コーノ 式 ドリッパー。 コーノ式ドリッパーセットを使った、おいしいコーヒーの淹れ方

コーノ コーヒー器具、コーヒー用品ならFa Coffee

コーノ 式 ドリッパー

コーヒードリッパーの選び方 形状で選ぶ 台形タイプ By: 台形タイプのコーヒードリッパーは、お湯が広範囲にしっかりと浸透してからコーヒーが抽出されるため、コク深いコーヒーを楽しみたい方におすすめ。 製品によって1〜3個の穴が設けられており、穴の数もコーヒーの味わいを左右するポイントです。 基本的には穴の数が少ないと濃く、多いと薄めのコーヒーに仕上がります。 穴の数や大きさによって抽出時間が変わるので、好みに合わせて適した製品を選びましょう。 ほかには、リブと呼ばれるコーヒードリッパーの内側に設けられた溝も重要です。 リブがお湯の流れを調節するため、コーヒーの抽出時間に影響を与えます。 すっきりとした味わいならリブなし、しっかりとした味わいならリブがしっかりと設けられたタイプをチェックしてみてください。 円錐タイプ By: 円錐タイプのコーヒードリッパーはお湯がストレートに流れて落ちるため、すっきりとした味わいが好きな方におすすめ。 コーヒー粉の厚みができるので、もれなく成分を抽出できるのも特徴です。 円錐の頂点部に大きめの穴が1つ設けられており、お湯が落ちやすいのであっさりとした味わいに仕上がりやすいのもポイント。 リブは直線タイプとスパイラルタイプの2種類が主流で、メーカーによって異なります。 比較的扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。 フィルターの種類で選ぶ ペーパーフィルター By: ペーパーフィルターはもっとも一般的なタイプであり、使い捨てで手軽に使えるのが魅力です。 紙にコーヒーの油分が染み込むので、ステンレスフィルターよりすっきりとした味わいを楽しめます。 台形タイプと円錐タイプの形状に応じて選ぶ必要があり、台形タイプのペーパーフィルターは比較的入手が容易です。 しかし、円錐タイプやリブのないコーヒードリッパー用のウェーブタイプは展開数が少ないので注意してみてください。 また、円錐タイプやウェーブタイプはやや価格も高め。 そのため、気軽にコーヒーを淹れたい方は台形タイプのコーヒードリッパーとペーパーフィルターを併用する方法を検討してみましょう。 ステンレスフィルター By: ステンレスフィルターは使用後に洗うことで何度でも繰り返し使用できます。 ゴミが出ないためエコで、フィルターを買う手間がないのもメリット。 金属ならではのスタイリッシュなデザインも人気です。 ペーパーフィルターと異なりコーヒーの油分がそのまま抽出されるので、豆の旨味やコクをダイレクトに味わえます。 しっかりとした味わいが好きな方におすすめです。 ただし、使用後はステンレスのメッシュに粉が残らないようしっかり洗い乾燥させる必要があります。 また、コーヒーを淹れる際に微粉と呼ばれるコーヒーの微小な粉まで抽出される場合もあるので、ざらつきを感じる飲み口が苦手な方は注意が必要です。 素材で選ぶ 陶器製 By: 陶器製のコーヒードリッパーはもっとも一般的なモデルで、お手頃価格で入手しやすいのが魅力です。 割れや欠けに気をつける必要はありますが、耐久性が高く長期間使えるうえ、程よい重みがあるので使用時の安定性にも優れています。 コーヒーを淹れる際は本体の温度が低くなっているため、一度お湯をかけてあたためてから使うのがおすすめ。 保温性がよいので一定の温度でコーヒーを抽出できます。 製品の種類も豊富であり、重厚感のある見た目もポイント。 機能性やデザイン性、コストといったさまざまな点でバランスのよい素材です。 プラスチック製 By: プラスチック製のコーヒードリッパーは、軽量で割れる恐れもないためもっとも気軽に扱えるのがメリット。 リーズナブルな製品も多く販売されているため、ハンドドリップ初心者の方や、コーヒーを淹れる頻度が低い方におすすめです。 台形や円錐といった形状別に複数のコーヒードリッパーを用意したい方も、プラスチック製ならコストを抑えて入手できます。 デメリットは保温性が低く、ドリップの際にコーヒーが冷めやすい点。 