トド を 殺す な。 トド

トド

トド を 殺す な

頭蓋の底にこびりついていた、まるで咆哮(ほうこう)とでもいうべき歌と旋律が突然、目を覚ましたようだった。 「あの酔いどれ歌手がまだ、健在だったのか」と年甲斐もなく目頭が熱くなった。 競輪評論家で絵描きでもある「友川カズキ(かずき)」(68)である。 『週刊金曜日』(2月1日号)のロングインタビュ-で数十年ぶりに再会を果たした。 1976年にリリ-スした「ドトを殺すな」を、友川は東北弁を使って吠えるように歌う。 北海道・羅臼の荒れ狂う海がその歌の背後から立ち上がってくる。 秋田出身の友川は能代工業高校時代はバスケットボ-ルに打ち込み、その後、肉体労働を続けながら作詞・作曲を積み上げ、1970年代に衝撃的なデビュ-をした。 ウイスキ-を飲みながらギタ-をつま弾く、その指先から弦が一本、一本と切れていく…こんな伝説を持つ友川の歌に出会ったのは40年近く前の北海道勤務時代。 知床半島の付け根に位置する羅臼沖のオホ-ツク海には巨体を持て余すトドの群れが岩礁に寝そべっていた。 漁師町の中心部に「海馬屋」を名乗る居酒屋があった。 海馬、つまりトド肉を食べさせる店だった。 お世辞にも美味しいとは言えなかった。 片隅には何やら怪しげに「幸福を呼ぶヒゲ」と銘打ったトドのヒゲが土産用に並べてあった。 トドの生首がイベント用に展示されたこともあった。 漁網などを破り、魚を食い荒らすトドは漁師たちの嫌われ者だった。 1960年代、有害駆除の名目で自衛隊が出動する騒ぎに発展した。 しかし、実際は駆除に名を借りた射撃訓練だった。 当時の新聞によると、3300発の砲弾がわずか15分の間に打ち込まれたケ-スもあった。 ひょっとして「とどめを刺す」の語源は、ここに由来するのではないのかとさえ思った。 NHKのロ-カルニュ-スは「春の風物詩」として報道した。 「役にたてば善だってさ、役にたたなきゃ悪だってさ」と友川はイントロの部分でこう叫ぶ。 「トドを殺すな」は生きとし生けるものに平気で銃を向ける時代に対するプロテストソングでもあった。 北の海に生息する「海馬」(トド)に対して、南の海を生きるのは「海牛」とも呼ばれる「ジュゴン」である。 「ジュゴンを殺すな、俺達みんなジュゴンだぜ…」とひとり口ずさんでみる。 かつて、トドが機銃掃射を浴びせられたようにいま、沖縄の「辺野古」新基地建設現場では大量の土砂がサンゴ礁の海に投入され、ジュゴンたちは行き場を失いつつある。 いやすでに個体数が減っていると言われる。 どうしたわけか、不意に映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明脚本・総監督)のシ-ンが二重写しになった。 トドもジュゴンも、そしてゴジラも…その受難が何か既視感のある光景として、脳裏に浮かんだのである。 武器を向けられているのは、実は私たち自身に対してではないのか。 「巨大不明生物」(シン・ゴジラ)の正体は海底に捨てられた大量の放射性廃棄物を摂取して生き返った太古の海洋生物。 存亡をかけた攻防が続けられ、ついに米国が主体となった多国籍軍による熱核(ミサイル)攻撃が実行に移されることに。 結局、血液凝固剤を注入することによって、シン・ゴジラを「凍結」することに成功。 友川はこうした時代の暗部をまさに予言的に歌い、いまも歌い続けているのではないか。 「だからこの国は貧相なんだよ。 政治だけじゃない。 この民度の低さ、あくび出るだろ、つまらなくて。 オレも含めて、悶々とするのはそこなんだよ。 その自覚はあるんだよ。 くだらないんだよオレも。 最低だもん、だから許せない。 そういう社会を許してる自分も許せない。 でもそういう許せない自分に対して(自分が)生意気だからつらいんだよ。 創造と破壊は、過激であればあるほど破滅に向かうのは自明なの。 創造と破壊は同時進行だから。 その亡骸(なきがら)を沖縄・石垣島のサンゴ礁の海に葬った時、島生まれの小学生の二人の孫たちが言った。 「おばあちゃんは死んだんじゃない。 私(たち)は絶望しながらも、いや絶望しているからこそ、 友川流に歌い続けなければならないのだと思う。 「俺達はトドだ、俺達はジュゴンだ、沖縄の人たちはみんなジュゴンだ、そして俺達日本人はみんな(シン)ゴジラだ。 (写真はウイスキ-の水割りを飲みながら演奏する友川さんと絶滅が心配されるトド。 アメリカとロシアでは絶滅危惧種に指定されている=インタ-ネット上に公開の写真から).

