ワニ 電通 案件。 「ワニ」と「電通案件」と「エンタメ」に対して思っていることを吐き出す #100日後に死ぬワニ|佐藤奨 / 𝗧𝘀𝘂𝘁𝗼𝗺𝘂 𝗦𝗮𝘁𝗼 / スポーツイベントプロデュサー|note

有吉弘行、「100日後に死ぬワニ」炎上イジる 「あとは我々電通に任せて...」: J

ワニ 電通 案件

引用元:Twitter 2019年12月12日からTwitter上で連載が始まり、2020年3月20日に感動的な最終回を迎えた『100日後に死ぬワニ』。 作者のきくちゆうきさんは、作品への思いを次のように語ります。 『いつか死ぬ』生きているということはいつか死ぬということ。 自分の『終わり』や周りの人の『終わり』それを意識すると、行動や生き方がより良い方向にいくのではないか。 ワニを通してそれらを考えるきっかけにでもなればいいなと思っています。 fukuishimbun. しかし、なぜこんな『100日後に死ぬワニ』が「電通案件」「ステマ」と言われてしまうのでしょうか。 電通案件、ステマとは そもそも「電通案件」とは何を表す言葉なのか調べてみました。 引用元:ベイシカ 公式サイト 株式会社ベイシカHPから 取引企業を見てみると、「(株)電通東日本」の文字が。 これだけ話題になった「100日後に死ぬワニ」ですから、電通はかなり前から目をつけ、動いていたのでしょうか。 グッズ販売• 書籍化• 映画化 という商業展開は到底、「100日後に死ぬワニ」連載中の100日間で準備できるものではない!という声も。 100日後に死ぬワニのタイアップって到底100日じゃ準備できないようなものばかりなの凄くね? これってやり出す前から準備してたってことだろ?バズるかどうかも分からないものに賭けるのも凄いし、実際バズらせたプロモーション力も凄い。 普段俺らが嫌ってるメディアの力がネット内にも及んでるって怖 — イズム・ジ・エンド izumu373 「100日後に死ぬワニ」が「電通案件」と言われる理由には根拠があったようです。 引用元:wwwaap 公式サイト さらに、「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんが、株式会社『wwwaap』の一員だったという噂もあるようです。 株式会社wwwaap(ワープ)です! SNSで人気の漫画家やイラストレーターのマネジメント業です。 「インスタグラマーやYouTuberの漫画ver」とイメージ頂ければ幸いです。 広告事業とキャラクターライセンス事業を行っています。 wantedly. 来年も更に大規模にパーティーできるようここから1年精進します! — 【公式】wwwaap(ワープ) wwwaap0715 株式会社wwwaap(ワープ)が主宰する「ワープパーティー 」には「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんを始めとする様々なweb漫画家が参加されています。 株式会社wwwaap 執行役員には、漫画実業家「やしろあずき」さんも在籍されているようです。 アナ雪ステマ騒動・2019年12月3日同時刻 7人の漫画家が『アナと雪の女王2』について好意的な「感想」漫画を一斉投稿 ・漫画に「PR」や依頼の文言が無かったことから、広告であることを隠して優良誤認を狙った ステマではないかと疑惑浮上 ・翌朝になって、7人全員が「PR漫画でした」「説明をしておらず大変失礼しました」といった、非常に似通った文言の謝罪をツイート ・ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は「明確に広告と表記するはずが手違いにより、結果的にステマに見えてしまったもの」だと説明、疑惑は収束 というものです。 この「アナ雪ステマ騒動」でTwitterで投稿した漫画家が、 今回の「100日後に死ぬワニ」作者が関わる、株式会社「wwwaap」に所属していたそうです。 「アナ雪ステマ騒動」はあくまで「ステマ疑惑」という形で収束しました。 しかし、今回• 「100日後に死ぬワニ」で同じようなステマ疑惑が浮上• 「電通案件」の根拠 からも、なんだか業界の闇の深さを感じる方も多いようです。

次の

「100日後に死ぬワニ」から考えたい「電通案件」と2015年過労自殺事件(藤田孝典)

