レ ミゼラブル キャスト 民衆 の 歌。 レ・ミゼラブル「民衆の歌」の映像と歌詞

民衆の歌

レ ミゼラブル キャスト 民衆 の 歌

明日を信じる希望を歌い上げる 動画は、というプロジェクトの一環。 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、閉塞感や不安を感じている人たちに向け、「歌」を通じて明日へ希望を持てるようになってほしいと企画された。 プロジェクト第一弾となった『民衆の歌』は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』を代表するナンバーで、自由への闘いを前に、民衆が明日を信じる希望を歌い上げる。 「人々が後ろ向き気持ちになりつつある現在、この歌を通じて、勇気を届けていきたい」と選んだ一曲だという。 新型コロナの影響で、2月下旬から多くの舞台が公演中止を余儀なくされている。 海外でも、ミュージカル俳優らがリモートで歌い継いだり、医療従事者や生活困難者への寄付を訴えて歌やトークを披露する動きが広がっていた。 YouTube動画のコメント欄には、「涙が止まらない」「明日も頑張れる」などの声が寄せられている。 医療従事者と見られるファンからのコメントも少なくない。 オンラインならではの豪華共演が実現 「Shows at Home」プロジェクトは上山さんが企画し、賛同した俳優らが集結。 世界を舞台に活躍するミュージカル俳優のラミン・カリムルーさんも参加するなど、オンラインならではの豪華な共演が実現した。 「自宅での自粛の日々が続き、自分にできることは何だろうと悶々と考えているなか、やっぱり僕らには歌がある。 そう思いました」という上山さん。 プロジェクトについて、次のようにコメントしている。 「最前線で戦う医療関係者の方々、外で思いっきり遊ぶこともなかなかできない子供たち。 慣れない自宅待機で苦労されているご家族のみなさん。 先の見えない不安はみんな同じだと思います」 「こんな時だからこそ、歌の力を信じている僕たちができることがあると思い、純粋に歌を届けたい。 1人でも多くの方がこの歌で元気になってくれたら嬉しいです」 『民衆の歌』に参加した出演者は以下の通り。

次の

民衆の歌

レ ミゼラブル キャスト 民衆 の 歌

」(民衆の歌)をリモート&リレー形式で継なぐエネルギッシュな映像となっており、それぞれの自宅から歌い、演奏しているとは思えないほどの一体感を出している。 いまでは1,500,000回再生を超え、いまもなお再生回数が伸び続けている。 上山竜治は、Show at Homeプロジェクトについて「自宅での自粛の日々が続き、自分にできることは何だろうと悶々と考えているなか、やっぱり僕らには歌がある。 そう思いました。 最前線で戦う医療関係者の方々、外で思いっきり遊ぶこともなかなかできない子供たち。 慣れない自宅待機で苦労されているご家族のみなさん。 先の見えない不安はみんな同じだと思います。 こんな時だからこそ、歌の力を信じている僕たちができることがあると思い、純粋に歌を届けたい。 1人でも多くの方がこの歌で元気になってくれたら嬉しいです」とコメントしている。 数週間前にはイギリス(連合王国)ロンドンのウエストエンドで活躍するミュージカル俳優70人と奏者がそれぞれの自宅から「Do You Hear The People Sing? 」(民衆の歌)をリモート&リレー形式で継なぎ、演劇関係者や医療従事者を支援する寄付を募ったほか、日本国でもミュージカル『Annie』(邦題『アニー』)の子役キャストや歴代Annie(アニー)役がそれぞれの自宅から「Tomorrow」(トゥモロー)をリモート&リレー形式で継なぐ映像を公開するなど、国内外の演劇界でも医療従事者や新型コロナウイルスによる感染症(急性呼吸器疾患)の被害及び影響を受けて困難な生活を強いられている人々への支援の輪が広がっている。

次の

レ・ミゼラブル (ミュージカル)

