ウェリントン メガネ。 【もう迷わない!】面長さんがメガネを選ぶときのコツ&おすすめメガネ : メガネスタイルマガジンOMG PRESS

ウェリントンメガネ|レトロな雰囲気が漂うウェリントン型フレーム【大阪】

ウェリントン メガネ

ウェリントン型とは? ウェリントン型のメガネは縦(天地)幅が広い逆台形型。 メガネの中で最もよく見られる形の一つです。 「ウェリントン」という名前の由来については「ニュージーランドの都市に由来しているから」「ウェリントンブーツからきている」など様々な説がありますが、ハッキリとは分かっていません。 人気の秘密「どこでも使える」汎用性の高さ 基本的に面長タイプの人に似合うとされていますが、比較的顔の形を選ばず、かけるだけで知的な印象になります。 またスクエアのようにかっちりしすぎず、ラウンドのように個性的になりすぎないため、フォーマルにもカジュアルにも合わせやすいデザインです。 一本持っているだけで、ファッションの幅が広がります。 初めてメガネに挑戦される方に最もおすすめの形です。 年齢・性別を問わず使いやすい ウェリントンフレームは程よく丸みを帯びているため、顔の形に馴染みやすい形です。 女性の柔らかい顔のラインにも似合います。 また逆台形型で下にいくほど細くなりますので、顔をシャープに引き締める効果が期待できます。 ちょっと大人っぽい雰囲気になりたいという子供にも人気の形です。 また縦幅があるため、累進レンズを入れて遠近両用メガネにするのもおすすめの形です。 様々な種類のウェリントン型 一言で「ウェリントン型」と言っても、様々な形があります。 ここではウェリントン型の中でも、よく見られるデザインを4つご紹介します。 フチの太いフレーム ウェリントンの中でもインパクトの強いフレームです。 特に男性には黒縁もオススメ。 ファッションのアクセントとしても使えます。 インパクトが強すぎると感じるときは、肌馴染みの良いブラウンやデミカラーを合わせると、個性的でマイルドな雰囲気になります。 フチの細いフレーム フチの細いフレームは顔の表情を遮らず、目元がスッキリと見えます。 より知的で上品な印象を与えますので、ビジネスシーンにもぴったりです。 縦幅のあるフレーム 縦幅の広いフレームは、特に面長の人にぴったりです。 顔の大きさが気になる方もスッキリかけられます。 レンズを入れ替えてサングラスが作りやすい形でもあります。 また、トレンドに合わせて大きめにかけたい女性にもおすすめです。 サーモント(ブロウ)型のフレーム セル(プラスチック)とメタルのコンビネーションフレーム。 リム上部はセルで太くなっており、眉のように見えるため「ブロウ」とも呼ばれています。 より大人の雰囲気や威厳を感じられるデザインで、男女問わずおすすめです。 ウェリントンメガネのおすすめブランド8選 ここからはオシャレなウェリントンフレームを展開するブランドを8選ご紹介します。 Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス トウキョウ) メガネの名産地として知られる福井県鯖江のクラフトマンシップと、東京の独自の感性が融合したフレームを展開するブランド。 スタンダードで使いやすいデザインのウェリントン型フレームを多く展開しています。 【編集部おすすめフレーム】 細身のデザインのフレーム。 オールチタン製のテンプルには細やかな彫金加工が施され、細部まで丁寧に作られています。 上品な仕上がりですので、プライベートからビジネスまで、シーンを選ばず使えます。 ウェリントンフレームのおすすめコーデ どんな服にも合わせやすいウェリントンフレーム。 ここではその中でも特にウェリントンフレームにおすすめのコーデをご紹介します。 かっちりしたジャケットスタイル (引用元:) 知的で大人な雰囲気を演出してくれるウェリントンフレームは、ジャケットスタイルにもぴったり。 太めのフレームはインパクトが強いため、ビジネスシーンには細めのフレームがおすすめです。 シンプルなTシャツコーデ (引用元:) (引用元:) シンプルなコーディネートに、大人っぽい雰囲気を加えてくれるウェリントンフレーム。 黒縁だとよりシックな印象になります。 より強いインパクトを加えたい時は、 少し大きめのフレームをかけると良いでしょう。 清潔感のあるカジュアルスタイル (引用元:) (引用元:) 清潔感のあるファッションには、スタンダードなウェリントンフレームが自然に馴染みます。 ウェリントンフレームは丸いフレームに比べて表情が丸くなりすぎず、カジュアルスタイルによい緊張感を与えてくれます。 ラフな帽子スタイル (引用元:) (引用元:) クセがなくかけやすいウェリントンフレームは、帽子との相性もぴったり。 カジュアルなコーデを知的な雰囲気に引き締めてくれます。 クセの少ないウェリントンフレームなら、どのような帽子にも比較的簡単に合わせることができます。 一本持つなら定番のウェリントンフレーム! トレンドに左右されない定番のウェリントンフレームは、一つ持っているだけでファッションの幅をグッと広げてくれます。 どんな形のメガネを買えば良いのか分からない、自分にはどのようなメガネが似合うのか分からないという方は、この機会にぜひウェリントンフレームをかけてみてはいかがでしょうか? オーマイグラスのECサイトでは、メガネをデザイン別に検索することも可能です。 気になるメガネがあれば、最大5本まで自宅で試着することも可能です。 この機会にぜひご利用ください!•

