女医 婚 活 ブログ。 女医のJOYライフ!

婚活・結婚活動(本人) 人気ブログランキングとブログ検索

女医 婚 活 ブログ

結婚率が低く離婚率が高い女医さん Yahoo知恵袋にこんな投稿がありました。 質問: 女医さんって、 結婚率低くて、 離婚率が高いのですか?どうしてですか? 回答: 結婚率の低さ 1. 自分より教育レベルが同等若しくは高くて 2. 自分より収入の多い 人を求めていますからなかなか相手が見つかりません。 離婚率の高さ 1. 忙しい 2. 旦那がもの足らない 3. 子育てなんか出来ない、だから結婚生活も意味がない。 など だけど老後が幸せかどうかは全く別物。 【引用】 この投稿と回答について納得です。 実際、結婚率の低さの回答に挙げられたような女医さんはいます。 しかし一般の人にもいます。 ただ女医さんと一般の人が違うのは、女医は収入が十分にあるので、 結婚しなくても生きていくのに困らないという点です。 自分がお金には困らなく社会的地位も高いことから、結婚相手に求めるものが高くなってしまう傾向があります。 この違いが、女医と一般女性の未婚率の差に表れていると思います。 また僕から見て、多くはありませんが、女医さんの中では人を「 医者か、それ以外か」で見ているのかなと感じることがあります。 実際に女医さん同士の結婚話では「 一般の人と結婚したんだ」という会話を耳にすることがあります。 自分を特別と思い、人を見ずして世間体を見ている女性に、多くの男性は魅力を感じないと思います。 何様と思われるかもしれませんが、事実です。 結婚願望がある男性は、女性の気立ての良さや、分け隔てなく接する心、家庭的でしっかりした部分に魅力を感じる事が多いと思います。 こんな男性が良いと思う 次に女医さんの結婚生活において、どんな男性が良いのかを考えてみました。 女医さんの離婚の原因で一番多いのが、 夫婦間のすれ違いです。 最初は好きで盛り上がってて上手くいっていても、数年結婚生活を続けていくと、お互い医師で共働きをしている場合はすれ違いだらけです。 僕の友人で離婚した女医さんは、結婚時代は一緒のマンションに住んでいても顔を合わせることが殆ど無かったそうです。 よってもし医師同士で結婚をして長く結婚生活を続けていくには、どちらかが仕事をセーブしなければならないと思います。 そうしないと結婚生活は破綻しやすいと思います。 私はサラリーマンで妻は神経内科医ですが、僕がほとんどの家事をやることで、家庭のバランスを保っていると感じています。 しかしもし私が医師で妻も今のペースで働いていたら、最初はどんなに好きで尊敬し合っていても、3年後は生活がすれ違うだけでなく心まですれ違っていると思います。 バランスの取れた結婚生活を長く送るには、 仕事の環境や忙しさと、コミュニケーション量が大きく関わっていると思います。 よって具体的にどんな男性が良いかは以下の2つです。 仕事を続けたい女医さん・・・家事が出来るサラリーマン• 仕事を辞めてもOKという女医さん・・・医師でもサラリーマンでもOK 妻がお勧めする男性選びのポイント 結婚するにあたって、女性から見た男性選びのポイントは僕では分からないので、この部分は妻に聞いてみました。 基本的に精神的に大人な男性を選ぶべし。 それに尽きます。 甘えたがりの男性が許せるのなら構いませんが、そうでないのなら特に相手が男性医師の場合、家が裕福だから甘やかされて育った人が多いのでかなり注意が必要。 仕事は出来ても、家庭のことが出来るとは限りません。 そういう意味で、医師を結婚相手として選ぶのは将来的なリスクが高いと思います。 あと、 出来るだけ医師の世界以外の場所に出る習慣と環境を作る。 趣味を持って団体やサークルに所属して、いろんな人と対等にコミュニケーション出来る環境を作っておくと良いです。 そういうのが無いと、世間一般との価値観や感覚の溝が開いていき、偏りのある人間になってしまうと思います。 私は今の旦那さんと結婚したことで、外の世界と自分を繋いでくれることがとてもありがたいと感じています。 こういうコメントを貰えてホッとしました。 今のところは大丈夫のようです。 ブログにこういうコメントを貰えるのも、普段からコミュニケーションをしていて、家に一緒にいれるからです。 が、その前に1度自分を見直すことも大事かもしれません。 自分の事って、自分では意外と分からないものなんですよね。 また、サラリーマンと女医の結婚をしたい場合、収入を減らしたくないからといって必ずしも女医さんがやたらめったら働く必要はありません。 医師であれば、医師アルバイトでも週に1~2回で月収20~40万は稼ぐことが出来ますよね。 男性サラリーマンの収入と合わせれば、十分豊かに暮らしていける金額です。 医師同士の結婚でも、女医さん側が家庭に入りつつ医師のスキルも保ちたいという場合は、アルバイトという選択肢でも良いはずです。 【参考リンク】 医師アルバイトに入ることは「せっかく医師免許取ったのに」「親がお金出して学校行かせてくれたのに」と思われるかもしれません。 しかし、今自分が本当にやりたいことは何か?どんな暮らしをして生きていきたいか?を考えて、行動することも良いのではないかと。 医師免許を取ったからといって、必ずどこかの病院に所属して勤務して・・という考えに縛られたままでは、自分が思い描く暮らしは出来ないかもしれません。