レ ミゼラブル キャスト 民衆 の 歌

概説 [ ] オリジナル クリエイティブ スタッフ [ ]• 製作:、(RSC)• 作曲:• 作詞:()(の小説をもとに)• 追加作詞:()• 潤色・演出:、() 受賞 [ ]• 度:8部門(作品賞/助演男優賞/助演女優賞/演出賞/台本賞/作詞・作曲賞/舞台美術賞/照明賞) 構成 [ ] プロローグ・第1幕・第2幕の3幕構成で、休憩は第1幕・第2幕の間に1回。 上演時間はプロローグ・第1幕合わせて約90分、第2幕約75分。 演出の改訂などが加わることで上演時間は多少前後する。 、この作品のレコーディング・アルバムを聴いた世界的演劇プロデューサー、が目をつけ、RSCの芸術監督でもある演出家にでの上演の話を持ちかける。 これに対してナンはとの共同演出、さらにはRSCとの共同製作をマッキントッシュに提案。 、のプロデューサーと王立劇団が提携する形で版の制作が開始された。 時同じくして、主演、監督により長編大作映画として映画化され、テーマ曲としてオリジナル・キャスト盤が楽曲使用され、別途発売されたサントラ盤にも挿入され映画の成功により知られることになる(日本では劇場未公開だが、TV放映及びDVD発売されている)。 1980年パリ公演の舞台は、『』をよく知るフランス人に向けて創られたミュージカルであった。 そのため、ストーリーのうちでも重要な箇所、例えば主人公が・シュル・メールの市長になる以前の銀の燭台のくだり、などが省略されることがあった。 オリジナル版を制作したアラン・ブーブリル、クロード=ミッシェル・シェーンベルク、さらには作詞家もクリエイティヴ・スタッフに加わり、1985年10月28日、においてロンドン版『レ・ミゼラブル』が幕を開けた。 ロンドン公演は開幕するやいなや、たちまち大人気となり、その後()、()と場を移して、現在も中である。 初演時の主なキャスト ジャン・バルジャン (Colm Wilkinson) ジャベール (Roger Allam) エポニーヌ (Frances Ruffelle) ファンティーヌ (Patti LuPone) コゼット (Rebecca Caine) マリウス (Michael Ball) テナルディエ (Alun Armstrong) テナルディエ夫人 (Sue Jane Tanner) アンジョルラス (David Burt) ガブローシュ (Ian Tucker)、(Oliver Spencer) 広がる海外公演 [ ] より海外に進出し、、、、、、、、、、、、、、(逆輸入となる)、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、など、世界各国に広がりを見せ、人気を博している。 各地で様々な言語に翻訳されているが、中国などのように海外のプロダクションが出向いて英語のまま上演を行う場合もある。 ブロードウェイ [ ] ブロードウェイ初演(()、のちに())は1987年に開幕。 まで16年間(上演回数6680回)続く大ロングランヒットとなり、ブロードウェイでの歴代ロングラン公演記録第3位という記録を打ち立てた。 当初は6ヶ月間だけの期間限定公演だったが、2006年にはまでの公演延長を発表、その後も公演期間は延長され続ける。 この再演では、「」での主役キムを演じ、本作品でもエポニーヌ役で出演、ロンドンでの10周年記念コンサート(後述)にも出演するなどして絶賛され、根強い人気を誇る、()がファンティーヌ役となって再び出演することが話題をさらった。 コゼット役Ali Ewoldt、マリウス役Adam Jacobsなど、サロンガを含め3人のフィリピン系が出演していたの興行を、訪米中であったフィリピンの大統領も観劇したという。 、上演期間約14ヶ月、上演回数496回を以て閉幕した。 これにより、ブロードウェーでの『レ・ミゼラブル』の総上演回数は7176回となる。 主役からアンサンブルまで、英語圏を中心に世界中から選りすぐった人気・実力共に申し分ないキャストが一堂に会し、世界中の『レ・ミゼラブル』プロダクションから200人のコーラス隊が参加した。 さらにはコンサートのグランドに世界各国のジャン・バルジャン役者17人が登場、劇中歌「」( Do You Hear the People Sing? )をそれぞれの国語で歌い継ぎ、同じく劇中歌「ワン・デイ・モア」( One Day More! )のバルジャン・パートを斉唱するという超豪華なパフォーマンスによって盛大に10周年を祝った。 