また、長期間使い続けると劣化して割れる場合もあるので、定期的な買い替えが必要であることを頭に入れておきましょう。 ガラス製 By: ガラス製のコーヒードリッパーは、ガラスならではの繊細で美しいデザインを楽しめるのが魅力です。 割れやすい素材なので取り扱いには注意が必要ですが、耐久性に優れているため長期間使用できます。 ただし、陶器製と同じく冷めやすい素材なので、使用前にはお湯でしっかりとあたためてからコーヒーを抽出しましょう。 コーヒーを淹れる際の雰囲気や、インテリアとしても映えるデザイン性を重視する方は、ぜひガラス製をチェックしてみてください。 金属製 By: 金属製のコーヒードリッパーは、熱伝導率が高く一定の温度でコーヒーを抽出できるのがポイントです。 ハンドドリップで蒸らしを行う際に本体が冷めにくいので、コーヒーをおいしく淹れられます。 陶器製やガラス製のように割れたり、プラスチック製のようにヒビが入ったりする恐れがないため長期間愛用できるのもメリット。 コーヒーを淹れる頻度の高い方にもおすすめです。 また、モダンな雰囲気のステンレス製など、デザイン性にも優れています。 デメリットはほかの素材と比べ価格が高めである点。 コーヒーを本格的に楽しみたい方は、ぜひ候補に入れてみてください。 サイズで選ぶ By: コーヒードリッパーを選ぶにあたり、サイズは重要なポイントです。 コーヒードリッパーのサイズは人数分や杯数分で表示されるので、一度にコーヒーを何杯分淹れたいのかを想定し、使いやすいサイズのモノを選びましょう。 サイズは小さな1〜2人用のほかに、一回り大きな1〜4人用や2〜4人用などの製品が存在します。 メーカーによって表記はやや異なるものの、同じモデルで2段階にサイズ展開している場合が一般的です。 コーヒーを淹れる杯数に対しサイズが小さすぎると、数回に分けて淹れる必要があるため手間がかかります。 反対に、大きすぎると少量のコーヒーを淹れにくく感じる恐れもあるので、しっかりとチェックしてみてください。 また、ペーパーフィルターでコーヒーを淹れる場合は、コーヒードリッパーと同じサイズのフィルターを購入しましょう。 特に、台形タイプはサイズが違うと使えなくなってしまうので注意しましょう。 コーヒードリッパーのおすすめメーカー ハリオ HARIO By: ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーであり、高品質なコーヒー器具を製造していることで有名です。 ハリオのコーヒードリッパーは円錐タイプのV60が有名で、世界中のバリスタに愛用されています。 内側にはらせん状のスパイラルリブが設けられており、効率よくコーヒーを抽出できるのが特徴。 円錐タイプのコーヒードリッパーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。 メリタ Melitta By: メリタはコーヒー機器の総合メーカーです。 1908年にドイツで創業して以来、改良を繰り返しながら優れたコーヒードリッパーを多数製造してきました。 メリタのコーヒードリッパーは台形タイプで、リブが直線状に設けられています。 独自の研究開発により1つ穴式を採用しているのも特徴。 一度にお湯を注ぐことが可能であり、正確な時間でコーヒーを抽出できるよう設計されています。 老舗メーカーによるスタンダードなコーヒードリッパーを探している方におすすめです。 カリタ Kalita By: カリタは日本の大手コーヒー機器総合メーカーです。 コーヒードリッパーやコーヒーミル、ドリップポットなど豊富なコーヒー機器を製造しており、その優れた性能から国内外で高く評価されています。 カリタのコーヒードリッパーは直線のリブが設けられた台形タイプで、穴の数を3つに設計しているのが特徴。 日本の軟水はコーヒーの成分が抽出されやすいといわれており、3つ穴にすることでお湯が早く落ちて適度な濃さのコーヒーを淹れられます。 台形タイプのコーヒードリッパーはカリタ製を愛用している方も多く、初心者の方にもおすすめ。 コーヒードリッパーだけでなくドリップポットなどのコーヒー機器も展開しているため、同じメーカーで器具をそろえたい方にもおすすめです。 コーノ KONO.

