メイン クーン 体重。 メインクーンの体重についてと成長する上での注意点

メインクーンは短命ってほんと?性格や体重、大きさは?

メイン クーン 体重

雪上を歩行するメインクーン 原産国 ヨーロッパから北米に伝来 別名 クーン・キャット(Coon Cat) メイン・キャット(Maine Cat) メイン・シャグ(Maine Shag) 各団体による猫種のスタンダード メインクーン(Maine Coon)は、の中でも大きなのひとつであり「 ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られている。 長毛種である。 一般的にが原産とされておりメイン州公認の「州猫」として認定されている。 アメリカにおける最古、最大の品種であり、身体の模様やのが(ラクーン)に似ていることから命名されたが、実際には(アメリカ)のにいた猫と、によりから連れて来られた長毛種の猫のと考えられている。 にアメリカ初のキャットショーで優勝したメインクーン「コーセイ」(Cosey) メインクーンの起源は、奇抜とも思われる逸話を含め、諸説がある。 マーク・コールマン Coleman, Mark 著、古谷沙梨訳「メイン・クーン」 , 7月 では、以下の説を紹介している。 地方の猫をルーツとする説 昔は、その風貌から土着猫とアライグマの混血であると考えられておりメイン州のアライグマ(raccoon:ラクーン)を意味する「メイン・クーン」と名づけられたとする説。 クーンの連れてきた猫とする説 系あるいは、系の猫がクーン船長によって、中国から北アメリカ東部沿海地方に連れてこられ、この猫を始祖とする説。 のアメリカ計画をルーツとする説 スティーブン・クロー船長の助力によりへの亡命を計画し、まで用意したが実現されず、形見にと船長が連れてきた王妃が愛でていたアンゴラ種の猫を始祖とする説。 そして、の船猫であったと風貌が似ていることから中にする船員と同じく逃げ出した猫と土着の猫との交配により誕生したとする説を、最も有力としている。 身体特徴 [ ] 白毛のメインクーン メインクーンは特にその大きな骨格と三角形の体型、長い毛並みで知られ、色は多彩でその知能と優しい性格も特徴とされる。 や股関節異形成症の健康面での問題を持つブリードとされているが、これらは検査により遺伝子異常を発見し、発症し得るかを確認することが可能である。 メインクーンの耳は大きく、根元が幅広、頭の高い位置にあり、中にタフト(Tuft=房毛)が豊富に付き、先端にリンクスティップス(Lynx Tips=の耳先の飾り毛)がある。 メインクーンに特徴的なリンクスティップスによって、オオヤマネコのような風貌を得ている。 メインクーンのは長く、2004年には17. 4 cmの洞毛を持つメインクーンが、2005年には19 cmの触毛を持つメインクーンが最長のを持つ猫としてギネスに登録された。 頭の形はどちらかというと長めだが、されていない雄が成長するとえらが張るようになる。 顎は頑丈で、はしっかりとした四角形。 横顔には、にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで、流線的な窪みが見られる。 メインクーンと似ていると区別する特徴の一つとして、ジェントルカーブの有無がある。 メインクーンのボディは、筋肉質で胸幅が広く、どの部分をとっても華奢な部分が無く、がっしりとしている。 胴は長めで、横から見ると長方形に見える。 全体的に均整が取れていて、極端な特徴は無い。 体長(鼻の先から尻尾の先にかけての長さ)は、1メートル(40インチ)を超える場合もあり2010年に123 cm(48. 5インチ)が最も体長の長い猫としてギネスに記録されている。 成猫としての体格が出来上がるまでには、他の猫種より長い期間を要する傾向にあり、4歳から5歳で成猫としての体格が固まるとされている。 2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンは、5歳になって記録の体長に達した。 体重が11 kg - 12 kg(25ポンド)に達する個体もあるが雄の成猫の平均体重は6 kg - 9 kg(12ポンド - 20ポンド)で雌は若干軽い3 kg - 5 kg(7ポンド - 11ポンド)。 メインクーンの尻尾は長く、2011年に世界一長い尻尾の猫として、前述の2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンが再び認定された。 その際の尻尾の長さは41. 5 cm(16. 34インチ)である。 しかし、チョコレート、ラヴェンダー、濃いタビー、局所的な色パターン(のようなポイント)のメインクーンは存在しない。 