中勝美。 KAKEN — 研究者をさがす

【真犯人?】舞鶴:中勝美の生い立ち+国籍↓死因は?

中勝美

概要 [ ] 事件概要 [ ] 2008年、高校1年の女子高生が夜午後10時以降に自宅を出た後、翌午前0時50分頃友人に「国道沿いのドラッグストア付近にいる」とで話し、その直後に東京に住む兄に携帯メールを送信したのを最後に行方が途絶えた。 同日午前9時頃に女子高生が家に帰らないため、女子高生の家族が捜索願を出す。 翌午前8時45分頃に雑木林で女子高生は遺体として発見された。 死因は窒息死では5月7日未明とされる。 バールのようなもので女子高生の顔や頭など数回殴って殺害した上、遺体に土や枯れ葉をかけて隠していた。 発生当初の5月、捜査機関は交友関係を調べれば犯人に結びつくとして、犯人特定に楽観的な見方もあったが、捜査は難航する。 女子高生に周辺とのトラブルは無く、事件の直前に掛けていた携帯電話の通話やメールからも犯人には結びつかなかった。 一方で、5月7日未明に女子高生と黒い服を着て自転車を押す男性が一緒に現場に向かう府道を歩いているのが複数の防犯カメラの記録に残っていた。 聞き込みを続けた結果、8月に現場近くに住む男性が容疑者として浮上。 この男は5月6日夜から7日未明に市内の二店を自転車で訪れ、帰途のコースと時間帯が女子高生が通過したものと重なり、男性は防犯カメラに映った「自転車の男」と体格で同一人物とみて矛盾しないとの鑑定結果も出て、さらに男性は当日は黒い服を着ていたことも判明した。 容疑者の人物と逮捕 [ ] 、無職の男性Nは7~8月に女性下着1枚と賽銭約2000円を盗んだでされる。 、窃盗罪で家宅捜索が行われた後。 、5月に発生したと容疑で捜索令状を元に2回目の家宅捜索を行おうとした。 しかし、男性のが捜索令状の取り消しを求めるを申し立てたため、延期。 その後、準抗告がされて2回目の家宅捜索が入ったが、1日遅れで家宅捜索が始まり、弁護人が記録用のビデオカメラで撮影しながら捜索に立ち会うという状態になった(弁護人のビデオ撮影は府警からの申し入れで途中で中止になったが、立会いは最終日まで続けられた)。 家宅捜索はまで6日間続き、約2000点がされた。 、Nは窃盗罪で懲役1年が確定しにて服役。 2009年、Nは殺人事件による殺人罪と死体遺棄罪で逮捕。 身柄をに移されて取り調べを受け、、殺人罪とで起訴。 同日京都に移送された。 5月21日から始まるを目前にしての起訴であった。 Nは殺人事件直後に事件の日に着ていた黒い服を捨てていたり、所有する複数の自転車の色が事件直後に塗り替えられて、また凶器と見られるバールを数年前から持っていたが事件直後に無くなるなど数々の不可解な点があり、捜査機関はこれらのことを証拠隠滅のためだったという見方をしている。 また36年前の1973年9月に男性(この時25歳)は内縁の妻との別れ話から内縁妻とその兄を殺害した後に住人の女性2人をに立て篭もった事件で16年のを受け、1991年9月に路上で女性を強制わいせつしようとした強制わいせつ罪やで懲役5年の有罪判決を受けた経歴が明らかになった。 裁判 [ ] 、23回のを経た上で、初が(裁判長)で開かれた。 の積み重ねだけで、直接のがない事件としても注目が集まった。 10回にわたる公判で以下のことが主な争点となった。 事件直前、Nとが一緒にいたとする目撃者2人のは信用できるか否か• 事件直前、防犯カメラに映っていた、自転車を押しながら被害者と一緒に歩く男はNか否か• 被疑者が聴取において他人真犯人説主張の際に行ったとされる被害者遺留品の特徴の供述は、事件当時に現場にいたことを示す「」かの誘導か 3月18日に側はを、弁護側はを主張した。 