ポララミン。 ポララミン錠2mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ポララミン錠2mgの効果・用法・副作用

ポララミン

作用 【働き】 アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。 このお薬は、ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。 カゼや花粉症をふくめ、アレルギーにもとづくクシャミや鼻水、じんま疹やかゆみなどに有効です。 ただし、対症療法薬になりますので、アレルギーの原因そのものは治せません。 【薬理】 抗原の刺激でアレルギー反応がはじまると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が放出されます。 そして、ヒスタミンはある種の神経受容体(H1受容体)と結合し、その刺激によりクシャミや鼻水などのアレルギー症状が誘発されるのです。 この薬は、ヒスタミンの受容体を遮断し、ヒスタミンが引き起こすさまざまなアレルギー症状をおさえます。 このような薬理作用から抗ヒスタミン薬と呼ばれています。 昔から使われている代表的な抗ヒスタミン薬です。 比較的速効性で、持続時間もそこそこにあります。 くしゃみや鼻水、かゆみによく効きますが、鼻づまりにはあまり効きません。• 開発が古い第1世代の抗ヒスタミン薬になります。 ヒスタミン受容体に対する選択性が低く、その他の受容体にも拮抗作用を示します。 このため、抗コリン作用にもとづく口の渇きや排尿障害などいろいろ副作用がでやすいです。 また、脂溶性が高く脳に入りやすいので、眠気や集中力の低下といった中枢抑制作用もみられます。• 使用実績がたいへん豊富です。 口の渇きや眠気は多いものの、ある意味安全性が確立されているわけです。 重い副作用はほとんどなく、市販のかぜ薬や鼻炎薬の多くにも配合されます。 最近は第2世代の抗ヒスタミン薬に処方が移っていますが、かゆみで眠れない場合など鎮静作用をかねて用いるとよいかもしれません。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、その薬を医師に教えてください。 【注意する人】 閉塞隅角緑内障のある人や、前立腺肥大症などで尿の出の悪い人には用いません。 症状が悪化するおそれがあるためです。 そのほか、心臓病や高血圧症、甲状腺機能亢進症、腸に閉塞や通過障害のある人は慎重に用います。 適さないケース..閉塞隅角緑内障、前立腺肥大症などで尿の出の悪い人。• 注意が必要なケース..開放隅角緑内障、心臓病、高血圧症、眼圧亢進、甲状腺機能亢進症、腸に閉塞や通過障害のある人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 安定剤など脳の神経をしずめる薬と併用すると、眠気の副作用がでやすくなります。• 一部の安定剤や抗うつ薬(三環系)、胃腸薬(鎮痙薬)との併用により、口の渇きや排尿困難、便秘などの副作用がでやすくなります。• 起立性低血圧の薬のドロキシドパ(ドプス)の作用が強まり、血圧の異常上昇をもたらすおそれがあります。• 飲酒は控えてください。 めまいや眠気などの副作用がでやすくなります。 【妊娠・授乳】 妊娠中における安全性は確立されていませんが、抗ヒスタミン薬のなかでは世界的に使用経験が多く、比較的安全に使用できると考えられています。 このため、妊娠中にどうしても抗ヒスタミン薬が必要な場合は、この薬が選ばれるかもしれません。 ただし、妊娠初期および末期の長期大量服用は避けたほうが無難です。 【食生活】 人によっては眠気をもよおします。 また眠くなくても集中力や注意力が低下することがあります。 車の運転をふくめ危険をともなう機械の操作や作業は避けてください。 じん麻疹、血管運動性浮腫、枯草熱、皮膚疾患に伴うそう痒 湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、薬疹• アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎• 感冒等上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・咳嗽 用法 【一般】 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩として、通常、成人は1回2mgを1日1〜4回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 【ドライシロップ】 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩として、通常、成人1回2mgを1日1〜4回、用時溶解して経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 【シロップ】 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩として、通常成人1回2mgを1日1〜4回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、小児に対する1回の服用量例は、次のとおりである。 15〜12歳3mL• 12〜8歳2. 5mL• 8〜5歳2mL• 5〜3歳1. 5mL• 3〜1歳1mL 【錠6mg】 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩として、通常成人1回6mg(本剤1錠)を1日2回経口服用する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは、眠気やけん怠感、口の渇きなどです。 たいてい心配ないですが、ひどいようでしたら早めに医師に相談してください。 そのほか、頭重感、目のかすみ、排尿困難、動悸、便秘などもみられます。 重症化することはまずありませんが、もともと前立腺肥大症のある人や、高齢の男性は排尿の具合に気をつけましょう。 また、赤ちゃんや小さな子供は、けいれんの副作用に念のため注意してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック..気持ち悪い、胸苦しい、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、耳鳴、ゼーゼーする、息苦しい、めまい、脈が速い・弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• けいれん、錯乱(混乱状態、取り乱す) 【その他】• 眠気、だるい、めまい、頭痛、頭重感• 口の渇き、吐き気、食欲不振、便秘• 動悸(ドキドキ感)• 排尿困難(尿が出にくい)、目のかすみ• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

