このnfc。 AndroidのNFCが反応しない時に試すべき6つの対処法!

iPhone/Android連携の最新スマートリング情報【NFC対応は?】

このnfc

「NFC」とは、 正式名称を「Near Field Communication」といいます。 直訳すると、「近い範囲での通信」。 「NFC機能」とは、近距離専用の無線通信システムのことをいいます。 たとえば、改札にピッとかざすだけで運賃支払いが済むSuicaやPASMOも「NFC機能」を使ったものです。 あらかじめチャージしていた金額を店頭の読み取り機にかざすと支払いが完了するnanacoカードなど電子マネーも「NFC機能」を使っています。 NFC機能に対応したAndroidスマホは「スマホ決済」といって、お店の読み取り機にかざすだけで支払いが完了します。 AndroidのNFC機能とは、スマホをかざすだけで通信が完了するこの機能のことをいいます。 NFC機能をさらに詳細に説明すると、NFC機能は3つの機能の統合で成り立っている機能になります。 ではまずは「おサイフケータイ」アプリをインストールし、NFC機能を使ってみましょう。 おサイフケータイアプリの使い方は、以下の通りです。 (それぞれのサービスごとに入力内容は異なりますが、基本的には名前や住所などの登録になります。 使いたいサービスの登録が完了したら、今後Androidスマホをかざす時は「おサイフケータイ」アプリを起動する必要はありません。 Androidスマホをかざすだけで支払いが完了します。 続いては、「マルチ残高リーダー」アプリをインストールし、Androidスマホで電子マネーの残高を確認してみましょう。 「マルチ残高リーダー」アプリの使い方は、設定が必要な「おサイフケータイ」アプリと異なり、Androidスマホへの インストールが完了するとすぐに使うことができます。 ただ、AndroidスマホのNFC機能が「オン」になっていないとアプリが使えないので、 事前にNFC機能が「オン」になっているか確認してください。 「マルチ残高リーダー」アプリの「設定」で「カード検出で自動起動」にチェックを入れると、残高確認したい電子マネーカードをAndroidスマホにかざすだけで自動的にアプリが起動するようになります。 「Androidビーム」とは、NFC機能を利用したデータ通信機能のことです。 NFC機能に対応したAndroid端末同士であれば、かざすだけで写真や動画、Webページや連絡先などのデータを共有することができます。 Androidビームの使い方は、以下の通りです。

