ベイブレード ブレイブ ヴァルキリー。 【ベイブレードバースト超王】 ブレイブヴァルキリー.Ev’2A レビュー

ベイブレード ブレイブヴァルキリー.Ev’ 2A │ ベイブレードブログ:おばけブレーダーチャンネル@ブログ

ベイブレード ブレイブ ヴァルキリー

レイヤー:ブレイブヴァルキリー 2A 超王アビリティは「ブレイブソード」。 「リングとシャーシの高摩擦ラバー刃で相手を弾き飛ばし、鋭い剣先でとどめを刺す。 」 なかなか殺意溢れる説明文ですね。 今回のパッケージでは超王シリーズで遊ぶ際にはスパーキングベイランチャーの使用を推奨との記載が追加されてます。 販促はするのは別にいいけど、ランチャー自体が今現在ではどこいっても売ってないんだよなぁ。 スパーキングチップ:ヴァルキリー 「戦いの神ヴァルキリーモチーフの右回転スパーキングチップ。 」 やっぱヴァルキリーはかっけぇ。 デザインはガチンコチップのヴァルキリーが荒ぶってるような感じになってますね。 顔にはバルトと同じフェイスペイントが施されてます。 これはエモすぎる。 マジのガチで相棒出てるじゃん。 裏側はこんな感じ。 今回のヴァルキリーから早くもチップに性能差が出るようになっちゃいました。 性能は公式動画で出ていた通り、チップのロック部分の厚くなりロックが硬くなる代わりにロックが短くなるというもの。 シングルシャーシと組み合わせると分かりやすいですが、確かにハイペリオンやラグナルクと比べるとロックが一つ少なくなってますね。 リング:ブレイブ 「大型ラバー刃の摩擦力で相手をとらえ、ラバーの弾力でバウンド攻撃を仕掛けるアタックタイプの右回転リング。 」 形状は安定の3枚刃。 デザインはスラッシュベースにウイニングヴァルキリーのシャープさを加えた感じ。 そして攻撃にはゴッドヴァルキリーのアビリティであるバウンドアタックを搭載とこのリング一つにいろんなヴァルキリーのがぎゅっと閉じ込められてます。 バウンドアタックだけじゃなく、ラバー刃の先端が相手にがっつり引っ掛かる形状になってるのでえげつない攻撃力をしてくれる。 ラバーは硬めで何度も激しいバトルをしましたが、今のところ抉れはないですね。 同じラバー刃のジャッジメントはかなり摩耗が激しかったけど、これは強度的に結構長持ちしそうかな。 シャーシ:2A 「大きな3枚のラバー刃で相手に強烈に引っ掛かり攻撃を与える右回転ダブルシャーシ。 」 見た目からしてヤバさ全開の巨大なラバー刃。 ゼニスディスクを彷彿とさせる見た目。 ゼニスを愛用していた身としてはかなり嬉しいパーツ。 ロック数はヴァルキリーのガチンコチップと同じ2つと少なめですが、ダブルシャーシなのでバーストの心配はそこまでなさそう。 それから、今回のブレイブヴァルキリーはキングヘリオスのモードチェンジのようにシャーシを180度回転させることでラバーの位置を調整することができます。 デフォの状態。 ブレイブリングの3枚刃と重なることでブ厚い刃になり、脅威的な打撃を繰り出してくれます。 こちらはブレイブリングの3枚刃の間にラバー刃が出ている状態。 デフォよりも満遍なくラバーが相手に当たっている感じがあり、バースト性能はこっちが高めな印象。 ドライバー:Ev' エヴォリューションダッシュ 覚醒ギミックを持った背が高いラバー軸のドライバー。 待望のエヴォリューションのダッシュ化。 しっかり使い込んで覚醒させていかねば。 まとめ ラグナルクのときもそうだったけどデザイン、性能にいままでのヴァルキリーをこれでもかと詰め込まれているのでヴァルキリーの集大成感があります。 性能もヴァルキリーらしく王道も王道。 余計なギミックなど持たず、純粋なパワーで相手から勝利をもぎ取っていく。 アタックタイプ好きとしてはもう胸の高鳴りが抑えきれません。 そしてなにより最高なのがこのヴァルキリーは全力で未完成ということ。 デフォルトで使っても充分な強さ・・・、というかこのヴァルキリーはこのまま手を加えず愛機として使っていきたい。

