ヤクトハウンド。 【モンスターファーム】ライガー種一覧表

モンスターファーム (アニメ)

ヤクトハウンド

作品の略称 [ ]• 「かいて しゃべって はじめよう! 「モンスターファームDS2 甦る! マスターブリーダー伝説! 平均的な能力を持つ一般的なモンスター。 ブリーダーの能力が最も反映される。 「MF4」の図鑑によれば全てのモンスターの先祖、つまり円盤石から最初に再生されたモンスターである。 「MF2」ではディノと似た種族ロードランナーがいる。 )が6年ぶりに登場する。 ディノを主体としたモンスター• ) ゴーレム• 動きは遅い。 「MF2」の図鑑によると忠誠心は高く性格は真面目で、ブリーダーの人気は高い。 モークス派生に属している。 に変更で、ゴビ〜ゴビマリーネはゴビの姿をしている。 「ラグーン」ではモリビトゴーレムは「MF2」時代のゴーレムの姿をしている。 ゴーレムを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• エレバス(ブリリア派生)• カイオー(ゴート派生)• ラピスラテル(タクラマ派生)• レムラーリア(カララギ派生)• オルメカ(特殊)• ネーデル(特殊)• バウム(特殊)• オー(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) MF5• ) MFDS• ) ラグーン• モリビトゴーレム ライガー• 人によく懐くので、一般の人にもペットとして育成されることが多い。 「MF2」の図鑑によると人間を家族と思っているため裏切ることが無い。 「PS2MF」の図鑑によるとかつては「青い北風」と呼ばれて恐れられていたが、「MF4」の図鑑にもあるように今ではその面影は無い。 ブリリア派生に属している。 「MFA2」ではシロ〜カーシーまでは角が大きいライガーのグラフィックを使用している。 ライガーを主体としたモンスター MF1• ) MF2• (ゼノン))• ) PS2MF• ガルム(ゴート派生)• アヌビス(タクラマ派生)• レムス(モークス派生)• ルビィ(特殊)• フェンリル(特殊)• ドーベルIT(特殊) MFA• ) MFA2• (ゼノン))• ) MF4• (アビス)) MF5• ) MFDS• (ガリ)) MFDS2• ) オンライン• エクスライガー• カゼノライガー ピクシー• 賢さが高いが非常に我侭な性格。 育成が難しいわりに人気は高いし、 「MF2」の図鑑によるとピクシーしか育てないとうマニアまでいる。 「PS2MF」のタクラマ派生で図鑑よると性格にややきつめが加えられた。 「MFA」の図鑑によると森の妖精らしい。 「MFA2」のヴァルキリー〜カーリーはピクシーのグラフィックを使用していない。 「ラグーン」ではMF1からの姿をしたピクシーはアルトピクシーに変更された。 ピクシーを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• ファーン(モークス派生)• バンシー(特殊)• ヴァルキリー(特殊)• ファンチューカ(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) - 元ネタは「」の雛咲深紅。 ) - 元ネタは「」に登場するカスミ。 MF5• ) MFDS• ) ラグーン• ディナシー• ヴィッキー• サンディー• アルトピクシー ワーム• 伸縮自在の牙を持ち、遠い間合いからの攻撃も可能。 腹面が脆いが生命力はある。 「MF2」の図鑑によると体内に高速移動用の足を隠している。 ワームを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) ゲル• ゲル状の体がダメージを最小限にやわらげる。 攻めより守りが得意なモンスター。 「PS2MF」のゲルのみ人の形をしていない。 理由は「PS2MF」の図鑑にあるが、「PS2MF」のゲルの姿はゲル本来の姿で、人の形をしたゲルは人の姿を真似ているだけ。 ゴート派生に属している。 「MF5」の図鑑によるとモンスターファームの世界におけるヘリコプターはゲルの技の一つであるゲルコプターを見て作られたと書かれている。 ゲルを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• マシュマロ(ブリリア派生)• キャラメル(タクラマ派生)• カカオ(カララギ派生)• クロロ(モークス派生)• プリンゲ(特殊) MF4• ) スエゾー• 敵のガッツをダウンさせる能力が高い。 「MF2」の図鑑によると頭が良く人間くさい表情を見せるので人気がある。 「PS2MF」ではタクラマ派生に属している。 「PS2MF」の図鑑によると扱いづらいため野良スエゾーが増えている。 「影牢〜刻命館 真章〜」ではトラップの一つとして登場。 「マジカルドロップモンスターファーム5」にも登場。 喋り方はの方に近い。 なお、「オンライン」ではスエゾーは登場予定はあったものの「オンライン」が終了したため登場できなかったが、「ラグーン」では登場する。 