5月18日、京都地裁は防犯カメラの画像の検察側の画像鑑定は「単なる印象に基づくものが多い」として証拠能力を否定したが、目撃証言や防犯カメラから死亡直前の被害者と一緒にいたことを認定し、未公表の被害者遺留品の供述に捜査上の問題はないとして証拠能力を認めて有罪としたが、偶発的なであることから死刑を回避してをした。 弁護側は判決を不服としてに即日した。 12月12日、大阪高裁(裁判長)は京都地裁の無期懲役判決を破棄し、逆転無罪の判決を言い渡した。 2014年7月10日、最高裁判所は検察側の上告を棄却し、これにより二審の無罪判決が確定した。 元被告人のその後 [ ] Nは舞鶴の事件で無罪が確定した僅か約4ヶ月後の2014年11月5日に大阪市北区で知人女性を刺したとして殺人未遂で現行犯逮捕された。 Nは2013年8月に窃盗事件で有罪判決を受け2014年9月末に出所していた。 2016年2月24日、(裁判長)で行われた裁判員裁判で検察側は「Nが女性に好意を抱き、キスを迫ったら抵抗されたため刺した」「全身の傷があることから殺意があった」と主張、Nと弁護側は「自分を守るためにナイフを取り上げたら刺さってしまった。 わいせつ目的もない」「元雇用主だった女性と賃金の未払いで口論になり、女性から襲ってきたので正当防衛」などとして無罪を主張した。 同年2月29日、検察側は懲役25年を求刑した。 同年3月14日、大阪地裁はNに対して殺人未遂や強制わいせつ致傷などで懲役16年の判決を下した。 検察側弁護側共に同月18日までに控訴せず地裁判決が確定 、に服役していたが、で病死した。 67歳没。 同年4月から体調を崩し治療を受けていた。 関連事件 [ ]• 2007年6月から2008年6月にかけて、京都府の元の男が、この事件を引き合いに出して脅す形で6人の女子高生に性的暴行を加える事件が発生した。 、京都地方裁判所舞鶴支部は、被告に懲役12年の判決を言い渡した。 この事件が発生する7年前のに18歳の女子生徒が行方不明となり、に近くの川原で首を刃物で傷つけられた遺体で見つかったが起こり、となっている。 類似裁判 [ ]• - 2002年に発生した、同じく状況証拠のみで争われた裁判。 - 2009年に発生した、同じく状況証拠のみで争われた裁判。 出典 [ ] []• 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2009年9月8日. の2014年11月6日時点におけるアーカイブ。 Yahoo! ニュース. 共同通信 Yahoo Japan. 2016年10月30日閲覧。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2012年12月12日. の2012年12月17日時点におけるアーカイブ。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2014年7月10日. の2014年11月6日時点におけるアーカイブ。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2014年11月5日. の2014年11月6日時点におけるアーカイブ。 産経新聞. 産経新聞社 産経WEST. 2017年11月30日閲覧。 産経新聞. 産経新聞社 産経WEST. 2017年11月30日閲覧。 産経新聞. 産経新聞社 産経WEST. 2017年11月30日閲覧。 NHK NEWS WEB 日本放送協会. 2016年7月11日. の2016年7月11日時点におけるアーカイブ。 2016年7月11日閲覧。 外部リンク [ ]• Yahoo! ニュース Yahoo Japan. 2016年10月30日閲覧。