主なキャスト ジャン・バルジャン (Alfie Boe) ジャベール (Norm Lewis) ファンティーヌ レア・サロンガ(Lea Salonga) コゼット ケイティ・ホール(Katie Hall) マリウス (Nick Jonas) エポニーヌ (Samantha Barks) テナルディエ (Matt Lucas) テナルディエ夫人 ジェニー・ギャロウェイ(Jenny Galloway) アンジョルラス (Ramin Karimloo) グランテール (Hadley Fraser) ガブローシュ ロバート・マッジ(Robert Madge) リトル・コゼット ミア・ジェンキンス(Mia Jenkins) 日本での公演 [ ] 1987年、により帝国劇場で初演。 イギリス(ロンドン)、アメリカ(ニューヨーク)に次いで世界で3番目、同作品初の非英語圏での上演となった。 その後断続的に公演は行われており、東京以外にも、、、、と上演都市が広がっている。 2013年公演より新演出版にて上演が行われ 、この公演の出演者・スタッフ一同で、第39回大賞を受賞。 日本版スタッフ [ ]• 製作:• 翻訳:• 訳詞:• 演出家アシスタント: エピソード [ ]• 訳詞は東宝ミュージカルの常連、。 ジャン・バルジャンの囚人番号は英語版では24601(two-four-six-oh-one)だが、日本語では語呂があわず、初演ではここだけ英語で歌い、再演時から囚人番号を24653(にー・よん・ろく・ごー・さん)に変えて日本語で歌うようになった。 1988年3月の公演ではファンテーヌ役のが急性声帯炎になり、伊東弘美が代役をつとめた。 この作品にはが3人必要で、出番が遅いガブローシュ役はのため、開演時刻によっては同役にキャスティングされている大人の女性が演じることがあったが、2007年6月以降、全ての公演を子役が演じている。 同じくリトル・コゼット、リトル・エポニーヌもソワレでも子役が演じている。 ガブローシュ役は、小学生時代のやが演じたことでも知られている。 5月24日から29日には、国内での上演回数が2000回に達したことを記念して「2000回達成スペシャルパフォーマンス」と題し、特別なメインキャスト(集結したのは今までに出演した役者たち)による公演が行われた。 また6月〜7月の帝国劇場公演、同10月の公演においても、日本公演20周年記念として再びスペシャルキャスト公演が行われた。 同作品はでも上演を計画していたが、劇団内での反対もあり実現しなかった。 初演時には、後に女優となるが、唯一のアマチュアとして参加した。 日本版キャスト [ ] プリンシパル(主役級)キャストのみ、名前太字は初演キャスト。 括弧内西暦は出演期間(コンサートでの出演は除く)、西暦太字は2019年公演出演予定者。 (1987年 - 2001年)• (1987年 - 2001年)• (1997年 - 2011年)• (2003年 - 2011年)• (2003年 - 2006年)• (2007年 - 2009年)• ( 2011年 - )• ()(2013年)• ( 2013年 - )• (2015年 - 2017年)• ( 2019年 - ) ジャベール [ ]• 滝田栄(1987年 - 1988年)• (1987年 - 1990年)• (1989年 - 2001年)• 今井清隆(1991年 - 1994年)• (1997年 - 2001年)• (1997年)• (2000年、2005年 - 2006年)• (2003年 - 2004年)• (2003年 - 2004年)• (2003年 - 2011年)• (2003年 - 2011年)• (2007年 - 2011年)• (2007年 - 2009年)• (2011年)• 吉原光夫(2013年 - 2017年)• ( 2013年 - )• (2013年 - 2015年)• 福井晶一(2013年)• (2015年 - 2017年)• 上原理生( 2019年 - )• ( 2019年 - ) エポニーヌ [ ]• (1987年 - 1988年)• (1988年 - 1990年)• (1991年)• (1994年)• (1997年 - 2001年)• (2003年 - 2015年)• (2003年 - 2009年)• (2003年 - 2006年)• (2003年 - 2009年)• (2007年。 