スエゾーを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• ウサゾー(ブリリア派生)• モンゾー(カララギ派生)• タヌゾー(モークス派生)• スエチヨ(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) MF5• ) MFDS• ) ハム• 小さな体からは思いもよらない攻撃力を持つ。 ヒットアンドアウェイの戦いが得意。 も使う。 「MF2」の図鑑によると前作で使っていた技がないのは、祖先の違いで種族の違いではない。 「PS2MF」ではモークス派生のモンスター。 「MFA2」以降はスカーフを首に巻いている。 ハムを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• ストロベリー(ブリリア派生)• スペアミント(ゴート派生)• ジロー(タクラマ派生)• スカーフィー(カララギ派生)• ヒョーガラ(特殊)• ハニー(特殊)• マム(特殊) MFA2• ) MF4• ) MF5• ) MFDS• ) MFDS2• ) ラグーン• ムハットハム ガリ• 最も神に近いとされる。 仮の体を使っているため本当の力は出せない が、「MFDS2」の図鑑によると1000年間太陽の光を浴び続けて自らが太陽になって生まれ変わったモンスター。 ガリを主体とした合体モンスターは図鑑ではサブモンスターの守護神。 マジンを出すのに必要なモンスターの一つ。 「MF2」の図鑑によると性格はお茶目で修行中の身らしい。 ガリを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) MFA2• ) MFDS2• ) モノリス• 通常は非常に固いが、攻撃を受けたときはわざと分裂してダメージを押える。 マジンを出すのに必要なモンスターの一つ。 ラクガキを出すモンスターに必要なラクガキモノもモノリスからである。 モノリスを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) MFA2• ) MFDS2• ) ナーガ• 最も凶暴なモンスターで敵を倒すことを生き甲斐としており、それ以外に興味は無い。 「PS2MF」ではカララギ派生モンスター。 ナーガを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• リョザン(ブリリア派生)• アーマン(ゴート派生)• アスピス(タクラマ派生)• ヴァイパー(モークス派生)• エキドナ(特殊)• クロール(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) MF5• ) MFDS2• ) プラント• 性格はおとなしく安全なので、一般の人々にも飼われる事が多い。 鑑賞モンスター。 「MF2」の図鑑によるとIMaのプラントはFIMBAより弱め。 「PS2MF」の図鑑によるとスパルタに育てると花が青くなるというのせいで多くのプラントが逃げ出してノラモンになった。 モークス派生モンスター。 プラントを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• ケッショウカ(ブリリア派生)• ココナッツ(ゴート派生)• サボラン(タクラマ派生)• ジャングルプラム(カララギ派生)• アキハバナ(特殊) MF4• ) MF5• (ガリ)) MFDS• ) ドラゴン• 非常に珍しい伝説のモンスター。 現代では長く生きられないとされる。 「PS2MF」ではモークス派生 ドラゴンを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• シムルグ(ブリリア派生)• ザラタン(ザラタン派生)• ドルゥーガ(タクラマ派生)• ファフニール(カララギ派生)• グリュプス(特殊)• クジャタ(特殊)• クンフー(特殊)• ラグナ(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• (アビス))• ) MF5• ) MFDS• ) MFDS2• ) マジン• 恥ずかしがりやのため、モノリスやガリとなってあらわれることが多い。 隠しモンスターの一体で、ガリとモノリスに合体素材である古の鏡を使う。 マジンを主体としたモンスター• ) ヘンガー• 魂を利用して作られたカラクリ(機械=マシーン)モンスター。 隠しモンスターで、ヘンガーを生み出すアイテムを合体の隠し味に、ヘンガーの印がついているモンスターと適当なモンスターを合体させれば生み出せる、レマ砂漠で栄えた文明において生まれたモンスター。 機械の体という設定上隠し武器を持っており、バリエーションが豊富で、変形前の姿は小さいが戦闘においては人型のロボットに変化する。 タクラマ派生モンスター。 ヘンガーを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• メタニクス(ブリリア派生)• スカルウェーブ(ゴート派生)• キューザ(モークス派生)• アヴィオネアー(特殊)• ヴァルカン(特殊)• バーストライナー(特殊)• オネンガー(特殊) MFA2• ) MF4• (プラント)) MF5• (ライガー)) MFDS• ヘンガーもどき MFDS2• ) ニャー• ニャーニャー人形に憧れたモンスターが、姿を真似て生まれてきた。 