足利市長選挙。 栃木県/県内市町長・議会議員選挙

「足利市長選挙」ツゥのブログ | 足利発

足利市長選挙

2013年4月21日に行われる足利市長選ですが、 新人候補者の和泉聡氏のパンフレットをいただいてきたので、掲載します。 4月14日告示 4月21日投票 選挙活動は、公職選挙法上、「現在の公職選挙法では公示日から選挙日が終了するまでの間、候補者の名前の入った選挙運動(投票依頼)目的の文書図画については、選挙管理委員会が発行するシール又はハンコのついた一定枚数の文書図画しか発行できない。 和泉聡 プロフィール 昭和38年8月、足利市伊勢町生まれ。 くるみ幼稚園、助土小(現東山小)、二中、足高を経て、 昭和61年、早稲田大学政経学部政治学科卒。 62年12月、朝日新聞社入社、仙台支局勤務、 平成2年、千葉支局を経て、 同4年、に東京本社社会部、警視庁捜査1課担当、 オウム真理教事件などを取材。 同9年、米ハーバード大学ケネディ行政大学院に社費留学。 その後、天声人語補佐、社会部国税庁担当、 サンパウロ支局丁として南米大陸各国を一人で担当。 静岡総局次長(デスク)を経て、 同18年9月、東京本社社会部次長兼警視庁キャップを務め、 秋葉原無差別殺傷事件などの取材を担当。 21年6月、社会部筆頭次長、 22年9月から宇都宮総局長、 今年1月退社した。 ちなみに、足高・足女出身の方はご存知かと思いますが、 この方は「服部英語塾」で寝泊まりして教えていたそうですよ。 【後援会連合会総決起大会】 日時 平成25年3月27日(水) 受付 午後6時30分 開会 午後7時00分 場所 足利市民会館 大ホール 「ご参加頂く場合は事務所までご連絡頂ければ対応させて頂きます。 」 とのことです。 足利の市制についての考えを述べさせて頂きます。 【パネリストのルール及び注意事項】• 1回の発言時間を決め、制限時間経過の際には発言途中であっても打ち切らせて頂きます。 (終了前にタイムボードにてお知らせをし、終了はゴングを鳴らします)• コーディネーターの判断により発言を中止する事もあります。 発言回数・発言順序は、不平等にならないようにします。 会場敷地内での事前運動(ポスター・チラシ配布、後援会募集等)は禁止します。 足利市長選挙2013公開討論会 実行委員会 厳守事項• 私たちは、今回の足利市長選挙において政治的に公平・中立を厳守致します。 私たちは、私利私欲の為でなく、足利市の未来を考え行動致します。 ヤクルトの前にも看板がありました。