がん治療で使われる「副作用を軽減するための薬」

ポララミン

ポララミン d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 は、1964年に発売された古くからある抗ヒスタミン薬です。 このためポララミンは第一世代の抗ヒスタミン薬に分類されていて、効果は強いのですが副作用も多いです。 そのため最近では、やなどの眠気が少ない第二世代の抗ヒスタミン薬が主流となっています。 しかし、風邪による鼻水では第一世代でしか保険が適応になっていないため、今でもポララミンは処方される機会が多いと思います。 しかしポララミンは眠気が強い薬であると同時に、抗コリン作用による口渇や尿閉も出てくるお薬です。 緑内障や前立腺肥大の人には使いづらいなどの特徴もあるため、ポララミンを使う際は第二世代よりも注意が必要です。 ここではポララミンを使う際、どのような病気の人が注意して、どのような副作用があるかまとめていきます。 1.ポララミンが使えない人、注意が必要な人は? 緑内障や前立腺肥大がある患者さんは、ポララミンを使用できません。 ポララミンは以下の3つの条件に対して禁忌としています。 緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、緑内障が増悪することがある]• 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難・尿閉などがあらわれ、症状が増悪することがある]• 低出生体重児・新生児[痙攣することがある] 第一世代の抗ヒスタミン薬は、抗コリン薬と似ている部分があります。 このためアセチルコリン受容体をブロックしてしまい、便秘・口渇・尿閉といった抗コリン作用が起きることもあります。 そのため抗コリン薬が禁忌である緑内障患者や前立腺肥大患者には、ポララミンも禁忌です。 また低出生体重児や新生児にポララミンを投与すると、抗コリン作用に対する感受性が高く、中枢神経が興奮して痙攣などが生じる恐れがあります。 人間は口呼吸ができるので、鼻水がひどくても命が危険になることは稀です。 そのため、適応がある2歳からポララミンを内服させるようにしましょう。 また上記以外にも、• 甲状腺機能亢進症のある患者[抗コリン作用により症状が増悪することがある。]• 狭窄性消化性潰瘍・幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制や緊張低下が起こり、症状が増悪するおそれがある。]• 循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により、症状が増悪するおそれがある。]• 高血圧症のある患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され、血圧が上昇するおそれが ある。] と記載されています。 特に高齢者は指摘されていなくても、高血圧や前立腺肥大、緑内障の合併があることがあります。 ポララミンを使用する際には、これらの疾患がないか考えてから内服する必要があります。 2.ポララミンの副作用の特徴とは? 第一世代の抗ヒスタミン薬であるため、眠気が出やすいお薬です。 さらに抗コリン作用として倦怠感、口渇、尿閉が出ることがあります。 脳では神経伝達物質として情報の橋渡しをしていますが、抗ヒスタミン薬によって脳でのこの働きがブロックされてしまうと、中枢神経が抑制されて眠気が出現します。 第一世代はこの脳への作用が強いお薬になります。 ポララミンも第一世代であるため、第二世代の抗ヒスタミン薬より眠気の作用が強いお薬です。 実際どれくらい眠気が強いのか気になるところですが、ポララミンは昔のお薬であり、市販後調査などの細かい報告がありません。 また第一世代の抗ヒスタミン薬は、抗コリン薬と似ている部分があります。 このためアセチルコリン受容体をブロックしてしまい、便秘・口渇・尿閉といった抗コリン作用が起きることもあります。 その他頻度は低いですが、• 頭重感• 吐き気・嘔吐• 光線過敏症 なども認めることがあります。 3.ポララミンの併用するのに注意が必要なお薬は? ポララミンは一緒に投与してはいけないお薬はありませんが、注意が必要なお薬はいくつかあります。 ポララミンの添付文章では、以下のお薬が併用注意としてされています。 中枢神経抑制剤(精神科のお薬全般)• MAO阻害剤(パーキンソン病治療薬)• これらはお互いに作用して効果や副作用を強める可能性があります。 