次の

コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング15選【カリタ・メリタ・ハリオ・コーノ式】

コーノ 式 ドリッパー

これまで1,000種類を超えるコーヒー豆を購入し、ハンドドリップで淹れ続けてきたコーヒーブロガー山口です。 () 現在は、コーヒー専門家として各メディアに取材協力もしています。 今回は、僕が今まで使ってきたおすすめのコーヒードリッパー5種を一挙紹介します。 最初に言っておくと、 コーヒーの味はドリッパーが違うだけで大きく変わります。 ドリッパーには様々な材質、形状がありますが、それぞれで仕上がりの味の特徴があります。 本記事では、各ドリッパーの特徴を分かりやすく説明します。 形状や材質と同じく重要なのは、ドリッパーのサイズ。 一人分のコーヒーを淹れるのに1〜4人用の大きいドリッパーを使うと抽出しにくく、構造上おいしく作るのが難しくなるのでおすすめしません。 一人分のコーヒーを淹れるなら、1〜2人用の小さなドリッパーが適しています。 まず、結論から言うと ハンドドリップ初心者に一番おすすめのコーヒードリッパーは「コーノ式 名門ドリッパー」。 世界中で愛されているハリオV60ドリッパー ハリオV60ドリッパーが世界中で愛されている大きな理由は次の3つです。 値段が安い (300円前後)• 優れた耐久性 (10年以上の使用も可能)• 万が一、ドリッパー本体が割れたり壊れたりしても気軽に買い換えられるので、1日で数百杯ドリップするようなカフェでも使われています。 なお、豆知識ですがハリオV60のような「円すい形ドリッパー」は、もともとコーノ式ドリッパー(KONO式)と呼ばれていて、同製品を手がける「珈琲サイフォン株式会社」が最初に開発したもの。 その後、特許が切れた後にハリオがリブ(溝)の形状を改良した円すい形ドリッパーを開発しました。 コーノ式の方が厚みも重量もあり値段も高いですが、ハリオは安くて丈夫、デザインも洗練されているため世界中で愛されています。 優れた耐久性(正直、落としたりしても壊れない) これはハリオに限ったことではありませんが、プラスチック製(樹脂製)のドリッパーは優れた耐熱性と耐久性があり、そう簡単には壊れません。 僕はコーノ式もハリオV60ドリッパーも長年使い続けていますが、一切の不具合なく今まで使用できています。 正直、ドリッパー本体を床に落としたこともありますが、ヒビ一つ入らない頑丈さは、値段の安さに加えて魅力的です。 豆本来の味をムラなく抽出可能 ハリオV60ドリッパーは、コーノ式と比べて 豆本来の味をムラなく抽出しやすい構造になっています。 ですが、逆にいうと 雑味などのマイナス要素も抽出しやすいデメリットもあるので、ハリオV60ドリッパーは抽出に慣れている中級者向きの商品です。 まず、ハリオV60ドリッパーの内部の構造をご覧ください。 これは、スパイラル「リブ」と呼ばれるもので、ドリッパーの内側にある筋のようなもの。 このリブがないとペーパーフィルターがドリッパーに張り付き、コーヒー液が下に流れ落ちにくくなります。 リブの数が多く、リブが長いほどペーパーフィルターとドリッパーの間に溝が生まれ、コーヒー液とともにコーヒーの成分が落ちやすくなります。 ハリオV60ドリッパーは、コーノ式よりもリブが多くて長いため、ドリッパー内の 粉全体からコーヒーの成分を素早く落とせます。 そのため、豆本来の味をムラなく抽出できるのが、ハリオV60ドリッパーの特長です。 ただし、先ほどお伝えしたように、コーヒーの旨味成分だけでなく、雑味も一緒に抽出しやすいデメリットもあります。 雑味を抽出しないためには、コーヒー液を最後まで落としきらないこと コーヒーを抽出している最中、炭酸ガスと共に「灰汁(あく)」がコーヒー粉の上に浮いてきます。 