ワニ 電通 案件

株式会社ベイシカ 【本社】 〒108-0073 東京都港区三田1-4-80-103 【高知スタジオ】 〒785-0005 高知県須崎市東古市2-2 3F 2017年12月 資本金:5,000,000円 代表取締役:中尾 恭太 従業員数:7名 事業内容:キャラクタープロデュース事業、 キャラクターグッズの企画・ 開発・販売、デザイン、プロモーション 引用元: 作者のきくちゆうきさんと株式会社ベイシカの商標登録も2020年1月16日に、きちんと出願されていますね。 『100日後に死ぬワニ』はベイシカ案件 100日後に死ぬワニが死んだ当日に商業展開スタート!と告知してるのはこの100日後に死ぬワニ 公式。 プロフにはベイシカが運営してると書いてある。 ベイシカを検索するとキャラクタービジネスをプロデュースする会社だと出てくる。 こんな簡単なことなのに話題になってない。 100日間ありがとうという気持ちでいっぱいです。 一度でいいから、ワニさんとお会いしてみたかったです。 100日間ありがとうという気持ちでいっぱいです。 これに対して「ワニくんの命日ということで私事ではありますがLACOSTEの靴下と靴で過ごさせていただきました」「100日後に死ぬワニの影響か、不意にラコステのシャツを買いました」「ワニを忘れないように明日ポロシャツ買いに行くわ」とコメントが寄せられた。 そして一夜明け、「ワニくんの死に哀悼の意を表してラコステのパーカーを着る」「ラコステが喪服」「追悼する気持ちでラコステ着て出掛けたけど、偶然かな? 着ている人が多い気が」などと着用して追悼する動きが見られ、「今年LACOSTE着る人めちゃめちゃ増えそう」「101日後に売り上げを伸ばすワニ」「ラコステブームが来るか?」とブームを予想していた。 また、ラコステは12日に新商品のポロシャツとTシャツを発表。 一部商品が中央部にかけて大きなワニが描かれており、発売日が最終回前日の19日であったため「ワニが死ぬ前日にラコステから発売されるTシャツが欲しくて仕方ない」「これはコラボ商品なのか?」「ラコステが『100日後に死ぬワニ』に見えてきた」「ラコステの新作、100日後に死にそう」などと話題になっていた。 ポロシャツ1万8000円、Tシャツ1万円)• 書籍化決定 発表• いきものがかりとのコラボムービー 公開• 映画化 発表• グッズ販売開始 作品終了直後にこれだけのビジネス展開を発表され、背景には大手広告代理店「電通」も関わっていたとネットに報告され、「電通案件だったのか」とさらに注目を集めてしまいました。 電通は、過去に社員が過労自殺をしたことで大きくニュースになりました。 そのため、ネットでは電通が命の大切さを伝える案件に関わっていることに違和感を感じている方が多いようで、今回のテーマ「生きる」という点でさらに炎上してしまいました。 周りに流されやすい人間なんで100日後に死ぬワニ、皆が余韻に浸る間もなくPRで冷めたと言ってて自分も若干冷めてたんですけど、電通絡んでるのは確かに冷める。 高橋まつりさん殺しといて死をテーマにした漫画にのっかってくるんじゃねえよ。 — Dani Pinas DaniPinas 100日後に死ぬワニが電通案件と判明し炎上 だいたいこの3つのどれかだと思う ・自発的に選んだはずが、実は初めから大きな権力に選ばされていたと分かった時の気持ち悪さ ・過労死で自殺した社員がいるのにお前が死をテーマにしてマーケティングすんなや! ・死んだと同時にグッズ販売で余韻を与えず — Ryusuke 昆虫食 0318Osa なぜ 『100日後に死ぬワニ』が 電通案件・ステマ疑惑が出たのでしょうか? 電通案件疑惑の一つ目の理由が、 『100日後に死ぬワニ』Twitter公式アカウントの管理会社の取引先に電通があったことです。 公式アカウントを見ると、 株式会社ベイシカがプロデュースをしているのですが、 株式会社ベイシカの取引先一覧に (株)電通東日本と記載されています。 引用元: また、「100日後に死ぬワニ」が電通案件・ステマ疑惑にあがってしまった、二つ目の理由は、最終話公開直後に公開された 「100日後に死ぬワニ」といきものがかり「生きる」のコラボムービーのStaffクレジットに電通関係者の根本陽平さんがいたことです。 