インフルエンザ いつまで うつる。 インフルエンザの治療で必要な安静期間|一般内科|東京都墨田区両国の湘南メディカル記念病院

インフルエンザはいつまでうつる?感染期間・潜伏期間などまとめ

インフルエンザ いつまで うつる

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 毎年流行を繰り返し、多くの人がかかっているインフルエンザ。 一度かかると、症状が治まったあとも感染を広めないために、保育園や小学校に行くことができない場合もある、とても困った病気です。 今回は、「インフルエンザが完治した」とはどのような状態のことなのか、完治の判断基準や完治までの期間、完治証明書が必要なことがあるのかについて、ご紹介します。 インフルエンザってどんな病気? インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする感染症です。 インフルエンザウイルスにはA、B、C型の3種類があり、A型とB型が流行しやすい型です。 ただしそれ以外の季節にインフルエンザを発症する人もいます。 これらの症状は、ウイルスに感染してから1~3日の潜伏期間を経て、突然あらわれます。 他にも鼻水や咳など、いわゆる風邪のような症状もみられますが、高熱をはじめとした全身の症状が強いのがインフルエンザの特徴です。 関連記事 インフルエンザの完治に判断基準はあるの? インフルエンザの症状がどのようになれば「完治」といえるかという判断は、非常に難しいものです。 熱や咳などの症状が治ると「完治した」と思いがちですが、ウイルスが体内にとどまっているあいだは「完治した」とはいえません。 しかし、インフルエンザのウイルスが体内から全くいなくなったかどうかを検査することは、基本的にはできません。 つまり、検査で陰性になったとしても、まだインフルエンザウイルスが体内にいる可能性があります。 そのため現状、インフルエンザの完治に、明確な判断基準はありません。 インフルエンザの完治までの期間は?子供の方が長いの? 先にもご説明したとおり、インフルエンザの完治の判断は難しいですが、一般的に「治った」というときは、「熱や咳などの症状がなくなった状態」と「ウイルスが体内からいなくなった状態」があります。 ここでは、それぞれにかかる期間についてご紹介します。 ただし、咳だけが2週間程度続くこともあり、個人差があります。 関連記事 インフルエンザの完治までの期間を短縮する方法は? インフルエンザの完治までの期間を短縮するためには、下記の2つの方法があります。 インフルエンザワクチンの接種 毎年、流行期に合わせてインフルエンザワクチンが用意されています。 ただし、予防接種を受けたり治療薬を使用したりして完治が早まったとしても、登校・登園停止期間が短縮されるわけではないので、その点は注意しましょう。

次の

インフルエンザで会社休みになるの?出勤停止期間や復帰はいつから?

インフルエンザ いつまで うつる

予防接種を受ければかからない? 熱が出たから解熱剤を飲む? インフルエンザが流行するこの季節、実は、間違いだらけの行動をとっているかもしません!? さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」 毎週月~木 午前9時26分~放送中 から、今回はイシハラクリニック副院長・石原新菜先生に「インフルエンザに関するQ&A」に答えていただきました。 実は間違いだらけ!? インフルエンザのQ&A Q1. また、家族がインフルエンザと診断されたら、部屋は隔離、看病する人はマスク着用、患者に触った後は必ず手を洗う、タオルなども別にすること。 また、1時間に1回5分ほど窓を開けて、換気をしましょう。 Q3.感染したかも...... どのタイミングで病院にいけばいい? 「インフルエンザの検査では、発症後すぐには陽性反応が出ない場合があります。 発症してから12時間以降48時間以内の受診が、正しい結果が出るといわれています。 診断されない限りインフルエンザ薬は出せないので、受診のタイミングが重要です。 ただし、高熱が出ている場合は、すでに発症からある程度の時間が経っていると考えられるので、すぐに受診しましょう」 Q4.インフルエンザが流行する中、高熱が出たときは解熱剤を飲んでもいい? 「解熱剤の服用は絶対にNG! 発熱により体の中のウイルスを撃退しているので、解熱剤で熱だけ下げてしまうのは、その働きを邪魔してしまうことになります。 解熱剤の使用で、インフルエンザ脳症になることも。 インフルエンザが流行している時期、ちょっと熱っぽいな...... と思っても、むやみに解熱剤は飲まないでください。 もちろん、インフルエンザと診断され、医師が処方した解熱剤は飲んでくださいね」 この時期、「かぜの引きはじめかも」「ちょっと熱っぽいな」など体調の変化を感じ、インフルエンザの可能性がある場合、石原先生は漢方薬の「葛根湯」を服用するそう。 「葛根湯の"麻黄(まおう)"という成分は、インフルエンザやかぜのウイルスに効果があります。 薬局でも購入することができるので常備薬にしておくといいですね」 画像素材:PIXTA Q5.一度インフルエンザにかかったから、今シーズンはもう安心? 「季節性のインフルエンザにはA型とB型があり、型が違えばもう一度かかる可能性があります。 また、予防接種をしても絶対にかからないというわけではありません。 南半球で半年前に流行したインフルエンザウイルスから今シーズンの流行を予想してワクチンを作るため、半年の間にウイルスが進化し変わってしまうこともあるからです」 まずは、マスクや手洗いなどで予防することが大事ですが、「インフルエンザかも?」と感じたら、正しいタイミングでの受診と、他人に感染させないことも重要。 取材協力:石原新菜先生。 「イシハラクリニック」副院長。 父・石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。 ヒポクラティック・サナトリウム副施設長、健康ソムリエ講師としても活動。 著書は『病気にならない蒸し生姜健康法』(アスコム健康BOOKS)、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(PHP研究所)など30冊以上。 韓国、台湾などアジア圏で翻訳出版されている。 石原新菜先生も出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。 毎週月~木曜9時26分からのOAも要チェックです! (取材・文/船圭子).

