エロンガータ リクガメ。 エロンガータリクガメ(Elongata陸亀)【かぎけんWEB】

リクガメ新入荷|かめぢから

エロンガータ リクガメ

スポンサーリンク 寿命 エロンガータリクガメの平均的な 寿命は約25年です。 飼育下だと紫外線量の少なさや摂食量が多くなってしまい、野生個体と比較すると少し寿命が短くなる傾向があります。 ただし年々性能の良い飼育用品が発売されているので、昔と比較すると長生きしてくれる可能性も十分にあります。 上記の寿命はあくまでも平均的な数値なので、お迎えして数年で落ちてしまう個体も存在しますのでご注意ください。 販売価格 エロンガータリクガメの 販売価格は約3万円です。 成熟した個体は 里親募集サイトに掲載されていることも多く、幼体から飼育したい等のこだわりがなければ利用してみてはいかがでしょうか。 幼体時は体調を崩しやすいため、リクガメ飼育を学ぶ目的であるなら成体からの飼育をお勧めします。 エロンガータリクガメの飼い方 出典: 飼育環境 単独飼育の場合は90cm規格の水槽で終生飼育が可能です。 エロンガータリクガメは多湿環境が苦手な種類なので飼育ケースはなるべく通気性の高いものを使用します。 紫外線ライトとバスキングライトは必須で強めのものを選ぶと良いでしょう。 飼育ケース内は必ず温度勾配ができるように配慮してください。 飼育ケース内にはエロンガータリクガメが十分に身を隠せる大きさのシェルターと全身が水浴びできる溺れない程度の浅い大きな水入れが必要です。 高温な環境だと水は腐りやすいので可能な限り 毎日交換してあげてください。 床材は砂系やヤシガラなどリクガメ飼育で使用されるものであるなら何でも良いでしょう。 スポンサーリンク 餌の与え方 与える餌は 野菜や 果物などの植物を中心としてタンパク質が含まれる 人工飼料も与えてください。 飼育環境で生成可能な紫外線量は日光よりも少ない傾向にあるので、餌にカルシウム剤などのサプリメントを添加してから与えると健康的に育てることができます。 ほうれん草などの青菜類は好んで摂食するのですが、病気の原因となる可能性が高いので高頻度で与えることのないように注意してください。 幼体には食べるだけ餌を与えると早く成長して体調が安定します。 十分に成熟したエロンガータリクガメは 一日1回の給餌で問題はなく、週に1度程度であれば摂食しなくても問題はありません。 爬虫類や両生類は 死因の原因に肥満が多く挙げられますので与えすぎには注意が必要です。 複数飼育 出典: エロンガータリクガメは 温厚な性格をしているので広い飼育ケースを用意できる環境なら複数飼育は十分に可能です。 本種は草食よりの雑食性なのでお互いに傷つけ合うこともなく上手く過ごしてくれることでしょう。 ただし、異なる種類や大きさの違い過ぎるリクガメとの複数飼育は避けたほうが無難かもしれません。 直接的な危害は加えられなくてもストレスとなり体調を崩してしまう可能性があります。 繁殖方法 成熟したオスとメスを同じ飼育ケースで生活をさせていると交尾をすることがあります。 ただし相性が悪い場合や温度や給餌頻度などの環境が合わない場合は交尾をしないことも多いようです。 交尾を数回確認した後は行為によりメスがかなり疲弊した状態になりますので必ず別々の飼育ケースに分けるようにしましょう。 産卵させる際は砂系の床材よりも柔らかい土の使用をお勧めします。 また、維持費用も季節を問わずバスキングライトや紫外線ライトの点灯が必要で摂食量も多いため 月々約5000円は必要です。 まとめ 水棲亀に比べて必要な飼育器具が多いため難しそうと思われがちなリクガメ飼育ですが、水質管理をしない分衛生的に管理することができます。 またリクガメは頭が良く人慣れしやすいのでペットとしても満足度が高く、長期飼育を楽しむことができるのでオススメです。