記者会見まで行ったが、公演前に体調不良で降板。 2008年6月死去)• (2007年 - 2009年)• (2011年)• (2011年)• ( 2013年 - )• (2013年 - 2015年)• (2013年 - 2015年)• ( 2017年 - )• (2017年)• ( 2019年 - ) ファンティーヌ [ ]• (1987年 - 1990年、1994年)• (1987年 - 1988年、1991年)• (1989年 - 1991年)• (1994年)• (1997年 - 2001年)• (2003年 - 2006年)• (2003年 - 2006年)• (2003年 - 2004年)• 本田美奈子(2005年。 病気のため降板)• (2005年 - 2009年)• (2007年 - 2009年)• (2007年)• (2007年 - 2009年)• 知念里奈( 2011年 - )• 新妻聖子(2011年)• (2011年 - 2017年)• (2013年 - 2015年)• ( 2017年 - )• ( 2019年 - ) コゼット [ ]• ()(1987年)• (1987年)• (1987年 - 1988年)• 鈴木ほのか(1987年 - 1991年)• 白木美貴子(1989年 - 1991年)• (1994年)• (1994年)• (1997年 - 1999年)• (1997年 - 1999年)• (2000年 - 2001年)• (2000年 - 2001年)• (2000年 - 2001年)• (2003年 - 2006年)• (2003年 - 2006年)• 知念里奈(2005年)• (2005年 - 2006年)• (2007年 - 2009年)• (2007年 - 2009年)• (2007年)• (2009年 - 2011年)• (2011年)• (2011年)• (2011年)• (2013年 - 2015年)• (2013年 - 2015年)• (2013年)• (2015年 - 2017年)• ( 2017年 - )• ( 2017年 - )• ( 2019年 - ) マリウス [ ]• (1987年 - 1991年)• (1987年 - 1988年)• (1989年 - 1991年)• 石井一孝(1994年 - 2001年)• (1994年)• 石川禅(1997年 - 1999年、2005年、2007年、2011年)• (1999年 - 2001年)• (2000年 - 2001年)• (2003年 - 2006年)• (2003年 - 2004年)• (2003年 - 2009年)• (2005年 - 2009年)• (2007年 - 2009年)• (2007年 - 2013年)• (2011年 - 2015年)• (2011年)• (2013年 - 2017年)• ( 2015年 - )• ( 2017年 - )• ( 2019年 - ) テナルディエ [ ]• (1987年 - 1991年)• (1994年)• (1994年)• (1997年 - 2001年)• (2000年 - 2001年、2005年、2007年)• ( 2003年 - )• (2003年 - 2004年)• (2005年 - 2006年)• (2005年 - 2006年)• 安崎求(2007年 - 2009年)• (2007年 - 2009年)• (2011年)• KENTARO( 2013年 - )• (2013年 - 2015年)• ( 2017年 - )• ( 2019年 - ) テナルディエ夫人 [ ]• (1987年 - 1991年、2007年 - 2011年)• (1988年)• (1989年 - 1991年)• (1994年)• (1994年)• (1997年 - 1999年)• (1997年 - 1998年)• ( 1997年 - )• (1999年 - 2001年)• (2003年 - 2004年)• (2003年 - 2007年)• (2005年 - 2009年)• (2013年 - 2017年)• (2013年 - 2015年)• ( 2017年 - )• ( 2019年 - ) アンジョルラス [ ]• (1987年 - 1991年)• (1987年 - 1991年)• (1994年)• (1997年 - 1998年)• 今拓哉(1999年 - 2001年)• (2003年 - 2009年)• (2003年 - 2004年)• (2005年 - 2006年)• 岸祐二(2005年 - 2007年)• (2005年 - 2009年)• 原田優一(2007年 - 2009年)• (2009年)• (2011年 - 2017年)• (2011年)• 野島直人(2013年 - 2015年)• (2013年)• ( 2015年 - )• ( 2017年 - )• ( 2019年 - ) 他作品と重なるキャスト [ ] 外国人のキャストや主題歌担当も含む。 