ひのえうま 年齢。 ★年齢・年号★

厚生労働省:平成22年度 「出生に関する統計」の概況

ひのえうま 年齢

江戸時代にできた丙午女子の迷信 丙午の年の出産率が明らかに低下している理由は、 そのむかし丙午の女子に関する悪い迷信が日本中に広まったためだと言われています。 丙午(ひのえうま)年生まれの女子は縁起が悪いという不名誉な迷信は、丙午の干支の読みと、江戸時代に書かれた本の内容からの2つの説に由来します。 まず干支ですが、丙午 ひのえうま は十干の丙 ひのえ)が陽の火、十二支の午 うま も陽の火に当たることから、干・支ともに「火」が重なるため、「この年は火災などの厄災が多い」との迷信が生まれ、やがて、 「その年に生まれた人の性質は炎のように激しいものである。 」という迷信に転化したという説があります。 もう一つの江戸時代に生まれた丙午女子の悪評は、井原西鶴が書いた「好色五人女」と言う本が元だという説です。 これは「好色五人女」の中の登場人物の一人である、恋人会いたさに自宅に放火した「八百屋お七」が、丙午 ひのえうま の生まれだといわれていたことから、• なんと、妖怪になるという迷信は300年後の昭和になっても存在し、 1966年 昭和41年 丙午の年の出生率が前年に比べて25%も下がるという結果をもたらしたのです。 気性の荒い子を欲しくない親たちが、丙午に子供が生まれるようにするのを避けたためだと言われています。 ひのえうまの迷信は人によって強く信じている人がいたのも事実で、 「丙午生まれの女は縁起が悪い」 「丙午の女は嫁にもらうな」 などと言う人もいたようです。 実際1966年生まれの女性ってどうなんでしょう? さて、実際に丙午生まれの女性はどういう性格、気性なのでしょう? 丙午生まれの性格は、 「気位が高くて曲がったことが嫌い、そして人に媚びない性格」といわれています。 たしかに66年生まれにはヤンキー、もしくは外見はフンワリでも中身がヤンキーな女子が多かったです。 球技大会ではビンタしてボールを奪い合う(筆者の同級生の実話です)など芯の通った女子ばかりでした。 実際にはまわりのみんなは 幸せな結婚生活を送って、 仕事も安定して、 楽しい毎日を送っている人たちばかりですけどね。 丙午生まれの女性は例の迷信は まったく気にしていないのです^^ 気が強い女性が多いのは否定しませんが・・・ 笑) 記憶としては、自分が結婚のお年ごろになったころ、周りの大人たちがよく 「あの人は丙午だからね~」と、丙午女子を若干否定的な感じで言っていたのを覚えています。 昔の人は「こんなじゃじゃ馬女はお嫁さんには不向き」と思ったことでしょうね。 丙午は神さまの馬 しかし丙午(ひのえうま)自体は悪い話ばかりでなく、 「天馬(じんめ、しんめ)・神馬(かみうま)」とも呼ばれていて 「神様の乗る馬」として神社などにお祀りされている神聖な午でもあります。 人間に使われる労働馬や乗馬ではなく、神さまに仕える存在なのです! 犬山城・針綱神社のお神馬 「本殿西側にお祀りしている御神馬は、古くから子供の守り神、子育てのご神馬さまと親しまれ、お供えした豆を頂くと歯ぎしり、ひきつけが治ると伝えられています。 