次の

ベイブレードバースト B

ベイブレード ブレイブ ヴァルキリー

今回は新商品のブレイブヴァルキリーを使ってみた感想やカスタマイズをベースに組み立ててみました。 ブレイブヴァルキリー. 重量はスパーキングチップの中では1番軽い1. チップコアはクリアレッドのものが付いています。 ドライバー固定部分が切り欠かれているため、ロックがまだ残っていて通常バーストする位置までドライバーが回らなくてもバーストするようになっています。 前半に固いロックがついているシャーシと組み合わせないとすぐにバーストしてしまいます。 いくら後半に固いロックが残っていても意味がありません。 ブレイブリング ヴァルキリーに相応しい大型3枚刃のリングです。 相手をオーバーする性能はそこそこあります。 ラバーと呼ばれている黄色い素材はおそらくPVCでエボリューションドライバー先端と同じ材質です。 指でブレイブリングに力を入れてもほとんど変形しないくらいの硬さなので、オーバーさせる性能はラバーよりも大型3枚刃の形状の効果のほうが大きいような気がします。 重量はここまで登場のリングの中では1番重たい12. 2Aシャーシ 右回転専用のダブルシャーシです。 ラバーの材質はこちらもおそらくPVC。 形状的なものかこちらの刃先の方がブレイブリングの3枚刃よりも弾力があるのでラバーの効果はありそうです。 重量は1Aシャーシよりわずかに軽い45. 1gで超王シリーズで最重量、 インペリアルドラゴンやパーフェクトフェニックスにホイールディスクをつけた重量よりも重たくなるので、ベイブレード バースト史上最重量になります。 重量一覧も更新しておきます。 エボリューションダッシュドライバー 元々エボリューションドライバーも大会で使っていないので、こちらも使うつもりはありませんが、覚醒前だとあまりスピードが出ないので、イマイチです。 総評 レイヤー部分の重量が重たいせいか、相手を押し出す力が非常に強いです。 電動ドライバー相手でも簡単にOFを決めてくれます。 ただし、重たいため、加速に時間がかかります。 スピードが乗る前に相手のベイにぶつかられるとラバーのせいか、一気に勢いがなくなってしまいます。 ヴァルキリーをしばらく使ってみたオススメの改造は、BVl. この改造で私の5Gデッキ入りとなりました。 元々のシャーシの2Aでは、ラバーのせいか相手のベイと当たったときにこちらの勢いが減り過ぎてしまうので、ラバーがなく重量が重たい1Aを選択。 相手との距離を詰められないようにして強くシュートすれば、かなりの確立でOFを決めることができます。 相手がヴァルキリーを使ってくるときの対策はTL. 00E. 私のヴァルキリーとバトルしていく中でせがれが考えた改造です。 中速でシュートしてヴァルキリーがスピードに乗る前に距離を詰めて勢いを殺し、そのままSFを狙えます。 右回転の電動に勝てないのが惜しいところですがなかなか強いので、5Gの一番手で相手の右回転アタックベイにぶつけるのがオススメです。 nhiko.

次の

【ベイブレードバースト超王(スパーキング)】4月新商品 B

ベイブレード ブレイブ ヴァルキリー

エボリューションダッシュ 2A ブレーダーはご存じ蒼井バルト! ヴァルキリー スパーキングチップ 2. 0g、よく見ると顔にバルトと同じマークが!シンクロしてる!! ブレイブ リング 12. 3g、いつもの3枚刃にラバーを採用!! ラバー搭載により重量級になっています。 2A シャーシ 44. 4g、バーストしづらいダブルシャーシ!こちらは3枚刃ラバー!これでもかなラバー!ラバー! 取付を逆にすることも可能! エボリューションダッシュ ドライバー 6. PVC 塩ビ です。 PVCはラバーに比べると摩擦抵抗が少なく滑りますので、残念ながら、ジャッジメントやエクストリームのような『食いつき』は期待できません。 このリングとシャーシの特筆すべき点は以下の通りになります。 スポンサードリンク• ブレイブ 重量と3枚刃によるアッパー• 2A 下段攻撃 ブレイブは『ラバー』がほとんど当たらない位置にあり、しかもPVC。 大型3枚刃からのアッパーと重さによる強力な一撃が長所であり、短期決戦に適しています。 2Aも『ラバー』が売りなのですが、こちらも前述の理由でジャッジメントと同じバースト力はないため、大型PVC刃の弾性による『弾き』と下段へのアタックを得意とします。 このベイの最も象徴的なパーツであるブレイブを中心としてカスタム方針を絞ります。 PVCドライバーのため、ラッシュシュートでの短期決戦にも不向きです。 2Aの下段攻撃がブレイブとかみ合わない 低身長ドライバーを採用した場合、下段攻撃を生かせる相手が少なくなります。 具体的なカスタムは提示していませんが、これで大体イメージは掴めますでしょうか? また、大型&重量で攻めるアタックと言えばインペリアルが対抗馬になりますが、ブレイブはダブルシャーシ採用によりバースト耐性においては圧倒的優位になります。 しかし、オーバー耐性はインペリアルが上に感じます。 インペリアル、ブレイブ共に5G採用圏内ですので、ある程度好みで選べるのではないかと思います。 予約通販情報.

次の