ナス種。 ナスカテゴリトップ|種(タネ),球根,苗の通販はサカタのタネ オンラインショップ

ナス

ナス種

ナスは種の多い野菜ですが、普段は白の実に白い種が埋まっているので目立つことはありません。 ただ以下のような保存方法が原因で、種が黒く変色する場合があります。 ナスの保存温度が低温だった• 長期間保存していた ナスは皮や実より先に種の部分から傷み始める野菜で、 実の中に黒い粒(種)が散らばっている場合、傷み始めの状態だといえます。 ナスの実が白いだけに種が黒く変色すると目立つので、カレーや煮びたしなど黒い粒を目立たたなく調理してから食べるようにしましょう。 もし種が黒く変色したナスを発見した場合、同時期に買ったナスも傷み始めている可能性が高いです。 同じ日にスーパーで購入したナスをたくさん保存しているなら、早めに調理して食べ切るようにしてくださいね。 スポンサーリンク ナス(茄子)の実が茶色に変色する理由! ナスを切った時、実が茶色に変色していた場合、理由は種が黒く変色した場合と同じで、• 保存温度が低かった• 保存期間が長かった と考えられます。 ナスの実が茶色に変色するのも傷み始めの特徴なので、早めに食べ切るようにしましょう。 また切って保存したナスが茶色に変色した場合、 劣化以外にナスに含まれるポリフェノールの酸化も原因になります。 抗酸化作用があり健康に良いポリフェノールですが、酸化すると見た目が悪くなるので、切ったナスを保存する前に• 油を使って調理する• 1%濃度の塩水に5分つける といった対策を行い、変色を防ぎましょう。 炒め物など油を使って調理しておけば、ナスの周りを油がコーティングしてくれるので酸化・変色を防げますよ。 保存環境や保存期間、ポリフェノールの酸化が原因で中が茶色に変色したナスも調理して食べれますが、風味が落ちてえぐみも増すため美味さは半減します。 ナス(茄子)の中に空洞が!これって食べれる? ナスを切ると中に空洞ができている場合がありますが、他に異変が見られなければ食べられます。 空洞ができるのは育てる環境が高温すぎたためで、乾燥や水不足が原因で実がぎっしり詰まらず、中がスカスカになってしまったのです。 乾燥や水分不足はナスが育つ過程での話なので、傷みが原因ではありません。 ただ、実がぎっしり詰まったみずみずしいナスの方が確実に美味しいので、スーパーで選ぶ際は表面に張り・艶があり、ずっしりと重たいものにしましょう。 ちなみに家庭菜園でナスを育てると、水不足による空洞が増えてしまいがちです。 雨が多い梅雨の時期も水やりをさぼらないように注意し、土が乾燥しないように水をあげてください。 まとめ 夏野菜の代表であるナス(茄子)は低温に弱いため、低温環境にさらされると種が黒い粒になったり、実も茶色に変色します。 またナスのアクの原因となるポリフェノールも、ナスの実を茶色く変色させる原因になるため、切った後に保存する際はひと手間加える必要があります。 ナスは種や実が変色しても中が空洞でも食べることはできますが、ベストな状態のナスに比べて味の劣化は避けられません。 スーパーでナスを選ぶ時は表面に張り・艶がある重たいものを選び、購入後は早めに食べ切ってくださいね。