次の

今さら聞けない!スマホの「NFC」って何のこと?|@DIME アットダイム

このnfc

イヤフォン型のタイプだとちょっとはばかられるというときにこのORIIを使えば自然に電話にでることができます。 他にも 「音声読み上げ機能」が付いているのでメールやSNSを読み上げてくれます。 骨伝導スピーカーなので音楽も聞くことができますが、イヤフォン代わりというよりは「スマートフォンを取り出さなくても通話に出ることができる装置」として使えそうです。 スマートリングなのでもちろん防水で待機時間も長い 日常生活では何ら支障のない防水性能(IPX7)である点もウェアラブルとしては一番良いところですよね。 そしてスマートフォンと同じように連続通話は1. 5時間、待受も48時間、充電時間は急速充電により1時間で完了しますので毎日使えます。 現在はアマゾンでも販売しており、対応しているスマートフォンはAndroidならびにiPhoneとなっています。 (iOS10以上、Android6以上) Zeno S-Ringは世界一高機能なスマートリング? 現時点で発表されているスマートリングの中で最も「スマート」なのは、この「Zeno S-Ring」だと思います。 先程取り上げたORIIの強みであった「通話機能」は当然に、4ギガバイトのストレージまで搭載しているためメモリとしても使えます。 USB等の代わりにスマートリングが使えるようになる日も近いですね。 このメモリは音楽の記録用としても使えます。 このZenoも骨伝導スピーカーを搭載しています。 つまり、イヤフォンをしてないのに音楽が聞けてしまうということです。 その他にも発表されている機能としては「ジェスチャーコントロール」、「サイレントアラーム(振動)」「NFCペイメント」「ヘルスパラメーター」「Siri・Google Assistant」「SOS」「ブルートゥースキー」「アクセスカード」などなど盛り沢山です。 しかし、これらが現実社会で使えると言うわけではありません。 特にNFCペイメントは規格の関係上日本では難しいですし、このスマートリングを鍵として使うには、それに対応した鍵穴がなくてはなりません。 このあたりの規格統一や普及なしにはなかなか「使える」製品にはなりませんね! 鍵になるスマートリングといえば「Token」 スマートリングの中でもSuicaや電子マネーのような「NFC決済」と呼ばれる機能に注目したものが「Token(トークン)」です。 仮想通貨でも 「トークン」という言葉をよく耳にしますが、もともとの語源は「しるし」という意味で、通貨の代わりに用いられる代用の貨幣を表しています。 このTokenも特にクレジットカードと連携して、日本でいう「QUICPay」や「ID」などのクレジットカード決済を可能にするNFC決済機能が搭載されています。 他にも、先程取り上げたZenoと同じように「家の鍵」「車の鍵」「会社のアクセスカード」「交通カード」「パスワード」の代わりにこのTokenをかざすだけでロックが解除できるという日も近いかもしれませんね。 こちらはにて47,490円で販売されています! その他のおしゃれなスマートリングはこちらの記事でもご紹介しています! スマートリングと電子マネーやSuicaの連携はあるの? 日本のSuicaやPASMOの規格に対応するか否かが鍵 今回取り上げたスマートリングでは「NFC決済対応」が当然でした。 しかし、気になるのは 「日本で電子マネーとして使えるのか?」ということです。 実は交通ICカードの規格と米国で普及しているNFC規格が異なることがハードルになっています。 そもそも、「NFC」とは「短距離無線通信(Near Field Communication)」の略で、10センチまでの至近距離に対応した通信規格です。 このNFCは「TypeA」と「TypeB」というものが世界的には主流です。 日本でもタバコ購入のためのカードtaspoは「TypeA」、マイナンバーカードや運転免許証は「TypeB」が採用されています。 一方でSuicaやPasmoに使われているのは「FeliCa」と呼ばれる通信規格です。 これは、NFCでは「TypeF」として登録されています。 基本的には同じ技術なので、 残高照会等は問題なくできるのですが、セキュリティの規格の違いなどから決済機能での互換性がありません。 なぜFeliCaが採用されたのかというと通信スピードが高速だったからだとされています。 JRとしても朝の通勤ラッシュでも迅速に処理するためには、少しでも高速化されている規格を使いたかったのでしょうね。 東京オリンピックを控えて、世界のスマートフォンメーカーがFeliCaに対応した機種を販売すること。 そして スマートリングメーカーもFeliCa対応機種を販売することがまず必要と考えられます。 イギリスのAEKLYSはFeliCa対応を検討? ペイメントナビによると、イギリスのICARE Technologiesの開発するスマートリング「AEKLYS」において、 日本のFeliCa対応の可能性があるとしています。 このAEKLYSはエネルギー回収システムにより、自動的にエネルギーの給電がされます。 つまり、寝ている間でも体温を利用してエネルギーを回収して使うことができます。 すでにヨーロッパでは大手の銀行からの引き合いがあるということで日本でも指輪型のセキュリティキーとして普及しそうですね。