灰汁には渋み・えぐ味などが含まれます。 これが雑味です。 雑味を抽出しないためには、コーヒー液を 最後の一滴までサーバーやマグカップに落としきらないこと。 つまり、灰汁をコーヒー液と一緒に落とさないようにすれば、えぐ味・渋みがない美味しいコーヒーになります。 ここで思い出して欲しいのは、 ハリオV60ドリッパーは、コーノ式よりもコーヒーの成分を素早く落とせる ということ。 つまり、ハリオV60ドリッパーは灰汁が落ちるスピードもコーノ式より早いのです。 そのため、初心者には「コーノ式名門ドリッパー」がおすすめで、中級者以上には「ハリオV60ドリッパー」がおすすめなのです。 ここから、コーノ式名門ドリッパーの特長を解説します。 ハンドドリップ初心者におすすめのコーノ式 名門ドリッパー コーノ式 名門ドリッパーはハリオV60ドリッパーと比べてリブが少なく、短い構造になっています。 ドリッパー上部にリブがないため、上に溜まった灰汁が下に落ちにくい構造なのです。 つまり、ハリオV60よりも 雑味が落ちにくいため、初心者でも美味しいコーヒーが作りやすいドリッパーなのです。 僕もハンドドリップを始めたばかりの時に複数ドリッパーを購入して味比べをしましたが、コーノ式名門ドリッパーで淹れたコーヒーが一番おいしく感じたことを覚えています。 ハリオV60ドリッパーよりも値段は高いコーノ式ですが、ハンドドリップ入門におすすめの一品です。 ここまで、ハリオV60やコーノ式の魅力を語ってきましたが、他にも様々なドリッパーが販売されています。 ここから、各ドリッパーの特長や、ドリッパーの選び方などについて書いていきます。 コーヒードリッパーの選び方 材質 まず、コーヒードリッパーを選ぶ際に、次の2つが気になるかと思います。 コーヒードリッパーの値段• 材質 値段が気になるのは当然のことですが、材質の違いも気になるかと思います。 例えば、カフェなどに行くとプラスチック製(樹脂製)のドリッパーが使われていることが多い。 しかし、いざネット通販などでコーヒードリッパーを調べると、陶器製や金属製ドリッパーなど色んな材質の商品があります。 材質による違いは下記にまとめましたが、 おすすめはプラスチック製と金属製です。 プラスチック製(樹脂製) 優れた耐熱性と強度の高さ、軽量さが特長。 そして、300円前後で手に入る値段の安さも魅力。 数ある材質の中でも一番おすすめのタイプ。 陶器製 テーブルウェアで有名な「KINTO(キントー)」なども手がける陶器製ドリッパー。 高級感があり、見た目もおしゃれなので、インテリアにこだわる派に好まれるタイプ。 本体が冷たいので、使用前にお湯で温めないとコーヒーの温度がぬるく仕上がる。 落としたりぶつけたりすれば壊れるリスクがあるので、個人的には使わないタイプ。 ガラス製 陶器製とほとんど同じ。 落としたりぶつけたりすれば割れるリスクがあり、重量もあって扱いにくいので個人的には使わないタイプ。 金属製 金属製ドリッパーは1つ持っておくと面白い。 あらかじめお湯で温めておく必要はあるが、持ち運びしやすく頑丈なのでアウトドアにおすすめ。 ペーパーフィルター不要タイプも発売しており、維持コストが安い。 ペーパーフィルター不要タイプは準備が楽なうえ、後片付けも楽なのが魅力。 また、ペーパーフィルター不要タイプは、紙でろ過しないためコーヒー豆本来の味が強く抽出できる。 形状 コーヒードリッパーの形状は大きく分けて下記の2種類。 おすすめは円すい形ドリッパーです。 円すい形ドリッパー ハリオV60やコーノ式のように、コーヒー粉にお湯を通過させてコーヒーの成分を抽出する「透過式ドリッパー」が多いのが円すい形。 