カビゴン ステルスロック。 剣盾S6 最終36位 古風ギャラカビガルド

【ポケモン剣盾攻略】シーズン2において使えそうなキョダイマックスポケモン【ソード&シールド】

カビゴン ステルスロック

あけましておめでとうございます。 アルバと申します。 剣盾が発売されてから最初のシーズンということで、使用した構築を紹介したいと思います。 【コンセプト】 ・の展開からアーマーガアorを展開する。 ・ドラパルトの鬼火展開からorアーマーガアを展開する。 最初は襷を使っていたが、アーマーガアは数的不利を覆せる性能をしていると感じたため、より起点作成や相手の展開阻害ができるを採用した。 他の挑発ステロ持ちと違い、はできることが多いため補助技をストレスなく押すことができる。 1ウェポンは暇なときに打ちたいことが多かった悪の波動を選択した。 バンギアーマーガアミラーでお互いに初手でが対面したときは祈りながら挑発を押していた。 電磁波と挑発が強かった。 また、ゴーストタイプであるためアーマーガアとが対面した際、つのドリルに無理げて鬼火を打てることも偉かった。 が襷に弱いため、入りに初手出しして初手に鬼火を押す非常に苦しいプレイングをしていた。 タラプの実が発動しビルドアップを積んだアーマーガアの数値は非常に高くタイプ相性を無視できるほどの強さがあった。 準速マンにマウントを取るため最速にしたが最速がかなりいてかなし。 また、特性のミラーアーマーによって威嚇やBダウンDダウンを防げるだけでなく、マジカイムしか打点がないフェアリーはCが下がりつつげるため相手にックスを強要できる点も非常に強かった。 最終盤のろいヒートスタンプに何度も返り討ちにされて苦しかった。 このは被弾回数が非常に多くなるため急所や追加効果を考えるとかなり分が悪い試合になることもしばしばあり、そのたびに祈っていた。 混乱実は回復量が減ったもののなかなかの詰ませ性能で強かった。 アーマーガアに弱い点が難点。 このも被弾回数が多いため、祈る試合が多々あったことが良くなかった。 アーマーガアが止められるなどの炎タイプに対してステロを撒いてからサイクルを回してサイクル勝ちを狙う。 アーマーガアとが対面した時、鬼火を打たれることがあるので機能停止しないように特殊型にし、自身もエースとなれるようにすいすい持ちで採用。 雨下のは技範囲が広く水技の通りも良かったため第二のエースとして強かった。 水技はサイクル下で最も負担がかけれると考えている熱湯を採用した。 持ち物に関してだが、との打ち合いを考えとした。 ックス状態でも効果が据え置きなので使用感はよかった。 地味にに強いのもgood。 特に困った場面がなかったので最後までこの配分のまま続投しました。 最速にしない場合は基本的にH252から入ったほうが効率がいいです。 毎日対戦しては構築を組みなおすのがとても楽しかったので来期以降も頑張ります。 最後に最果の画像を貼って終わりにしようと思います。 ここまで見てくださってありがとうございました。 albapoke0818.

次の

<剣盾S5使用構築>最終149位 何の変哲もないスタンパ|Ginobili|note

カビゴン ステルスロック

あけましておめでとうございます。 アルバと申します。 剣盾が発売されてから最初のシーズンということで、使用した構築を紹介したいと思います。 【コンセプト】 ・の展開からアーマーガアorを展開する。 ・ドラパルトの鬼火展開からorアーマーガアを展開する。 最初は襷を使っていたが、アーマーガアは数的不利を覆せる性能をしていると感じたため、より起点作成や相手の展開阻害ができるを採用した。 他の挑発ステロ持ちと違い、はできることが多いため補助技をストレスなく押すことができる。 1ウェポンは暇なときに打ちたいことが多かった悪の波動を選択した。 バンギアーマーガアミラーでお互いに初手でが対面したときは祈りながら挑発を押していた。 電磁波と挑発が強かった。 また、ゴーストタイプであるためアーマーガアとが対面した際、つのドリルに無理げて鬼火を打てることも偉かった。 が襷に弱いため、入りに初手出しして初手に鬼火を押す非常に苦しいプレイングをしていた。 タラプの実が発動しビルドアップを積んだアーマーガアの数値は非常に高くタイプ相性を無視できるほどの強さがあった。 準速マンにマウントを取るため最速にしたが最速がかなりいてかなし。 また、特性のミラーアーマーによって威嚇やBダウンDダウンを防げるだけでなく、マジカイムしか打点がないフェアリーはCが下がりつつげるため相手にックスを強要できる点も非常に強かった。 最終盤のろいヒートスタンプに何度も返り討ちにされて苦しかった。 このは被弾回数が非常に多くなるため急所や追加効果を考えるとかなり分が悪い試合になることもしばしばあり、そのたびに祈っていた。 混乱実は回復量が減ったもののなかなかの詰ませ性能で強かった。 アーマーガアに弱い点が難点。 このも被弾回数が多いため、祈る試合が多々あったことが良くなかった。 アーマーガアが止められるなどの炎タイプに対してステロを撒いてからサイクルを回してサイクル勝ちを狙う。 アーマーガアとが対面した時、鬼火を打たれることがあるので機能停止しないように特殊型にし、自身もエースとなれるようにすいすい持ちで採用。 雨下のは技範囲が広く水技の通りも良かったため第二のエースとして強かった。 水技はサイクル下で最も負担がかけれると考えている熱湯を採用した。 持ち物に関してだが、との打ち合いを考えとした。 ックス状態でも効果が据え置きなので使用感はよかった。 地味にに強いのもgood。 特に困った場面がなかったので最後までこの配分のまま続投しました。 最速にしない場合は基本的にH252から入ったほうが効率がいいです。 毎日対戦しては構築を組みなおすのがとても楽しかったので来期以降も頑張ります。 最後に最果の画像を貼って終わりにしようと思います。 ここまで見てくださってありがとうございました。 albapoke0818.

