ひざ くろずみ。 1分で出来る!ヒジ&ヒザの黒ずみを「ニベア」で撃退する方法

女子度チェック診断でわかる! ひじ・ひざが「黒い女」から脱却する方法

ひざ くろずみ

[目次]• 膝が黒ずんでしまう原因 膝に限らず関節は、動かすために皮膚が伸縮するので黒っぽく見えやすい部分。 けれど、まっすぐと伸ばしているときでも、肌とは明らかに違う色ならば黒ずみと言えます。 肌は紫外線を浴びたり刺激を受けると、メラノサイトが刺激されてメラニン色素をたくさん製造します。 これが解消されることなく積み重なってしまうと、色素が沈着して黒ずみになってしまうのです。 そもそも膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツなので、皮脂や汗がほとんど出ません。 うるおいが少ないため、刺激に対してかなり弱い部分なのです。 そのわりに膝は酷使されやすく、膝をついてしまったり、ぴったりしたジーンズをはいたり脚を組んだりと、膝がこすれる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を起してしまいます。 手厚いケアをしても、クセが治らないと再び黒ずみを作ってしまいます。 黒ずみの原因となる習慣とは、必要以上に床に膝をついたり、入浴時にナイロンタオルで体を洗ったり、締め付けすぎるパンツをはいたり…などです。 これらのクセを改善するだけでもかなり変わってくるでしょう。 すでに黒ずみになってしまった部分のケアも大切です。 皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進んでいきます。 まずは膝の皮膚をやわらかくするために、湯船にゆっくりと入ったり、スクラブでやさしくマッサージを。 ゴシゴシこすると刺激になってしまうので注意してください。 頻繁にやりすぎてもよくないので、月に1~2回程度がおすすめです。 また、お風呂から出たら化粧水で保湿し、クリームやオイルなどで水分にフタをしてあげます。 毎日の心がけで黒ずみゼロの膝を 膝の黒ずみを放置していると、毛穴が目立ったり、角栓ができてしまったりと、良くなることはありません。 反対に、黒ずみができやすくなるクセを正したり、ケアをするだけで肌のターンオーバーが正常になり、黒ずんだ肌をどんどんとはがしてくれます。 難しいことはなく、日々の継続が大切!この機会に、膝の黒ずみケアを始めてみてください。

次の

女子度チェック診断でわかる! ひじ・ひざが「黒い女」から脱却する方法

ひざ くろずみ

[目次]• これらが加わると皮膚が自身を守ろうとして、角質がぶ厚くなります。 それを繰り返し、蓄積することで黒ずむのです。 さらにその黒ずみは色素沈着を起こし、なかなか落ちなくなってしまいます。 肘は皮脂腺が少ないため、皮脂や水分が極端に少なく乾燥しやすいパーツ。 ちょっとした刺激でも、ダメージが大きいのです。 しかも肘をついたり、ほおづえをついたりと摩擦、刺激、圧力が加わりやすいため、黒ずみができやすく、それがなかなか落ちません。 このように何年にも渡って繰り返されてきた刺激によって、肘は黒ずんでいるということをまずは理解しましょう。 肘の黒ずみケアの方法 上記で挙げたように、肘をつく、ほおづえをつく…といった、普段の何気ない習慣や行動、クセによって、知らず知らずの間に肘に黒ずみを作っている可能性があります。 まずはその行動を見直す必要があります。 肘をついているのは、数kgもの重さをささえているため、強い圧力がかかっています。 他にも、お風呂で体を洗うときにナイロンタオルを使うのも極力控えたほうがいいでしょう。 ナイロンタオルはただでさえ刺激が強い上に、強くこすりすぎてしまうこともあります。 これらの習慣を断ち切るだけでも、黒ずみの進行はだいぶ抑えられます。 さらに、すでに色素沈着してしまった黒ずみのケアについて。 皮膚が硬くなっているほど黒ずみもひどくなります。 まずはやわらかくするために、湯船にゆっくりと入りましょう。 やわらかくなったら、スクラブでやさしくマッサージ。 余分な皮膚がはがれて、次第に色素沈着が気にならなくなります。 ただし、角質ケアは強くやりすぎるとそれが刺激になって色素沈着がひどくなる場合があります。 あくまでやさしく、円を描くようにしてください。 また、やりすぎると必要な角質まで落としてしまい、かえって角質が厚くなります。 月に1~2回程度にとどめましょう。 お風呂から出たら手持ちの化粧品で大丈夫なので、しっかりと保湿することもお忘れなく。 黒ずみを作らないために角質ケアを 肘の黒ずみの原因は、肘自体が乾燥しやすいことと、刺激によるダメージを受けやすいこと、角質ケアを怠ることです。 日々の何気ない習慣を見直すこと、定期的な角質ケアケアを取り入れて、黒ずみが気にならない美しい肘を手に入れてください。 自宅でのかかとの角質ケア方法を知りたい方は、「」をご参照ください。