次の

ウェリントンメガネが似合う人・似合わない人の特徴8選|合うフレームの選び方も

ウェリントン メガネ

メガネの形はいくつかありますが、今回はウェリントンタイプについて似合う顔と似合わない顔について考察していきます。 ウェリントンは四角形フレームの1つに位置しますが、この形から似合う顔と似合わない顔とに区別できます。 ウェリントンの似合う顔とは? メガネで似合う、似合わないという話はメガネ選びをするときにまず絶対に気になるテーマです。 この違いというのは 「顔の欠点をカバーするフレームかどうか?」 にあります。 メガネをかければまず印象は変わるわけですが、その変わり方は 顔の欠点を補うものとなるのが理想ということです。 つまり顔の形でいいますとフレームは顔と逆の形から選ぶのが正解ということです。 ウェリントンは四角フレームなので 似合う顔というのは• 面長な人• 丸顔の人• 卵形の顔の人 となります。 面長な人はウェリントンでも特にレンズの縦幅の広いものが似合います。 縦幅があれば面長の印象を緩和できるのがその理由です。 卵形の顔は最強といわれますが、特にウェリントンでなくても他のあらゆるフレームタイプが似合うといわれています。 ウェリントンが似合わない顔とは? 逆にウェリントンが似合わないのはウェリントンと同じ顔の形の人となります。 つまり四角顔の人となります。 三角顔の人はウェリントンにつては五分五分となっていて、似合うものもあれば似合わないこともあります。 三角顔の人はオーバル、ラウンド、バレルといった丸い形のフレームのほうが似合う確率は高くなります。 またアンダーリムといってレンズの下にだけフレームのあるタイプが似合うのでウェリントンはあえておすすめしません。 ウェリントンとフレームカラーや色との似合う法則 ウェリントンの形がどの顔のタイプに似合うのか、似合わないのかということも正しいメガネの選び方となります。 しかしもう1つ考えるべきはフレームカラーとなります。 周囲にもメガネが浮いたような印象だったり、メガネの主張が強すぎる人はいないでしょうか? フレームの色は 顔色と同系色のものを選ぶのが鉄則です。 つまり• 色黒な方 黒、ダークブラウンなど濃いフレーム• 色白な方 ピンク、水色など薄いフレーム どちらでもないという人は濃くも、薄くもないウェリントンでも構いません。 シルバー、青、赤などが代表的ですが、多少冒険かなと思えるような挑戦的なカラーにも挑戦していってほしいと思います。 参照 「」 ウェリントンと眉、唇ラインとの相性 ウェリントンでもレンズの上と下のフレームラインがありますが、これも顔の特定のラインと同じようなカーブのものにしていくとさらに似合う確率は上がります。 フレームの上のラインは眉毛、髪の生え際のラインと一致させる• フレームの下のラインは下唇のラインと合わせる あとは難しいですが、ウェリントンフレームと眼のラインもマッチさせるというのも似合う確率を上げる方法となります。 参照 「」 ちなみにウェリントン以外フレームについて似合うかどうかをこのページで記載しています。 <スポンサード リンク> メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。 世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。 メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。

次の

ボスリントンはボストン+ウェリントンの良いとこどりメガネ!

ウェリントン メガネ

メガネの形には6つの種類があります。 今回はその中でもウェリントン、ボストンと2つの種類の似合うかどうかの違いなどについて解説をしまう。 ウェリントンとボストンとは一見非常に似たフレームの形ですが、根本的にタイプの違うメガネフレームとなります。 ウェリントンとボストンとの決定的な違いとは? 上記の写真を見てもどちらもフレームの形に違いはないように感じるかもしれません。 しかしこの両者の決定的な違いというのは• ウェリントン 四角型フレームに属する• ボストン 丸形フレームに属する ということで フレーム形自体が違うということになります。 そのためこの両者に似合う顔の形さえも違うようになっています。 ウェリントン 丸顔、面長の人に似合う• ボストン 四角顔、面長の人に似合う ウェリントンは四角型フレームということで丸顔の印象を薄めるので、丸顔の人に特に似合うようになります。 逆にボストンは丸形フレームとなるので、四角顔の人に特に似合うようになります。 このようにフレームの形というのは顔と逆の形のものをかけることで似合うようになります。 ちなみに似合うフレームについては以下のページに詳しく解説をしています。 参照 「」 ウェリントン、ボストン以外でも似合うフレームがあるかもしれませんので、購入前には絶対に目を通しておいて欲しい内容となっています。 ウェリントン、ボストンのフレーム色の印象も考えよう 同じウェリントンでもフレーム色の違いによっても似合うかどうかということはかなり違ってきます。 フレーム色というのは 顔色と同系色のものを選ぶことが一応基本となっています。 参照 「」 フレーム色についてはやはりこのページでかなり詳しく解説をしました。 顔色とともに普段の服装の色からも考えればより似合うフレームとなります。 多くの人はウェリントンやボストンなどフレームの形しか考えません。 しかしフレーム色にももともと与える印象というものを持っているので、ここまで考慮すればかなり似合うメガネとなっていくはずです。 ちなみに顔のパーツごとにさらに詳しく解説しているカテゴリも用意しています。 顔の形、フレームの色と2つの法則だけでもかなり似合うメガネになるはずですが、さらに細かく似合うメガネを知りたいという場合にはこのカテゴリはかなり参考になるかと思います。 参照 「」 ボスリントンは最強のフレーム? ウェリントンとボストンを融合させたようなフレームの形で「ボスリントン」というものも発売されつつあります。 ボスリントンの場合、融合といってもブランドによって• ウェリントン寄りのボスリントン• ボストン寄りのボスリントン と分かれています。 そのため同じボスリントンといっても 四角、丸フレームのどちらに寄ったものか見極め、その上で上記の似合う顔の法則から選ぶと似合うフレームになるということです。 四角か丸フレームのどっちなのか見極める必要もあるということでボスリントンというのはやや選ぶときに迷いやすいフレームといって良いのかもしれません。 <スポンサード リンク> メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。 世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。 メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。

次の