「MF2」の図鑑によると趣味は歌う。 「PS2MF」の図鑑によると近頃はお笑いはできると考えている。 「MF」の隠しモンスターの一体で、ニャーニャー人形を合体素材にすればできる。 「PS2MF」ではカララギ派生モンスター。 「MFA2」ではミミニャー〜ブロッサムはミミニャーの姿をしている。 「MF4」以降のニャーは人形そのもので、目はボタンになっている。 「オンライン」と「ラグーン」ではニャーニャー人形で登場するが、敵である。 ニャーを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) PS2MF• コンタ(ブリリア派生)• カメキチ(ゴート派生)• ニャッキリ(タクラマ派生)• バンビーニャ(モークス派生)• ブーチン(特殊)• ケロ(特殊)• ニャルダー(特殊)• ネコボー(特殊)• ニャセイジン(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) MF5• ) MFDS• ) MFDS2• 伝説になっているほど「なまけもの」のモンスター。 育成するのには相当の根気が必要。 隠しモンスターの一体で、合体に超溺愛のモンスター2体と合体素材にマジックバナナを使う。 「MF2」の図鑑によると普段は何も考えていないという。 ラウーを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) ゴースト• ブリーダーのもとを離れられないモンスターの魂が円盤石の中身を乗っ取ったもの。 「MF」の隠しモンスターの一体で、合体に呪いの印がついているモンスターと適当なモンスターを合体させればできる。 ゴーストを主体としたモンスター MF1• ) MF2• ) ラクガキ• ラクガキはマニアしか知らない。 「MF」の隠しモンスターの一体で、合体にラクガキモノと適当なモンスターを合体させればできる。 テクモが作った「」の登場人物でギンくんがラクガキでガツガツがラクガキツー。 ラクガキを主体としたモンスター MF1• ) MFA2• ) ディスク• CD以外で出すことは不可能。 一定の技を使うと模様であるトカゲが出てくる。 ディスクを主体としたモンスター• ) 移植版で追加されたモンスター [ ] 2020年4月27日のアップデートで追加された17体のモンスター。 ブリーフマン、ボーダー、ティーシャツ、セイラー、トカイノハナ、アポカリプス、マグネティックス、チョンマゲは色違いとして追加、モンスターファーム2からはシロとエクスプレス、ムーが追加され、テクモヤマとキンキライガー、コミは新規で追加された。 エクスプレスは2で登場したものに加え、色違いである赤いタイプも登場する。 ディスカーマーはに登場する武器に由来する。 ) モンスターファーム2 [ ] ケンタウロス• を持っている。 「MF2」の図鑑によると知的で誇り高く正義感が強い。 かつて砂漠地方に多く見られた。 ケンタウロスを主体としたモンスター MF2• ) MFDS2• ) コロペンドラ• 「MF2」の図鑑によると3体のモンスターはそれぞれ・・の三つの意志を持っている。 愛の意志は無視されることが多い。 「PS2MF」ではカララギ派生モンスター。 コロペンドラを主体としたモンスター MF2• ) PS2MF• コロニット(ブリリア派生)• フカズキン(ゴート派生)• コロダンゴ(タクラマ派生)• マリンバ(モークス派生)• カプッコロ(特殊) MF4• ) MFDS• ) ビークロン• 「MF2」の図鑑によると頑丈な体と力を備えている。 しかし、賢さが低く魔法攻撃(かしこさ攻撃)に弱い。 「PS2MF」ではモークス派生に属している。 ビークロンを主体としたモンスター MF2• ) PS2MF• アバランチ(ブリリア派生)• シザーズ(ゴート派生)• スコルビー(タクラマ派生)• モース(カララギ派生)• ビーロック(特殊)• ベルクーガ(特殊)• カンタロス(特殊)• タンクロン(特殊) MF4• ) MF5• (ガリ)) MFDS• ビークロンもどき(ビークロン) チャッキー• ニャーより人に近い。 「MF2」の図鑑によるとバトルで殺されたブリーダーの恨みが込められている。 名前の由来とモデルは映画のチャッキー。 チャッキーを主体としたモンスター• ) ロードランナー• 「MF2」の図鑑によるとディノ種とほぼ同じ血統であるがロードランナーはスピードに優れている。 ロードランナーが生息しているIMaではディノは発見されていない。 「PS2MF」の図鑑によると初心者用モンスターとして書かれている。 また性格は素直で、たまにお茶目な所もあり、モークス派生。 「MF2」のロードランナーを合体のsubにする時はディノをsubとしたモンスターが生まれる。 「MF」から登場しているモンスターをsubでロードランナーを主体としたモンスターはディノを主体としたモンスターに多少似ているが名前は違う。 ロードランナーを主体としたモンスター MF2• ) PS2MF• パシュミナー(ブリリア派生)• パラサウロ(ゴート派生)• ホットロッド(タクラマ派生)• グランパー(カララギ派生)• フトランナー(特殊)• タトゥーンJ(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) デュラハン• 「MF2」の図鑑によると古代騎士達が身に付けていたといわれている鎧がモンスター化したと言われている。 