次の

婚活・結婚活動(本人) 人気ブログランキングとブログ検索

女医 婚 活 ブログ

女医だって、婚カツしている!に関するtopics 女性医師の結婚するタイミング 女性医師の生涯未婚率は非常に高く、3人に1人が生涯未婚であるという驚きの調査結果があります。 立派な仕事を持っていて収入もあり、婚活においては間口が広くモテる女性医師ですが、忙しすぎて出会いが少ない上に、結婚を考えると忙しさが余計にネックになって、敬遠されがちなのです。 また、女性医師の大半は、結婚後も同じように医師としてのキャリアアップを望んでいるのですが、家庭と仕事の両立が厳しく、やむを得ず多くが退職せざるを得ないのが現実。 そして、未婚の女性医師も、そんな先輩医師を見て、結婚に対して気後れしてしまう。 そんな悪循環もあるのです。 また、結婚について心配するより何よりも、毎日の激務の中で、スキルアップを優先していると、出会いのチャンスさえつかむことができないので、結果的に未婚率が高くなっている、という状況のようです。 それにしても、男性医師の未婚率はわずか2. 8%だというのに、女性医師の結婚についての厳しすぎる現実には、驚いてしまいますね。 結婚したい!30代の女性達 家庭と仕事との両立を不安視する意見が多く、結婚に消極的な人が多い女性医師たち。 忙しくて出会いの機会にも恵まれない女性医師の、家庭と仕事の両立に関する不安を解消し「これなら結婚できる!」と思える環境を整えるためには、出産・育児休暇、復職支援の充実が不可欠です。 また、コミュニケーション能力が高く、初対面の男性にも安心感を与え、好感度抜群な看護師たちも、同じく忙しい毎日の業務の中で出会いのチャンスが少ないのが現実。 一方、管理栄養士や調理師など料理に関するお仕事をしている女性は、男性が家庭生活を送るパートナーとして、絶対的な強みを持っているといえそうです。 でもまずは、自分の身の回りのことが出来る、家庭的な生活力を身につける、ということから始めたいものです。 結婚はゴールではなく、二人の共同生活のスタートラインです。 自分自身を磨き、出会いのチャンスを見つける努力をして、ステキなパートナーに巡り会いたいものですよね。 医者の結婚生活 ストレスの多い医師の仕事を続けるためにも、精神的にも、家事の面でも、パートナーの支えがあると心強いです。 女医さんが円満な結婚生活を送るためには、夫婦がお互いに理解しあい、家事はできる方ができるときにやること。 そして、感謝とねぎらいをわすれずに、支え合っていくことが大切だと思われます。 女性の職業が「医師」というだけで、その実は、普通の結婚と変わらないのですね。 精神的にも家事の面でもご家族に支えられて働くことができたなら、結婚生活が、女医さんにとってさらなる飛躍の源になることでしょう。 ここでは、女医さんのパートナーが医師の場合とそうでない場合とで、女医さんの生活がどのようになるのかも比較してみましょう。 常勤医をやめたことがある女性医師は数多く、その理由の大半は出産と子育てだそうです。 女性医師の離職により、医師不足の現状はいったいどうなってしまうのでしょう。 そして、離職してしまう女性医師のための救済策はどうなっているのでしょうか?医師の労働環境の悪循環につながるという、負のスパイラルを防ぐためには何が必要なのでしょうか。