次の

リクガメ新入荷|かめぢから

エロンガータ リクガメ

スポンサーリンク 寿命 エロンガータリクガメの平均的な 寿命は約25年です。 飼育下だと紫外線量の少なさや摂食量が多くなってしまい、野生個体と比較すると少し寿命が短くなる傾向があります。 ただし年々性能の良い飼育用品が発売されているので、昔と比較すると長生きしてくれる可能性も十分にあります。 上記の寿命はあくまでも平均的な数値なので、お迎えして数年で落ちてしまう個体も存在しますのでご注意ください。 販売価格 エロンガータリクガメの 販売価格は約3万円です。 成熟した個体は 里親募集サイトに掲載されていることも多く、幼体から飼育したい等のこだわりがなければ利用してみてはいかがでしょうか。 幼体時は体調を崩しやすいため、リクガメ飼育を学ぶ目的であるなら成体からの飼育をお勧めします。 エロンガータリクガメの飼い方 出典: 飼育環境 単独飼育の場合は90cm規格の水槽で終生飼育が可能です。 エロンガータリクガメは多湿環境が苦手な種類なので飼育ケースはなるべく通気性の高いものを使用します。 紫外線ライトとバスキングライトは必須で強めのものを選ぶと良いでしょう。 飼育ケース内は必ず温度勾配ができるように配慮してください。 飼育ケース内にはエロンガータリクガメが十分に身を隠せる大きさのシェルターと全身が水浴びできる溺れない程度の浅い大きな水入れが必要です。 高温な環境だと水は腐りやすいので可能な限り 毎日交換してあげてください。 床材は砂系やヤシガラなどリクガメ飼育で使用されるものであるなら何でも良いでしょう。 スポンサーリンク 餌の与え方 与える餌は 野菜や 果物などの植物を中心としてタンパク質が含まれる 人工飼料も与えてください。 飼育環境で生成可能な紫外線量は日光よりも少ない傾向にあるので、餌にカルシウム剤などのサプリメントを添加してから与えると健康的に育てることができます。 ほうれん草などの青菜類は好んで摂食するのですが、病気の原因となる可能性が高いので高頻度で与えることのないように注意してください。 幼体には食べるだけ餌を与えると早く成長して体調が安定します。 十分に成熟したエロンガータリクガメは 一日1回の給餌で問題はなく、週に1度程度であれば摂食しなくても問題はありません。 爬虫類や両生類は 死因の原因に肥満が多く挙げられますので与えすぎには注意が必要です。 複数飼育 出典: エロンガータリクガメは 温厚な性格をしているので広い飼育ケースを用意できる環境なら複数飼育は十分に可能です。 本種は草食よりの雑食性なのでお互いに傷つけ合うこともなく上手く過ごしてくれることでしょう。 ただし、異なる種類や大きさの違い過ぎるリクガメとの複数飼育は避けたほうが無難かもしれません。 直接的な危害は加えられなくてもストレスとなり体調を崩してしまう可能性があります。 繁殖方法 成熟したオスとメスを同じ飼育ケースで生活をさせていると交尾をすることがあります。 ただし相性が悪い場合や温度や給餌頻度などの環境が合わない場合は交尾をしないことも多いようです。 交尾を数回確認した後は行為によりメスがかなり疲弊した状態になりますので必ず別々の飼育ケースに分けるようにしましょう。 産卵させる際は砂系の床材よりも柔らかい土の使用をお勧めします。 また、維持費用も季節を問わずバスキングライトや紫外線ライトの点灯が必要で摂食量も多いため 月々約5000円は必要です。 まとめ 水棲亀に比べて必要な飼育器具が多いため難しそうと思われがちなリクガメ飼育ですが、水質管理をしない分衛生的に管理することができます。 またリクガメは頭が良く人慣れしやすいのでペットとしても満足度が高く、長期飼育を楽しむことができるのでオススメです。

次の

寝ているカメ(エロンガータリクガメ)の写真・画像素材[814290]

