ヘチ ドラマ。 韓国ドラマ・カイチ(ヘチ)のあらすじは?キャストと相関図まとめ

韓国ドラマ ヘチ 王座への道 あらすじ全話 感想ネタバレ

ヘチ ドラマ

邸下に、この国の王になる資格はありませぬ! 」 チョ・テグ右議政から、そう非難されたイ・グム チョン・イル は「資格か…。 何度も聞いてきた言葉だ。 おそらく彼らが合っている。 私が間違っていたのかも…。 私には資格がなかったのかも…」と自責した。 SBS 画面キャプチャー そして、チョ・テグらの小論 ソロン 派がイ・グムの即位に反対していると聞いたタルムンの方も、ユニョン ペ・ヨンジョン を思い出して「 俺が揺れてさえいなければ…放置していなければ…。 」と自責していた。 都に入っていた南人 ナミン のイ・インジャ コ・ジュウォン は、長老たちと会い、イ・グムが王を毒殺したという噂があること伝え、宮殿の雰囲気は深刻だと報告した。 そんな中、ミン・ジノンは「 小論 ソロン が2つに割れた。 右相チョ・テグの側について世弟を撃つか、大司憲イ・グァンジャと共に支援するか。 いずれにせよ老論 ノロン が主導権を握らねばならぬ! 」と政局の行方に注目した。 * チョ・ヒョンミョン イ・ドヨブ 同知事 トンジサ の元へ向かっていたパク・ムンス クォン・ユル は、その途中ヨジに遭遇した。 その後、宮女姿のヨジから、イノン大妃が司憲府 サホンブ と義金府 ウィグムブ の情報を知りたがっていると言われて、混乱した。 そして「これしか方法がないのです。 殿下のお傍でお守りする方法は。 私は殿下をお守りできれば、それで充分です」と答える宮女に、愕然とした。 * その頃、無力感に襲われたイ・グム チョン・イル は「 私が間違っていた。 私は王になる資格がありません。 私が殿下を死なせたのです」とイ・グァンジャに打ち明けていた。 SBS 画面キャプチャー これにイ・グァンジャは「 邸下が煎じ薬に毒をいれたのですか? 王の治療を防ぐために内医院の医師を止めたのですか? 王を殺すために附子 トリカブト と高麗人参の薬を処方させたのですか? 全て王位を取るためにしたのですか! 」と尋ねた。 「 資格がない。 罪を犯した。 それは全て、真実を知らない人々によって作られた嘘であり、どうしてその嘘に基づいて自分自身を責めるのですか? 嘘、誤解、屈辱の中で生きるが王の道です。 今ではなく逃げた瞬間に、王の資格を失うのです。 」 そう説いたあと、人間として苦しみを避けるか又は王になって侮辱と戦うのか選ぶようにに助言した。 素晴らしい師匠! SBS 画面キャプチャー そして、老論 ノロン 小論 ソロン の両派が軍事動員を念頭に置いていることを心配し、6日間の空位期間に変事が起こることを避けるため、即位式を早める様に頼んだ。 「 先王を殺して急いで王位に就こうとする恥知らずな王となることはわかっています。 さらに、どのような誤解と侮辱を受けるかも…。 」と覚悟を伝えた。 その気持ちを理解したイノン大妃は、ただ微笑んで 都承旨 トスンジ *を召喚した。 *都承旨(トスンジ : 承政院 スンジョンウォン 王命の伝達と履行の報告を王に行う官庁の長官 * ミン・ジノン イ・ギョンヨン 左議政は、即位式について知ったチョ・テグ ソン・ビョンホ 右議政が軍事行動を起こそうとしているのを止めると、イ・グムを支援することを告げた。 そして理由を尋ねるチョ・テグに「 宮殿では、敵と味方が常に変わるものではないか?必要性によって…。 不必要に血を流さないよう 」と圧力をかけた。 その後、どんな政治的の取引をイ・グムとしたのかを尋ねるテグに「 取引か…、一つした。 だが世弟ではなく理解できない愚かな者と。 我々の立場ならどうしていただろうか…? 」と問いかけた。 どうか、聖君におなり下さい、邸下。 私は最後までお傍でお守りする所存です。 」と誓った。

