ジャックザリッパーヘラクレス。 [2020年アニメ化期待作] 神VS人類最終闘争(ラグナロク) 終末のワルキューレ 最新話更新

終末のワルキューレでヘラクレスとジャックザリッパーどっちが勝ちそう...

ジャックザリッパーヘラクレス

ジャック・ザ・リッパー 19世紀の英国を震撼させた「霧の殺人鬼」。 右眼にモノクルを掛けた、貴族階級を思わせる老紳士の姿をしており、自らも紳士と称する。 ブリュンヒルデからは「人類の中で一番キライなクソ中のクソのゲボカス野郎」と酷評されている。 左右で眼の色が違うオッドアイであり、右眼で見た相手の感情を色で判別する能力があり、本人はこの能力を「神がくれたたった一つのgift」と言っている。 戦いの場である倫敦の街中に罠を仕掛け、ナイフを使用した飛び道具での攻撃や、自身の言動で相手を騙すなど、多彩で老獪な闘い方をする一方で自身の持つ戦闘技術も高く、ヘラクレスの攻撃を傘で受け流したり、ロキも認めるほどの体術を持つ。 紐を取り付けてあるアンカー付きの二丁拳銃を使用しており、アンカーを2丁の銃で放つことで立体的な行動を可能としている。 あらすじ 誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類は、万物の創造主である神々が1000年に1度集結して開かれる「人類存亡会議」にて、終末を与えられようとしていた。 戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデは決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。 当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。 かくして、天界が誇る最強神たちと、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。

次の

[2020年アニメ化期待作] 神VS人類最終闘争(ラグナロク) 終末のワルキューレ 最新話更新

ジャックザリッパーヘラクレス

その表紙がこちら。 そしてその期待に応えるように、先の3戦とは全く違うトリッキーな戦いを見せてくれましたよ。 また、ついに決着となる佐々木小次郎 VS ポセイドンの戦いも必見です。 手に汗握る最高のバトルでした。 今回の記事では、そんな『終末のワルキューレ』第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。 ネタバレを含みます。 ご注意ください。 「 神 VS 人類最終闘争(ラグナロク)」第3回戦、佐々木小次郎とポセイドンの戦いが静かに幕を開けた第4巻。 佐々木小次郎は三尺余の長刀を全身全霊で振り下ろし初太刀の軌跡をなぞるように振り上げる 「燕返し」を繰り出し、それに対してポセイドンは三つ又の槍での高速の突き 「 怒れる波濤 アムピトリテ」を繰り出します。 敵の動きをシミュレーションすることによってその猛攻を先読みしていた佐々木小次郎でしたが、ポセイドンはその予測をはるかに超える速さで彼を追い詰め、そしてとうとう彼の神器の刀は折られてしまいました。 しかし小次郎はその折れた剣を両手に持ち、「神器再練」によって最期に死合った宮本武蔵から受け継いだ二刀流のように、再び2つの刀として神器を作り直したのです。 新たな神器を手にした彼は果たして神から勝利を掴むことができるのか…。 では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。 しかしその状況で初めて笑みを見せたポセイドンは、そこから二刀流でも捌き切れないほどのこれまでを遥かに上回る超スピードの猛攻で一気に彼を追い込んできました。 「勝てねえのはいつものことだよ…」と半ば諦めかける小次郎。 そんな彼に、会場にいる歴代の剣士たちがみんな剣を振るう動作を取りながら彼の名を呼び熱い声援を送ります。 そしてそれに応えるように小次郎は覚醒し、 森羅万象を読む能力「萬手無双」をもってポセイドンの攻撃を全てかわして懐に潜り込み、みごと両腕、そして胴体を切り落として見せたのです。 佐々木小次郎の勝利です。 3戦目にしてついに 人類は神から一勝を勝ち取りました。 1戦目2戦目で人類が負けている分「そろそろ勝つんじゃないか?」という思いはありましたが、やっぱり最後の最後までドキドキしながら読み進めていました。 飄々とした佐々木小次郎が「勝ちたい」という欲をさらけ出したシーン、とにかくカッコ良かったです。 そしてその戦いの舞台は、ジャックの申し出で 闘技場の中に作られた19世紀末イギリスのロンドンの街で行われることになりました。 これまでとは全く異なる ストリートファイト形式で行われる今回の戦いは、とても決闘とは言い難い異質な試合展開となっていきます。 試合開始早々ヘラクレスの前から逃げ、追ってきたヘラクレスに罠を仕掛けたり、ワイヤー銃で建物から建物へと飛び移っていくというトリッキーな戦法を取るジャック。 正義の神として真っ向から立ち向かおうとするヘラクレスに襲いかかるジャックの歪んだ悪意による戦術。 この戦いはこれまでとは違った意味で、全く先の読めない展開となっていきそうです。 個人的には紳士的なジャックが愚直なヘラクレスを翻弄し、華麗に圧勝してほしいと思っています。 また、これまでの3人もそうでしたが、人類側の偉人たちのキャラデザが素晴らしいんですよね。 どのキャラも本当に魅力的で、表紙で新キャラを見るたびに好きなキャラが増えていきます。 まだ第4戦というのにも関わらずこのワクワク感。 ぜひ第13回戦まで、全ての戦いを堪能させてもらいたいものです。 〜追記〜 『終末のワルキューレ』6巻の感想記事 以下の記事に『終末のワルキューレ』第6巻の見どころをまとめています。 合わせてご覧ください。

