トイレつまり ハンガー。 トイレつまり解消に有効な道具を4つ紹介

トイレつまりをハンガーで解消する方法とは

トイレつまり ハンガー

トイレつまりはどんな症状? 何か異物を流してしまったり、トイレットペーパーを使いすぎた場合、トイレがつまる原因は明確です。 しかし、原因がわからないトイレつまりも存在します。 「水の流れ方に違和感を覚える」「トイレ後の便器に貯まる水の量が普段と異なる」そんな場合は要注意。 以下に示しているのは、トイレがつまる際に発生しやすい症状例です。 もし、今これらの状態のどれかに当てはまっている場合は、トイレがつまっている、もしくはすでにつまりが発生している可能性が高いと考えてよいでしょう。 まずはどのような症状が当てはまるのか見てみましょう。 しかし、便器の水が流れるのに時間がかかる、一度水位が上がってから水が流れるといった現象が見られた場合は、 水が流れていった先の「せき」と呼ばれる部分で、すでにつまりかけている可能性が高いです。 この場合、決してスムーズではありませんが水は流れます。 異物などのつまりの原因となるものが完全に水路を塞がない限り、水が流れなくなることはありません。 そのため、対処されず放置されてしまうことも多いようです。 ただ、流れるからといって放置するのはNG。 すでにつまっている異物に、ほかの異物が巻き込まれて付着し、狭い水路が余計に塞がれてしまうということになりかねません。 事態の悪化を防ぐためにも、早いうちから手を打っておく必要があります。 しかし、水を流した後に水位が上昇してしまうという症状が発生した場合、便器の中か、その先の「せき」で異物がつまっていることが原因で起きた症状である可能性が高いです。 水位が一度は上がって来るものの、次第に水位が下がるようであれば、異物の間から水が流れる隙間はまだ存在しているということです。 一方、水位が上がったままで変わらなかった場合は、完全につまってしまった可能性が高いです。 その場合は水を流すのを止め、早急な対処が必要になります。 封水には次のような効果があります。 ・排水から逆流してくる悪臭を防ぐ効果• ・便器汚れを洗い流す効果• ・害虫の侵入を予防する効果 この封水に水がたまっていない状況を「 封水切れ」と呼び、封水切れが起こると水を流したあとの水位が元に戻らず、下がってしまいます。 封水切れはトイレにつまった異物やトイレットペーパーが便器内の水を吸い出し、排水管へと移動していることが原因です。 そのため、本来は便器に残るはずの水が減ってしまい、封水切れが起こってしまうのです。 封水切れが起こると、水位が下がるだけでなく、排水管の悪臭や便器汚れの悪化、害虫トラブルなどを引き起こしてしまいます。 水位の低下や便器内部から悪臭が漂い始めたら、トイレのつまりを疑いましょう。 ただ、タンクから水が出ない場合においては、排水管につまりが生じているのではない場合も多く、ほとんどがトイレタンク側に問題があると考えたほうがよいでしょう。 確かめるために、一度タンクの蓋を開けた状態で、レバーを引いてみてください。 もし、タンクにしっかりと水が溜まっていなければ、タンクに異常がある可能性が高いです。 逆に溜まるものの水の勢いがない場合は、タンクから便器へ水を流す過程に問題があることも考えられます。 汚物を流すための水圧や勢いは非常に重要。 これらが足りないと、排水管や便器内部で汚物によるつまりを引き起こすリスクを高めてしまうからです。 タンクから出る水量が少ない場合は、タンクと便器に流れるまでの過程のどちらに原因があるのかを把握することが大切です。 考えられるトイレつまりの原因 では、実際にどんなものがトイレをつまらせてしまうのでしょうか。 トイレつまりの原因となるものは様々で、日常生活でよく使われるものも多いです。 以下に示すものを参考に、どんなものがトイレをつまらせてしまうのか理解しましょう。 ただ、その使用量によってはつまりの原因になりかねません。 ほぐれきれなかったトイレットペーパーが、排水管の出入り口をつまらせてしまい、水が流れづらくなったり、便器内の水位の上昇を招くのです。 ありがちなのはティッシュペーパー。 このようなトイレットペーパー以外の紙類を流してしまうと、それが排水管の出入り口に引っかかり、つまってしまうことがあります。 よくある例としては、掃除用・ペット用トイレシートなどが当てはまります。 トイレに流せる製品の多くはトイレットペーパーほど水にほぐれやすいものではありません。 つまりのリスクを考慮すると、専用のゴミ箱などを設置して、便器以外のところに捨てられるようにしたほうがよいでしょう。 実際に石のようなものが出るのではなく、カルシウム成分が便器内に少しずつ蓄積し、つまりの原因を作り上げていきます。 「何もつまらせた覚えがないのに、なぜか前より流れにくくなっている」といった症状が出ている場合は、長年にわたって使い続けた結果、便器に尿石が蓄積しており、排水管が狭くなってつまりを引き起こしているのかもしれません。 また、吐瀉物(としゃぶつ)に関しても同じです。 吐瀉物に含まれる成分が便器内で蓄積し、つまりを引き起こしているかもしれません。 さらに、嘔吐物の状態や量によっても排水管がつまってしまう可能性があります。 