次の

ヘチ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

ヘチ ドラマ

獬豸(ヘチ:해치) 主要キャスト 延礽君(ヨニングン:연잉군)李昑(イ・グム:이금)役 チョン・イル(정일우) 実在 半賎半貴のいやしい王子延礽君(ヨニングン:연잉군)李昑(イ・・グム:이금)。 彼が朝鮮王朝の最も偉大な王の中の一人となる。 第19代王である粛宗(スクチョン:숙종)の息子。 王の血縁、堂々とした王子なのに母親の淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)が賎民である理由で認められない人物だ。 どこにも使い道のない卑しい王子、それが延礽君李昑のタイトルだったのだ。 そうするうちに偶然に密豊君(ミルプングン:밀풍군)李坦(イ・タン:이탄)の事件に介入することになり、そのことで老論(ノロン:노론)の陰謀に陥り、絶望と苦痛を飲み込むことになる。 結局全てのものを失ったイ・グムは、愛する人を守るために力を持たなければならないと誓うのだが・・・ 「ひょっとして・・・遊び場の馬のような、王になってくれる王子一人・・・必要でないですか?」 一時、何でもなかった存在。 半賎半貴のいやしい王子延礽君李昑。 彼が朝鮮王朝の最も偉大な王の中の一人となる旅程が始まる。 朴文秀(パク・ムンス:박문수)役 クォン・ユル(권율) 実在 情熱いっぱいな、熱血、正しい監察。 後日の朝鮮最高の暗行御史(アメンオサ:암행어사) 朝鮮時代、勢力が弱い少論(ソロン:소론)の中でも、名を馳せられなかった家で生まれたムンス。 両班の一族といえど家勢は貧寒で、父親まで早くに失い母が苦しく勉強させたケース。 けれど、そうしてみても何とするのか、生まつきの頭が従わないのに。 そうであっても、その夢だけは堅固に尊敬する先輩ハン・ジョンソクのように司憲府の監察になること。 何故かって? 男大丈夫ならば当然本当に刃物を手に持ち、最も強い者を打ち、最も弱い者を守らなければならないためだ。 粛宗末の熾烈な世子(セジャ:세자)交代期、偶然会ったイ・グムと悪縁から運命を始める。 背信者だと思えたイ・グムの行動がどうしてか変だ。 世弟(セジェ:세제)になった彼は、追い出されたヨジを司憲府(サホンブ:사헌부)に復職させ、密かにムンスを助け、タルムンを通じて街の民らの暮らしを見回す。 仕事に関連したことには繊細で気難しく鋭敏な完璧主義者だが、それを除いた世間の全てのことには、「私は分からない、何も分からない」だ。 彼女の父親はかなり有能な所由だったという。 しかし、上官の命で有力者の不正を追跡している最中失踪し、幼い歳で一人になったヨジは、父の上官だったハン・ジョンソクの父親の手におさめられ、チョンソクと共に育った。 チョンソクは彼女にとって兄や父親のような存在で、チョンソクの夫人は母のような存在だった。 そんなある日、密豊君(ミルプングン)李坦(イ・タン)の事件を追跡して偶然に出会ったならず者王子イ・グムと絡むことになり、 大きい陰謀にまきこまれることになるのだが・・・ 分かってみれば「いい女」それ自体である彼女の成長期が始まる。 タルムン(달문)役 パク・フン(박훈) ミン・ジノン(민진헌)役 イ・ギョンヨン(이경영) 密豊君(ミルプングン:밀풍군)李坦(イ・タン:이탄)役 チョン・ムンソン(정문성) 実在 チョン・ユニョン(천윤영)役 ペ・ジョンファ(배정화) ウィ・ビョンジュ(위병주)役 ハン・サンジン(한상진) 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に arasujidan より• に yuma より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の