目の色も極めてバラエティに富んでいる。 あらゆる被毛パターンで、グリーン、グリーンゴールド、または、ゴールドという目の色がある。 被毛が白のメインクーンの場合、両目がブルー、または、というものもいる。 額に特徴的な「M」型の模様があるのは、メインクーンの毛色に多いの特徴であり、メインクーン特有ではない。 毛はミディアムロングで密集しており、胸元にはのに似たひだ襟のような長い飾り毛がある。 このため maine coonを mane coon(maneはたてがみの意) と冗談交じりで表記することもある。 被毛が下毛と長めの上毛の2層になっているのがメインクーンの特徴である。 被毛は、一般的にとても柔らかい。 やなどと呼ばれる足の後ろ側にある長い毛と、指の間にある長い毛のおかげで、寒さの中でも体温を保つことが出来る。 尻尾がとても立派にふさふさとしているため、「尻尾にくっついている猫」という異名すら得ている。 初期のメインクーンは、持ち前の太足、飾り毛によって、そしての兆候が強くあったため足場を取りやすく、上での活動に有利であったとされるが、次第に多指症の傾向は逆転するに至っている。 行動面の特徴 [ ] メインクーンは、極めて賢く、器用で、遊び好きな猫種である。 足先を器用に丸めて物を持ち上げるなど、前足を良く使う傾向にあるため、棚の戸を開けたり、水道の蛇口を開いたり、トイレを流したり、小さなものを持ち上げたりすることを簡単に覚えてしまう。 中には、直接ボウルに顔を近づけるのではなく、前足を使ってエサや水を飲むメインクーンも見受けられる。 メインクーンは、平均以上の知能を持っているため、トレーニングしやすい猫種のひとつであるといわれている。 また、のどを鳴らすような鳴き声と、ニャーという猫の鳴き声を組み合わせたような声を出すことでも知られており、うれしい時や驚いた時にこのような声をだす傾向にあるようだ。 他の猫種に比べ、メインクーンのニャーという鳴き声は高めである。 仲間の猫や人間と一緒に食事をすることを好み、単独でエサを食べるのは珍しい。 メインクーンは、飼い主に甘えて膝の上に乗ってくるタイプの猫種ではないといわれてはいるが、これは、個体により異なり、中には、飼い主の膝の上が大好きというメインクーンもいる。 飼い主の膝の上でうたた寝するメインクーン 水の中に入ってというわけではないが、水で遊ぶことを好むメインクーンもいる。 おもちゃを水に浸してから遊んだり、水のボウルをひっくり返したりすることがある。 また、前足を使って器用に水をすくって飲むメインクーンもいる。 犬のような行動をするメインクーンもいる。 物を取ってくるというのは、好きなゲームの一つである。 犬がそうするように、ボールを取ってきて飼い主の足元に置き、またボールを投げてもらうのを待つという遊びである。 郵便物を取りに行ったり、犬の散歩に行ったりなど、日々の生活の中で飼い主についてまわることがあり、屋外にいる時でさえ、飼い主に呼ばれると戻ってくることもある。 健康状態 [ ] 美しい白毛のメインクーン メインクーンは一般的にはニューイングランドの気候で生活できるように丈夫で健康なブリードである。 一番危険な病気はで、メインクーンの場合はで遺伝する。 特に中年期から老年期の猫や雄猫に発症しやすいとされている。 肥大型心筋症は、左心室の筋肉が肥大し硬くなる心筋の病気で、猫の場合、心不全、による後足の麻痺、突然死などの原因となる。 1歳から7歳のメインクーンなら、心臓超音波診断(心エコー検査)で肥大型心筋症を発見することが可能である。 また、この病気を発症する遺伝子異常は遺伝子検査により発見することも可能である。 の獣医学部で遺伝子突然変異の検査をしたメインクーンの内、3分の1の猫が陽性であった。 [ ]心臓ミオシン結合タンパク質Cの遺伝暗号を指定する遺伝子の突然変異が、ある特定のメインクーンの遺伝系列においては、肥大型心筋症の要因となってきたことがわかっている。 もうひとつの健康リスクはで、これもまた遺伝性の病気で、胴や四肢の筋肉を動かす脊髄の神経が消失することにより発生する病気である。 症状は通常、生後3~4ヶ月で発症し、筋肉の萎縮、筋力の低下、短命などに繋がる。 この病気を発症する遺伝子も検査により発見することが可能である。 股関節の運動障害や関節炎となるもメインクーンには見られる。 動物整形外科財団が2007年に纏めた研究レポートによると1974年1月から2008年12月までに動物をブリードごとに最低各100のケースを調査したうち、メインクーンは994のケースがあり23. ちなみにメインクーンはこのレポートで唯一の猫であった。 [ ].