引用元: 根本陽平さんは2008年に電通パブリックリレーションズ入社し、商品サービスのキャンペーンプランニングなどを手がけるPRプランナーを務めています。 引用元: 企業広報戦略研究所の主任研究員の 根本陽平さんが 今回の いきものがかりのPV作成に携わっていたことで 一気に100日後に死ぬワニは電通案件と炎上してしまいました。 ・電通は絡んでない ・いきものがかりがコンタクトをとったのは2月 ・YouTube動画だけ電通に頼んだ ・ベイシカ社は、できたばかりのベンチャーで関わりは2月から ・歌や販売もろもろは作品への熱量で100日目に間に合わせた ・作者きくち氏は騒動が悲しい ・事故で亡くなった友人のことを思って描いた(涙) ・最終回に答えはなく、受け取りかたは人それぞれ。 それ以上の意味はない ・最初から大手が絡んだ壮大なプロジェクトではない ・みんなが作品への情熱で間に合わせた。 ワニが起こした奇跡 最終回更新直後に、映画化などのメディアミックスが一斉に発表されており、インターネット上では、ファンの驚きとともに、広告大手の電通が関わっているという臆測も広がっていた。 同作最終回更新直後には、水野が書き下ろした、いきものがかりの新曲「生きる」とコラボレーションしたミュージックビデオが公開されました。 いきものがかりリーダーの水野良樹が21日、自身の公式ツイッターで生配信を行い、20日に最終回を迎えたインターネット上の漫画「100日後に死ぬワニ」の作者、きくちゆうき氏とともに、作品制作の経緯などを説明。 配信冒頭で水野は「紅白歌合戦より緊張しています」と苦笑い。 「最終回の桜吹雪のすてきな景色の向こうで、電通のビルが燃えて(炎上して)いる…」と切り出し、「仕組まれてるんじゃないか、うそついてるんじゃないか、って思われるのは本意じゃないので、誤解が解けるかなと思って2人でしゃべっています」と話した。 水野は「『電通案件だ』って出ていますが、一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない」ときっぱり。 「壮大な企画があって、何カ月も前から巨大組織がいろんな手を使ってとかそういうプロジェクトではなかったんですよ。 だから電通さんは入ってなくて。 電通さんは何もしてないです」と繰り返し説明した。 また、きくち氏も「本当に僕が個人的に始めたことです」とコメント。 同作を描くきっかけの1つになったという、事故にあった友人との話を思い返して、涙を流した。 「いつ何が起こるか分からない、後悔してほしくない。 周りの人と一緒にいる時間を大切にしてほしい。 そういうメッセージが伝わればいいなと思った」と続けた。 さらに「作品を見てどう思われてもいいけど、本当に変な話が広がって、いろんな人が傷ついて。 関わってくれた人すごい熱量で頑張ってくれたので、それで電通案件で裏が大きいとか。 やっぱり悲しいし、申し訳ないと思う」と訴えた。 他にも、同作の記事の多さを指摘しながら「電通にコントロールされていた。 不自然だと思った」などという意見も見かけました。 ともあれ、今回の一連の結果を見れば、今回の発表はマイナスイメージを持たせてしまった面があります。 メディアが同作をこぞって取り上げた論理は単純で、話題だから追いかけただけでしょう。 それは、メディアに所属していた人間としては断言できます。 そんなものがあれば、巨額な金をかけてCMを放送したり、地味な宣伝活動をする必要もありません。 あまりのスピード展開に事前に仕込みがあったように見えてしまい、そこが地雷になっていることです。 メディア側の人間から言えば、最終回後の発表はもう少し日をおくか、やるとしても「書籍化企画検討」ぐらいに抑えるべきでした。 そうであれば、ファンから喜びの声は大きかったでしょう。 そして時間をおいて「書籍化決定」、グッズも小出しにして、最後に「映画化決定」をすれば、結果として記事も多く出て露出も出せたはずなのに、「なぜそこまで慌てる?」という印象ですね。 SNS全盛の時代の宣伝が難しいことを証明する形となってしまいました。 出典元:.