次の

ゴールデンカムイ最新第147話トドを殺すなの感想(ネタバレ含む)と考察。岩息との戦いに決着。そして久々のアシリパサイドの描写。

トド を 殺す な

頭骨 最大全長オス330センチメートル。 雌290cm。 体重オス1,120キログラム、メス350キログラム。 アシカ科最大種。 背面の毛衣は淡黄褐色、腹面の毛衣は黒褐色。 四肢(鰭)は黒く、体毛で被われない。 出産直後の幼獣は全長1メートル。 体重16 - 23キログラム。 幼獣は黒褐色の体毛で被われるが、生後半年ほどで生え変わる。 オスの成獣は、上半身が肥大化する。 額が隆起し、後頭部の体毛が伸長し状になる。 属名 Eumetopiasは古代ギリシャ語で「広い額」の意がある語に由来し、種小名 jubatusはラテン語で「たてがみがある」の意で、オスに由来する。 生態 [ ] 岩礁海岸から20 - 30キロメートル以内の海域に生息する。 昼間は、岩礁海岸に上陸して休む。 ・・・・などの魚類や、・といった頭足類などを食べる。 捕食者として、やなどが挙げられる。 繁殖形態は胎生。 出産して約10日後に、交尾を行う。 5 - 7月になるとオスが上陸して縄張りを形成し、数頭から数十頭のメスとを形成する。 主に6月に、1回に1頭の幼獣を産む。 授乳期間は1 - 2年。 オスは生後3 - 4年、メスは生後3 - 6年で性成熟する。 水中でのトド 人間との関係 [ ] 網にかかった漁獲物を奪ったり、漁具を破壊することから漁業関係者からは嫌遠されることもある。 日本での以降の本種による漁業損失額は年あたり十億円以上に達する。 北海道日本海側での被害が多いが、以降はでも被害が発生している。 主にの被害が多く、7割以上を占め、次いでやでの被害もある。 以前はやによる漁業被害も本種によるものと混同されることが多かったが、以降は北海道庁により区別されるようになっている。 一方で漁業被害の増加に反して、生息数自体は減少しており、これは食物の減少による競合の激化、本種が漁網から食物を奪うことに慣れたことも原因だと考えられている(後述)。 日本では漁業被害を防ぐため以降駆除の対象としている。 以降は年あたり116頭の駆除頭数制限が設けられている。 漁業との競合、害獣としての駆除などにより、生息数は減少した。 1990年代以降は、生息数が増加傾向にある。 やでは、保護の対象とされている。 における生息数は、116,000頭と推定されている。 における生息数は、160,867頭と推定されている。 日本 には1970年代は3,000 - 5,000頭が回遊していたが、2000年代には100 - 200頭と激減している。 2005 - 2009年の航空調査による冬季の北海道周辺への回遊個体は、最大5,000頭とされる。 準絶滅危惧(NT)() この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年7月) 北海道の漁業関係者からは「海のギャング」と呼ばれ有害鳥獣と目されていた。 には、有害鳥獣駆除としてのによるや、の、などによる実弾射撃が行われていた。 トドの生息地の沿岸漁民が行うトドの駆除(トド撃ち)は主に繁殖期である春に行われていたため、かつてはのローカルニュースにて「春の風物詩」として毎年報道されていた。 フォーク歌手のは当時のニュースを見て『トドを殺すな』という曲を作っている(のアルバム『肉声』に収録)。 基本的に海洋哺乳類は魚を捕食するために漁業関係者に害獣扱いされ駆除される事が多い。 にはで駆除、で保護という真っ向から相反する政策が取られたこともあった。 