そのせいか、幼いころから事あるごとに 「あなたはお腹の中ではすべて丙午。 」と言われて育ちました(笑) 生まれ年が ネタになるのが丙午なのです。 しかし、当の本人たちは全く気にしていません。 人口が少なかったおかげで 受験や就職の競争率も下がったし、バブル絶頂期に遊び盛りの青春を過ごしたので 88年~92年ごろ)人生は楽しいことばかり、と陽気な人が多く、悪評なんて笑い飛ばしていたものです。 次の丙午は2026年 厚生労働省の統計に見る第一子を生む平均年齢は、現在のところ25~29 才。 2018年の時点で中学生から高校生くらいの子たちが出産するころに、あの丙午がまたやってくる計算になります。 この年の出産人口がどうなるか気になるところです。 が、そのころには丙午の人口がどうのより、子どもの出産数の低下自体が問題となっているかもしれませんね。 今後は、2026年、2086年、2146年、2206年が丙午となります。 1月 1月10日 — 財前直見、女優 1月27日 — 三田寛子、女優 2月 2月4日 — 小泉今日子、歌手・女優 2月5日 — 川上麻衣子、女優 3月 3月23日 — 大沢逸美、女優 3月30日 — RIKACO、タレント 4月 4月3日 — 冨永みーな、声優 4月8日 — 松本明子、タレント 4月12日 — 広瀬香美、シンガーソングライター 4月13日 — 名越美香、元アイドル(元おニャン子クラブ) 5月 5月7日 — 中島唱子、女優 5月10日 — 田代尚子、アナウンサー 5月16日 — ジャネット・ジャクソン、歌手 5月30日 — 君島十和子、元女優 6月 6月8日 — 森尾由美、タレント 6月26日 — 山本スーザン久美子、元アイドル(元おニャン子クラブ) 6月28日 — 中村あゆみ、歌手 7月 7月12日 — 渡辺美里、ミュージシャン・歌手 7月25日 — 高木渉、声優 8月 8月5日 — 森口瑤子、女優 8月14日 — 鈴木保奈美、女優 8月14日 — ハル・ベリー、女優 8月28日 — 高橋洋子、歌手 8月30日 — 小谷実可子、シンクロナイズドスイミング選手・スポーツコメンテーター 9月 9月2日 — 早見優、タレント・歌手 9月5日 — 中村あずさ、元女優・タレント 9月10日 — 斉藤由貴、女優、歌手 9月15日 — 酒井順子、エッセイスト 10月 10月9日 — 斉藤レイ、女優 11月 11月17日 — ソフィー・マルソー、女優 11月28日 — 安田成美、女優 12月 12月4日 — 永井真理子、ミュージシャン・歌手 12月7日 — 伊藤かずえ、女優 12月8日 — シネイド・オコナー、ミュージシャン 12月17日 — 有森裕子、マラソン選手 12月18日 — 江角マキコ、元女優・元タレント 12月19日 — YU-KI、歌手(TRF) 12月28日 — 高井麻巳子、元歌手・タレント(元おニャン子クラブ) だれですか!「あぁ~・・・」って言った人は!(笑) って、私も思いました(^^;) 何となくわかる気がする~っていうラインナップですよね。 あなたの周りの丙午女子も、やはりこの方たちと 同じ匂いがするのでしょうか・・・ 調べてみるとおもしろいかも!?.