次の

足利市議会議員選挙

足利市長選挙

概要 [ ] 生まれ。 3月、政治学科卒業。 12月、に入社。 仙台支局、千葉支局、本社社会部に勤務。 7月、に留学。 4月、ブラジル・サンパウロ支局長に就任。 1月、朝日新聞社を退社。 2013年4月の長選挙に、栃木の支援を受け、で出馬。 選挙戦では地元選出の、 、参議院議員、元防衛大臣 、県議会議長が駆け付けた。 現職のを 1,812票の僅差で破り、初当選。 同年、足利市役所に初登庁し、足利市長に就任した。 2017年4月、自由民主党 、公明党 、連合栃木 の推薦のもと、無投票で再選。 やが祝いに駆け付けた。 年譜 [ ]• - で出生• 3月 - 卒業• 3月 - 政治学科卒業• 12月 - 入社(仙台支局、千葉支局、本社社会部に勤務し、事件担当や天声人語補佐)• 7月 - 社費留学• 4月 - 支局長• 6月 - 社会部筆頭次長• 9月 - 宇都宮総局長• 1月 - 朝日新聞社退社• - 長選挙にで出馬し、初当選• 4月 - 無投票で再選 政策 [ ] 観光 [ ]• 2013年、「足利を元気にするには、産業、教育、観光の三つが欠かせない。 」と述べた。 「教育の充実とともに『まちの足腰』をしっかり鍛えたうえで、観光に活路を見いだしたい。 京都や鎌倉にもない、新しいタイプの観光都市が、足利にはできるのではないか」と述べた。 2014年、「 映像のまち構想」を発表。 「映像産業の集積基地にしたい」とし、観光産業にも波及させたい考えを述べた。 映像まつりでの屋外上映は、2017年に松田川ダム、2018年に渡良瀬川中橋河川敷、2019年に足利市西部複合施設で、それぞれ開催。 市長は「色々な上映場所に来てもらうことで足利のよさを発信できる」と述べた。 2015年、足利市の「史跡足利学校」が、文化庁の日本遺産に認定された際には、「勲章をいただいたような思いだ」と話した。 2018年、「」を開業するに際し、和泉市長は「開業を機会に様々な観光の仕掛けを用意している。 すてきな DCキャンペーンになると思う」とのべた。 DCキャンペーンは、のこと。 教育・福祉 [ ]• 2014年、競馬場跡地の再開発では、医療福祉系の機関の誘致を目指したが、「子どものための公共施設用地にする」と方針転換した。 同年、「子どものための屋内遊戯施設」の運営事業候補者に、「」を選定。 この事業は「子どもたちへのいいクリスマスプレゼントになる」と発表した。 多額の公費投入を前提にしているが、池沢昭副市長は「何よりも和泉市長の約束だ」と話し、この提案を軸に施設の設置を進める。 2019年、「足利にふさわしい学校を作ることが後生への最大の財産。 学力が高く、魅力ある人材を育成する高校を県と作りたい」と述べた。 経済 [ ]• 2013年、「最優先課題としているのは、産業・経済の活性化への対策と取り組み」としている。 2015年、「農務課を廃止して農政課と農林整備課を新設。 農政課では、国の農業施策の転換や県からの事務移管などに対応し、農林整備課は イノシシなどの 有害鳥獣対策」を行うとしている。 2017年、「新たな産業団地の造成」を公約とする。 2019年、「足利市移住・定住相談センター」( Aidacco)を開設。 「街中の再生、街づくりにつながる出先の機能を持たせ、ぜひ皆さんに愛される施設にしたい」と話した。 産業廃棄物問題 [ ]• 2015年、「 ごみの新しい焼却施設の建設に向けた担当部署を設ける」とした。 足利市北西部、小俣地区の採石場跡地で、産業廃棄物最終処分場の建設が進められているが、一部の市民から反対運動が起きている。 市民5万3231人の反対署名簿が集まった。 和泉市長は「市と市議会が一枚岩で立ち向かう」とし、反対者側の支援を約束する発言をした。 2019年、足利市議会が建設反対を決議し 、知事に設置許可を出さないよう求める意見書を可決した。 処分場の建設は、栃木県とさいたま市の民間業者が進めているものであり、 廃油や 汚泥の処理が可能となる。 震災 [ ]• 2013年、震災被災地の木材を利用したトンボ(足利市職員の発案)を寄贈された際には、「使うたび、震災や被災地を思うことができる。 アイデアを含めて価値がある」と述べた。 人事行政 [ ]• 足利市は地方公務員にかかる人件費がラスパレイス指数100. 2(2016年)を超えており、非常に高いことで知られた。 そこで、和泉市長は人件費削減に乗り出し、2年後の2018年には、ラスパレイス指数99. 8まで抑え込むことに成功している。 これは後援の氏が地方公務員の給与削減を打ち出す急先鋒であることも要因の一つにある。 民主党時代の人件費は94億2500万円(2009年)まで膨れ上がっていたのだが、政権が自民党になってからは79億6300万円 2018年 まで抑え込むことに成功している。 地方公務員の人件費を10億円以上削減することに成功した手腕が高く評価されている。 脚注 [ ] []• とちぎ自民党 栃木県支部連合会• 2013年4月22日. 2013年4月22日閲覧。 朝日新聞. 2013年4月16日• 2013年4月22日. 2013年5月26日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2017年4月16日. 産経ニュース. 2019年11月18日閲覧。 2019年11月18日閲覧。 2019年11月18日閲覧。 朝日新聞 2014年01月22日. 朝刊 栃木全県・1地方: 29. 朝日新聞 2019年09月05日. 朝刊 栃木全県・1地方: 23. 朝日新聞 2018年04月02日. DC、華やかに開幕 大型観光企画、各地で「おもてなし」 /栃木県. 栃木全県・1地方. 朝日新聞 2013年06月12日. 朝刊 栃木全県・1地方: 29. 朝日新聞. 2014年6月26日• 朝日新聞 2019年08月21日. 朝刊 栃木全県・1地方: 19. 朝日新聞 2013年04月20日. 朝刊 栃木全県・1地方: 29. 朝日新聞 2015年01月21日. 朝刊 栃木全県・1地方: 29. 下野新聞 SOON. 2019年11月18日閲覧。 朝日新聞 2019年04月27日. 朝刊 栃木全県・1地方: 23. 東京新聞 TOKYO Web. 2020年1月26日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年1月18日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月26日閲覧。 朝日新聞 2013年10月23日. 朝刊 栃木全県・1地方: 29. 足利市. 2020年1月29日閲覧。 外部リンク [ ]• togotakamori -• chattikun -•