「MF2」の図鑑では性格は好戦的だったが、「MFDS2」の図鑑では弱者を助け強者を挫く誇り高いことと、主君に忠誠を尽くすことに変更されている。 「PS2MF」の図鑑によるとデュラハンは実際は剣が生きているのではないかと噂されている。 モークス派生に属する。 デュラハンを主体としたモンスター MF2• ) PS2MF• ハイランダー(ブリリア派生)• トライドン(ゴート派生)• ルインセクター(カララギ派生)• キャバリー(特殊)• マサラ(特殊)• フォレストラ(特殊)• エンキ(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• (アビス)) MF5• ) MFDS• ) MFDS2• ) アローヘッド• 「MF2」の図鑑によるとライフと丈夫さに優れている。 水中ではスピードは早く敵なしと言われているが水中大会は開催されていない。 アローヘッドを主体としたモンスター MF2• ) MFA• ) MFA2• ) ホッパー• 「MF2」の図鑑によると言う事を聞かないが多くのブリーダーに愛されている。 ホッパーを主体としたモンスター• ) バクー• 「MF2」の図鑑によると面倒なことは嫌いだが素直。 「PS2MF」の図鑑によると大食いでしかも外見によらず俊敏。 「PS2MF」ではブリリア派生モンスター。 「MF5」にはバクー投げという種目にのみ登場している。 バクーを主体としたモンスター MF2• ) PS2MF• エレキブタナマズ(ゴート派生)• コブー(タクラマ派生)• レオーン(カララギ派生)• バクシシ(モークス派生)• ビースリム(特殊) MF4• ) MFDS• ) MFDS2• ) アーケロ• 「MF2」の図鑑によると酒とタバコが好きで仙人と呼ばれている。 普段は大人しいがバトルになると激しく戦う。 爪や酒、タバコを武器として使う。 アーケロを主体としたモンスター• ) グジラ• 「MF2」の中でもゴーレムより背が大きい。 「MF2」の図鑑によると大食いで普段はあまり役に立たないのでブリーダーは少ない。 力やライフは優れている。 グジラを主体としたモンスター• ) バジャール• 「MF2」の図鑑によると普段はおちゃらけている。 自分に悪いことがあるとランプの中に隠れる。 バジャールをsubとしたモンスターはアラブ風になる。 バジャールを主体としたモンスター• ) ヒノトリ• 「MF2」の図鑑によると目標実現のための強い意志が宿っている。 最後まで諦めない頑固さもある。 育成時、自分の死が近づくと何処かに飛ぶ。 ヒノトリを主体としたモンスター MF2• ) MFA2• ) MF4• (ジョーカー)) MFDS• ) メタルナー• 「MF2」の図鑑によると遠い星から来たと書かれており、感情の殆どが失われているため補完することが目的。 メタルナーを主体としたモンスターは感情に関しての情報がある。 メタルナーをsubとしたモンスターは近未来のモンスターになる。 メタルナーを主体としたモンスター• ) ジール• 「MF2」の図鑑によると雪山で見られて、長い毛で覆われているが夏は苦手。 ジールを主体としたモンスター• ) モッチー• 「MF2」の図鑑によるとぺたぺたした肌を持ち、愛らしい動きをするため多くのブリーダーを魅了している。 「PS2MF」の図鑑によるとキュートな声も魅力の一つとしてあげられている。 「PS2MF」ではモークス派生に属している。 「MFA2」ではオニッチがモッチーに二本角があり短パンを履いており、オニッチ〜シロオニッチはオニッチの姿をしている。 「オンライン」では、6頭身モッチーと呼ばれるモッチーを6頭身にしたモンスターが登場した。 他にも筋肉質で褌を腰に巻いた「ガチムッチー」というモンスターも登場した。 なお、ガチムッチーが登場したのはラグーンの方である。 モッチーを主体としたモンスター MF2• (ゼノン)) PS2MF• シャーベット(ブリリア派生)• イソベ(ゴート派生)• ワラビ(タクラマ派生)• コロロ(カララギ派生)• スッチー(特殊)• カパッチ(特殊)• コスモッチー(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) MF5• (オギョウ))• ) MFDS• ) MFDS2• ゲンキッチー - 元ネタはアニメ版モンスターファームの登場人物ゲンキ。 ガチムッチー ジョーカー• 「MF2」では仮面は不気味な道化師の様な模様があり道化師に見えるが、「PS2MF」以降は模様はなく髪と翼がはえており死神の様な姿となった。 「MF2」の図鑑によると性格は極悪で封印されていたが、現代に蘇った。 「MF2」のジョーカーをsubとしたモンスターは性格が極悪なモンスターもあればジョーカーに影響されたモンスターもある。 「PS2MF」ではモークス派生モンスター。 「MFA2」ではメフィスト〜レクイエムは普通のジョーカーとは翼と鎌の形状が違う。 