次の

【性格・体重・寿命・飼い方など】メインクーンとはどんな猫?

メイン クーン 体重

メインクーンとノルウェージャンの見分け方とは? モフモフとしたゴージャスな毛で尻尾が長く、アライグマ Raccoon に似ている大型猫のメインクーンは、アメリカ最古の猫種です。 メインクーンは「穏やかな巨人 ジェントルジャイアント 」とも呼ばれる猫種の中で最も大きい猫とも言われています。 大きい体格で一見恐そうな見た目をしているメインクーンですが、性格は温厚で非常に賢く、見た目とのギャップに魅了される人も多くいます。 人気の猫種ランキングにもランクインされ、日本でも多くの人に飼われているメインクーンですが、他にもメインクーンに似ている猫種がいます。 メインクーンの祖先猫とも言われている「ノルウェージャンフォレストキャット」というメインクーンと同じ大型のノルウェーの猫種です。 メインクーンと非常に似ている見た目をしており、モフモフとしたゴージャスな毛と大きい体格で、一見違いが分からないとも言われています。 ここでは、メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットの見分け方について解説いたします。 メインクーンとノルウェージャンの見分け方 ノルウェージャンはメインクーンの祖先とも言われているため、非常に見た目が似ており、区別が付きにくいでしょう。 大きな体格や長毛種のゴージャスな毛などの見た目だけでなく、温厚で人懐っこく知能レベルが高いなど性格も非常に似ています。 しかし、よく見ると顔つきに違いがあります。 2匹の顔を横から見ると違いが分かりやすいでしょう。 メインクーンは鼻筋にカーブがあり、やや丸みのある輪郭の顔をしています。 鼻筋のカーブは「ジェントルカーブ」とも呼ばれており、2匹の見分け方の一番のポイントとなります。 一方、ノルウェージャンは鼻筋にカーブは無く真っ直ぐとしており、逆三角形のようなシュッとした輪郭の顔をしています。 顔の輪郭や鼻筋が見分けるポイントとなります。 他にも「リンクスティップ」というメインクーンの特徴でもある耳の先端に生えている毛があるかどうかもポイントとなります。 「耳の先端に生えている飾り毛が無い場合はノルウェージャン」と区別する事が多いでしょう。 しかし、中には鼻筋が真っ直ぐなメインクーンや丸みのある輪郭のノルウェージャンもいます。 上記の見分け方の違いはあくまでそのような特徴の子が多いという事ですので、ペットショップやブリーダーに確認をするか、血統書などを確認すると確実です。 メインクーンとノルウェージャンにはそれぞれ一般的な見た目や性格の特徴がありますが、個体差があり、性格や見た目も個性がありますので、その子の特徴をみつけてあげてくださいね。 メインクーンとノルウェージャンの動画 メインクーンとノルウェージャンが非常に似ている見た目をしているとご説明いたしましたが、実際にその二匹を飼っている人が投稿した動画をご紹介いたします。 左の猫がノルウェージャンフォレストキャット、右の猫がメインクーンです。 本当に一見違いが分からない程似ている見た目をしていますが、よく見ると顔つきに違いがある事が分かります。 メインクーンとノルウェージャンのそれぞれの特徴は? 前述でメインクーンとノルウェージャンの見分け方について解説いたしましたが、それぞれの性格や体格などの特徴について詳しく解説いたします。 メインクーンの特徴 ここでは、メインクーンの名前の由来や歴史について解説いたします。 メインクーンはアメリカで最古の猫種とも言われている大型の猫種です。 TICAなどの世界的に有名な全ての猫血統登録団体が猫種として認めています。 「メインクーン」という名前の由来は、アメリカ・メイン州に生息する「アライグマ」に似ている見た目をしているためと言われています。 「アライグマとの交雑で誕生した猫種ではないか」という説や「マリーアントワネットの愛猫であったアンゴラ種の猫が祖先ではないか」とも言われています。 他にも「クーンという名前の船長が中国からアメリカに連れて行ったアンゴラ種の猫が祖先だ」とも言われており、その歴史には様々な説がある猫種です。 メインクーンの体格 メインクーンは猫種の中で最も大きいと言われている大型猫で、日本猫などの一般的な猫の平均体重よりも遥かに大きい体重をしており、体格もがっしりとしています。 ノルウェージャンの平均体重は、メスは3~6kg、オスは6~9kgと猫全体の平均体重が3. 6~5. 5kgと言われているので、とても大きい体格と言えます。 体重が大きいだけでなく、他の品種の猫と比較すると筋肉質で手足はがっしりとしており、胴や尻尾も長く、耳が大きい事も特徴的です。 アライグマやヤマネコに似ていると言われる事に納得するほど、体のパーツ全てが大きく、長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛をしています。 メインクーンの特徴である大きな体格が評価され、ギネスブックに登録されたメインクーンは多数います。 「世界最長の猫」「世界最長のヒゲを持つ猫」「世界最長の尻尾を持つ猫」など、様々なギネス記録を持つメインクーンが多数おり、メインクーンが他の品種の猫と比較して非常に大きい事が分かります。 メインクーンの性格 メインクーンは大きい体格である事をご説明いたしましたが、見た目とは違い温厚で人懐っこく甘えん坊な性格をしています。 他の品種の猫と比較して知能レベルが高く、犬のように芸を覚える事ができる子も多く、物分かりが良いため、小さなお子様がいるご家庭にも向いている猫種です。 人以外にも猫同士や他の動物に対しても優しい性格で、成猫となっても甘えん坊な子が多いと言われています。 オスのメインクーンは特に甘えん坊でやんちゃな性格が多く、メスのメインクーンは子猫を育てる母性本能を持つために自立したクールな性格が多いとも言われています。 育つ環境や遺伝により、性格や知能レベルはその子により個体差はありますが、一般的にメインクーンは温厚で賢い性格が多いでしょう。 とても大きい体格にゴージャスな毛をしているため、少し恐そうに見えますが、大人しい性格で見た目とのギャップがより魅力を感じる人も多くいます。 ノルウェージャンの特徴 ここでは、メインクーンと非常に見た目が似ている人気の高いノルウェージャンフォレストキャットの歴史や特徴について解説いたします。 皆さんは、約4000年前にあったノルウェーやデンマーク、スウェーデンなどの北欧に伝わる神話をご存知でしょうか? 「神話に登場する女神のフレイヤの戦車を引いていた2匹のがっしりとした猫は、ノルウェージャンフォレストキャットではないか」という説があります。 また「神話に登場する最強の神とも言われている雷神トールが持ち上げる事が出来なかった猫はノルウェージャンフォレストキャットではないか」という説もあります。 神話に登場する猫がノルウェージャンなのかどうかは未だハッキリとされていませんが、神話に登場する大きな猫ほどノルウェージャンは体格が大きいという事が分かります。 そのような古くから歴史のあるノルウェージャンは、ノルウェーの森林に棲む長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛をしている大型の猫種です。 しかし、元々のノルウェージャンの祖先は南ヨーロッパの「Skogkatter スコグカッテル 」という短毛種の猫だと言われています。 ノルウェーは非常に寒い国なので、寒い環境で生きていくために長毛種などの寒さに強い猫種との交配により、長毛種のノルウェージャンが誕生としたと考えられています。 また、11世紀頃に北方ゲルマン民族 バイキング が、村や船をネズミから守るために飼育していたトルコの猫が祖先とも言われています。 そのような様々な歴史のあるノルウェージャンは、ネズミから農業や家を守るために人間に飼育され、人間と生活をするようになったとされています。 1900年頃にノルウェーで開催されたキャットショーでノルウェージャンが披露され、知名度が高くなり、ノルウェージャンの繁殖が行われ「ノルウェーの代表猫」とされました。 しかし、第二次世界大戦が始まり育種は中断されましたが、ノルウェージャンは厳しい環境下でも生き抜き、1975年頃に育種が再開されました。 1977年にノルウェージャンを新しい猫種として登録され、アメリカやヨーロッパなどに輸入され、繁殖も盛んになり、次第に人気が高くなりました。 アメリカでは「ウェジー」「NFC」とも呼ばれています。 日本でもノルウェージャンを飼っている人が多く人気の猫種で「ノル」とも呼ばれています。 ノルウェージャンの体格 歴史のあるノルウェージャンは、ノルウェーの雪の降る寒い環境でも生きていくために、モフモフとしたゴージャスな毛が最大の特徴です。 雪や寒さから守るために保温性・撥水性のある二層状の厚手の毛をしています。 筋肉質で太くがっしりとした手足で大きな体格をしており、尻尾は先端に向かって細く長い点も特徴的です。 後ろ足が前足よりも長く、ノルウェージャンの平均体重はメスは3. 3~5. 5kg、オスは4. 5~8. 0kgと日本猫などの一般的な猫全体の平均体重と比較して大きいと言えます。 他の品種の猫と比較して大きい猫種ですが、前述でご説明した通り、アメリカやヨーロッパでも繁殖をされていたため、ノルウェージャンは2種類の系統の体格があります。 アメリカ系のノルウェージャンはやや細めの体格をしており、ヨーロッパ系のノルウェージャンはがっしりとした体格が多いと言われています。 大きな体格とゴージャスな毛が特徴的なノルウェージャンは、メインクーンと同様に成長がゆっくりで成猫となるまでに約5年かかると言われています。 体格や特徴は個体差があるので、上記でご説明した体格や特徴は参考程度に考え、その子の特徴をみつけてあげてくださいね。 