次の

大豆生田実

足利市長選挙

令和2 2020 年度• 矢板市長選挙(投票日 令和2年4月12日、告示日 令和2年4月 5日)• 鹿沼市長選挙(投票日 令和2年5月24日、告示日 令和2年5月17日)• 小山市長選挙(投票日 令和2年7月 5日、告示日 令和2年6月28日)• 野木町長選挙(投票日 令和2年8月 2日、告示日 令和2年7月28日)• 塩谷町長選挙(投票日 令和2年8月 2日、告示日 令和2年7月28日) 平成31 2019 年度・令和元 2019 年度• 那須塩原市議会議員補欠選挙(投票日 平成31年4月21日、告示日 平成31年4月14日)• 鹿沼市議会議員選挙 (投票日 令和元年 9月 1日、告示日 令和元年 8月25日)• 大田原市議会議員選挙(投票日 令和元年11月17日、告示日 令和元年11月10日)• 上三川町議会議員選挙(投票日 令和元年12月22日、告示日 令和元年12月17日) 平成30 2018 年度• 日光市長選挙・日光市議会議員選挙 (投票日 平成30年4月15日、告示日 平成30年4月8日)• 益子町長選挙 (投票日 平成30年4月15日、告示日 平成30年4月10日)• 高根沢町議会議員選挙(投票日 平成30年4月15日、告示日 平成30年4月10日)• 栃木市長選挙・栃木市議会議員選挙 (投票日 平成30年4月22日、告示日 平成30年4月15日)• 那須烏山市議会議員選挙 (投票日 平成30年4月22日、告示日 平成30年4月15日)• 下野市議会議員選挙 (投票日 平成30年4月22日、告示日 平成30年4月15日)• 那珂川町議会議員選挙(投票日 平成30年4月22日、告示日 平成30年4月17日)• 下野市長選挙 (投票日 平成30年7月8日、告示日 平成30年7月1日)• 茂木町長選挙・茂木町議会議員補欠選挙(投票日 平成30年7月8日、告示日 平成30年7月3日)• さくら市議会議員選挙(投票日 平成30年11月18日、告示日 平成30年11月11日)• 那須町議会議員選挙(投票日 平成31年2月17日、告示日 平成31年2月12日) 平成29 2017 年度• 佐野市長選挙・佐野市議会議員選挙 (投票日 平成29年4月9日、告示日 平成29年4月2日)• さくら市長選挙 (投票日 平成29年4月16日、告示日 平成29年4月9日)• 塩谷町議会議員選挙 (投票日 平成29年4月16日、告示日 平成29年4月11日)• 那須塩原市議会議員選挙(投票日 平成29年4月23日、告示日 平成29年4月16日)• 真岡市長選挙 (投票日 平成29年4月23日、告示日 平成29年4月16日)• 足利市長選挙・足利市議会議員補欠選挙 (投票日 平成29年4月23日、告示日 平成29年4月16日)• 那須烏山市長選挙 (投票日 平成29年10月22日、告示日 平成29年10月15日)• 那珂川町長選挙・那珂川町議会議員補欠選挙(投票日 平成29年10月29日、告示日 平成29年10月24日)• 市貝町長選挙 (投票日 平成29年11月12日、告示日 平成29年11月7日)• 大田原市長選挙 (投票日 平成30年3月25日、告示日 平成30年3月18日)• 那須町長選挙・那須町議会議員補欠選挙 (投票日 平成30年3月25日、告示日 平成30年3月20日)• 壬生町長選挙・壬生町議会議員選挙 (投票日 平成30年3月25日、告示日 平成30年3月20日) 平成28 2016 年度• 矢板市長選挙・矢板市議会議員補欠選挙 (投票日 平成28年4月10日、告示日 平成28年4月3日)• 鹿沼市長選挙 (投票日 平成28年5月22日、告示日 平成28年5月15日)• 小山市長選挙・小山市議会議員補欠選挙 (投票日 平成28年7月24日、告示日 平成28年7月17日)• 野木町長選挙 (投票日 平成28年8月7日、告示日 平成28年8月2日)• 塩谷町長選挙 (投票日 平成28年8月7日、告示日 平成28年8月2日)• 宇都宮市長選挙(投票日 平成28年11月20日、告示日 平成28年11月13日)• 高根沢町長選挙・高根沢町議会議員補欠選挙(投票日 平成29年3月26日、告示日 平成29年3月21日) 平成27 2015 年度• 鹿沼市議会議員選挙 (投票日 平成27年9月6日、告示日 平成27年8月30日)• 大田原市議会議員選挙(投票日 平成27年11月15日、告示日 平成27年11月8日)• 那須塩原市長選挙 (投票日 平成27年12月27日、告示日 平成27年12月20日)• 上三川町議会議員選挙(投票日 平成27年12月27日、告示日 平成27年12月22日) 参考•

次の