獬豸(ヘチ) 登場人物・キャスト チョン・イル主演韓国ドラマ

ヘチ ドラマ

」と話し始めた。 そして、司憲府 サホンブ の人事権を握る吏曹銓郎 イジョチョルラン を廃し、三司 サムサ の人事制度を改革することを宣言して重臣たちを驚かせた。 SBS 画面キャプチャー 司憲府 サホンブ が大混乱になるというイ・グムに、ユン・ヒョクは「 我々は皆、この時を待っていました! 」と力強く答え、パク・ムンスも「 司憲府 サホンブ のことはお任せ下さい! 」と頭を下げた。 その後、チャドンから、イ・タンが宮に乱入して騒動を起こしていると聞いたイ・グムは中庭へ向かった。 そこへイ・グムが現れると「 私には理解できない。 なぜ私が持てなかったことをお前がなぜ全て持てるのか! 」と怒りを吐き出した。 そして、逃げられたのに宮殿に来たことに困惑するイ・グムに「 王として死ぬためだ。 逃げて捕まるよりも王らしく堂々と死のうと。 それが王がだから…。 」と答えた。 これにイ・グムは「 もし恐ろしい選択、厳しい選択が最初からできていたなら、おそらく王位に就けたであろう。 しかし、そなたは遅かった。 あまりにも長い間許されない悪行を犯した。 それゆえ、死で罪を償わせるという約束を私は実行する! 」と話し、内禁衛将 ネグミジャン に逮捕するように命じた。 しかし、連行される途中で「 お前の手では死なない! 」と叫んで刀を持ったイ・タンは、イ・グムに向かって突進した。 その光景を目撃したヨジが身を投げてイ・グムを庇ったものの、イ・タンが刺したのは自分だった。 イ・グムは「私の最期、王としての最期…。 」と言い残して死を迎えたイ・タン チョン・ムンソン を愕然として見つめた。 その後刑場に連れ出されたイ・インジャ コ・ジュウォン が偉大な大義のために戦ったので誇らしげに死ぬべきだとつぶやくと、ビョンジュ ハン・サンジン は死の前にプライドのようなものはないと反論した。 その言葉を聞いたパク・ムンス クォン・ユル は「 ジョンソク兄さんを助けていたなら、ケダモノではなく人間の道を選んでいたなら、今政府の役職に任命されている南人 ナミン の一人になっていたはずだ! 」とビョンジュに告げた。 その後、死刑執行人が踊り始めると、ビョンジュはジュンソクを思い出し、心の中で後悔しながら死刑に処せられた。 その頃、ユニョンを手に掛けた護衛を殺したあと、ユニョン ペ・ジョンファ の体を花に囲まれたボートに乗せたタルムン パク・フン は、別れの挨拶をしていた。 これにヨジは「 そのように自問されるだけで、殿下には王の資格があるのです。 間違った決断をしても、同じ質問をされ、常に正しい道を進まれるでしょう。 だから人々は殿下を尊敬し信頼するのです。 だから私は殿下をお慕いしています。 」と気持ちを告白した。 そんなヨジ コ・アラ に近づいたイ・グム チョン・イル は、見つめながら、優しく流れる涙を拭った。 だがジノンはイ・グムが反乱を抑え、民から支持されていると指摘して、要請を拒んだ。 一方、 改革に邁進していたイ・グムは、この日も朝参 サンチャム:便殿での朝の会議 で、 三司 サムサ の人事制度について言及した。 そして、 新しい制度が腐敗しないという保証があるのかどうかを質問する大臣に「 その様な事を聞くとは、私の計画書の全てを読んでここに来たのか?」と呆れたように問い返し、沈黙させた。 その後、イ・グムは、30分休憩をとり書講 チョガン:便殿での午後の会議 を再開すると宣言し、大臣たちをギョッとさせた。 齊坐 チェジャ 庁での改革宣言後、朝参 サンチャム 、常参 チョチャム 書講 チョガン 粗講 ソガン:夜の会議 と延々と続く会議に、大臣たちは疲労困憊し音を上げる寸前だった。 その後、イ・グムは「 宮から出て民の声を聞きたい! そして、容易なことではないと心配するグァンジャに「 私は宮殿よりも民と過ごした時間の方が長い。 体に賎民の血が半分流れる王。 私ほど、これに適している君主は他にはいない 」と自信を示した。

次の