ジョーカーを主体としたモンスター MF2• (サイローラ)) PS2MF• マギー(特殊派生) MFA• ) MFA2• ) MF4• (デュラハン)) MF5• ) MFDS• ) MFDS2• ) ネンドロ• 「MF2」の図鑑によるとネンドロは手を広げると、かなりの大きさになる。 性格は真面目で照れ屋。 ネンドロを主体としたモンスター• ) ウンディーネ• 「MF2」の図鑑によると深海に潜む。 戦いは好きではないが、苦手ではない。 「PS2MF」の図鑑によるとピクシーのゴート派生ウンディーネからウンディーネの種族が出来たと書かれている。 ゲルと噂されたことがある。 「ラグーン」でピクシーと独立して登場するが、外見は変わっている。 ウンディーネを主体としたモンスター• ) ナイトン• 「MF2」の図鑑によると性格は臆病で驚くと殻に閉じこもる。 ただし負けず嫌いな一面を持つ。 ナイトンを主体としたモンスター• ) モック• 「MF2」の図鑑によると様々なモンスターの思念を受け止めているため、殆どが邪悪な感情を持つ。 モックを主体としたモンスター• ) ダックン• 「MF2」の図鑑によると古代では重要な任務を持っていたといわれている。 「PS2MF」の図鑑によると性格はロマンチストであったが、「MF5」では気分屋に変更。 「PS2MF」ではブリリア派生モンスター。 ダックンを主体としたモンスター MF2• ) PS2MF• ワックン(ゴート派生)• カラカラックン(タクラマ派生)• トークンポークン(カララギ派生)• ドックン(モークス派生)• カザムックン(特殊)• コケックン(特殊)• デンクン(特殊)• ダルマックン(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• (ファルコ)) MF5• ) MFDS• ) ノラモン 「MF2」の修行のあとにまれに遭遇するモンスター。 登場作品:MF2、MFA カウレア火山で遭遇するランクAのドラゴン。 マグマの様に燃えている体が特徴。 「MF2」の図鑑によると自分のテリトリーが侵す者に対して容赦なく攻撃する。 「MFA」では育てることが可能になった。 登場作品:MF2 マンディー砂漠で遭遇するランクSのケンタウロス。 赤い目が特徴。 「MF2」の図鑑によると元々は正義の為にしか戦うことのないケンタウロスだった。 登場作品:MF2 マンディー砂漠で遭遇するランクAのゴーレム。 「MF2」の図鑑によると主人を亡くして、一人でひっそり生きている。 静けさを破るものを許さない。 登場作品:MF2 パレパレジャングルで遭遇するランクAのロードランナー。 体色がロードランナーとは若干違う。 「MF2」の図鑑によると活発なロードランナーが野生化したもの。 人間には近寄らない。 登場作品:MF2、MFA トーブル海岸で遭遇するランクAのアローヘッド。 顔が銀色でそれ以外はアローヘッドと同じ色。 「MF2」の図鑑によると元々はブリーダーに飼われていたが陸上の生活に耐え切れずブリーダのもとから逃げ出した。 「MFA」では育てることが可能。 登場作品:MF2、MFA パパス雪山に遭遇するランクAのライガー。 「MF2」の図鑑によると人間を襲った為処分されそうだった所を逃げ出した。 知能はとても高い。 「MFA」では育てることが可能で、図鑑によると性格は自信家。 登場作品:MF2 トーブル海岸で遭遇するランクAのホッパー。 赤い目と翼がホッパーに無い物がある。 「MF2」の図鑑によると赤い目があったため見せ物になっていた。 登場作品:MF2 パパス雪山に遭遇するランクAのアーケロ。 「MF2」の図鑑によると元々は優しい性格だったが禁断の酒を飲んでしまい邪悪な心が宿ってしまった。 登場作品:MF2 トーブル海岸に遭遇するランクSのグジラ。 体色が白で額に傷がある。 「MF2」の図鑑によると数年前の大地震で太古の眠りから覚めた。 登場作品:MF2、MFDS2 カウレア火山で遭遇するランクSのヒノトリ。 青い炎が特徴。 「MF2」の図鑑によるとフェニックスを見ると長生きすると言われているが性格は凶暴。 「MFDS2」の図鑑によると絶対零度の炎を身に纏い背徳の心を持つ者が近づくと魂まで凍ってしまい正義の心を持つ者が近づくと心が温かくなる。 「MFDS2」では育てることが可能になった。 登場作品:MF2 パパス雪山で遭遇するランクSのジール。 赤い目と赤い手が特徴。 「MF2」の図鑑によるとビックハンドは絶滅したと考えられていた。 登場作品:MF2 パレパレジャングルで遭遇するランクAのネンドロ。 額に六角形の形をした物が特徴で、これは「MF2」の図鑑によるとバトルで言うことを聞かせるための物だった。 登場作品:MF2 マンディー砂漠で遭遇するランクAのモノリス。 模様は炎。 「MF2」の図鑑によると厳しいブリーダーの元から逃げ出すため小屋が火事の時に逃げ出した、名の由来はPCの「防御プログラム」から。 登場作品:MF2 パレパレジャングルに遭遇するランクSのラウー。 服を着ているのが特徴。 「MF2」の図鑑によると女性ブリーダーに飼われていたが、あまりの服のセンスの無さに捨てられた。 登場作品:MF2、MFA カウレア火山で遭遇するランクAのナーガ。 胸に大きな傷があり、目は赤い。 「MF2」の図鑑によると何者かに殺人モンスターとして育てられた。 一説にはモンスターが育てたのではないかといわれている。 