また、救急治療室で使われている様な以下のような昇圧剤も注意が必要とされています。 プレドパ• ノルアドレナリン これらとポララミンを併用すると、血圧が異常上昇することがあるためです。 ですが昇圧剤は、患者さんが普段服用するお薬ではありませんね。 ですから、• 中枢神経抑制剤• MAO阻害剤• 抗コリン作用のある薬剤 の3剤が使われてないか注意する必要があります。 心配な人は医師にお薬手帳を渡して確認してみましょう。 4.ポララミンの眠気とは? 第一世代の抗ヒスタミン薬として眠気が強いです。 運転は避けるようにしましょう。 ポララミンには、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩という成分が使用されています。 抗ヒスタミン薬の中でも第一世代として非常に眠気の副作用が強いです。 添付文章では具体的な発生頻度は記載されていませんが、運転や危険作業などは控えるように記載されています。 運転をせざるを得ない方は、ポララミンは控えた方がよいお薬になります。 このため、花粉症などの定期的に長期に内服する場合は、あまり現在ではポララミンはお勧めできません。 風邪などで家でゆっくり休むような時にポララミンを内服しましょう。 軽症な風邪だけども無理して症状を抑えようとすると、ポララミンは逆効果になりかねません。 鼻水は止まるかもしれませんが、眠気が出る可能性があります。 特に風邪で体力が低下している場合は、眠気が強く出る傾向があります。 5.ポララミンはアルコールと一緒に飲んでいいの? ポララミンは、アルコールと一緒に服用すると相互に作用を増強します。 ポララミンの添付文章にも、アルコールとの併用によってポララミンとアルコールの作用が相互に増強されることがあると記されています。 実際にポララミンとアルコールを併用して問題になるのは、アルコールによって酔いが回りやすくなることです。 普段よりも酔いやすくなるので、思ったよりも少ない量で、めまいや吐き気、意識がなくなることがあります。 ポララミンが効きすぎてしまうのは良いことのように感じるかもしれませんが、副作用が強く出てきてしまうことがあります。 さらには、症状がよくなるとは限りません。 お酒を飲みすぎると、アレルギー症状や風邪症状が強くなることがあります。 ポララミン自体が第一世代の抗ヒスタミン薬として副作用が強いお薬です。 ポララミンを服用する場合は、アルコールは避けるようにしましょう。 逆に花粉症の期間中に飲み会があってどうしても飲まなければいけない場合は、アレグラやクラリチンなどの抗ヒスタミン薬の中でも副作用が弱いお薬の方が影響は少ないです。 詳しくそれぞれの副作用について知りたい方は、「」「」を確認してみてください。 6.妊婦・授乳中・小児にはポララミンは大丈夫? ポララミンは新生児には使えないお薬です。 妊婦の方には使用できるお薬です。 ポララミンの添付文章をみてみましょう。 妊婦の方には、 治療の有益性が危険性を上回る場合のみ投与すること。 動物実験で催奇形が報告されており、新生児に副腎不全を起こす可能性があります。 授乳中の方には、 授乳を避けること。 ポララミンは母乳に移行することが報告されています。 小児の方には、 新生児には抗コリン作用に伴う痙攣が出現することがあるため禁忌となっております。 2歳以上の小児から使うようにしましょう。 となっています。 ポララミンは古いお薬ですので、長い歴史があるため妊婦の方に安全と考えて処方されることが多いお薬です。 海外のガイドラインでも、Bとなっていて安全性は比較的高いとされています。 詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 授乳に関しては眠気が強いため、赤ちゃんにも眠気が強まってしまう懸念があります。 このためできるだけ避けた方がよいと考えられています。 子供では抗コリン作用に対する感受性が高く、中枢神経が興奮して痙攣などが生じる恐れがあります。 このため中枢神経の発達が未熟な乳児期はポララミンは避けた方がよく、2歳以上で服用できることとなっています。 まとめ• ポララミンは第一世代として眠気が強いお薬です。 ポララミンは抗コリン薬の成分もあるため口渇、便秘、吐き気などが出ることもあります。 ポララミンは、アルコールとの併用は基本的には勧められないお薬です。 ポララミンは新生児には使ってはいけないお薬です。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

