帰っ てこ いよ amazarashi。 帰ってこぉ〜いよ〜

ミスチル桜井「最近の若手だとamazarashiとか凄い好き」

帰っ てこ いよ amazarashi

午前5時過ぎ広浦着。 びっくり、ものすごい人。 今期一番の人出、ほとんどシーバス狙い。 ウェーディングもいっぱい、岸からもいっぱい、ましてやゴムボート、アルミボートまで。 とにかくすごい人だらけ。 ここのところの好調涸沼の情報を聞きつけた人が多いのだろう。 涸沼関係のブログは軒並み好調だからなあ。 入るところが見つからない。 仕方がないので南側、涸沼苑下流へ。 ベイトの動きがムフフの状態。 ボイルもなかなか。 いつでも魚をかけられそう。 トップでバンバンだぜ。 しかあし、反応しない。 ポッキーに2回バイトがあっただけ。 フェイキードッグは無視される。 どう考えてもシーバスが反応するベイトのよれが そこかしこに出るが、そのタイミング、ポイントに間違いなくナイスキャストをするも 無視される。 シーバスの数は半端ではない。 通常なら入れぐってもいいくらい。 8時30分にようやく75をとる。 RB88sss。 その後が続かない。 11時ごろ、鹿島灘ヘッドランドで青物をねらっていた友人2人が合流。 しゃべりながらルアーを投げていると不思議な放物線を描いてRB88が飛んでいった。 リーダーがすっぽ抜けたのだ。 昨夜、結びが甘いのはわかっていたのだが、自分の考えも甘かった。 12時ごろでかいバイト。 明らかに80サイズ。 魚体も確認できた。 バイト中も余裕のやりとり、友人と話をしながら、コイじゃねえの、なんて冷やかされる。 コイじゃないよ、間違いなくシーバス。 さっき魚見えたじゃん。 なんて軽口をたたきながらやっていたら、ちょっと先の杭まで走られた。 緊急事態発生、緊急事態発生。 案の定、杭にラインが巻かれた。 万事休す、そのまま一気に突っ走られラインブレイク。 なんてこった、ものすごい油断。 もっていかれたルアーはサスケ105。 チョー気に入っていたのに。 チョー釣れたのに、チョーランカーキラーだったのに。 先日のフェイキーに続くバリバリレギュラーを ロストした。 同じルアーでも少しづつ、つくりが違うんだよ。 個体の差がちゃんと釣果にでるんだよ。 同じルアーは2つとないのに。 魚には悪いし、涸沼にも悪いし、最悪です。 フェイキードッグDS、RB88SSS、Sasuke105、カムバーック.

次の

amazarashiの歌詞一覧リスト

帰っ てこ いよ amazarashi

翌日は、夜半から降り始めた雨が全くやむ気配を見せない、あいにくの天気。 地面がぬかるんで、田植えができそうなくらいだ(ウソ)。 飼い主のテンション、早くも凹みまくり。 表彰台に縁がないことはわかりきっているので、さっさと出番を終わらせて帰りたい気持ちで一杯。 一方、さつきさんはというと、JPもAGも、スタート地点から挙動不審です。 座らないし、グランドスチュワードにビビるし、周囲をきょろきょろ見回して、飼い主に注目できない。 いつも、スタート直前に、さつきの意識がどちらに向いているか探るため、一瞬手を離してみる。 やる気がある時は、ハードルの方へ飛び出そうとする。 が、この時は、身体、全然反応なし。 視線は全く違う方向へ。 すでにこの時点で、失格は決まったようなもの。 犬を右に付けて呼び戻すのが王道だが、さつきの逃走パターンからすると、左に付けてロングジャンプを跳んだところで飼い主が左に回り込み、直進しようとするさつきの進路を絶つのが良策かと思われた。 むっ、そう来たか。 毎回、意表をついてくれるヤツだぜ。 当然失格なのですごすご退場・・・・となるはずが、リードを受け取っている間にグラウンドの端っこまで逃げていた。 呼べば近くまでは来るものの捕獲させず、近寄れば逃げるを繰り返す。 これは、備前の悪夢の再来か。 「犬を連れて退場して下さい」とアナウンスされる始末。 そんなこと、わかっとるわい、バカ!バカ! 最後は、「コイ」で呼び寄せて、そのまま一緒に走って退場した。 これも、「一緒に退場した」と言えるのだろうか? AGは、ハードル2基が斜めに置いてあり、その次は鋭角に呼び戻してU字に置かれたブラックトンネルの遠い方の入り口から入れる配置になっていた。 コースの後半は覚える必要がないんじゃないのか?と思いながらも検分。 スタートは呼び戻す以外に手段がないので、オーソドックスに右に付けてスタート。 最初の2基のハードルの向こうには障害がなく、視界が開けているため、直進して逃走するのを一番警戒していた。 なのに、さつきったら、最初のハードルを跳んだ直後に左に曲がり、トンネルの手前の入り口から入ってしまった。 スタートから失格まで、所要時間1秒。 orz おかげで早く帰ることができた。 「早く帰りたい」という飼い主の願いを聞き届けてくれたのね。 だが、こういう形で実現してくれと頼んだ覚えはないぞ。 さつきのおかげで、日が暮れる前に家に着いたが、お師匠様始めスタッフは、雨の中、真っ暗になってからの撤収作業が残っていた。 一日目にジャッジをしていた人が、二日目にお弁当を配っていたのを見て、ジャッジといえども何でもしなくちゃいけないのを知った(尤も、審査委員長だった外人だけは、雑用をしなかっただろうけど)。 競技会ができるのも、スタッフのおかげですね。 お疲れ様でした。 記念品は、一日目はラップのセット、二日目は徳島名産藍染めのタオルだった。 やはり、実用的なものが嬉しいね。 というわけで、一応「一緒に退場する」という目標は達成でき、無事捕獲したので、さつきは野良狸にならずに済みました。

