胚盤胞移植日 出産予定日。 胚盤胞移植とは?着床時期や判定日までのスケジュールは?

【胚盤胞移植後の症状】BT1からBT14~妊娠判定結果アリ

胚盤胞移植日 出産予定日

KLCに転院して採卵2回目で初めてこぎつけた評価Dの胚盤胞を移植して7日目の判定に行ってきました。 移植前1週間ほど風邪をガッツリひいており、37度くらいの微熱が続いておりました。 しかも移植前日から布団を、唯一床暖房のあるリビングに敷き、床暖房を中くらいにして24時間のろのろと、外出もせずほとんど動かず寝っぱなしのニート生活をしていました。 はっきり言って前の病院の方針が抜けませんでした。。。 やっぱり動くの怖い。。。 普通に生活しちゃってダメだったら、動いたせいか?と後悔しそうで、ビビリの私は結局姫生活を推し進めました。 旦那さんには大迷惑でしたが。。。 しかも毎日ホッカイロも背中に貼っていて、常夏のような暑い中汗びっしょり状態で朝起きていたので、体温が高めなのはそのせいかもしれません。 風邪のせいかもしれないが、やっぱり高い。 胚盤胞はすぐ着床予定とのことでしたが、いわゆる体調の変化は一切なしでした。 着床した瞬間にあるといわれる着床出血もなく、よく言うチクチクも胸の張りもなく。 あったのは足の付け根(リンパのとこ)がちょっと張ってる感じがいつだったか、1、2日程度あったような。 あぐらをかいて、同じ姿勢で座ってばっかりいたのでうっ血してるようでした(汗)。 で、移植後6日目の昨日、何を隠そうロゼワイン的な薄い出血小さじ1程度と、ドス黒い出血が小さじ1程度あり、判定日の今日は今日で、ロゼワイン的な薄い血が小さじ半分程度出ちゃったんですよ。 昨日はまさに生理予定日で(平均周期26)、ビンゴに来た!!と思い、またダメかと覚悟をしました。 生理前日の偏頭痛もありました。 でも、そのままドッと出血が来なくて、 「いよいよ血の量も激減で、こりゃ生理あがって、もう、すべて終わったんじゃないか」 と思いました。 42歳で閉経、おかしくない。 そもそもAMHが低く、すでに残りの卵も少ない状態です。 なので、 「判定日っていうか普通にこれ生理2日目じゃんよ、採卵希望だとDay3に来てくれってなるところだから、Day2もDay3もほぼ一緒だろうから、とりあえずKLCには行こう」 って感じで、のろのろと12時のシメ時間ギリに行きました。 ホッカイロは背中プラス胸すぐ下にも追加(万が一妊娠してた場合に直で子宮をサンドしちゃ暑すぎてマズイかも、とサンドだけど上の方に貼りました)。 採血後の診察は、初めて見るおじさん先生で超事務的でクールな方。 名札見るの忘れました。 どうなんだ?HCGは?ゼロか? 先生の顔はポーカーフェイスでまったく読めません。 怖い瞬間です。 ところが。 「HCG45.2ですね。 一応反応出てますね。 でも、通常妊娠の基本はHCG50以上なんで、妊娠率は60パーセント程度です。 次回10日後に来て下さい」 と言うじゃない。 いやいや血が出ましたから。 思わず、 「あのぉ!!昨日出血がありましたけど!!」 と言ったらそこは無視されました。 なぜ?よくある事なのかしら?? 反応有りとなると、逆に出血が心配ですけど大丈夫なの? あ、大丈夫じゃないけど、先生はいけるともいけないとも言えないのだな、と解釈しました。。。 すべて、卵の生命力次第。。。 kLCの考え方です。 で、あっと言う間に診察オワリ!!みたいな空気になってしまったので慌てて、 「次回までに、何か気をつけた方がいいこととかありますか?」 と聞いてみたら、 「何もないです」 とクールな・・・。 ま、多分、普通に生活してて、ってことなのでしょう。 42歳なんでほんとに60パーセント?って思いますが、本当に60パーセントなら案外高いんじゃないか?と一瞬思いますが、前病院で着床してすぐ科学的流産になったことが移植11回中1回だけあったので、今回もどうなのかな??と思います。 卵の染色体に異常があれば自然淘汰され、きっと流れてしまうのでしょう。 それに高齢なので、もし無事産まれてくれたとして、ダウン症など障害が出る可能性も高い。。。 でもネガティブなことばっかり考えていても血流が悪くなりそうなので、運命に任せるしかないんですよね。。。 えぇ、もう任せます。 卵の生命力に。 でも、KLC凄いです。 1回目の移植で反応が出るとは。。。 まぐれか? やっぱり技術が高いのか? 今までの前の病院の11回はなんだったんだ。 今回のこの反応が最終的にダメになったとしても、こんなに早く反応が出るなら、最初から遠くてもKLCに来ていればよかったです。 とりあえず次、10日後に採血&診察です。 ここでキッパリ結果が出ることでしょう。。。 判定日のお会計は、ジャスト7000円でした。 ヤバイです怖いです。 このまま本生理くるかもです。 とりあえず、旦那さまに弁当を頼み、安静に寝ます。

次の

【BT0】胚盤胞移植当日の症状は?下腹部痛や腰痛、出血があっても大丈夫?