美味しく淹れられる抽出方法「ネルドリップ」に近い味を手軽に再現できるように作られているドリッパーも、この円すい形。 次に紹介する台形ドリッパーよりも、コーヒーの味をコントロールしやすいのでおすすめ。 台形ドリッパー カリタ3つ穴ドリッパーのような透過式も存在し、お湯に浸してコーヒーを抽出する「浸漬式(しんししき)」も存在するのが台形タイプ。 「メリタ式」などの浸漬式ドリッパーは、フレンチプレスなどと同じく、お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーが抽出できるのがメリット。 円すい形に比べて、スッキリした味に仕上がりやすい。 円すい形ドリッパーを使うと本当にネルドリップに近い味になる? ハリオV60やコーノ式などの円すい形ドリッパーは、究極の抽出方法と言われる「ネルドリップ」に近い抽出が可能と言われます。 結論からいうと、「ネルドリップ」したコーヒーとは味が全然違います。 まず、ペーパーフォルターよりも、ネル素材の布フォルターの方が目が粗いため、ネルドリップの方がコーヒーの成分を多く抽出できます。 そのため、多くの場合でネルドリップの方がペーパードリップよりも深みのある味になります。 もっと言うと、多くの場合でネルドリップのほうが甘み・旨味がある美味しいコーヒーに仕上がります。 ただし、ネルフォルターは使用するたびに手洗いして、煮沸消毒したりと手入れが必要なので、現在は手軽にコーヒーが楽しめるペーパードリップが主流です。 おすすめドリッパーを一挙紹介 さて、ここからハリオV60、コーノ式を除くおすすめドリッパーを紹介します。 まずは、プラスチック製で1つ持っておくと面白いのはカリタ製ドリッパー。 カリタ製ドリッパーは下部に小さな3つの穴が空いているのが特徴。 雑味成分の抽出を少なく、美味しさだけをドリップできるように考案されたドリッパーです。 スッキリした味の中に、しっかりと旨味が感じられるコーヒーが作りやすい。 個人的にハリオV60、コーノ式名門ドリッパーの次に気に入っているのがカリタ製ドリッパー。 「カリタ製はもう古い」と言われることもありますが、こだわりの強いカフェでは未だに使われているおすすめドリッパーですし「 カリタでなければ出せない美味しさ」があります。 ハリオV60、コーノ式名門ドリッパーとは、ひとあじ違う日本人向けのスッキリした美味しいコーヒーが淹れられます。 最後に紹介するおすすめドリッパーは、フィルター不要の「コレス シングルコーヒードリッパー」 表参道などに店舗を構える「丸山珈琲」とコレスが共同開発したドリッパーで、豆の個性が引き出しやすいのが特徴。 ある程度、品質が高いコーヒー豆での使用をおすすめしますが、ブルーマウンテンやキリマンジャロ、ハワイコナなどの浅煎りで飲むと美味しいコーヒーを抽出するのに適しています。 ブルーマウンテンNo. 1などの豆は繊細な旨味を秘めているのですが、繊細すぎるゆえにペーパードリップをすると旨味成分を紙フィルターが吸ってしまい、美味しさを抽出しにくいのです。 しかし、コレスの金属フィルターなら旨味や甘みを含んだコーヒーオイルを余すことなく抽出できるので、豆本来の旨味を堪能できます。 フレンチプレスやコーヒープレスで抽出した時の味わいに近いです。 ちょっと良いコーヒー豆をいただいた時などに使うと、ペーパードリップとは明らかに異なる味が楽しめて面白いです。 フィルター不要なので、維持コストがかからないのも魅力的です。 手入れも簡単ですし、値段も手頃なので一つ持っておいて損はないおすすめドリッパーです。 コーヒードリッパーと一緒に購入すべきフィルターは漂白タイプ 本記事で紹介したおすすめコーヒードリッパーを購入する際、同時に「漂白タイプの紙フィルター」を買うことをおすすめします。 