次の

[2020年アニメ化期待作] 神VS人類最終闘争(ラグナロク) 終末のワルキューレ 最新話更新

ジャックザリッパーヘラクレス

もくじ• 史上最強の敗者 佐々木小次郎 VS 海神 ポセイドン 決着 圧倒的な強さを誇るポセイドンの前に、小次郎は劣勢。 『終末のワルキューレ』5巻より 『終末のワルキューレ』5巻より 3回戦の結末は是非、是非とも読んでいただきたい。 となる、その 瞬間を。 史上初の神 VS 人類ストリートファイト の四回戦 ヘラクレス ギリシア神話に登場する多くの半神半人の英雄。 「ネメアーの獅子」「レルネーのヒュドラー」「ケリュネイアの鹿」「エリュマントスの猪」「アウゲイアースの家畜小屋」「ステュムパーリデスの鳥」「クレータの牡牛」「ディオメーデースの人喰い馬」「アマゾーンの女王の腰帯」「ゲーリュオーンの牛」「ヘスペリデスの黄金の林檎」「地獄の番犬ケルベロス」の十二の功業が有名。 『終末のワルキューレ』5巻より ジャック・ザ・リッパー ジャック・ザ・リッパー、またの名を「切り裂きジャック」。 1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイーストエンド・オブ・ロンドン、ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラに切り裂き、殺人を実行したが逮捕には至らなかった。 署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、劇場型犯罪の元祖とされる。 当時の定義づけによる精神病患者から王室関係者まで、その正体については現在まで繰り返し論議がなされているが、1世紀以上経った現在も犯人は不明である。 より引用 『終末のワルキューレ』5巻より 正義 VS 悪 ジャック・ザ・リッパーの19世紀イギリスのロンドンで闘りたいという要請に応じ、舞台に街が再現された。 かくして 史上初の神 VS 人類ストリートファイト(正義 VS 悪)となる。 オウルです。 オウルです。 オウルです。 オウルです。 ついに登場した翼の血族の血主 アルテマティア。 オウルです。 オウルです。 書店で、この漫画を手に取り、裏表紙を見ると・・・... オウルです。 翼の血族の血主 アルテマティアとの死闘の後、クリムゾンの秘術『地... オウルです。 2巻も期待以上のおもしろさでした。 物語が進むにつ... オウルです。 翼の血族の血主 アルテマティアの反則技が発動。 オウルです。 今回は、ASP. NET Core アプリケーションで使用するセッ... 最近の投稿• 2020年7月13日• 2020年7月12日• 2020年5月13日• 2020年5月10日• 2020年5月5日 カテゴリー• アーカイブ•

次の