ノルウェージャンの性格 ゴージャスな毛が特徴的で大きい体格をしているノルウェージャンは、見た目とは違い温厚で我慢強く、人懐っこい性格が多いと言われています。 厳しい寒さの環境で生き抜いてきたため我慢強く、人間に飼育されネズミから家を守っていたとされている歴史があるなど、温厚で人にも懐き、知能レベルが高い猫種と言えます。 猫同士や他の動物にも優しく大人しい性格をしているため、多頭飼いにも向いているでしょう。 また、知能レベルが高く物分かりも良いため、しつけがしやすく小さなお子様がいるご家庭でも飼いやすい猫種です。 撫でられたり遊んでもらう事を好み、犬に似た性格をしていると言えます。 性格はその子により個体差はありますが、一般的にノルウェージャンは見た目とは違う甘えん坊で温厚な性格が多いです。 しかし、元々猫は自分のペースを持っている動物なので、ストレスになるような過剰なスキンシップはやめましょう。 その子の性格に合わせて接してあげてくださいね。 メインクーンは顔が2タイプあるって本当? メインクーンには2つのタイプの顔があると言われています。 一つは、メインクーンの特徴でもあり比較的多いとされる丸みのある顔です。 また、鼻にカーブがありボコッと少し凹みがあります。 もう一つは、輪郭がシュッと逆三角形のように細く、鼻にカーブが無く真っ直ぐとしている顔です。 こちらはノルウェージャンと非常に似ているため、より区別が付きにくくなります。 また「リンクスティップ」という耳の先端に少し毛が生えているメインクーンや「タフト」という耳の中に飾り毛が生えているメインクーンがいます。 輪郭など顔つきは個体差があるので、毛の色や柄、目の色、表情などの違いもみつけてその子の顔の特徴を探してくださいね。 メインクーンとノルウェージャンはどちらが飼いやすい? メインクーンやノルウェージャンの体格や性格、特徴についてご説明いたしましたが、ここでは、どちらの方が飼いやすいのかについて解説いたします。 メインクーンとノルウェージャンはどちらも長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛が特徴的で、人気の理由の一つでもあります。 しかし、そのような毛にはデメリットがあり、抜け毛が多いため、お腹の中に毛が溜まる「毛球症」という病気のかかりやすいと言われています。 毛球症は、毛繕いをする際に毛を飲み込み、お腹の中で毛玉が溜まり排出できなくなってしまう病気です。 嘔吐、便秘、食欲が無いなどの症状がある場合は毛球症の可能性があります。 毛玉対策ができるキャットフードやおやつ、猫草を与える事で排出できる場合がありますが、手術が必要となってしまう事もあります。 メインクーンやノルウェージャンのような長毛種の場合、しっかりシャンプーやブラッシングを定期的に行い、抜け毛を除去しましょう。 特にノルウェージャンは、寒いノルウェーの猫種のため毛量も多く、ブラッシングをしても抜け毛が多いと言われています。 ブラッシングやシャンプーだけでなく、生活をするスペースの抜け毛もしっかり掃除しましょう。 換毛期は特に念入りにブラッシングを行い、日頃から掃除や毛のケアをし、室内に空気清浄機を設置する事もおすすめです。 また、寒さには強いですが、暑さは苦手とするため真夏は冷房をつける事をおすすめします。 メインクーンとノルウェージャンはどちらも夏の温度管理には注意が必要となり、冷房は必須です。 他にも、どちらも糖尿病や肥大型心筋症などの病気にかかりやすいと言われています。 体格が大きく食事量も他の品種の猫と比較して多いためと考えられています。 どちらも適切な餌の種類、食事量、運動量が必要となりますので、特に健康管理には気を付けなければいけません。 「抜け毛の対策」と「肥満の予防」が健康に長生きをする重要なポイントとなります。 メインクーンとノルウェージャンの平均寿命はどちらも約11~14歳と言われています。 日本猫などの一般的な猫全体の平均寿命は約15歳と言われているため、やや短いと言えます。 どちらも大型で長毛種の猫のため、かかりやすい病気がある事を理解して、健康管理には特に注意をして飼いましょう。 性格や体格はどちらも非常に似ており、賢く留守番も得意な子が多いため、一人暮らしや小さなお子様がいるご家庭、多頭飼いにも向いています。 しつけもしやすく人懐っこい性格なので、初めて猫を飼う人にもおすすめです。 どちらかというと、ノルウェージャンの方が狩猟能力が高く、野性の名残があるため活発だと言えます。 あまり鳴き声が無く鳴いても小さい声のため、マンションで飼育する場合にもノルウェージャンはおすすめです。 しかし、個体差はあるので、猫は鳴く動物だと理解をして飼いましょう。 どちらも知能レベルが高く温厚な性格が多いため飼いやすい猫種ですが、飼いやすさはその子の性格など特徴、ご家庭によっても異なるので、参考程度に2匹の違いを比較してご検討してください。 更新日:2019年1月25日 提供元:.