胚盤胞移植日 出産予定日

私は前回の凍結胚盤胞移植の際、判定日の血中hcg値は26.95でした。 その数値を聞いた私が 「あ~(がっかりしか感じで)」 と言うと、ドクターは 「そんな『あ~』なんて言わなくていいの。 凍結の場合は、この位からドンドン上がっていくことがよくあるから」 と言ってくれました。 残念ながら、私の場合は4日後にリセットしてしまいましたが、判定日に数値が低くても、そのまま妊娠継続できることも少なくないようですから、次の判定までリラックスして過ごしてくださいね。 はっきりとどこだったかは覚えていませんが、以前どこかのサイトで、やはり凍結胚盤胞移植で、判定日にhcgが1桁だった方が、次にはぐんと上がったというコメントも見たことがあります。 どうぞ、スレ主さまが妊娠継続していますように!! 2009. 17 10:20 かるかん 39歳 私のクリニックでは2回判定があります。 一回目は移植後7日目、2回目は12日目です。 いずれも尿ではなくて血液検査をして血中のhcgの値をみます。 下記はうちのクリニックが採用しているhcgの値と生存率(妊娠継続率)です。 理想としては50以上あるといいといわれていますが、この数字が7日目に少なくても、12日目に計った時にその数字の10倍の値になっていれば、うまく妊娠が継続すると考えています。 ただ、どんなにhcgが高くても、流産率が20%あるのはつらいところです。 私の場合は7日目はhcgが100で、12日目は1000を超えていました。 順調にたいのう確認、心拍確認といきましたが、先日8週目(移植後40日目)で心拍が停止する繋留流産になりました。 自宅ではあれだけ気をつけ安静にしていたのにです。 ですからこういう数字というのは、あまりあてにならないと思います。 妊娠継続がうまくいけばいいですが、ただ私のように悪い結果になってしまうとそれだけで体にダメージが残り、次の治療が再開するまでに3ヶ月以上またないといけません。 そんな結果になるくらいならば、最初から着床しないでほしかったとか、数値が少なくて化学流産になればよかったのにt思ってしまいます。 なぜならその程度ですめば、それほど間をあけなくてもすぐに治療が再開できるからです。 はじめて移植をすると妊娠の山場は着床判定だと思われるかもしれませんが、本当の山場は2つあって、ひとつは最初の心拍確認(5〜6週目あたり移植後25日〜30日目)で、2回目の山場は8週目(40日目)の心拍確認だそうです。 私は出血やお腹がいたくなったりという流産の徴候がまったくなく、胎児も育っていたのですが突然心拍停止だったのでがっかりです。 ちょっと話が脱線してしまいましたが、今の数字から良くなることもあるし、うまくいかなくなることもありあります。 数値はゼロではないのでまだ可能性は十分にあります。 こればっかりは神のみぞ知るというかんじで、安静にしようが食べ物に気をつけようが関係ありません。 ただ良い結果になろが悪い結果になろうが、前向きに考えられるほうがいいと思います。 2009. 17 12:00 りんご 36歳.

次の

4回目の移植 凍結胚盤胞 BT0日〜BT3日目 症状

胚盤胞移植日 出産予定日

私は約2年間の不妊治療を経て男女の双子を出産しました。 ステップアップのタイミングでKLC(加藤レディースクリック)に転院、2回目のIVFで妊娠。 今回、自然周期法で凍結胚盤胞を移植した時のことについて書いていきます。 移植周期 採卵後、 ソフィアA配合錠を12錠もらって、生理が来るのを待ちました。 診察の時に「次は、生理が来てから10日後に受診するように」と言われたので、次の予約は後日。 卵胞チェックで3回受診 もともと排卵が遅めなので、3回も受診になってしまいました。 3回目、排卵直前の採血結果はこちら。 心配していたプロラクチン(PRL)は15. 1と低め。 ブセレキュアで排卵 3回目の卵胞チェックの診察で、当日18時に ブセレキュアを使用するようにとの指示。 移植する日は 6日後。 受付の時間も指定されていて、仕事との両立が難しいところ... (他2つはBグレード) 5日目胚盤胞です。 アシストハッチングするかどうか自分で判断できず、培養士さんの判断にお任せしてもらうことにしました! 移植日は朝8時に受付 受付を済ませたらすぐに採血。 採血結果はこちら。 無事に移植決定! この日は夫も一緒に来院。 先に夫が呼ばれ、時間差で私が呼ばれます。 今回も8階。 名前は分からないけど男の先生で、痛くない!出血もなかったです!(1回目は痛くて出血しました... デュファストンを服用。 内診は無くて、診察室で結果を待ちます。 採血結果はこちら。 値がしっかり出ているとのことで、デュファストンは飲むのをやめるようにとのこと。 値が高すぎるとか双子の可能性についての話は全く無く、この時は自分が双子妊娠しているとは思わず。 ちなみに、 双子だと分かったのは心拍確認の時です! まとめ KLCでの移植周期の流れを簡単に書いてみました。 不妊治療中はリセットするたびに気持ちが沈み、ネット検索をたくさんしていました。

次の