次の

AndroidによるNFCスマートポスタータグの作成

このnfc

はじめに 国内ではQRコード決済が盛り上がっています。 しかし、外国人の方は国産のQRコード決済を使いません。 日本に来てわざわざ決済アプリをインストールしません。 そもそも外国人の方は日本の銀行口座持ってないから大抵のコード決済サービスは使えません。 つまり、インバウンドやおもてなしとは口ばかりで、実際はインバウンド対策はガン無視して、身内で盛り上がっている状況です。 国内のキャッシュレス比率を考えればそれも悪いことだとは思っていません むしろもっとやってほしい が、少しでも多くの方に、本当の意味でインバウンド対策となる、NFC Payのことも知っておいて頂きたく、まとめます。 NFC Payって何? NFC Payは、NFCという近距離無線通信技術を用いた非接触決済サービスのことです。 クレジットカードやスマホを電子マネーのようにピッとすれば決済が完了します。 諸々略してコンタクトレスと称されているのもTwitterではよく目にします。 対応しているカードにはNFCのマークが付いてます。 また、Apple PayやGoogle Payといったスマホ決済で使うことも出来ます。 クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードと紐付いているので、支払いの請求時期は使用するカードに依存します。 例えば、デビットカードに付帯したNFC Payなら即時引き落としです。 また、同じ非接触技術でも、使われている規格が異なります。 Suicaなど国内の既存電子マネーに使われているのは、「FeliCa」と呼ばれている規格。 そんな要因もあって日本のあの鬼のような通勤ラッシュにも対応できています。 こちらは世界中で使われており、決済業界においては世界標準と言っても過言ではありません。 Type-Aは現在のNXP Semiconductors 旧フィリップス が開発、Type-Bはモトローラが開発しました。 そして、普段使いならFeliCaはオーバースペックです。 例えば「オフィスの入室キーにFeliCaほどの性能が必要か?」と言われたら全く必要ないということです。 これらは某セキュリティの専門家の方にお伺いしました 決済においては、10センチ程度の近距離の処理スピードよりも、そこからのオンライン通信のスピードに依存する面が大きいので、決済でもFeliCaはオーバースペックです。 実際に店頭でNFC Payを試したらわかりますが、高速で決済が完了します。 逆に、iDやQUICPayなど、FeliCaを使っていても通信が遅かれば待たされます。 ちなみに、国内だとType-AはTaspo,Type-Bは運転免許証やマイナンバーカードに採用されています。 Type-AよりもType-Bのほうが国などでも多く活用されています。 もうおわかりだと思いますが、これらはFeliCaほどの通信スピードが必要なわけではなく、FeliCaよりも導入が安価で国際的に利用されているからだと言えます。 NFC Payの種類と対応カード・スマホ NFC Payは国際ブランドが提供しているので、国際ブランドごとにサービスが分かれています。 そのうち、今後国内で普及していくであろうサービスは以下の4つです。 Visaのタッチ決済 旧名:Visa Paywave• Mastercardコンタクトレス 旧名:Mastercard Paypass• American Express Contactless 旧名:ExpressPay その他にも銀聯カードが提供するQuickPassもあります。 Dinersにも海外発行の一部カードにはNFC Payが付帯しています。 NFC Payを使う手段は、大きく分けると「NFCを搭載した物理カードを使う方法」と、「カードをスマートフォン等に紐付けて使う方法(Apple Pay、Google Pay等)」の2種類に分けることが出来ます。 ただし、お手持ちのカードやスマートフォンによって使える場合と使えない場合があるので要注意。 どのカードでも使えるという訳ではありません。 Visaのタッチ決済 VISAが提供するNFC Payです。 かつてはVisa payWaveと呼ばれていました。 日本国内ではクレジットカード、デビットカード共にに対応カードが増加中。 クレジットカードは三井住友カード、イオンカード、dカード、ライフカードなどなど様々なカードのVISAブランドに搭載されています。 デビットカードはネット銀行はもちろん、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった都市銀行や各地方銀行のデビットカードに搭載されています。 他のNFC Payよりも物理カードへの搭載例が多いサービスです。 今後も対応カードはどんどん増加することでしょう。 国内のFeliCa、おサイフケータイに未対応の機種でも、海外のNFCに対応していれば使えます。 