次の

ひのえうま(丙午)の意味とは|昭和41年生まれ女性の出生率減少の理由

ひのえうま 年齢

1 少子化の進行 (出生数と合計特殊出生率の推移) 2006(平成18)年の出生数は、109万2,674人と前年の106万2,530人より3万144人上回り、2000(平成12)年以来、6年ぶりに増加に転じた。 我が国の年間の出生数は、第1次ベビーブーム期には約270万人、第2次ベビーブーム期には約210万人であったが、1975(昭和50)年に200万人を割り込み、それ以降、毎年減少し続けた。 1984(昭和59)年には150万人を割り込み、1991(平成3)年以降は増加と減少を繰り返しながら、緩やかな減少傾向となり、2001(平成13)年からは5年連続で減少が続いていた。 次に、合計特殊出生率をみると、2006年は、前年の1. 26を0. 06ポイント上回る1. 32となり、出生数と同じく6年ぶりに上昇に転じた。 合計特殊出生率は、第1次ベビーブーム期には4. 3を超えていたが、1950(昭和25)年以降急激に低下した。 その後、第2次ベビーブーム期を含め、ほぼ2. 1台で推移していたが、1975年に2. 0を下回ってから再び低下傾向となった。 1989(平成元)年には丙午(ひのえうま)のためそれまで最低であった1966(昭和41)年の数値を下回る1. 57を記録し、2003(平成15)年には「超少子化国」と呼ばれる水準である1. 3を下回り、さらに、2005(平成17)年には過去最低である1. 26まで落ち込んだ。 このように2006年は、出生数、合計特殊出生率ともに回復したものの、依然として人口置換水準を大きく下回る状況が続いており、欧米諸国と比較しても(参照)、極めて低い水準となっている。 また、後述するとおり、2007(平成19)年の出生数は、前年を若干下回ると推計されており、決して楽観できない状況となっている。 (子どもの数の減少) 出生数の減少は、我が国における年少人口(0~14歳)の減少をもたらしている。 第2次世界大戦後の年少人口の総人口に占める割合の変化をみると、1950年には35. 4%(約3,000万人)と、総人口の3分の1を超えていたが、第1次ベビーブーム期以降の出生数の減少により、1960年代後半まで低下を続け、総人口の約4分の1となった。 その後、第2次ベビーブーム期の出生数の増加により若干増加したが、1980年代後半から再び減少傾向となり、1997(平成9)年には、老年人口(65歳以上)よりも少なくなった。 また、総務省「人口推計(平成19年10月1日現在推計人口)」によると、年少人口は1,729万3千人、総人口に占める割合は13. 5%となっている。 これに対して生産年齢人口(15~64歳)は8,301万5千人(対総人口比65. 0%)、老年人口は2,746万4千人(同21. 5%)となっており、我が国の人口構造はますます少子高齢化が進行している。 2005年時点での世界全域の年少人口割合(国連推計)は、28. 3%であるが、我が国の総人口に占める年少人口の割合は、13. 5%と世界的にみても最も小さくなっている。 日本以外では、イタリア14. 0%、スペイン14. 4%、ドイツ14. 4%と、相対的に合計特殊出生率が低い国ほど年少人口割合が小さくなっている。 一方、日本と同様に合計特殊出生率が低い水準である韓国、シンガポールでは、少子化の進行が日本よりも遅い時期に始まったことから、それぞれ18. 6%、19. 5%となっている。 さらに、65歳以上の老年人口の割合をみると、我が国は21. 5%と最も高くなっており、世界で最も少子高齢化が進行している国であることがわかる。 (最近の出生数及び婚姻件数の傾向) 前述したとおり、2006年の出生数は6年ぶりに増加に転じたところであるが、「平成19年人口動態統計の年間推計」によると、2007年の出生数は109万人で、2006年の109万2,674人より約3,000人減と見込まれている。 一方、死亡数は110万6,000人で、2006年の108万4,450人より約2万2,000人増となっており、自然増加数はマイナス1万6,000人と見込まれている。 婚姻件数については、2007年は71万4,000組で、2006年の73万971組より約1万7,000組減と見込まれ、婚姻率(人口千対)についても5. 7と、2006年の5. 8を下回っている。 次に、「人口動態統計速報」により、月ごとの出生数の動きをみると、2007年は前年同月を下回る月が多くなっており、1月から12月までに累計は112万937人となっている。 