次の

帰ってこぉ〜いよ〜

帰っ てこ いよ amazarashi

amazarashi NEW ALBUM 「ボイコット」収録楽曲 「ボイコット」特設サイト 「帰ってこいよ」 作詞、作曲 秋田ひろむ 帰ってこいよ 稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季節の舌打ちか溜め息 駅の待合室でうらぶれて 誰彼構わず 憂鬱にする 憂鬱にする どうせ出てくつもりなんだろ この町ではみんなそう 決意は揺るがないか 迷いなどはないか 故郷を捨てるつもりか 気に病むな、それでいい 振り向くな 立ち止まるな 花、そぞろ芽吹くとも、芽吹かざるとも 幼い頃に遊んだ校舎の壁が ひび割れた分僕らも傷ついた ガードレール ゴールポスト 漁港のはしけ この町は何もかも錆び付いて 美しい思い出なんてあるものか 記憶の中じゃ泣いて挫けてばかり この町が嫌いだとみんな言うが 早く出ていくんだと決まって言うが 帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも 君のその愚直な心は 満員電車などに潰されたりはしないのだろうが 額に汗 将来 野望 人間関係 地下鉄の路線図みたいにこんがらがって 信頼出来る人が傍にいるならいい 愛する人ができたなら尚更いい 孤独が悪い訳じゃない ただ人は脆いものだから すがるものは多い方がいい 真っ黒な夜 真っ黒な夜でこそ思い出せ 生まれた町を 今年も花が咲いたよ 遠くで鳴る境内の祭り囃子 君が居なくたって夏は過ぎるけど 知らせ無くとも 今か今かと 待ち人の面影に振り返り 祭りの後、闇と静寂が落ちて 砂浜に花火と狂騒の残骸 季節巡れど心は止まったまま 君が出てったあの時のまま 帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも 菜の花畑の風車 コンビニも出来て 分校の校舎も建て替えられて あれから大分経った この町も様変わりしたよ 勤め先は相変わらずないから 若い奴らはみんな出ていった 昔よく遊んだあの公園も 今年取り壊されるってさ 夢を叶えたって胸を張ろうが やっぱ駄目だったって恥じらおうが 笑って会えるならそれでいい 偉くならなくたってそれでいい ビルの谷間勇ましく歩く君が 陽に照らされた姿を想うのだ 忙しくしてんならしょうがないか 納得できるまで好きにしろ 帰ってこいよ 何か成し遂げるとも、成し遂げずとも amazarashi NEW FULL ALBUM ボイコット 2020. 11 Release. 拒否オロジー 2. とどめを刺して 3. 夕立旅立ち 4. 帰ってこいよ 5. さよならごっこ 6. 月曜日 7. アルカホール 8. マスクチルドレン 9. 抒情死 10. 死んでるみたいに眠ってる 11. リビングデッド 12. 独白 13. 未来になれなかったあの夜に(long edit) 14. そういう人になりたいぜ CD DISC2 Acoustic 1.月曜日 Acoustic Ver. 2.帰ってこいよ Acoustic Ver. 3.マスクチルドレン Acoustic Ver. 4.夕立旅立ち Acoustic Ver. 5.そういう人になりたいぜ Acoustic Ver. 月曜日 2. 帰ってこいよ 3. マスクチルドレン 4. 夕立旅立ち 5.

次の