腎盂 腎炎。 腎盂腎炎とは・原因と症状と検査・治療方法・もし放置していると…。

腎盂腎炎の治療期間と安静期間はどれくらい?どうやって過ごせばいいの?

腎盂 腎炎

この病気を知らないためにそのまま放置し、悪化する場合があります。 腎 盂内(腎臓内の尿のたまるところ)で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだもの を腎盂腎炎といいます。 本来、健康な人は膀胱から尿管、腎盂には細菌は存在しません。 それが何らかの原因で細菌が侵入して炎症を起こすのです。 細菌の侵入経路で、もっとも多いのは尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道を遡り腎盂に達して起こるケースです 上行性感染。 稀に、血管を通って腎臓に感染することもあります 血行性感染。 主に大腸菌、緑膿菌などグラム陰性桿菌と腸球菌です。 なかでも大腸菌による感染が約90%にも達します。 腎盂腎炎は女性に多く発生する傾向があります。 理由に、女性の方が、大腸菌 などが存在する肛門と尿道の距離が近いこと、尿道が短いことなどが挙げられま す。 また生理や性交で陰部が不衛生になったり、妊娠による子宮の増大で尿管 が圧迫されて尿の流れが悪くなることもあるため発症しやすいと考えられていま す。 腎盂腎炎を繰り返す場合には、尿の通り道に生まれつきの異常がある場合も あります(膀胱尿管逆流現象)。 急性腎盂腎炎はこれらの症状が急激に表れます。 吐き気がする・ 寒気を感じる・全身がだるくなるなどの症状がでたり、時には脱水による意識障害がでることもあります。 さらに重くなると細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がり、命に関わることもあります。 尿の通過障害のある場合には、緊急処置が必要となります。 治療は抗生剤が中心です。 主として経口抗生物質で速やかに改善しますが、時には入院して抗生物質の点滴を受けなければならない場合もあります。 腎盂腎炎をおこしやすくする原因があれば、それぞれに対応した治療を行います。 特に尿の通過障害がある場合には、緊急に通過の改善処置を行います。 腎盂腎炎の予防にはお風呂やシャワーなどで陰部を常に清潔に保つことが大切です。 できれば排便後に陰部の洗浄を行うとよいでしょう。 万が一細菌が尿道に入り込んだとしても、腎臓にまで上ってこないように尿で流してしまうことも大切です。 そのため水分を適切にとって、膀胱に尿を溜めこまないうちに排尿するのも、ポイントです。

次の

腎盂腎炎(Pyelonephritis)|症状からアプローチするインバウンド感染症への対応~東京2020大会にむけて~

腎盂 腎炎

腎盂腎炎はどうして起こるのか? 腎盂腎炎は腎盂という腎臓の一部分に細菌が感染する病気です。 腎盂腎炎の原因となる細菌は通常腎盂には存在するのでしょうか? 腎盂や尿管、膀胱という尿の通り道には細菌はいないのが正常な状態です。 では細菌はどのようにして腎盂に到達するのでしょうか。 細菌などが腎盂に到達するルートは2つ考えられています。 一つは外尿意口(尿の出口)から尿の流れに逆らって細菌が腎盂に到達するルートです。 もう一つは血液の流れに乗って腎臓に到達するルートです。 細菌が腎盂に到達すると必ず腎盂腎炎になる訳ではありません。 人間の身体にはいくつもの防御機構があり、その働きにより腎盂腎炎にはならないようになっています。 腎盂に到達する細菌などの量が多いことや、尿が逆流しやすい形態異常がある、 免疫力が低下しているなどの要因が重なり腎盂腎炎は発症します。 腎盂腎炎の発症のメカニズムの詳細は「」で詳しく解説しているので参考にしてください。 女性は男性に比べて尿道が短くて外尿道口(尿の出口)が膣や肛門に近い場所にあります。 膣や肛門には細菌が多く存在しているので外尿道口の長さや位置の関係で細菌( 大腸菌など)が膀胱や腎盂に入り込みやすくなっています。 妊娠中は ホルモンバランスの変化と、大きくなった子宮による膀胱の圧迫という2つの要因により膀胱の尿が腎盂に逆流しやすくなっています。 膀胱から尿管への逆流は腎盂腎炎を起こす危険性を高めます。 膀胱や尿管にカテーテルなどの異物を挿入していると腎盂腎炎の原因になります。 異物があると細菌が繁殖しやすい環境になってしまうためです。 ステロイド薬や免疫抑制薬を内服している間は免疫力が弱くなります。 健康な人では多少菌が腎盂に到達しても免疫力によって排除が可能なことが多いです。 免疫力が低下していると腎盂での細菌の増殖を許してしまい感染が成立して腎盂腎炎の発症につながってしまいます。 DIC(Disseminated Intravascular Coagulation:播種性血管内凝固症候群) 腎盂腎炎から菌血症が起きてさらに重症になると、(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)という状態になることがあります。 は、英語でDisseminated Intravascular Coagulationといいます。 略して(ディーアイシー)と呼ばれることが多いです。 は全身の血管の中で 血栓(血の塊)ができる状態です。 血栓がいろいろな臓器の血管を塞いでしまい、臓器にダメージを与えます。 さらに、大量の血栓ができることにより、血液を固めるために必要な物質が消費されてしまいます。 血液を固める物質の不足のために血液が固まりにくくなることもあります。 が改善しないと、いろいろな臓器が血栓によって血の流れが悪くなり機能しなくなります。 多臓器不全という危険な状態です。 多臓器不全は「多くの臓器が機能を失う」という意味です。 の状態を改善するには血栓ができるのを極力防ぐための薬を投与しつつ、原因である腎盂腎炎をしっかりと治療することが重要です。 女性の注意点 女性は体の作りなどの理由で男性に比べてや腎盂腎炎などを発症しやすくなっています。 女性が腎盂腎炎を予防するには何に注意をすればいいのでしょうか? 腎盂腎炎の原因となる細菌は外尿道口から侵入してくることが多いです。 腎盂腎炎を予防するには細菌を膀胱や腎盂に侵入させないことです。 女性の肛門と外尿道口は近い位置にあるので温水洗浄便座を用いると大腸菌が外尿道口に混入する可能性が高くなります。 温水洗浄便座を使用する際には洗浄力などを弱くして使うなどの工夫が腎盂腎炎の予防には有効な可能性があります。 性行為にも注意が必要です。 膣と外尿道口はかなり近い位置にあるので性行為により膣の細菌などが外尿道口に混入することがあります。 性行為の前後では外尿道口の周りを清潔に保つなどの工夫が腎盂腎炎の予防に有効だと考えられます。