また、2008(平成20)年1月の出生数は9万5,089人となっており、前年同月よりも6人下回っている。 一方、婚姻件数について、当月分を含む過去1年間の婚姻件数の累計をみると、2005年以降では、2007年1月の75万592組をピークに減少傾向となり、2008年1月時点では、73万6,831組となっている。 (都道府県別にみた少子化の状況) 2006年の全国の合計特殊出生率は1. 32であるが、47都道府県別の状況をみると、これを上回るのは34、下回るのは13であった。 この中で合計特殊出生率が最も高いのは沖縄県(1. 74)であり、以下、宮崎県(1. 55)、島根県(1. 53)、鳥取県及び鹿児島県(1. 51)の順となっている。 最も低いのは、東京都(1. 02)であり、以下、北海道(1. 18)、京都府(1. 19)、大阪府及び奈良県(1. 22)となっている。 2005年と2006年を比較すると、全国の合計特殊出生率が1. 26から1. 32へ大きく上昇したこともあり、33県が上昇している。 その上昇幅が特に大きかったのは、宮崎県(0. 07ポイント)、徳島県及び大分県(0. 05ポイント)であった。 1 ベビーブームとは、赤ちゃんの出生が一時的に急増することをいう。 日本では、第2次世界大戦後、2回のベビーブームがあった。 第1次ベビーブームは1947(昭和22)年から1949(昭和24)年、第2次ベビーブームは1971(昭和46)年から1974(昭和49)年である。 第1次ベビーブーム世代は「団塊の世代」、第2次ベビーブーム世代は「団塊ジュニア」と呼ばれている。 2 合計特殊出生率とは、その年次の15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので、1人の女性が、仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に子どもを生むと仮定したときの子ども数に相当する。 3 丙午(ひのえうま)とは、干支(えと)の1つで、60年に1回まわってくる。 ひのえうまの年に生まれた女性は気性が激しいという迷信から、この年に子どもを設けるのを避けた夫婦が多いと考えられている。 4 長期的に人口が安定的に維持される合計特殊出生率の水準を「人口置換水準」という。 この水準を下回ると人口が減少することになり、人口学の世界では、この水準を相当期間下回っている状況を「少子化」と定義している。 標準的な水準は2. 1前後、近年の日本における値は2. 07~2. 08であるが、男女の出生性比等の違いによって変動する。 5 「推計人口」は、国勢調査の人口を基に、その後の人口の自然動態(出生・死亡)及び社会動態(出入国)を、人口動態統計(厚生労働省)、出入国管理統計(法務省)等、他の人口関連資料から得て、最新の人口を推計したものである。 国勢調査の総人口は、国内に住む日本人に加えて日本に3か月以上住む外国人も含む。 6 日本における日本人を対象とし、「人口動態統計速報」の2007年1~10月分まで及び「人口動態統計月報(概数)」の同年1~7月分までを基礎資料として、1年間の出生、死亡、婚姻、離婚及び死産を推計したものである。 7 人口動態統計速報は、日本における日本人、日本における外国人、外国における日本人及び前年以前に発生した事象を含む。 8 都道府県の合計特殊出生率は、その分母である年齢別女性人口に、2005年は日本人人口、2006年は総人口を用いている。 したがって、両年ともに日本人人口を用いている全国の合計特殊出生率と比べ、その上昇幅が小さくなっている点に留意が必要である。 2 未婚化・晩婚化の進行 (未婚化の進行) 婚姻件数は、第1次ベビーブーム世代が、かつて結婚適齢期といわれていた25歳前後の年齢を迎えた1970(昭和45)年から1974(昭和49)年にかけて、年間100万組を超え、婚姻率(人口千対)もおおむね10. 0以上と「結婚ブーム」を現出した。 その後は、婚姻件数、婚姻率ともに低下傾向となり、1978(昭和53)年以降は年間70万組台(1987(昭和62)年のみ60万組台)で増減を繰り返しながら推移してきた。 2002(平成14)年からは4年連続で減少していたが、2006(平成18)年は73万971組(対前年比1万6,706組増)と5年ぶりに増加に転じた。 婚姻率も過去最低だった2004(平成16)年、2005(平成17)年の5. 7より0. 1上昇し、5. 8となったが、「結婚ブーム」であった1970年代前半と比べると半分近くまで落ち込んでいる。 また、2005年の総務省「国勢調査」によると、25~39歳の未婚率は男女ともに引き続き上昇している。 