「MFA」では育てることが可能。 レジェンド杯のみに登場するモンスター [ ] モスト(シロモッチー)• (ゼノン))として):MF2、MFA、MF4、MFDS、MFDS2 レジェンド杯のみに登場するシロモッチー。 全能力が極めて高い。 シロモッチーは「MF2」の図鑑によると人と同じが嫌いで自分の肌を変えた。 目立ちたがり屋。 「MF4」の図鑑によるとモッチーとは宿命のライバル。 シロモッチーは「MFA」では育てることが可能。 ポトリカ(シロゾー)• )として):MF2、MFA レジェンド杯のみに登場するシロゾー。 ステータスは攻撃に優れている。 シロゾーは「MF2」の図鑑によると体の色が違うために大切に育てられたが母親に会う為家出。 母親自体いない。 シロゾーは「MFA」以降では育てることが可能。 ソロモン [ ] タコピ• 登場作品:、PS2MF、MFA、MFA2 ゲームボーイカラー「ソロモン」から登場した型モンスター。 「PS2MF」の図鑑によると普段は大人しいが怒ると目付きが変わり暴れだす。 ゴート派生に属している。 タコピを主体としたモンスター PS2MF• タコミィ(タクラマ派生)• ピヨピ(カララギ派生)• ホーホーダコ(モークス派生)• ジゾーサマ(特殊)• タコラヅカ(特殊) MFA• ) MFA2• ) ザン• 登場作品:、PS2MF、MFA、MFA2、MF4、MF5、MFDS、MFDS2 黒色のモンスターで節足生物と人間を足した忍者のようなモンスター。 その姿どおり素早さと力に秀でておりビジュアルにおいても人気が高く「PS2MF」の図鑑によると戦闘用モンスターだが、あまりにも危険と見たトカチ人によって封印されたが何処かの科学者が封印を解いた。 ブリリア派生。 「MFDS2」では知能は人間以上を有している。 ザンを主体としたモンスター PS2MF• レツ(ゴート派生)• イズナ(特殊) MFA• ) MFA2• (マヤー)) MF4• ) MF5• ) MFDS• ) MFDS2• ) スズリン• 登場作品:、PS2MF、MFA2、MF4 ゲームボーイカラー「ソロモン」から登場した妖精モンスター。 鈴の形をした帽子を被っている。 モークス派生。 「PS2MF」の図鑑によるとスズリンを発見したのはシロキ博士。 「MFA2」ではドラリン〜シスターはスズリンの帽子と服の形状が違う。 スズリンを主体としたモンスター PS2MF• ユキリン(ブリリア派生)• マリリン(ゴート派生)• セニョーリン(タクラマ派生)• クリリン(タクラマ派生)• ホルスタリン(特殊)• ドラリン(特殊)• ケロリン(特殊)• レイリン(特殊) MFA2• ) MF4• ) サイローラ• 登場作品:、PS2MF、MFA、MFA2、MF4 サイがタイヤの上に乗ったモンスター。 「PS2MF」では新種のモンスターでタイヤかサイのどちらが本体なのか議論されている。 カララギ派生モンスター。 サイローラを主体としたモンスター PS2MF• ビバローラ(ゴート派生)• アルマローラ(タクラマ派生)• ベアローラ(モークス派生)• バリローラ(特殊)• トルネード(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) パンチョ• 登場作品:、PS2MF、MF4、MF5、MFDS2、オンライン、ラグーン 小型モンスターで、カボチャの中にいるのが特徴。 「PS2MF」ではお化けカボチャに命が宿ったモンスターとされている。 殻であるカボチャは成長せず、新たな殻を探すため畑をあらす。 カララギ派生モンスター。 パンチョを主体としたモンスター PS2MF• シロンチョ(ブリリア派生)• シェルンチョ(ゴート派生)• ツボンチョ(タクラマ派生)• クリンチョ(モークス派生)• マキュー(特殊)• アフロ(特殊) MF4• (ダックン)) MF5• ) MFDS2• ) オンライン• イエチョ• カブンチョ ラグーン• ヒゲチョ モンスターファーム(PS2) [ ] レシオネ• 登場作品:PS2MF、MFA、MFA2、MF4、MF5、MFDS、MFDS2 型モンスター。 「PS2MF」の図鑑によると大きなひれで水中を泳ぎ、曲芸もこなす。 性格は甘えん坊。 ゴート派生モンスター。 レシオネを主体としたモンスター PS2MF• ビアンスノー(ブリリア派生)• サンドレッシー(タクラマ派生)• ハイビス(カララギ派生)• グリリーフ(モークス派生)• コラール(特殊)• ディアマンテ(特殊)• シーピー(特殊)• ) MFA2• ) MF4• ) MF5• ) MFDS• ) モギィ• 登場作品:PS2MF、MFA、MFA2、MF4 二足歩行のモグラモンスターで帽子を被っている。 「PS2MF」の図鑑では16ビートで大地を掘り進む。 タクラマ派生。 モギィを主体としたモンスター PS2MF• フリース(ブリリア派生)• オフショア(ゴート派生)• ティグレ(カララギ派生)• ボスコ(モークス派生)• マハラジャン(特殊)• ブラッキー(特殊) MFA• ) MFA2• ) MF4• ) モモ• 登場作品:PS2MF、MFA、MFA2 を持っている小動物モンスター。 常に目をつぶっている。 「PS2MF」の図鑑によると性格はのんびり屋でマイペース。 