次の

【ポケモン剣盾】PWT#12 優勝!欠伸カビゴンコントロール(寄稿:澤村)【レンタルチームあり】

カビゴン ステルスロック

初めましての方は初めまして、ジノビリと申します。 USUMのシーズン14からオンライン対戦を始めました。 今回初めて構築記事を書きますので、何か不備があれば指摘して下さると幸いです。 ~以下常体~ 構築経緯 シーズン序盤に初手ダイマ+チイラの実呪い身代わりミミッキュ+詰め要員の勝ち筋が強力と感じ、ダイマ要員として強運トゲキッスと弱保ドラパルト、詰め要員としてアッキ瞑想ピクシー、呪い3Wカビゴン、襷パルシェンを採用した所からスタートしたが環境に激増していた欠伸カビゴンに止められてあっさり負けることが多かった。 中盤五百位くらいで停滞して限界を感じたため、相手にしていて脅威だった欠伸カビゴンをクッションとした構築を組んだ。 s4に使っていて勝手の良かったドラパミミキッスは確定、対面操作出来る水枠としてウォッシュロトム、襷枠はギルガルド、ホルードなどと迷ったがダイロックと元々の高火力でスイーパーになれる砂かきドリュウズを採用した。 最低限のサイクルを回してこのポケモンの一貫を作る動きが強いと感じた。 2つの一致技に鬱陶しい鋼への安定打点として放射、カバドリや誘う地面タイプのポケモンに刺すハイドロポンプ。 副産物としてウィンディに突っ張れるようになったのも悪くなかった。 フェアリー打点はこのポケモンには必要ないと考えより広い範囲を見られるように岩と草両方の打点を持たせた。 後述のカビゴンとのシナジーを考えるとこの判断は間違っていなかったと思う。 積み前提のポケモン 天然ピクシーやタラプアーマーガア や壁展開にもご機嫌次第ではあるが割と強く出られるのもこの型の強みだと思う。 Sを落として耐久に回すことも考えたが、終盤にウォーグルやホルードが増え、ダイマ状態での打ち合いに負けないようにするためSラインは落とせなかった。 バンドリには初手で出す。 ギャラドスやトゲキッスに対して襷を盾にダイロックで切り返せるのが強い。 最終日前日に受けループに何も出来ずに完敗したためやむを得ずつのドリルを採用したが、ステルスロックを採用して後述のカビゴンと合わせてステロ欠伸展開に持ち込んだ方が偉かったかもしれない。 珠ダメで削れるのが嫌だったためのろいのおふだで採用。 ダイマックス枯らし、ストッパー、スイーパーに何をやらせても強い。 ゴーストダイブを採用している以上、ミミッキュをミミッキュで見る立ち回りはしないように心がけた。 欠伸で相手を流しながら攻めポケがきつい相手を削ることが出来るため、カビゴンを上手く展開できた試合はほぼきれいに勝つことが出来た。 またカウンターを採用することによってダイマックスした物理アタッカーを返り討ちにすることができるのが強い。 相手の物理アタッカーをわざと欠伸ループから抜けさせてカウンターで処理すると脳汁が止まらない。 しかし最終日付近は身代わりラプラスの増加やミラーでの地割れカビゴン、ウォーグル等で非常に動かしにくかった。 ドロポンが当たらない。 相手のカバルドンや欠伸カビゴンを起点にしたかったがカビゴンに対してはあまり上手く機能しなかった印象。 受けルに強く出られるかと思っていたがモスノウで完全に止まってしまう。 身代わりか眠る持ちのラプラスにしたほうが強いと思う。 活躍した試合が100位代のバイウールーピクシーバトンをぐちゃぐちゃにした時くらいしか思い出せない。 選出と立ち回り 迷ったらカビゴン+刺さっている2体を出す。 キッスミミカビが1番信頼していた選出。 ドラパルトを先に展開される前にトゲキッスで荒らしてドラパルトの一貫を作りに行く。 ダイマミミノラゴン ミミカビを裏に置く。 リザードン入りには初手キッスを出す。 裏のミミノラゴンに対してはカビゴンの欠伸で展開させずにミミッキュを通す。 間違ってもカビゴンを初手に出してはいけない。 勝率は低い。 相手のダイマックスのタイミングに合わせてカビゴンを出すように意識した。 同じ人のエルフヒトムラプラスに3戦3敗した。 最終日前日コイツにやられすぎてミミッキュを抜いて弱保ガルドを採用したらサブロムが終わった。 カビダルマ対面祈りのカウンターを押していた。 初手はいいけど後出しはきつい。 この手の構築は数シーズン前から猛威を振るい、上位勢はそれに対する回答を用意している。 また最近増えた と筆者は勝手に思っている サイクル構築に対する崩し要素が相手から見えやすい構築だったため、それに対する明確なストッパーを合わせられて詰むことが非常に多かった。 だから最終日前日に2桁順位を達成してから、このROMは1戦しか潜らなかった。 上位帯で最終日の9時間を戦いきれる自信がなかった。 それともう1つ、ある程度でいいから結果が欲しかった。 7世代では最高レート1988と2000に後一歩届かず、未だにそれを引きずっている。 だから最終日逃げたのは少し後悔の念があるが、自分の中では7世代でいうレート2000越え程度の順位を出せたと思っているので全体的には満足している。 5月から忙しくなるが今度は2桁目指して頑張りたい。

次の