次の

ナス 種からの育て方

ナス種

ナスはナス科の野菜でインド原産で高温多湿を好み日本の気候に合っているため、家庭菜園の中でも育てやすい野菜です。 ナスはキュウリやミニトマトと並んで果菜類の中でも需要の高い果菜類。 土壌適応性も高くプランターでも露地栽培でも上手に育てられます。 ナスは品種も豊富で大小さまざまな形(丸ナス・卵形ナス・中長ナス・長形ナス)があり、色も紫だけでなく白色や緑など変わったものも出回っています。 ナスに含まれる栄養価ですが、ナスは栄養が無いと良く言われていますが、実はビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などがバランス良く含まれる健康野菜です。 中でも食物繊維が豊富で、ナスの皮には紫黒色の色素アントシアニンやクロロゲン酸などの抗酸化成分「ポリフェノール」が含まれています。 ナスの栽培には移植栽培と直まき栽培がありますが、初心者はホームセンターなどでポット売りされた苗での移植栽培が簡単で確実。 ナスは収穫期間が長く一度ピークが過ぎても7月頃に切り戻せば秋ナスの収穫が楽しめるお得な野菜です。 ナスの種から育てる時に気を付けるポイントは?種をまく深さや種のまき方について ナスの露地栽培の種まき時期には地域差があります。 5月に苗を植え付けする場合は種まきは定植の80日~90日前(接ぎ木苗をする場合の台木品種の場合は更に15日前)。 つまり、2月上旬から中旬頃がナスの種まき時期となります。 また、温度差のある変温管理をすると発芽が早まります。 種を蒔いて30日ほど経つと本葉が1~2枚まで育つので12㎝ポットに鉢上げしましょう。 育苗後半は生育が良くなり苗が込み合っていると徒長しやすくなるので、葉が触れ合わないように株間を広げ水やりを抑えてガッチリとした固い苗に育てるのがポイント。 ナスは自家採種が簡単に出来ます。 栽培に慣れて来たらぜひチャレンジしてみましょう。 参考: ナスを苗から植え付ける時に気をつけることは?苗の植え方を詳しくレクチャーします。 ナスの植え方ですが、苗と苗の株間は約60cm程度確保するのが収穫量を増やすコツです。 コンテナで栽培する時は深めの10号鉢に1株ずつ植え付けます。 定植は子葉が埋まらない程度に周りの土を寄せて植え付け最後に株元を軽く押さえ水をたっぷりと与えるようにしましょう。 苗を定植時する時に注意することは、定植が終わった後に苗がぐらつかないように仮の支柱を立てておくことです。 茎と支柱をひもなどで軽く結んで風で倒れないように対策してやりましょう。 定植の1~2時間前にポットに十分かん水をして鉢土が壊れないようにしておくのもポイント。 また低温時の定植を避けて十分に気温が上がってから植えるのも上手に定植させるポイントになります。 ナスの高畝栽培 ナスは普通の栽培では畝高を10㎝~15㎝で栽培しますが、より大きな果実を長期間収穫するには高畝栽培がおすすめ。 高畝にすることで、草丈が高くなり根を地中深くまで伸ばし養分や水分をより多く吸収することが出来るからです。 高畝の場合の畝の高さは20~30㎝が目安。 高畝栽培では水はけが良いため土壌が乾燥気味になります。 また肥料(養分)も流れやすいため、水やりは朝と夕、追肥は10日に1回とします。 ナスの高畝栽培は草勢が強く収穫した節からも脇芽が伸びて実がなります。 側枝を2本だけ伸ばしてV字型に仕立てましょう。 主枝は支柱の先まで伸びたら摘心してしまいます。 あとは脇芽を伸ばして果実を付けますが、主枝と同じ高さになるたびに側枝も摘心して下さい。 ナスは放任でも育ちますが、花数が多くなり葉が込み合って満足な果実が出来ません。 品質の良い果実を収穫するためには、整枝をしっかりと行って樹勢の維持と果実部分の日当たり、風通しを良くすることが大切です。 ナスの整枝・誘引は1番花の開花頃に行いましょう。 主枝と1番花の下から発生する腋芽1本とそれぞれから発生する勢いのよい腋芽を1本ずつ選び3本仕立てとします。 選んだ腋芽より下側の側枝は早めに取り除いて、3本の主枝から発生する側枝は第1花の上1葉を残してすべて摘心し、同時に第2・第3葉の腋芽も除去しましょう。 3本の主枝は150~200cmに伸びたら頭頂部を摘心して、側枝の発生を促します 8月上旬頃 嫡花は成長の様子を見て判断します。 生育が強い場合には摘花せずに残しておいても問題ありませんが生育が弱い場合には1番花は摘花して負担を軽くしてやります。 果実を収穫する時には基部2節まで切り戻します。 この時点で第1葉に残しておいた腋芽が伸びて花が咲いている場合は、花の上1葉を残して摘心し、第2・第3葉の腋芽は摘み取っておきます。 第2腋芽の方が大きな芽がつくので、草勢の劣るときは第1腋芽の代わりに第2腋芽を残しても構いません。 ただし、側枝が長くなる場合は通風が悪くなるので注意が必要です。 3本立てのほか、V字立てというものがありますが、3本立ては短期栽培向け、V字立ては長期栽培向けの整枝法です。 ナスの水やりの頻度。 水やりの回数(タイミング)は?1回の水やりで与える水の量はどれくらい? 苗を植え付けた後は水やりは3から4日は行いません。 水を与えないことで水を求め根が深く張りだすのです。 ナスは暑さには強いのですが乾燥には非常に弱いので、夏場(7月中旬頃)からは乾燥を防ぐためにわらを5~8cm程度敷いておくと乾燥を防ぐ事が出来ます。 果実がなるまでの水やりは、土の表面が乾燥してきたタイミングで十分に与えましょう。 夏期は早朝の地温が低い時間帯にかん水するのがポイントです。 ナスは「水で作る」と言われるように水やりを多く必要とします。 水をたくさん吸収するので、収穫が始まる頃に早朝にたっぷりと灌水をして下さい。 ナスの追肥 ナスの追肥の時期はいつ頃?追肥のタイミングと与える量はどれくらいなの? ナスの追肥のタイミングですが、苗を植えてから1ヶ月間は追肥の必要はありません。 1番花の果実が膨らみ始める定植後1カ月ほど経った頃に株の周りに追肥(化成肥料やぼかし肥)を行いましょう。 1回の追肥で与える量は1株当たり10~20g。 ナスは肥料食いと言われる野菜で肥料切れを良く起こします。 果実がなり始めたら株を疲れさせない為にも定期的な追肥を施しましょう。 追肥の目安は半月に1度です。 追肥のタイミングは2週間~半月に1回程度ですが、肥料が足りているかいないかは花を見て中央の雌しべが周りの雄しべより長ければ肥料が足りている証拠。 一方、雌しべが短くて雄しべに隠れている時は肥料が足りていないサインです。 用土の嵩が減り根が表面に見えてしまう事が多いので、新しい土を根に被せるようにしましょう。 追肥のタイミングで株元に土寄せします。 ナスの収穫方法と収穫時期・収穫どきはいつ?収穫のタイミングや収穫の目安を知って美味しい頃合いを見極めましょう! ナスは開花してから20日~25日経った頃(80~120g)が収穫のタイミング(収穫適期)となります。 ガクのトゲが尖っていて、果実をしっかり包んでいる状態が最も美味しいナスです。 収穫は気温の低い早朝に行い、果実に傷をつけないようにハサミで丁寧に収穫しましょう。 ナスは脇芽を伸ばしながら収穫していきますが、果実だけを切り取るのではなく、実がなった脇芽の根元の葉1枚と新しい脇芽を残して実と枝を切り取りましょう。 残した脇芽を成長させてそこに実を付けさせるようにするのが多く収穫するコツ。 果実を大きく育てようと長期間放っておいたり果実を多く実らせると株が疲れてみるみる収穫量が減ってしまいます。 未成熟果を早めに収穫するようにしましょう。 特に最初に出来る1番果は株を成長させる為に小さなうちに収穫してしまうのがポイント。 長卵形の品種は10cm~13cmに成長した頃が収穫のベストタイミングです。 ナスは果皮が柔らかいので、収穫した後は果実を乾燥させないように直射日光は避け冷蔵庫で保存しましょう。