2019年10月に三菱UFJ銀行がリリースしたウォレットアプリでもVisaのタッチ決済が使えますが、三菱UFJ-VISAデビットをGoogle Payに登録することで使えるようになったのであまり使う機会はないかもしれません。 日本のApple Payには未対応なのでiPhoneでは使用出来ません。 Mastercardコンタクトレス Mastercardが提供するNFC Payです。 かつてはMasterCard PayPassと言う名で展開していました。 クレジットカードではOricoの提携カードによく搭載されています。 代表例はコストコグローバルカード。 また、三井住友カードも今後搭載予定としています。 カード例 種類 三井住友Mastercardカード 予定 クレジットカード コストコグローバルカード マツモトキヨシメンバーズクレジットカード ミライノ デビット デビットカード トマトMastercardデビット 楽天銀行デビットカード Mastercard JAL Global WALLET プリペイドカード Apple Payに対応しているので、Mastercardのクレジットカードをお持ちのiPhoneユーザーは気軽にMastercardコンタクトレスを使用することが出来ます。 物理カードの場合は、数少ないコンタクトレス対応のカードを発行する必要がありますが、Apple Payならカードを選ばず使えるのが大きなメリット。 Androidユーザーはスマホで使うことが出来ない点が惜しい所です……。 欧米圏だと最も使いやすいNFC Payだと思います。 JCB Contactless JCBが提供するNFC Payです。 ただし、現状使えるお店がVISAやMastercardに比べて少ないのが難点です。 Androidユーザーはスマホでは使えません。 同じくJCBが絡んでいるQUICPayはGoogle Payで使えるので、今後に期待です。 American Express Contactless American Expressのタッチ決済 American Expressが提供するNFC Payです。 かつてはExpressPayと言う名で展開していました。 その後、American Express Contactlessという名称が使われてきましたが2020年になって American Expressの タッチ決済という呼称へ変更してきています。 アメックスのプロパーカード グリーン、ゴールド、プラチナなど に搭載されています。 アメックス発行でも、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のような一部の提携カードには搭載されていません。 NFC Payの種類 Apple Pay Google Pay Visaのタッチ決済 未対応 対応 Mastercardコンタクトレス 対応 未対応 JCB Contactless American Express Contactless スマートフォンの対応状況をまとめると上記の通り。 Apple Payでは、Visaのタッチ決済「以外」は利用可能となっています。 ただし、Mastercardなど他のブランドでも一部のカードは未だにカードによるのでご注意ください。 VISAはマジで早くApple Payと仲良くしてほしいです。 Google PayはApple Payとは逆で、Visaのタッチ決済「のみ」利用可能となっています。 ただし、対応しているのはジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行のVisaデビットカードのみです。 一部のクレジットカードもまもなく対応という噂はあります。 その他、JCB ContactlessはGoogle PayがQUICPayに対応した際に、利用規約にJCB Contactlessに触れている部分があったため、首を長くして待っていますが、未だに導入はされていません。 NFC Payの使い方 店員に「NFCで」や「 使いたいNFC Payの名称 」で支払い方法が伝われば、後は簡単です。 Suicaや楽天Edyなどと同様、端末にカードやスマホをかざせばOK。 支払い完了です。 ただ、実際のところ、日本国内では、 スムーズに行くことは少ないです。 なぜなら、店員の認知度が低いこと、そして、スムーズに支払うためには宣言方法をお店によって変えなければならない、という問題点があるからです。 「クレジットカードで」と言えば、磁気ストライプ、接触ICチップ、NFC Payのいずれの手段でも支払うことが出来ます。 なので、まずはローソンかマクドナルドで試してみることをおすすめします。 今後認知度は間違いなく上がっていくので、いずれ宣言方法の心配する必要がなくなる時も来るとは思いますが……。 最近だと、端末は違いますが、ゼンショーグループの各店 すき家やはま寿司など でも利用可能になっています。 