次の

『100日後に死ぬワニ』最初から“電通案件”?怒涛のビジネス展開で「ファンを裏切り」

ワニ 電通 案件

「騙されるの嫌なんだな」 19年12月に開始し、1日1枚の4コマ漫画で連載された「100日後に死ぬワニ」は、3月20日で100日目を迎え完結した。 最終回は13コマの長さ。 ワニの最期や人生の過ごし方をめぐっては、直後からさまざまな解釈、考察がなされ、「何気ない日常の輝き ワニくんありがとう」といった感想が大量に寄せられた。 ネットの空気が変わったのはその数時間後。 漫画はきくちさんのツイッターで細々と投稿されてきたが、これと別に「100日後に死ぬワニ 公式」アカウントが開設され、書籍化、映画化、グッズ発売、イベント開催などの展開が一気に発表された。 「いきものがかり」とのコラボ曲「生きる」も同じタイミングでYouTubeに公開。 こうした発表の中にクレジットされたスタッフや企業の取引先から、広告代理店大手・電通が関わっていたとの憶測が流れ、「電通案件」がツイッタートレンド入りした。 こうした中、有吉さんはラジオで「『100日後に死ぬワニ』が作者の手から離れて、大きな話題になって、クレームすごいんだろうな。 なんでか知らないけど」と言及。 「騙されるの嫌なんだな。 騙したわけではないけどな」と述べると、「嫌なんだな、あれな。 『え、思ってたのと違う!』となったらウーン!(怒る様子)って」とネット上で怒りをぶつける人々の感情を推察した。 この直前には、番組に出演したお笑いコンビ「アルコ&ピース」酒井健太さんが最近スベったネタについてトーク。 有吉さんはこれに絡め、「申し訳ないけど、酒井はその言葉(ネタ)を作った人ではあるけど、あとの運用に関しては我々電通に任せてほしい」と皮肉っぽくいじり、酒井さんは「ウーン!」と反応してオチをつけた。 有吉さんは連載中の2月22日、ツイッターに「100日後に死ぬワニ。 あと27日。 桜の咲く頃かしらね。。。 」と投稿するなど、1人のファンとして漫画を楽しんでいた様子。 偶然にも、同作最後の1コマは満開の桜並木を描いた風景画だった。 さらに有吉さんは最終話の公開から数十分後、「お疲れ様でした」として、青空の下で咲いた桜の木の写真を投稿。 100日間を労ったようだ。 いきものがかり水野「電通さんは絡んでない」 なお炎上状態となった完結翌日の21日、きくちさんと「いきものがかり」水野良樹さんが、ツイッターライブで「100日後に死ぬワニ」の舞台裏を語った。 水野さんは「『電通案件』なんて出てますけど、大きな誤解で、電通さんは絡んでない」とネットの噂をキッパリ否定。 「電通さんが、プロジェクトの仕組み(に関わっている)とか、壮大な企画があって、何か月も前から巨大組織がいろいろな手を使っていろんな人を集めて、僕らも『いきもの』だからってことでやってるんじゃないかとか、そういう壮大なプロジェクトではない。 電通さんは入ってない」とした。 きくちさん自身も「本当に何もしてないです」と重ねて否定し、「僕が個人的に始めて、メッセージを込めて、みんなにいろんなことを考えてほしい思いでワニの話を描きました。 それにいろんな人が共感してくれて、仲間ができて、盛り上げてくれて、僕は感謝しかないです。 裏ででかいことになってるんだろとか言われるのは悲しいなと思うけど、たくさんの人に見てもらえたから、それがまず嬉しいなと思います」と率直な心境を述べた。 きくちさんが「100日後に死ぬワニ」を描き始めたのは、20歳の時に「産まれた時から一緒にいた友達が事故に遭った」ことがきっかけと明かす。 友達からの遊びの誘いを断った後、その友達は事故に遭い、その後きくちさんは「終わり」を意識して生活するようになった。 「限りある時間の中で生きているわけで、周りにいる人を大事にして、一緒にいる時間を大切にしてほしいと、そういうメッセージを伝えられたらいいかなと思って、始めたのがこのワニの話です」と涙ながらに語っている。 事故に遭った友達や自身の経験が盛り込まれているという。

次の