エロンガータ リクガメ

飼育がしやすいリクガメ!!エロンガータリクガメの特徴と飼育方法を紹介!!エロンガータリクガメは他のリクガメに比べると少し色合いが地味ですが、アジアに生息しているリクガメなので、日本の気候にも適応しやすくて飼いやすい種類のリクガメです。 今回の記事では、エロンガータリクガメの特徴と飼育方法を紹介します。 リクガメは暖かい地域に生息している種類が多く、温度の管理や湿度の管理が大変だったりします。 ですが、エロンガータリクガメはアジアに生息しているリクガメなので、日本の気候にも適応しやすくて丈夫な種類なので、そこまで、シビアに室温と湿度を管理しなくていいので、リクガメを飼ったことがない人でも簡単に飼育することができます。 今回の記事では、エロンガータリクガメの特徴と飼育方法を紹介するので、エロンガータリクガメを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。 ペットにオススメのリクガメについては、下記の記事で紹介しているのでそちらも読んでみてください。 Contents• エロンガータリクガメの特徴 エロンガータリクガメはインドや中国などのアジアに生息しているリクガメです。 甲長は大体30cm前後まで成長します。 小型と中型中間ぐらいのリクガメなので、飼育ケージで生涯飼育することができるので、アパートなどでも飼育することができます。 寿命は他のリクガメに比べれば短いですが、それでも25年ぐらいは生きるので長生きです。 野生のエロンガータリクガメは50年以上生きることもあるようなので、飼育する場合はちゃんと責任を持って飼育するようにしましょう。 エロンガータリクガメの飼育に必要なもの 飼育ケージ 水槽でも飼育することはできますが、通気性などを考えると爬虫類用の飼育ケージを使用するのがいいと思います。 サイズは60cmサイズでも飼育することはできますが、成長すると少し手狭になります。 飼育ケージが小さいと運動不足になってしまうので、90cm以上の飼育ケージで、できれば120cmサイズの大きめの飼育ケージを用意するのがいいと思います。 紫外線ライト リクガメは日光浴をすることでビタミンD3を作るので、紫外線ライトが必要になります。 紫外線ライトは20W以上の強目のものを用意するようにしましょう。 バスキングライト エロンガータリクガメを飼育する場合はバスキングライトも必要になります。 保温器具で室温をするだけでなく、バスキングライトを使って、ホットスポットを作る必要があります。 ホットスポットは35度ぐらいになるようにしてください。 保温器具 保温球やパネルヒーター、暖突を用意して室温を管理しましょう。 夏場は保温球だけで室温を管理することはできますが、冬場など寒くなってくると保温球だけでは室温が下がってしまいます。 なので、保温球の他にパネルヒーターや暖突などの保温器具を用意するようにしましょう。 サーモスタット 温度が上がりすぎないようにサーモスタットを用意するようにしましょう。 床材 床材はヤシガラなどを使用するのがいいと思います。 赤玉土でも飼育することはできますが、赤玉土は汚れやすいのでヤシガラの方が掃除もしやすいです。 水入れ リクガメが水浴びはできるように水入れを用意しましょう。 水入れはリクガメの体が入るぐらいの大きさで、また溺れないように浅めのものを用意するようにしましょう。 シェルター エロンガータリクガメが安心して休めるように、シェルターを用意してあげてください。 シェルターは大きめのものを用意するようにしましょう。 エロンガータリクガメの飼育にオススメのエサ 他のリクガメと同じように野菜や果物を中心に人工エサを混ぜて与えるのがいいと思います。 エロンガータリクガメは紫外線の蝶が少なくちゃんと日光浴することができないことがあるので、餌を与える時にカルシウム剤などのサプリメントを添加してから与えるのがいいでしょう。 幼体を飼育するときは、朝と夜に食べるだけ餌を与え成熟したエロンガータリクガメの場合は1日1回餌を与えるようにしましょう。 餌を与えすぎると肥満になってしまうので成熟したエロンガータリクガメを飼育するときは餌の与えすぎに注意してください。 こんな記事もオススメです。

次の