次の

インフルエンザうつるのはいつまで?家族感染の確率とうつらない方法

インフルエンザ いつまで うつる

冬になると毎年のように流行するインフルエンザですが、万が一、インフルエンザにかかってしまったときは、体がとてもしんどいので、当然、仕事や学校を休まざるをえません。 休む理由には、体がしんどいという理由だけでなく、ほかの人にうつして、感染を拡大させないようにしなければなりません。 時が経つとともに、医療はどんどん発展していくので、インフルエンザに効く薬もどんどん進化していっています。 このため、インフルエンザを発症しても、薬のおかげで症状が軽くなったり、抑えられたりして、早く回復するケースもみられるようになりました。 早く回復したからといって、インフルエンザが治ったわけではなく、感染力は維持されたままなので、外出してしまうと、ウイルスをばらまいてしまいます。 このため、インフルエンザにかかったら、感染力がなくなるまでのしばらくの間、部屋を隔離して安静にしていなければなりません。 それでは、いつまで、会社や学校を休まなければならないのでしょうか? いつから外出・出社(出勤)・登校できるのか? インフルエンザにかかってから外出・出社(出勤)・登校できるのか?というと、基本的な考え方として、 発症後5日間かつ解熱後2日間 は、ウイルスの感染力があるので、外出・出社(出勤)・登校を控える必要があります。 この期間を過ぎると、人へうつる感染力がなくなるといわれています。 回復には個人差はありますが、発症後5日間かつ解熱後2日間が経過したら、外出・出社(出勤)・登校してもよいです。 インフルエンザ出席停止期間早見表 インフルエンザにかかったときに、インフルエンザ出席停止期間早見表を病院でもらいました。 この表を見れば、いつから外出できるのかがよくわかります。 この表を見てもらえばわかりますが、 発症後5日間かつ解熱後2日間経過した翌日に外出可能になっています。 発症日は0日目とあるように、発症後5日間の数え方は、発症した翌日から5日間数えます。 解熱後2日間の数え方は、正確に言うと解熱後48時間後なので、解熱した翌日から2日間数えることになります。 解熱後2日間というのは、大人(小学生以上)の場合で 幼児(幼稚園児、保育所児)の場合は解熱後3日間になります。 インフルエンザ出席停止期間早見表の解熱後2日目の翌々日から保育園や幼稚園に登園が可能になります。 インフルエンザはいつまでうつるのか? 一般的にインフルエンザウイルスは発症から3日程度経過すると減少していきます。 このため、発症後3~7日間は鼻やのどからインフルエンザウイルスを放出します。 インフルエンザウイルスは、解熱後は減少していきますが、解熱後48時間はウイルスを放出し感染力があるといわれています。 スポンサーリンク インフルエンザはいつまで流行るのか? インフルエンザは、例年11月下旬から12月上旬にかけて流行し始め、1月下旬から2月上旬にピークを迎えます。 そして、3月頃まで流行が続きます。 インフルエンザは、冬だけ流行するので、春から秋まではかからないか?というと、流行はしないだけで、可能性は低いですが、年間を通してかかる可能性はあります。 インフルエンザはいつまでしんどいのか? インフルエンザは、薬を使用しなかったとしても、個人差はありますが、熱が高いのは3日程度といわれています。 発症から48時間以内に薬を服用したときは、A型インフルエンザでおよそ1日から2日、B型インフルエンザでおよそ2日から3日で解熱するとされています。 熱が下がるまでは、体に倦怠感(だるさ)があり、しんどい状態が続きます。 熱が下がっても、体力を消耗していますので、倦怠感(だるさ)が残ることもあります。 インフルエンザで熱が出ないときはいつまで休む? インフルエンザで熱が出ない(熱がない)ときは、発症後5日間かつ解熱後2日間で照らし合わせると、熱がないので解熱後2日間という条件は無視できるので、発症後から5日間は、外出・出社(出勤)・登校を控えます。 いつまでマスクをつける? 基本的には、感染力があるとされる発症後5日間かつ解熱後2日間は、部屋を隔離して外出しないのがベストですが、やむを得ず外出するときは、この期間はマスクをつけるべきです。 発症後5日間かつ解熱後2日間経過後は、感染力はないと言われていますが、咳やくしゃみなどの風邪の症状が残ることもあり、咳やくしゃみが出る間はマスクつけて感染しないように気をつけるべきです。 いつから風呂に入れるか? 熱が平熱まで下がってからで、だるさやしんどさがなく体調が良ければ入っても大丈夫です。 熱すぎるお風呂や長風呂は避けて、風呂からあがったら、しっかり髪をかわかして、体を冷やさないように気をつけてください。

次の