次の

メインクーンの性格は?体重、大きさなどの特徴、病気や寿命は?

メイン クーン 体重

メインクーンについて 雄の平均体重は6~8kg。 雌は4~6kg。 また、虚勢雄は10~12kg以上の個体も珍しくありません。 成長が遅く、成猫の大きさになるまで1~2年かかり、体重が成猫の重さになるまで3~5年かかります。 毛色は、公認されているだけでも30種以上。 一般的なのは、ブラウン・クラシック・タビー。 ふさふさした立派な長いシッポも特徴です。 メインクーンは、水遊びを好み。 水を手ですくって飲むのが得意です。 アライグマが食べ物を手で洗う仕草に似ているのでメイン州(Maine)のアライグマ(Coon)と呼ばれる所以でもあります。 手先が器用で、物を手でつかんで立ち上がってくわえて遊んだり、ドアノブを回して開けたり、アルミサッシの引き戸を重くても指で押し開けたりすることもあるそうで、人の顔を両手ではさんだりもするそうです。 よく言われることは、「性格は温和。 多頭飼いしてもうまくいく。 子供や犬ともうまくやっていく。 ベタベタ抱かれたりするのは嫌うが、飼い主と一度信頼関係ができると、犬のような忠誠心を持つ。 リラックスしのん気に生きる。 」などです。 初期のメインクーンには多指猫がある程度いました、数十年前からは多指猫は繁殖から排除されるようになり、通常のブリーダーのところからはいなくなりました。 しかし、アメリカの一部のブリーダーは今でも、多指猫をまだ育てているといわれています。 通常、両親のうちどちらかが多指猫でなければ、子供は多指になりません。 メインクーンのスタンダード CFA、TICAのページに定義されています。 (英文)• 性別:雄 毛色:ブラウン・タビー・ホワイト 眼色:ゴールド 性別:雌 毛色:ブラウン・パッチド・タビー・アンド・ホワイト 眼色:ゴールド 性別:雌 毛色:ブラック・アンド・ホワイト 眼色:コパー 性別:雄 毛色:レッド・タビー・ホワイト 眼色:ゴールド メインクーンの指の数 猫の手足の指は、手(前足)は5本、足は4本です。 アメリカの東海岸北部のニューイングランド諸州やボストン、ニューヨークなどで多指の土着猫が目立つという話があります。 さらに、多指は、初期のメインクーンないしはメインクーンの元猫らしき大型の土着種によく見られたという話があります。 メインクーンの今の基準では多指は認めないので、市場に多指のメインクーンが現れることありません。 しかし、初期のメインクーンは、なんとその40%が多指猫だったそうです。 各々の足に指が1,2多かったり、1つの指が2重になっていたり。 8つや10の指を持つ個体も珍しくなかったといわれます。

次の