次の

婚活・結婚活動(本人) 人気ブログランキングとブログ検索

女医 婚 活 ブログ

女医だって、婚カツしている!に関するtopics 女性医師の結婚するタイミング 女性医師の生涯未婚率は非常に高く、3人に1人が生涯未婚であるという驚きの調査結果があります。 立派な仕事を持っていて収入もあり、婚活においては間口が広くモテる女性医師ですが、忙しすぎて出会いが少ない上に、結婚を考えると忙しさが余計にネックになって、敬遠されがちなのです。 また、女性医師の大半は、結婚後も同じように医師としてのキャリアアップを望んでいるのですが、家庭と仕事の両立が厳しく、やむを得ず多くが退職せざるを得ないのが現実。 そして、未婚の女性医師も、そんな先輩医師を見て、結婚に対して気後れしてしまう。 そんな悪循環もあるのです。 また、結婚について心配するより何よりも、毎日の激務の中で、スキルアップを優先していると、出会いのチャンスさえつかむことができないので、結果的に未婚率が高くなっている、という状況のようです。 それにしても、男性医師の未婚率はわずか2. 8%だというのに、女性医師の結婚についての厳しすぎる現実には、驚いてしまいますね。 結婚したい!30代の女性達 家庭と仕事との両立を不安視する意見が多く、結婚に消極的な人が多い女性医師たち。 忙しくて出会いの機会にも恵まれない女性医師の、家庭と仕事の両立に関する不安を解消し「これなら結婚できる!」と思える環境を整えるためには、出産・育児休暇、復職支援の充実が不可欠です。 また、コミュニケーション能力が高く、初対面の男性にも安心感を与え、好感度抜群な看護師たちも、同じく忙しい毎日の業務の中で出会いのチャンスが少ないのが現実。 一方、管理栄養士や調理師など料理に関するお仕事をしている女性は、男性が家庭生活を送るパートナーとして、絶対的な強みを持っているといえそうです。 でもまずは、自分の身の回りのことが出来る、家庭的な生活力を身につける、ということから始めたいものです。 結婚はゴールではなく、二人の共同生活のスタートラインです。 自分自身を磨き、出会いのチャンスを見つける努力をして、ステキなパートナーに巡り会いたいものですよね。 医者の結婚生活 ストレスの多い医師の仕事を続けるためにも、精神的にも、家事の面でも、パートナーの支えがあると心強いです。 女医さんが円満な結婚生活を送るためには、夫婦がお互いに理解しあい、家事はできる方ができるときにやること。 そして、感謝とねぎらいをわすれずに、支え合っていくことが大切だと思われます。 女性の職業が「医師」というだけで、その実は、普通の結婚と変わらないのですね。 精神的にも家事の面でもご家族に支えられて働くことができたなら、結婚生活が、女医さんにとってさらなる飛躍の源になることでしょう。 ここでは、女医さんのパートナーが医師の場合とそうでない場合とで、女医さんの生活がどのようになるのかも比較してみましょう。 常勤医をやめたことがある女性医師は数多く、その理由の大半は出産と子育てだそうです。 女性医師の離職により、医師不足の現状はいったいどうなってしまうのでしょう。 そして、離職してしまう女性医師のための救済策はどうなっているのでしょうか?医師の労働環境の悪循環につながるという、負のスパイラルを防ぐためには何が必要なのでしょうか。

次の