これは、環境省の評価基準がIUCN(国際自然保護連合)と同じ基準に基づくのに対し、農林水産省では独自の基準を採用しているためである。 北海道、がに登録されたことから、トドの駆除に関しては議論が起こっている。 トドは世界的に見れば個体数の減少により保護が叫ばれている。 例えば、1960年代には2万頭ちかく来遊していたトドが以降5,000頭ほどまでに減少している事実がある。 そういった事実からアメリカ、ロシアでは絶滅危惧種に指定されており、前述のように日本によるトドの駆除は非難されている。 それに対して漁業被害が深刻なことから漁業関係者らは駆除の継続を求めている。 もっとも、漁業被害はトドの減少を始めた1960年代から悪化し、個体数が減少しても被害は増加するという悪循環に陥っている。 これは漁業資源の乱獲による魚自体の減少に伴い、網にかかった魚類を捕食する個体が増えた事が被害増加の原因とされる。 北海道版レッドデータブック -希少種 なお、"トド"という和名は、の"トント"に由来し 、これは「無毛の毛皮」つまり「なめし革」を意味する。 トドそのものは、アイヌ語でエタシペと呼ばれる。 日本各地にトド岩という地名も散見されるが、過去においては日本ではトドと(ニホンアシカ)は必ずしも区別されておらず、アシカをトドと呼ぶ事も度々みられ、本州以南のトド岩の主はアシカであったようである。 「」は北海道の土産物として、「熊カレー」「えぞ鹿カレー」と並んで、広く知られている。 出典 [ ] []• 2016. Eumetopias jubatus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T8239A45225749. Downloaded on 07 February 2020. Gelatt, T. 2016. Eumetopias jubatus ssp. jubatus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T17367725A66991984. Downloaded on 07 February 2020. Gelatt, T. 2016. Eumetopias jubatus ssp. monteriensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T17345844A66991740. Downloaded on 07 February 2020. Loughlin, Michael A. Perez, and Richard L. Merrick, " Eumetopias jubatus," No. 283, 1987, Pages 1-7. " Eumetopias jubatus" On-line , Animal Diversity Web. Accessed February 07, 2020 at• 2018年3月23日閲覧。 [ ] [ ] [ ]• marinebio. org [ ] [ ]• 19 March 2012 at the.. Northwest Regional Office. noaa. gov [ ] [ ]• トドによる被害の現状と取り組み」『日本水産学会誌』第77巻 第1号、日本水産学会、2011年、126頁• 『海のけもの達の物語 -オットセイ・トド・アザラシ・ラッコ』成山堂書店、編著、2004年P108-110• 166。 知里真志保『分類アイヌ語辞典第三巻 人間篇』日本常民文化研究所、1954年、P. 120。 注釈 [ ].