男性では、25~29歳で71. 4%、30~34歳で47. 1%、35~39歳で30. 0%、女性では、25~29歳で59. 0%、30~34歳で32. 0%、35~39歳で18. 4%となっている。 30年前の1975(昭和50)年においては、30代の男性・女性ともに約9割が結婚していたことを考えると、この間、未婚化が急速に進行していることがわかる。 さらに、生涯未婚率を30年前と比較すると、男性は2. 1%(1975年)から15. 4%(2005年)、女性は4. 3%(1975年)から6. 8%(2005年)へ上昇している。 厚生労働省「人口動態統計」によると、我が国では、2006年に生まれた子どものうち、98%は嫡出子(法律上の婚姻をした夫婦間に出生した子)であり、嫡出でない子(いわゆる婚外子)の割合は2%にすぎない。 したがって、子どもは男女が結婚してから生まれる場合が大半である我が国において、結婚しない人の割合が増加すれば、出生数の減少に直接的な影響を与えることになる。 コラム 諸外国における少子化の状況 我が国は、戦後、出生数と合計特殊出生率が急速に低下し、現在でも少子化傾向が続いているが、諸外国における少子化の状況はどのようになっているのであろうか。 主な国(アメリカ、フランス、スウェーデン、イギリス、イタリア、ドイツ)の合計特殊出生率の推移をみると、1960年代までは、すべての国で2. 0以上の水準であった。 その後、1970(昭和45)年から1980(昭和55)年頃にかけて、全体として低下傾向となったが、その背景には、子どもの養育コストの増大、結婚・出産に対する価値観の変化、避妊など出生抑制技術の普及等があったと指摘されている。 1990(平成2)年頃からは、出生率の動きは国によって特有の動きをみせ、ここ数年では回復する国もみられるようになってきている。 特に、フランスやスウェーデンでは、出生率が1. 6台まで低下した後、回復傾向となり、直近ではフランスが1. 98(2007年(速報値))、スウェーデンが1. 85(2006年)となっている。 これらの国の家族政策の特徴をみると、フランスでは、かつては家族手当等の経済的支援が中心であったが、1990年代以降、保育サービスの充実へシフトし、その後さらに出産・子育てと就労に関して幅広い選択ができるような環境整備、すなわち「両立支援」を強める方向で政策が進められている。 スウェーデンでは、比較的早い時期から、経済的支援とあわせ、保育サービスや育児休業制度といった「両立支援」の施策が進められてきた。 また、ドイツでは、依然として経済的支援が中心となっているが、近年、両立支援へと転換を図り、育児休業制度や保育サービスの充実等を相次いで打ち出している。 このように、1990年代以降の欧州諸国(特にフランス、スウェーデン、ドイツ)では、家族関係社会支出の規模やその内訳は国によって様々であるものの、仕事と育児・家庭に対する「両立支援」を軸に展開する傾向がみられる。 次に、アジアの国や地域について、経済成長が著しく、時系列データの利用が可能なタイ、シンガポール、韓国、香港及び台湾の出生率の推移をみると、次の図のとおりである。 1970年の時点では、いずれの国も我が国の水準を上回っていたが、その後、出生率は低下傾向となり、現在では人口置換水準を下回る水準になっている。 タイの1. 90(2005年)を除けば、我が国の1. 32(2006年)を下回る水準となっており、シンガポールが1. 25(2005年)、韓国が1. 26(2007年(速報値))、台湾が1. 12(2006年)、香港が0. 98(2006年)となっている。 このように、日本以外の東アジアの主な国や地域においても、「超少子化」ともいえる状況が発生しており、近年、韓国やシンガポールでは、自国の出生率を低すぎると認識し、出生率を回復させるという政策スタンスをとっている。 9 欧米諸国における嫡出でない子の割合は30~50%台の水準であるが、その背景には、男女のカップルが法律上の結婚に至るまでに同棲という事実婚の状態を経ることが多いこと、嫡出でない子であっても法的には嫡出子とほぼ同じ権利を享受できること、結婚形式の多様化に対する社会一般の受け入れなどが考えられる。 10 アメリカの2006年の合計特殊出生率は2. 10であるが、人種別にみると、白人1. 86、アフリカ系2. 11、アジア系1. 91、ヒスパニック系2. 96となっている。 ヒスパニック系の出生率が大変高く、全出生数の約24%を占めているが、白人の出生率も我が国の水準(2006年で1. 32)を大きく上回っている。

