、 近くの公園にいって美味しい空気を吸ったり、登山などをして森林浴をするのも良いかもしれませんね。 人間はもちろん呼吸がないと生きていけませんから、この「呼吸の日」をいい機会にして呼吸器系の健康診断を行ってみるのもよいでしょう。 呼吸の雑学 今回は「呼吸の日」にちなんで「 実は鼻呼吸は片方でしかしていない」「 人間も皮膚呼吸をしている」など呼吸にまつわる面白い雑学を紹介します。 実は鼻呼吸は片方でしかしていない 人間の主な呼吸方法としては口での呼吸と鼻での呼吸が挙げられますよね。 鼻呼吸についての雑学なんですが、 実は人間は鼻呼吸をする時に片方の鼻だけで呼吸をしているのです。 花粉症や風邪などの鼻水で鼻がつまっている時は例外として、普段から両方の鼻の穴を使って呼吸をしていると思っている人が多いんですよね。 今からでも鼻の下に手をかざして鼻呼吸をしてみれば、片方の穴からしか空気が出ていないことがわかるので試してみてください。 鼻の奥には鼻甲介(びこうかい)と呼ばれるものがあり、ここが充血して膨張することによって空気の通り道がふさがり、 常にどちらか一方の鼻の穴を休ませるようにしているのです。 鼻の穴は24時間どちらかが一方的に機能しているのではなく、 約2時間半おきに自動的に使っている鼻の穴が交代されています。 どちらか一方に負担がいかないように自律神経によってコントロールされているんですね。 人間も皮膚で呼吸している 皆さんは皮膚呼吸の動物というとどんな動物を思い浮かべますか? 人間などの哺乳類や鳥類、爬虫類も基本的に肺呼吸ですが、 カエルなどの両生類は皮膚と肺の両方で呼吸していますよね。 皮膚呼吸をする動物については皮膚を常に濡らしておく必要があり、乾いてしまうと呼吸ができなくなってしまいます。 そのため、カエルなどの皮膚は常に湿って潤っているんですね。 実は 人間も皮膚呼吸をしています。 これ は皮膚の表面にある細胞に酸素を供給するためであり、人間の肺呼吸で取り入れる酸素の量と比較すると、 わずか0. 皮膚呼吸が出来ないからといって人体に重大な影響を与えることはありません。 実際にお風呂に入っている時なども特に問題がありませんよね。 以上が呼吸の雑学でした、いかがでしたか?.

次の

【鬼滅の刃】月の呼吸 黒死牟の強さや能力まとめ

月 の 呼吸

確かに、月には空気がありません。 ですから、酸素もありません…といいたいところですが、実は月にも酸素はあります。 ですから、地球から酸素を持っていかなくても、月面で酸素を作り出すこともできます。 ただ、地球のように酸素が 空気のような 気体の形になっているのではなく、別の物質と結びついているので、呼吸ができるようにするためには、月の表面にある岩や水から、どうにかして酸素を取り出す必要があります。 月の表面にある物質から酸素を取り出す方法として、現在は次のようなものが考えられています。 1 月表面の土 レゴリス から取り出す 月表面の土 レゴリス の土の中には、「酸化物」と呼ばれる物質がたくさん入っています。 酸化物というのは、金属などと酸素が結びついたものです。 たとえば、鉄と酸素が結びつけば「酸化鉄」 いわゆる「さび」 になります。 こういった酸化物に水素を反応させますと、金属は分離されて、酸素は水素と結びついて水になります。 今度はその水を電気分解すれば、水素と酸素にわかれます。 水素は再び酸化物との反応に使い、酸素は呼吸などに使うことができます。 もちろん、金属もこの段階で取り出せますので、月で資源採掘をしながら、ついでに酸素も生産することができるわけです。 2 月の表面の氷から取り出す や、さらには探査機による調査で、月の表面にかなりの量の水があることがわかってきました。 この水を電気分解すれば、水は酸素と水素に分かれます。 この酸素を利用します。 水素は 1 で述べたような、月面での資源採掘に使ってもよいですし、ロケットの燃料などとしても使えます。 電気分解に使うための電気は、月面に降り注ぐ太陽光から得ることができます。 この2つの方法を使えば、月面でも酸素を作り出すことができるようになるでしょう。 ただ、酸素を作り出すためには、月面にそのための設備を作らなければなりません。 月面基地が小さくて、滞在期間が短いうちは、地球から酸素を持っていって、月面で使うことになるでしょう。 月面基地が大きくなり、資源採掘などが始まれば、月で酸素を作って、それを使うことになるでしょう。

次の