茶色い「無漂白フィルター」は、漂白フィルターと比べて紙の臭いが強いため、コーヒーに紙の香りが移ります。 一応、無漂白フィルター使用前にお湯をかければ、紙の臭いを落とす(リンスと呼ばれる作業)ことも可能です。 正直、無漂白フィルターも漂白フィルターも値段は大して変わらないので、最初から漂白フィルターを買うのがおすすめ。 味にちょっと差が出る程度ですが、こういう「ちょっと」の積み重ねを大切にすることが、コーヒーを美味しくするコツです。 理由は下記3点。 ドリッパーとフィルターのサイズが合わないため、ドリップしにくい• 紙フィルターが糊臭く、かなり薄い• 紙フィルターが薄いためか、雑味が出やすい 100均のドリッパーはカリタ式よりも微妙に大きいため、カリタやメリタの台形フィルターだとジャストフィットしません。 なお、100均で売っている紙フィルターですら何故かジャストフィットしません。 よって、ドリッパーもフィルターもまとめてAmazonなどで買うのがおすすめです。 【簡単】コーヒーを美味しく淹れる小技 コーヒーの美味しい成分は、抽出量の半分のお湯を注いだところで落としきっています。 つまり、150mlのコーヒーを作る場合、75mlの湯を注いだところで旨味成分の抽出は終わっています。 あとは、 コーヒーを薄める作業と考えてください。 そのままドリッパーにお湯を注ぎ、コーヒーを薄めても良いのですが、75mlだけ普通に抽出して、残りの75mlはお湯だけで薄めると驚くほど美味しくなります。 コーヒー液を150ml抽出する場合、半分の75mlに達するまでドリップする。 お湯を150mlに達するまで注ぐ。 スプーンでかき混ぜる。 こうすると、雑味がなくクリアな味わいのコーヒーになり、甘みや旨味が引き立ちます。 余談ですが、お湯を75ml注ぐ際、電気ケトルで沸かしたお湯が一番クセがなく、金属臭さもなく、おいしくて飲みやすいことが研究でわかっています。 詳しくは、こちらの研究レポートをご覧ください。 まとめ さて、今回は「コーヒードリッパーおすすめ5種を一挙紹介【コーヒー専門家が厳選】」という内容でお伝えしました。 冒頭でもお伝えしたように、 コーヒーの味はドリッパーが違うだけで大きく変わります。 結論、ハンドドリップ初心者に一番おすすめのコーヒードリッパーは「コーノ式 名門ドリッパー」。 構造上、ハリオV60ドリッパーよりも 雑味が落ちにくく、初心者でも美味しいコーヒーが作れます。 本当に美味しいおすすめコーヒー豆5種を紹介 次の記事では、僕が通販で購入した1,000種類以上のコーヒーの中で、特に美味しかった5銘柄を紹介しています。 結論からいうと、1位のという無農薬のオーガニックコーヒーが美味しくて、しかもコスパが良いです。 実は、森のコーヒーなどに出会うまで、僕は数えきれないほど コーヒー豆選びに失敗してきました。 例えば、異なる2つの店舗で売っている100g 700円のコーヒー豆があったとします。 片方は「キレの良い苦味と深いコク」があり、もう片方は「 焦げた味でブラックじゃ飲めない」「 虫食い豆が混入している」ということが、コーヒー豆購入においては日常茶飯事で起こり得ます。 絶対に失敗しないコーヒー豆を選ぶのは、どんなに経験を積んでも回避できないと痛感しています。 なので、次の記事は僕の失敗を活かし、• あなたに 失敗しないコーヒー豆選びをしてほしい• 本当に美味しいコーヒーショップがもっと評価されてほしい という願いを込めて執筆しています。 美味しいコーヒーに出会ったら常時更新しているので、ブックマークしてご利用ください。 【自己紹介】 1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。 