次の

トド

トド を 殺す な

頭蓋の底にこびりついていた、まるで咆哮(ほうこう)とでもいうべき歌と旋律が突然、目を覚ましたようだった。 「あの酔いどれ歌手がまだ、健在だったのか」と年甲斐もなく目頭が熱くなった。 競輪評論家で絵描きでもある「友川カズキ(かずき)」(68)である。 『週刊金曜日』(2月1日号)のロングインタビュ-で数十年ぶりに再会を果たした。 1976年にリリ-スした「ドトを殺すな」を、友川は東北弁を使って吠えるように歌う。 北海道・羅臼の荒れ狂う海がその歌の背後から立ち上がってくる。 秋田出身の友川は能代工業高校時代はバスケットボ-ルに打ち込み、その後、肉体労働を続けながら作詞・作曲を積み上げ、1970年代に衝撃的なデビュ-をした。 ウイスキ-を飲みながらギタ-をつま弾く、その指先から弦が一本、一本と切れていく…こんな伝説を持つ友川の歌に出会ったのは40年近く前の北海道勤務時代。 知床半島の付け根に位置する羅臼沖のオホ-ツク海には巨体を持て余すトドの群れが岩礁に寝そべっていた。 漁師町の中心部に「海馬屋」を名乗る居酒屋があった。 海馬、つまりトド肉を食べさせる店だった。 お世辞にも美味しいとは言えなかった。 片隅には何やら怪しげに「幸福を呼ぶヒゲ」と銘打ったトドのヒゲが土産用に並べてあった。 トドの生首がイベント用に展示されたこともあった。 漁網などを破り、魚を食い荒らすトドは漁師たちの嫌われ者だった。 1960年代、有害駆除の名目で自衛隊が出動する騒ぎに発展した。 しかし、実際は駆除に名を借りた射撃訓練だった。 当時の新聞によると、3300発の砲弾がわずか15分の間に打ち込まれたケ-スもあった。 ひょっとして「とどめを刺す」の語源は、ここに由来するのではないのかとさえ思った。 NHKのロ-カルニュ-スは「春の風物詩」として報道した。 「役にたてば善だってさ、役にたたなきゃ悪だってさ」と友川はイントロの部分でこう叫ぶ。 「トドを殺すな」は生きとし生けるものに平気で銃を向ける時代に対するプロテストソングでもあった。 北の海に生息する「海馬」(トド)に対して、南の海を生きるのは「海牛」とも呼ばれる「ジュゴン」である。 「ジュゴンを殺すな、俺達みんなジュゴンだぜ…」とひとり口ずさんでみる。 かつて、トドが機銃掃射を浴びせられたようにいま、沖縄の「辺野古」新基地建設現場では大量の土砂がサンゴ礁の海に投入され、ジュゴンたちは行き場を失いつつある。 いやすでに個体数が減っていると言われる。 どうしたわけか、不意に映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明脚本・総監督)のシ-ンが二重写しになった。 トドもジュゴンも、そしてゴジラも…その受難が何か既視感のある光景として、脳裏に浮かんだのである。 武器を向けられているのは、実は私たち自身に対してではないのか。 「巨大不明生物」(シン・ゴジラ)の正体は海底に捨てられた大量の放射性廃棄物を摂取して生き返った太古の海洋生物。 存亡をかけた攻防が続けられ、ついに米国が主体となった多国籍軍による熱核(ミサイル)攻撃が実行に移されることに。 結局、血液凝固剤を注入することによって、シン・ゴジラを「凍結」することに成功。 友川はこうした時代の暗部をまさに予言的に歌い、いまも歌い続けているのではないか。 「だからこの国は貧相なんだよ。 政治だけじゃない。 この民度の低さ、あくび出るだろ、つまらなくて。 オレも含めて、悶々とするのはそこなんだよ。 その自覚はあるんだよ。 くだらないんだよオレも。 最低だもん、だから許せない。 そういう社会を許してる自分も許せない。 でもそういう許せない自分に対して(自分が)生意気だからつらいんだよ。 創造と破壊は、過激であればあるほど破滅に向かうのは自明なの。 創造と破壊は同時進行だから。 その亡骸(なきがら)を沖縄・石垣島のサンゴ礁の海に葬った時、島生まれの小学生の二人の孫たちが言った。 「おばあちゃんは死んだんじゃない。 私(たち)は絶望しながらも、いや絶望しているからこそ、 友川流に歌い続けなければならないのだと思う。 「俺達はトドだ、俺達はジュゴンだ、沖縄の人たちはみんなジュゴンだ、そして俺達日本人はみんな(シン)ゴジラだ。 (写真はウイスキ-の水割りを飲みながら演奏する友川さんと絶滅が心配されるトド。 アメリカとロシアでは絶滅危惧種に指定されている=インタ-ネット上に公開の写真から).

次の