みんなで使えばどんどん使いやすい環境になっていくと思うので、みんなで使おうよ。 ちょっとだけでいいから。 (以下自粛) NFC Payはどこで使える? 世界中様々な場所で使えます。 ただし、VISAのタッチ決済 海外では「VISA Contactless」 やMastercardコンタクトレスが利用できる店舗の方が、JCB ContactlessやAmerican Express Contactlessが使える店舗よりも多いです。 これはVISAやMastercardの使えるお店がJCBやAMEXの使えるお店よりも多いのと同様と言っても良いでしょう。 国内でも普及が進んできており、 2020年7月現在、有名チェーン店・施設では• ローソン VISA、Master、JCB、AMEX• セブンイレブン VISA、Master、JCB、AMEX• セイコーマート VISA、Master、JCB、AMEX• マクドナルド VISA、Master、JCB、AMEX• イオングループ VISA• TSUTAYA VISA、Master• IKEA VISA、Master• すき家・はま寿司、ココスなどゼンショーグループ VISA、Master、JCB、AMEX• サンマルクカフェ VISA、Master• 成田空港 第2・第3ターミナル VISA、Master、AMEX• 関西国際空港 VISA、Master、JCB、AMEX、銀聯• 大阪国際空港(伊丹空港) VISA、Master、JCB、AMEX、銀聯• 神戸空港 VISA、Master、JCB、AMEX、銀聯• 郵便局 VISA、Master、AMEX、銀聯• コカコーラの自販機 VISA、Master、JCB、AMEX などで利用できます。 また、今後の導入を表明している店舗は以下があります。 イトーヨーカドー 2020年秋から対応予定• ヨークマート 2020年秋から対応予定 個人店でも容易に導入が可能なSquareの端末 当ページトップ画像 でもNFC Payは導入可能になっているので、これから個人店でも導入が進んでいくものと思われます。 店舗側の手数料は通常のカード払い時と同じです JCB以外3. 25%、JCBのみ3. 95%。 余談ですが、日本だと決済端末にNFCマークがついていても、実際には契約しておらず使えないという場所もあるのが残念なポイントです。 外国人の方はひどく混乱するので、お店の方は契約していないなら注意書きをする、NFCマークを隠す、などの対策をとったほうが良いと思います。 インバウンドとNFC Pay 最初にも申し上げましたが、インバウンドを考えるなら最も導入したいのが、このNFC Payです。 海外ではどんどん一般的になっています。 2018年の初頭に筆者がシドニーに行った際にはごく一部の飲食店を除いて9割ほどがNFC Payで済みました Mastercard利用。 旅行中、カードは一度しか差し込みませんでした。 実際、2020年には世界で発行されるカードの50%がこのNFC Payに対応すると言われています 出典:。 「海外の方々に日本に来てよ、困らないから」と言えるようになるためには、クレジットカードに対応するだけでは不十分で、非接触決済のNFC Payに対応する必要があると考えられます。 そして日本にいる我々がNFCへの認知度を高めて、普段使いをして、店員さんがあたふたしないようにすることも必要になってきます。 まとめ 海外、特に欧米圏へ行く機会が多い方は必須アイテムです。 お手持ちのカードやスマートフォンで使えないか、是非確かめてみてください。 こんなマークあったのか、という驚きがあるかもしれません 笑。 一方で、国内ではまだ使えるお店もカードも少なく、日常的には利用し難いのも事実です。 特に、国内発行のカードだとApple PayでVISAのタッチ決済が使えないのは、利用障壁の面ではかなりの悪条件です。 ですが、日本国内では対応が遅れているだけで、今後は対応カード・スマホも、対応店舗も増加していくと思います。 何故なら、「カードの国際ブランドが提供する」「世界中で使われている規格」「便利な決済手段」である以上、普及しない理由が見当たらないからです。 NFC Payは、「カードの国際ブランドが提供する」という点で、サービスの持続性、安定性に期待することが出来ます。 「世界中で使われている」ので、そう簡単にはサービスが終了しません。 サービス終了するとしても、今からは想像できないような便利な決済手段が確立・普及した頃になると思います。 そして何より、カードやスマホをかざすだけで決済出来るのは便利だしスピーディーです。 繰り返しますが、デメリットといえるのは、 現状国内で利用できる店舗やカード・スマホが少ないということだけ。 これが改善すれば、とても優れた決済手段になるはずです。 最後に、すごく個人的な理由を申し上げれば、海外の決済ガジェットがほとんどNFC Payなので、とっとと日本の多くの場所で使えるようになってほしいと心から思っています。

次の