マリウス・ポンメルシー(日本語吹き替え):石川禅(本作と同じ。 他にジャベール役も演じている)• 司教:コルム・ウィルキンソン(本作ではジャン・バルジャン役)• 売春婦:フランシス・ラッフェル(本作ではエポニーヌ役)• コンブフェール:キリアン・ドネリー(本作ではアンジョルラス、ジャン・バルジャン、ジャベール役)• 国民衛兵士官:ハドリー・フレイザー(本作ではジャベール役、マリウス役)• フォーシュルヴァン:スティーブン・テート(本作ではテナルディエ役)• アンジョルラス:岸祐二(本作と同じ。 他にジャベール役も演じている)• OP・ED主題歌:斉藤由貴(本作ではコゼット役) ミュージカルナンバー [ ] プロローグ [ ]• 仮釈放 - On Parole• 司教 - Valjean Arrested, Valjean Forgiven(The Bishop)• バルジャンの独白 - What Have I Done? (Valjean's Soliloquy) 第1幕 [ ]• 一日の終わりに - At the End of the Day• 波止場(ラブリィ・レイディ) - Lovely Ladies The Docks• ファンティーヌの逮捕 - Fantines's Arrest• 馬車の暴走 - The Runaway Cart• 裁き - Who Am I? The Trial• ファンティーヌの死 - Come to Me Fantine's Death• 対決 - The Confrontation• 幼いコゼット - Castle on a Cloud Little Cosette• 宿屋の主人の歌 - Master of the House• 取引 - The Bargain• 乞食たち - Look Down The Beggars• 強奪 - The Robbery• ジャベールの介入 - Javert's Intervention• 星よ - Stars• - Do You Hear the People Sing? 心は愛に溢れて - A Heart Full of Love• プリュメ街の襲撃 - The Attack on Rue Plumet• ワン・デイ・モア - One Day More 第2幕 [ ]• バリケードを築く - Upon These Stones(Building the Barricade)• 再びバリケードで - Upon These Stones(At the Barricade)• バリケードでのジャベール - Javert's Arrival(Javert At the Barricade)• ちびっこ仲間 - Little People• 恵みの雨 - A Little Fall of Rain• 苦悩の夜 - Night of Anguish• 最初の攻撃 - The First Attack• その夜(共に飲もう) - Drink With Me(The Night)• 彼を帰して - Bring Him Home• 苦悩の夜明け - Dawn of Anguish• 第二の攻撃 - The Second Attack(The Death of Gavroche)• 最後の戦い - The Final Battle• 下水道 - Dog Eats Dog(The Sewers)• ジャベールの自殺 - Javert's Suicide• 犠牲者たち - Turning(The Victims)• バルジャンの告白 - Valjean's Confession• 脚注 [ ]• (シアターガイド、2011年10月30日)• (シアターガイド、2014年4月4日)• 2018年5月1日中日劇場 中日新聞文化芸能局 発行「中日劇場全記録」• 2019年2月18日閲覧。 関連項目 [ ]• - フランスの国歌。 「民衆の歌」の歌詞はこれを踏まえたもの。 外部リンク [ ]•

次の