次の

膝の黒ずみの原因とは?【塩や重曹を使って改善できるか】

ひざ くろずみ

1.膝の黒ずみのお手入れ方法|重曹によるお手入れ 膝が黒ずんで見えているのは、古い角質が分厚くなっていることが主な原因として考えられています。 膝の黒ずみを「とりあえず自力でお手入れしたい」という方は、重曹を使った古い角質のお手入れを始めてみてはいかがでしょうか? 重曹は、スーーケットなどでも手に入るので、手軽に始めることができるでしょう。 ここでは、重曹を使った膝のお手入れ方法をご紹介します。 古い角質を取り除き、すこやかな肌にしていきましょう。 食用のほうが粒子が細かいと言われていることからも、お手入れ用には食用の重曹がよいでしょう。 ) ・水 ・化粧水 (顔に使っているものでOK。 ) ・保湿クリーム (顔に使っているものでOK。 もしもペーストが固すぎたら、水を少しずつ足して調節してみてください。 手の指のはらで、円を描くようにやさしくマッサージします。 ゴシゴシとこすらず、やさしく丁寧になじませるようにしましょう。 重曹が肌に残らないようによく洗い流します。 ここでも、ゴシゴシとこすって強い摩擦を与えないように気をつけましょう。 膝の角質が非常に厚く硬いと感じる場合は、顔用の保湿クリームではなく、ひじやひざ用の保湿クリームを試してみるのもおすすめです。 1週間以上間隔を空けて行うようにしてください。 月に1~2回のペースで続ければ、古くなった角質が洗い流され、徐々に肌をすこやかに整えることが期待できるでしょう。 重曹やスクラブでのお手入れとあわせて、第3章で紹介する日ごろの対策を行いましょう。 3.膝の黒ずみの原因 膝の黒ずみの主な原因は、 「摩擦」「日焼け」の2つと言われています。 4.膝を黒ずませないための、日ごろの対策 日ごろから、膝を黒ずませない対策を取り入れることも大切です。 膝の黒ずみの原因となる 「摩擦」「日焼け」、を防ぐ対策を行いましょう。 それぞれについてご紹介しますので、膝の黒ずみが気になる方はぜひ取り入れてみてください。 4-1.「摩擦」の原因となる行動をやめる 膝の黒ずみを避ける第一歩は、摩擦を避けることです。 摩擦は、主に生活習慣から起きているものが多いとされています。 下記を参考に、摩擦を起こすような行動を見直すようにしましょう。 ・座敷などで膝立ちで移動しない ・正座を避ける ・立ったり座ったりする際に、膝をつかない ・足を組まない ・ナイロンタオルでゴシゴシ強くこすって洗わない ・スキニージーンズなど、素材が硬くぴったりしたボトムはできるだけ避ける ・膝が出るミニスカートやショートパンツのときは膝を擦らないよう気を付ける 日本人は生活スタイルの影響で、膝が黒ずみやすい部分もあると言われていますが、できる範囲で気をつけることが大事です。 4-2.「日焼け」させない 膝は関節部分なので、伸び縮みに対応するために皮膚がじゃばらのようになっていて、そもそも少し黒ずんで見えやすいと言われています。 日焼けによってメラニン色素が作られると、さらに膝が黒ずんで見えると考えられています。 止めを塗る、または紫外線が膝に直接あたらないように膝の隠れる丈のボトムスを履くなどして、膝が日焼けしないように気をつけましょう。 ちょっとした買い物の際のショートパンツスタイルなども、膝が出ているので、要注意です。

次の