次の

ナス(茄子)の中、黒い粒は種?茶色に変色、空洞ありでも食べれる? | 野菜の知恵袋

ナス種

寒冷地では霜が降りなくなり、かつ地温が15度を確保できる時期を選びます。 暖地・中間地でも地温が15度を確保できていれば定植ができます。 定植日は寒冷地であれば5月中旬から5月下旬、 暖地・または中間地であれば5月上旬(GW後、またはGW中)になります。 ハウスで栽培する際には、上記の日から20日ほど早く定植できます。 この定植日選びが、種まきには重要なことになります。 また、ナスの種は、昼間と夜との温度差が10度くらいがのときに、 良好に揃った発芽をすることができます。 *例えば、昼間30度、夜20度だと揃った良い発芽をします。 種まき日は定植から育苗日数(種が定植できる苗に育つまで)を逆算して決めます。 普通に栽培するのであれば、約80~90日前です。 種を撒いて、畑に植えられる「苗の一番花が咲く」という条件まで、 苗が生長するのに、だいたい3か月弱の期間が必要です。 つまり加温育苗の場合、種まきは2月下旬~3月上旬、 無加温では、4月下旬~5月上旬が種まきの適期とされます。 こちらでは、セルトレーとポットを使った育苗方法をご紹介します。 何穴でもかまいませんが、家庭菜園で利用したい苗数よりやや多くしましょう。 ・黒ポリポット(植え替え用4~5号) ホームセンター、園芸店などで、苗が植えられている黒ポリポットのことです。 苗がある程度大きくなったら、こちらのポットに植え替えるために使います。 この時注意したいことは、セルトレーいっぱいに土をいれないことです。 この図のような作業によって、種を撒く位置が決められます。 また、種が埋められる程度の穴ができます。 種は1箇所につき1粒、または2粒程度にします。 セルトレーに入れたものと同じ土で良いです。 しっかり被せましょう。 好光性の方は、名前の通り種から発芽するまでに光を必要とします。 逆に嫌光性のほうは光が当たってしまうと種が出てこない、 そのため土を多めにかけておく必要があります。 土の上からさらにバーミキュライトをかけても良いです。 目安はセルトレーの底から水がしたたってくるまで、 しっかりとあげるのがコツです。 播種後、約2週間程度で発芽します。 そこで黒い4~5号のポリポットに植え替えて、 苗が栄養を吸収し、根を伸ばしやすいようにします。 この時に、2つの苗が出ていれば生育の良いほうを残します。 黒ポリポットの底に軽石などをいれ、育苗用の土を入れます。 真ん中にセルトレーの苗土が全部が入るくらいの大きさの穴を開けます。 セルトレーから苗を土ごと丁寧に取り出します。 この時に、苗の根を傷めないように、慎重に取り出すように気遣います。 穴の中に苗を入れたら、土で覆い水をたくさんあげましょう。 その後は日の当たる場所におき、水は毎日与えるようにしてください。 種まきから、約3か月弱、苗が本葉が7枚くらいで大きく立派になったら、 畑やプランターに植えられる大きさに育ちます。 種まきの適期の頃は、まだ適温にならないことが多いので、 市販、あるいは自作の加温設備を用いる必要があります。 市販の家庭用発芽・育苗器は、 温度の上がり過ぎをコントロールできる安全装置付きで安心です。 自作する場合は、漏電などの危険がないように工夫します。

次の