個人 事業 主 コロナ 給付 金 申請。 【中小企業・個人事業主向け支援】コロナ給付金・助成金・融資まとめ

持続化給付金に関するお知らせ (METI/経済産業省)

個人 事業 主 コロナ 給付 金 申請

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。 農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となりますので、本制度の活用をご検討ください。 申請受付はこちら 5月1日(金)より、申請受付を開始しました。 申請サポート会場 ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、5月12日(火)より順次、「申請サポート会場」を開設します。 なお、新型コロナウイルス感染防止のため、「申請サポート会場」は完全事前予約制とします。 開催場所や予約方法等の詳細は、以下のページよりご確認ください。 申請要領等 5月9日(土)に申請要領、申請規程、給付規程を更新しました。 6月26日(金)に、6月29日(月)付の申請要領、申請規程、給付規程を更新しました。 6月29日(月)から「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者」「2020年新規創業者」の方が申請可能となります。 令和2年6月28日まで 申請要領• 申請規程• 給付規程• 令和2年6月29日以降• (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! ) よくあるお問合せ等• (New! 解説動画• なお、すでに申請をお済みの方については、本窓口にてご相談をお受けすることができませんので、ご了承くださいますようお願いいたします。

次の

持続化給付金に関するお知らせ (METI/経済産業省)

個人 事業 主 コロナ 給付 金 申請

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。 農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となりますので、本制度の活用をご検討ください。 申請受付はこちら 5月1日(金)より、申請受付を開始しました。 申請サポート会場 ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、5月12日(火)より順次、「申請サポート会場」を開設します。 なお、新型コロナウイルス感染防止のため、「申請サポート会場」は完全事前予約制とします。 開催場所や予約方法等の詳細は、以下のページよりご確認ください。 申請要領等 5月9日(土)に申請要領、申請規程、給付規程を更新しました。 6月26日(金)に、6月29日(月)付の申請要領、申請規程、給付規程を更新しました。 6月29日(月)から「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者」「2020年新規創業者」の方が申請可能となります。 令和2年6月28日まで 申請要領• 申請規程• 給付規程• 令和2年6月29日以降• (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! (New! ) よくあるお問合せ等• (New! 解説動画• なお、すでに申請をお済みの方については、本窓口にてご相談をお受けすることができませんので、ご了承くださいますようお願いいたします。

次の

100万円の「持続化給付金」を個人事業主が申請する方法…今から準備できる3つの書類

個人 事業 主 コロナ 給付 金 申請

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を発令した安倍晋三首相が、記者会見などで幾度も強調した中小企業や個人事業主への現金給付策。 名称は「持続化給付金」で、補正予算案額は2兆3176億円。 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うインバウンドの急減、自粛などの影響を受けている中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人といった会社以外の法人に対して、事業全般に利用できる給付金を支給する制度。 ただし、前年1年間の売り上げからの減少分を上限とする。 2019年の売上高を基準にし、2020年中の売上高が50%以上減少した月の売り上げから計算することを基本とする。 算出方法は次の通り。 持続化給付金のイメージ(経産省が公表した資料から編集部がキャプチャ) 苦境にある事業者等に対して、確実に制度の概要が伝わるよう事前の周知に注力するとともに、文化芸術をはじめとする幅広い業態の特殊性も踏まえ、申請者の事務負担を考慮して、電子申請を原則とするなど、可能な限り簡便な手続とし、申請から給付までの期間を極力短くする。 (内閣府の より) Web上での申請を基本とし、必要に応じ、感染症対策を講じた上で完全予約制の申請支援(必要情報の入力等)を行う窓口を順次設置する。 事業者が1つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスできる認証システム「GビズID」の取得は必要ないという。 詳細な条件や申請方法などについては、決定次第、中小企業庁のホームページで速やかに公表する。 なお、補正予算案は4月中に国会へ提出し、月内の成立をめざしている。 申請・給付は補正予算の成立後、1週間程度で申請受付をスタート。 電子申請の場合、申請後、2週間程度で給付(申請者の銀行口座に振り込み)を想定している。

次の