クルミはの効果をもたらしている。 モークス派生に属している。 モモを主体としたモンスター PS2MF• ぺぺ(ブリリア派生)• ザザ(タクラマ派生)• キキ(カララギ派生)• パンコ(特殊) MFA• ) MFA2• ) モンスターファームアドバンス [ ] アントラン• 登場作品:MFA、MFA2、MF4 型モンスターで小型かつ二足歩行で歩く。 色は青く2本の角が特徴。 「MFA」の図鑑によると性格は熱血。 アントランを主体としたモンスター MFA• (ガリ))• ) MFA2• ) MF4• ) モンスターファームアドバンス2 [ ] ライデン• 登場作品:MFA2、MF4、MF5 二足歩行の型モンスター。 人間に近い姿で格闘技で戦う。 「MFA2」の図鑑によると強さを求める。 性格は生真面目だが、ドジもたまにある。 ライデンを主体としたモンスター MFA2• ) MF4• ) MF5• ) ギタン• 登場作品:MFA2、MF4、MF5 小悪魔のようなモンスターで小さい三叉の槍を持っている。 「MFA2」の図鑑によると地獄より遣って来た見習い悪魔と書かれている。 一人前の悪魔になろうと努力するが、いつも失敗する。 ギタンを主体としたモンスター MFA2• ) MF4• ) MF5• ) ガルゥ• 登場作品:MFA2、MF4、MF5 獣人型モンスター。 「MFA2」の図鑑によると好奇心旺盛で、やんちゃ。 常に元気に飛び回っている姿を見ると見る者を元気にする。 に変更している。 ガルゥを主体としたモンスター MFA2• ) MF4• ) MF5• ) モンスターファーム4 [ ] オギョウ• 登場作品:MF4、MFDS、MFDS2 ピンク色の魚型モンスター。 「MF4」の図鑑によるとオギョウの美しい姿と優雅な戦い方から、「スタジアムの貴婦人」と呼ばれ、多くのファンがオギョウを応援するぐらい人気がある。 オギョウを主体としたモンスター MF4• ) MFDS• ) マジロー• 登場作品:MF4 アルマジロの様なモンスター。 「MF4」の図鑑によると性格は寡黙。 不器用で日々努力を積み重ねている。 マジローを主体としたモンスター• ) リッパー• 登場作品:MF4、MF5 のような姿と長い尻尾をもつモンスター。 「MF4」の図鑑によると氷と風を操る事ができる。 リッパーを主体としたモンスター MF4• ) MF5• ) ピポサル• 登場作品:MF4 「」からゲスト出演。 技や仕草はガルゥ種を基本としている。 純血がいない事が特徴。 ピポサルを主体としたモンスター• ) モンスターファーム5 サーカスキャラバン [ ] マヤー• 登場作品:MF5 猫型モンスター。 緑色の体表が特徴。 「MF5」の図鑑によると光り輝くオーラを持つ。 マヤーを主体としたモンスター• ) ピロロ• 登場作品:MF5、MFDS、MFDS2 小さいピエロの様なモンスター。 「MF5」の図鑑によると多数の芸を披露することができる。 ピロロを主体としたモンスター MF5• (ガリ))• ) MFDS• ) MFDS2• ) かいて しゃべって はじめよう! モンスターファームDS [ ] アビス• 登場作品:MFDS、MFDS2 のの様な体型しているモンスター。 「MFDS」の図鑑によるとを蘇らせる力を持つといわれている。 アビスがどこから来ているのかは不明。 アビスを主体としたモンスター MFDS• (ガリ))• ) MFDS2• ) ファルコ• 登場作品:MFDS、MFDS2 大型鳥人モンスター。 「MFDS」の図鑑によると性格は優しくて力持ちで、平和を愛する。 ライデンに近い所を持つが、両者の関係は不明。 ファルコを主体としたモンスター MFDS• ) MFDS2• ) ゼノン• 登場作品:MFDS、MFDS2 白いモンスター。 「MFDS」の図鑑によると昔の呪いが解けて、神話の時代から蘇ったモンスター。 伝説によるとゼノンはモンスターの王になる資格を神から与えられている。 ゼノンを主体としたモンスター MFDS• (アビス)) MFDS2• ) モンスターファーム オンライン [ ] アンテロ• 山岳派生モンスター。 アンテロを主体としたモンスター• アルネロ(雪原派生)• モモテロ(??? ) コルヌー• 山地派生モンスター。 コルヌーを主体としたモンスター• クエルノ(寒冷地派生)• ゴレヌー(??? ) キキモ• 岩場派生モンスター。 キキモを主体としたモンスター オンライン• ココノ(ジャングル派生) ラグーン• カカロ マムー• 高地派生モンスター。 マムーを主体としたモンスター• モストロ(荒地派生) シグエ• 高地派生モンスター。 シグエを主体としたモンスター• ヒノエ(??? ) シグニール• 山地派生モンスター。 シグニールを主体としたモンスター• ドラニール(??? ) グロブスト• 円盤石派生モンスター。 サラマンダー• 円盤石派生モンスター。 モンスターファーム ラグーン [ ] ザイン• 「オンライン」では登場予定があったものの終了してしまったため登場できなかった。 ゼッカ• 「オンライン」では登場予定があったものの終了してしまったため登場できなかった。 アニャムー• ペンタ• 「オンライン」では登場予定があったものの終了してしまったため登場できなかった。 脚注 [ ] [].