クロルフェニラミン(ポララミン、ネオマレルミン等)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

ポララミン

Contents• 【薬剤師が味見してみた】古くから使われているけど ポララミンドライシロップって何味なんだろう??? 今回の味見はポララミンドライシロップ2%です。 現在は美味しい 小児用の散剤(ジェネリック) で有名な 高田製薬が販売(2014年~)していますが 元々は MSD株式会社の前身の シェリング・プラウ( 発売当時はエッセクス日本株式会社)が販売していました。 ポララミン錠は1959年発売開始、ドライシロップは1989年発売と長い歴史のあるお薬です。 第一世代の抗ヒスタミン剤ということで、ポララミンドライシロップの処方頻度は大分減りましたが それでも、年に1~2回は処方されるお薬です。 錠剤は薬価が安いのでやくちちの常備薬です ポララミンには5種類ある ポララミンには錠剤・シロップ・注射が各1種類と散剤2種類の 5製剤が販売されています。 ポララミン錠2mg ポララミンドライシロップ0. 箱で買ったら最後、使い切る前に大量に廃棄になりそうなお薬だと思います。 インタビューフォームによると 有効成分は白色の結晶性の粉末で、においはなく味は苦いらしく 添加物によって色がついているようです。 添加物(添付文書より) 添加物はいたってシンプル。 D-マンニトール• 精製白糖• 黄色 5 号 甘味のD-マンニトール・精製白糖、あとは香料と色素ですね。 実際に味わってみた 甘み95%、苦味5%って感じ。 口に入れた一瞬だけ 甘みとちょっと苦味を感じるけれど、 その後は甘みを感じて苦味はそれほどでもないです。 長く味わっていると 多少の苦味は感じるけど殆ど問題無いレベル。 普通に 甘くて美味しい味です。 古くから販売されているお薬だけど、思ったよりも美味しくて飲みやすいと感じました。 (水無しでの服用もいける・・・) 実はやくちちも愛用しています 薬価が非常に安いのでポララミン錠はやくちちも自宅に常備してあり、鼻水が出た時にとりあえず飲んでいます。 有り難いことに眠気も全くでないのでガブガブ・・・ スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~ 薬剤師ときどき父(やくちち)• 気になる1冊 『薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理 宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ 』 その薬にはウラがある・・・ 何の薬ですか!?!?• 今日やること 外来をこなしつつ…… 山積みの薬歴を全部書く 一部品目の棚卸し 施設調剤の完成 学校薬剤師の勉強 ……早めに行くだけじゃ無理そうだから、残業もしないと💦💦💦• 1月27日発売の気になる1冊 絵でわかる薬のしくみ KS絵でわかるシリーズ (船山 信次) これって、薬学生さんとにもいいのかな???• どのメーカーとは言わないが、メマンチンのシートが硬すぎて指が痛い。 というか、あれは早急に改善すべきレベルの押し出しづらさ!!!• 『現場で役だつ! 医学・薬学用語インデックス』 臨床現場や薬局で頻繁に使われる用語や略語を厳選して掲載したポケットサイズの用語辞典 「聞いたままの音」で引けるよう、日本語読みで50音順に掲載。 どんな単語が載ってるのだろう?.

次の