次の

干支占い 午(うま)年生まれの性格・年齢・特長

ひのえうま 年齢

Contents• 「ごうのとら」とは何か? そもそも「ごうのとら」とはなんでしょうか。 「ごうのとら」には諸説ありますが、「五黄(ごおう)の寅」の事です。 この「五黄の寅」がなまって「ごうのとら」になりました。 「五黄」は、中国の民間信仰「九星」がベースになっています。 この「九星」は下図の通り、九つの星々から出来ています。 これら九つの星々から、人の運勢や、方位の吉凶を占います。 図を見ると、五黄は・・・、 「五番目」の星、土星。 配色は「黄色」です。 ゆえに「五黄土星(ごおうどせい)」ですね。 簡潔に述べますが、九星では「一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫」が毎年循環していきます。 例えばこの記事を書いている 2019年(平成31年)ならば「八白土星」ですね。 去年の2018年(平成30年)ならば「九紫火星」となります。 「五黄」は「九星」における五黄土星を指し、「寅」は「十二支」における寅年生まれを指します。 五黄土星は、九星と十二支の組み合わせで出来ているわけです。 五黄の寅が出る仕組み 九星と十二支の組み合わせなので「9」と「12」の最小公倍数の「36年」ごとに表出するわけです。 20世紀に入ってからは、 1914年 大正3年 五黄土星+甲 寅年=「五黄の寅」 36年後、 1950年 昭和25年 五黄土星+庚 寅年=「五黄の寅」 36年後、 1986年 昭和61年 五黄土星+丙 寅年=「五黄の寅」 次の「五黄の寅」は西暦2022年ですね。 なぜ「ごうのとら」生まれの女性は男を食い殺す? 五黄土星は、九つある星のひとつに過ぎないのですが、 後天定位盤において 「中央」 に位置する特別な星です。 五黄土星は、他の8つ星を支配する強力な星で、同じ「 土性」をもつ二黒土星、八白土星と比べても土気は強いとされます。 「土性」は、砂漠や荒野、墓場の土、土砂崩れの土、地球そのものなどを表し、破壊力や腐敗させる力があると言い伝えられてきました。 なんだか、不吉なムードですね。 このムード(象意)のせいで、「方位」に関しても五黄が配当される方位は「 五黄殺(ごおうさつ)」。 その反対側は「 暗剣殺(あんけんさつ)」といって、いずれも凶方位とされます。 そして、この星の生まれの人は、運気が強いとされます。 ただでさえ運気が強い「五黄土星」が、「寅年生まれ」に当たると、更に運気が強くなるともいわれてきました。 寅年はイメージ先行の部分もありますが、「丙午(ひのえうま)」の記事でも書きましたが、あながち迷信ともいえません。 強すぎる運気は、時に激しい気性となって表出するものです。 いけいけドンドンのワンマン社長とか、押しの強い営業とか・・・皆さんの身近にもいらっしゃるかもしれませんね。 ただし。 「丙午」が生まれ年のみで安易にウワサされてきたように、「五黄の寅」も完全に 生まれ年だけのハナシです。 これで、気質を特定するのはかなりの矛盾をはらんでいると思います。 確かに生まれ年による「傾向」はあると思います。 「団塊ジュニアの世代」だの「ゆとり世代」、「さとり世代」といわれるように、各世代の「特徴・傾向」はあるとは思います。 しかし個人の気質に迫るにはあまりに雑把すぎると考えます。 皆さんも同級生全員が同じ性格・気質だなんて絶対に考えられませんよね。 ゆえに「生まれ年」が「五黄の寅」年というだけで、人間の気質に言及出来るはずがありません。 「五黄の寅」の女性の皆さん安心してください。 昭和49年生まれは何故ごうの寅と言われるのか? まず、昭和49年(1974年)生まれは、五黄の寅ではないです。 確かに昭和49年(1974年)は十二支が寅年ですが、九星は五黄土星ではなく「八白土星」ですね。 八白の寅です。 しかし何故か、昭和49年生まれの女性は「ごうの寅」で気が強いだの、男を食い殺すだのと言われて来ました。 昭和49年は、「甲寅(きのえとら)」にあたります。 音読みで「甲寅(こういん)」の年ですね。 「戊辰(つちのえたつ)」を、「戊辰(ぼしん)」と言ったり、日本語は音読み・訓読みと二つ読み方があるので面倒ですね。 中国語ならば読み方はひとつなんでしょうけど。 もう、全然関係ありませんからね。 昭和49年生まれの女性も安心してください。 まとめ.

次の