次の

ガンダムブレイカー2ミッション攻略

ヤクトハウンド

初期能力値 モンスターが誕生時に持つ能力の基本的な値です。 再生する CD等により能力値は異なりますが,合体時の基本能力比較には初期能力値が使用されます。 成長適性値 モンスターのトレーニング時に,どの能力が成長しやすいかを示す値です。 先頭から「ライフ」「ちから」「かしこさ」「命中」「回避」「丈夫さ」の6種類の能力に対応するアルファベット6文字からなり,AからEの5段階で能力の上がりやすさを示します。 初期潜在能力値 初期能力値に成長適性値を定数化した数値を掛け合わせて算出した数値です。 合体でメインとするモンスターの潜在能力値と,合体の結果誕生するモンスターの初期潜在能力値の順番が一致している能力は継承する能力の値が高くなります。 初期潜在能力値の算出方法 各々の能力値に成長適性値を掛け合わせて算出を行います。 成長適性値に対応する定数は,A:2. 0,B:1. 5,C:1. 0,D:0. 5,E:0. 1,とします。 通常,Eの定数は0とされていますが,値にかかわらずすべて0になってしまい,機械的な順位づけが不可能になってしまうので,0. 1としました。 この場合,適性Dで初期値20以下のものと適性Eで初期値100以上のものの順位が狂う計算になりますが,初期能力値において実際にはそのような例はありません。 能力順 先頭から「ライフ」「ちから」「かしこさ」「命中」「回避」「丈夫さ」の順に対応する順位を示す数字で,6桁の数値ではないことに注意してください。 初期潜在能力値の高い順に1〜6の数字を羅列してあります。 例えば,「ライフ」「ちから」「かしこさ」「命中」「回避」「丈夫さ」の順であれば,「123456」となります。 初期潜在能力値に添えた方が直感的ではありますが,一般的なWebブラウザのページ内検索機能( Ctrl+F)を使用して簡単に探せるようにしてあります。 種族名はモンスター・リストへのリンクとなっていて,寿命週数や得意事項などを確認できます。 初期能力値・初期潜在能力値 モンスター種族 初期能力値 成長適性 初期潜在能力値 能力順 No. 種族 血統 ラ 力 賢 命 回 丈 ラ 力 賢 命 回 丈 No. The MF2 resources.

次の

MF1図鑑・ライガー種

ヤクトハウンド

初期能力値 モンスターが誕生時に持つ能力の基本的な値です。 再生する CD等により能力値は異なりますが,合体時の基本能力比較には初期能力値が使用されます。 成長適性値 モンスターのトレーニング時に,どの能力が成長しやすいかを示す値です。 先頭から「ライフ」「ちから」「かしこさ」「命中」「回避」「丈夫さ」の6種類の能力に対応するアルファベット6文字からなり,AからEの5段階で能力の上がりやすさを示します。 初期潜在能力値 初期能力値に成長適性値を定数化した数値を掛け合わせて算出した数値です。 合体でメインとするモンスターの潜在能力値と,合体の結果誕生するモンスターの初期潜在能力値の順番が一致している能力は継承する能力の値が高くなります。 初期潜在能力値の算出方法 各々の能力値に成長適性値を掛け合わせて算出を行います。 成長適性値に対応する定数は,A:2. 0,B:1. 5,C:1. 0,D:0. 5,E:0. 1,とします。 通常,Eの定数は0とされていますが,値にかかわらずすべて0になってしまい,機械的な順位づけが不可能になってしまうので,0. 1としました。 この場合,適性Dで初期値20以下のものと適性Eで初期値100以上のものの順位が狂う計算になりますが,初期能力値において実際にはそのような例はありません。 能力順 先頭から「ライフ」「ちから」「かしこさ」「命中」「回避」「丈夫さ」の順に対応する順位を示す数字で,6桁の数値ではないことに注意してください。 初期潜在能力値の高い順に1〜6の数字を羅列してあります。 例えば,「ライフ」「ちから」「かしこさ」「命中」「回避」「丈夫さ」の順であれば,「123456」となります。 初期潜在能力値に添えた方が直感的ではありますが,一般的なWebブラウザのページ内検索機能( Ctrl+F)を使用して簡単に探せるようにしてあります。 種族名はモンスター・リストへのリンクとなっていて,寿命週数や得意事項などを確認できます。 初期能力値・初期潜在能力値 モンスター種族 初期能力値 成長適性 初期潜在能力値 能力順 No. 種族 血統 ラ 力 賢 命 回 丈 ラ 力 賢 命 回 丈 No. The MF2 resources.

次の