次の

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは

腎盂 腎炎

27 腎盂腎炎 (Pyelonephritis) 定義 単純性腎盂腎炎と複雑性腎盂腎炎に大別される。 前者は既往歴のない妊娠していない成人閉経前女性の腎盂腎炎であり、それ以外はすべて複雑性腎盂腎炎と考える。 病原体 大腸菌が大多数を占める。 閉塞機転などが存在する複雑性尿路感染では大腸菌以外の Proteus、Pseudomonas、Klebsiella、Enterobacterなどが原因となる率が高くなる。 院内感染の場合には各施設特有の菌種や抗菌薬への感受性が重要であり、上記のような大腸菌以外の菌の割合が増える。 感染経路 ほとんどの尿路感染症は上行性である。 上行能力の高いグラム陰性桿菌が原因菌として多い理由でもある。 次いで頻度は少ないが、血行性感染にも注意が必要である。 黄色ブドウ球菌による菌血症や心内膜炎では、頻繁に腎膿瘍を形成する。 尿中に Candida、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌を認めた時は特に注意する。 潜伏期間・主要症状・検査所見 軽度の腎盂腎炎は、肋骨脊柱角の疼痛の有無にかかわらない微熱を呈するが、重度の腎盂腎炎は高熱、悪寒、悪心、嘔吐、側腹部痛や腰背部痛を認める。 通常は急性発症であり、膀胱炎の症状はみられない場合がある。 尿検査所見として、膿尿(尿中白血球)の存在は尿路感染症が存在する指標であるが、尿路感染症以外の原因でも生じることがある。 細菌が窒素を還元するときに生じる亜硝酸の存在も有用であるが、偽陰性が少なくなく、感度に問題がある。 CT検査による腎周囲脂肪織濃度の上昇はあまり有用ではない。 予後 敗血症に進展した場合は予後不良である。 感染対策 標準予防策を行う。 患者には外陰部の衛生指導を行う。 法制度 腎盂腎炎自体に感染症法上の届出の必要はない。 診断 確立された診断基準は存在せず、病歴、身体所見、尿所見、画像所見を総合的に判断して診断する。 診断した(疑った)場合の対応 末梢静脈路を確保し、細胞外液による輸液を開始する。 血液検査、尿検査を行う。 培養は尿培養のみならず、血液培養も採取する。 治療(応急対応) 軽症であれば経口抗菌薬による治療も可能。 入院適応であれば、輸液を行いながら二次あるいは三次医療機関へ転送する。 専門施設に送るべき判断 複雑性腎盂腎炎と診断したら転送。 単純性腎盂腎炎の場合も重症であれば転送を考慮する。 専門施設、相談先 三次医療機関、あるいは泌尿器科のある二次医療機関 役立つサイト、資料• Yamamoto Shingo, et al..Journal of infection and chemotherapy 2017; 23: 733-51• 山本新吾、他..感染症誌 2016;90:1-30. (利益相反自己申告:申告すべきものなし) 熊本医療センター救命救急センター 清水千華子.

次の