母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。 そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。 こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。 ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo. 1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。 おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。 また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

次の

珈琲サイフォン株式会社

コーノ 式 ドリッパー

同じ円錐型、だけど〇〇が違う 今回は『ハリオv60ドリッパー』『コーノ式名門ドリッパー』共に1~2杯用のサイズで比較してみます。 パッと見た感じ背丈も同じで円錐型をしているのですが、大きな違いと言えば内部のにある溝= リブでしょう。 左側『コーノ式』のリブは ドリッパー下部に放射状に伸びています。 右側『ハリオ』のリブは ドリッパー全体にスパイラル状に伸びています。 また穴の直径が『ハリオ』の方が 若干大きいという違いもあります。 形状が変われば、抽出条件が変わるということなので、 全く同じ所作で淹れたとしても仕上がりの味は変わってきます。 価格が違う 材質の同じ樹脂製で比べてみると販売店にもよりますが、ハリオの方がややお安くお買い求め頂けます。 また、専門店は別にして量販店でも比較的購入しやすいのもハリオでしょう。 コーノ式はなかなか見かけません。 田舎に住んでいるから?? ただし、コーヒー器具の選び方として「安さが正義!」というものでもないので、単純に「それぞれの価格相場に開きがありますよー」というご紹介です。 材質の種類が違う ハリオは樹脂製の他に、『耐熱ガラス』『ステンレス』『銅』などの材質の製品があります。 一方コーノ式は現状、樹脂製一択です。 種類が豊富ということは、こだわりを追求するうえで良いことなのですが、個人的には選択肢が少ない方が購入するにあたって色々と悩まないので楽です 笑 味が違う リブの形状や穴の大きさが異なる両者で できる限り 同じ条件で抽出すると、味がどの様に違ってくるのか。 結論から言いますと、 『味の違い=特徴』は確実に感じれます。 ただ、この味の違いを文字でどう表現するのが適切か非常に悩みますが、それぞれ私なりの言葉で綴ってみます。 まず、 コーノ式はハリオに比べると深みを出しやすく感じます。 これは単純な「濃度」というよりは「コーヒー豆そのものの味わい」という感覚です。 コーヒーの味を芯で捉えて、非常に奥行きのある味わいが楽しめます。 また、 ある程度抽出が雑でも一定のクオリティに仕上がります。 これは間違いなく良いことではありますが、個人的には「味わいの遊びが少ない」と感じてしまう部分でもあります。 一方 ハリオは表現の自由度が高いドリッパーという印象があります。 コーノ式の様な深みのある味わいはやや不向きですが、ドリップコントロール次第では様々な味わいを楽しむことができます。 その分、 味の再現性が低くなるので、慣れないと毎回違う味わいになりやすいです。 ちなみに、多杯取りの時はコーノ式に比べるとハリオの方が安定する気がします。 補足として、 キーコーヒーのクリスタルドリッパーの個人的なイメージは「ハリオとコーノ式の中間!」です。 ハリオよりかは再現性は高いものの、コーノ式ほど抽出判定が甘くないといったところです。

次の