次の

舞鶴高1女子殺害事件

中勝美

中勝美被告についての調査 犯人の 中勝美被告について色々調べたので、今回はそのことについて書きたいと思います。 壮絶な人生を送っていったようです。 母親離婚、再婚相手と剣幕 京都府に生まれるんですね。 子供時代に 母親が離婚して、再婚をしていたようです。 家庭環境がどうやら中勝美被告の歪んだ欲望を育てたそうなんです。 荒れた生活を送る中勝美被告 母親の再婚相手は 警察官をしていたそうです。 しかし、この再婚相手と仲が悪く、反面教師のように、荒れた生活を繰り返すようになります。 地元でも有名な悪 ヤンチャな学生時代を送り、 強迫、恐喝なども平気でするような人間でした。 地元の通っていた高校も中退してしまいます。 少年院にも入所したことのある経歴 少年院にも入所していた経歴もあり、地元では有名な存在でした。 出所後は真面目に労働をしていた時もありましたが。 25歳の時にあったある事件が、中勝美被告の人生を狂わせていきます。 同棲相手の彼女を実家に連れ戻され 同棲生活を送っていた中勝美被告でしたが、その家族が中勝美被告との同棲に激怒したそうなんです。 そして、同棲生活をやめるように、彼女を実家に連れ戻したのが、事件のきっかけでした。 彼女の兄を殺害、2名を人質に・・・ 彼女の家に押し入り、玄関で彼女の 兄を刺殺してしまいます。 しかも、他の民家に侵入して 2名を人質にとるんです。 6時間も拘束しましたが、中勝美被告は逮捕されてしまいます。 性的暴力を女性に振るう 40歳の頃にも事件を起こしているんですね。 女性に性的暴力を加えた罪で逮捕されているんですね。 しかも、その後に結婚までしていますが、直ぐに離婚をしています。 女性へのコンプレックスが人生を狂わせたのか 中勝美被告の精神状態は悪く、 通行人に叫び声を上げるなどの奇行も目立っていたそうです。 女性に対するなんらかのコンプレックスが中勝美被告を殺人へと導いてしまったのかもしれませんね。 生まれか育ちか? 生活環境が人を育てるのか、遺伝子が人を育てるのか、現在でも議論にされていますが、なにかしらの影響が中勝美被告を殺人鬼へと変貌させたのでしょう。

次の

舞鶴女子高生小杉美穂さんはやはり中勝美が殺していた

中勝美

舞鶴市:中勝美の生い立ち 67歳で死去された中ですが、存命中は 数々の犯罪を繰り返し、 複数の前科があります。 そんな中の生い立ちがこちらです。 京都府 舞鶴市生まれ。 子供の頃に母親が離婚し、後に再婚。 母親の再婚相手の家の離れで暮らす。 再婚相手は警察官だった。 中学生時分より脅迫、恐喝の犯歴があり、 少年院を出たり入ったりしていた。 同サイトに掲載されている逮捕歴がこちらです。 何と中は無罪が確定した事件 後も犯罪に手を染めており、逮捕されているのです。 しかし、上記の犯罪歴や無罪確定 後も犯行を繰り返していることから、現在でも中の無罪を疑問視する声が上がっています。 しかし、現在のところ、捜査に進展はなく真犯人と思しき人物の存在は挙がっていません。 ただ、「FLASH」に掲載された記事によると、中は服役中に 犯行を自供していたというのです。 中の自供を聞いた囚人は次のように明かしています。 舞鶴事件の核心に触れたのは、 中容疑者に無罪判決が出される直前だった。 「オレがあいつに 『本当はどうなんだ、やったのか』 って聞いたんだ。 」 「最初は否定していたけど、 あるとき夜中に布団をこそっと上げて話しだした。 『本当は オレがやったんや。 ほんまはやっとんねん。 オレはあの子に顔見られたからな。 バールを埋めたのは警察が捜索した場所とは山ひとつ違う場所やから、 捜しても絶対わからんよ。 それに(DNA鑑定しても)何も出てこん』 とね。 」 「小声で話したんだよ。 同じ房のもう1人も聞いとった。 やっぱりなと思ったね」 (2014年11月12日配信) この犯行が事実だとすれば、舞鶴市で起きた事件の 真犯人は中 勝美ということになります。 しかし、この事件では推定無罪の原則により、中の関与は否定されました。 ただ、第一審(京都地裁)では中の 犯行を認め、「無期懲役」の 有罪判決を言い渡しています。 笹野明義裁判長は 「被告が被害者の遺留品の特徴を知っていたことから 犯人であることが強く推認される」 とした。

次の