洗剤のキャップやトイレットペーパーの芯、飴の袋など、細かいゴミなども落としやすいので注意が必要です。 トイレつまりの修理に取り掛かる前に… トイレつまりが発生した際は、まずは状況確認をして、状況に合わせた対処が必要になります。 トイレつまりは放っておけば勝手に直る? トイレつまりを自分で対処できるかどうかを確認するために、まずは様子を見ることが大切です。 一定時間経過することでつまりが解消することもありますが、その場合「いずれ放っておけば直るだろう」とその後も放置してしまう方も多いはず。 ですが、それは根本的にトイレつまりが解決しておらず、放っておくと危険…。 なぜなら、つまりの原因には長い間蓄積された異物がほかの異物を巻き込んでしまう可能性もあるからです。 そうなると、 放置することでつまりは悪化してしまいます。 ですので、少しでもつまる前兆が現れたら、その時点で何らかの対策をすべきなのです。 自分で修理できるか見極める方法 トイレつまりは自分で修理することができますが、水が便器から溢れていないことが前提になります。 水が溢れている時点で、便器の先の水路か、さらにその先の排水管で完全につまってしまっています。 そうなると、自分で直すことはかなり難しくなってしまいます。 自分で悪あがきをして事態を悪化させてしまうよりも、早急に業者に依頼した方が賢明でしょう。 ですが、水位が徐々に下がっている場合や水が溢れていない状況であれば、自分でも解決できる可能性があります。 そんなときは、これからご紹介するつまり解消方法をお試しください。 自分でトイレつまりを直す方法 ここからは自分でできるトイレつまりの対処方法を解説していきます。 家庭でもあるようなアイテムで対処したり、専用の用具でつまりを解消させたりする方法など様々ですので、ぜひ実践してみだくさい。 ここで紹介しているつまり解消方法はあくまで「トイレットペーパーでつまってしまった場合」を想定したものです。 おもちゃなどの固形物がつまっているときにローポンプなどを使用すると便器が傷つき、破損してしまう場合もあります。 トイレつまりの原因がわからない場合は無理に作業するのではなく、すぐに業者を呼ぶようにしてください。 最も効果的でおすすめの方法は?ランキング形式でご紹介! 筆者が本記事で紹介するつまり解消方法を実際に行って検証した結果、以下のようになりました。 おすすめするのは圧でトイレつまりを解消するローポンプです。 確実に加圧することでつまりの原因を思い切り押し込むことができ、簡単かつ効果絶大な方法でした。 トイレつまりを解消させるのに一番効果的な方法とも言えます。 ただ、すっぽんなどと比較すると高額なので、「自分でつまりを直すのに高いお金を出すのであれば、業者に頼む…」という方も多いかもしれません。 手順は以下の通りです。 すっぽん自体もパイプクリーナー(すっぽんタイプ)ほど高くはないのも嬉しいポイントです。 ちなみに、すっぽんの正式名称は「 ラバーカップ」。 すっぽんでつまりを解消させる場合、前提として便器内に水がある程度溜まっている必要があります。 もし水がない場合は、バケツやヤカンなどで水を足しながら作業を行うようにしましょう。 また、すっぽんを使用する前に、汚水が周囲に飛び跳ねる恐れがあるので、便器の周りに新聞紙やビニール袋などを床に敷いたり、壁に貼ったりしましょう。 ビニール袋で即席カバーを作るのもひとつの手です。 すっぽんを使った解消方法の手順は以下になります。 そして、引き上げる際にはなるべく勢いを付けるようにすることです。 ハンガーは一見「ワイヤーブラシよりもおすすめできないのでは?」と感じた方もいることでしょう。 しかし、ワイヤーブラシは金属製のブラシで、排水口からさらに奥に入れるのに苦労します。 その分、ハンガーはある程度形状が固定されており、奥まで入れるのは容易。 日常生活でも使用するため、すぐに用意できるのも強みと言えるでしょう。 以下の手順を参考に、試してみてください。 固形物を押し込んで排水管の奥でつまってしまうと、トイレを脱着させる(取り外す)ことが必要不可欠。 そうなると、本来であれば簡単に直せたトイレつまりも、直すのが難しくなってしまい、業者を依頼した場合の料金も高くなる可能性があります。 ワイヤーブラシはある程度長さがあるため、奥でつまりが発生している場合にも対応できる点がおすすめポイントです。 初めて使う人は扱いに手間取ることもありますが、トイレつまりのアイテムとしては有効です。 トイレのつまりを解消する目的で使われるワイヤーブラシは通常のものとは異なり、細長いバネのような形状をしています。 ホームセンターなどで買い求める場合、あくまでも目安ですが価格の相場は2,000~5,000円程度です。 ワイヤーブラシを用いたつまり解消の手順は以下の通りです。 ハンガーの項目で解説した通り、固形物がつまっている場合は押し流すのではなく、掻き出すようにしましょう。 その場合はハンガーを用いるのがよいかもしれません。 洗剤でつまりの原因を溶かすことで解消させる方法になります。 こちらはある程度時間がかかるため、すぐに解決したい人には不向きです。 メリットとしては、トイレを傷つけることなく、状況を悪化させにくいという点ではおすすめできます。 しかし、時間がかかる上、分量を間違えると効果が薄まるため、この方法で解決するのは難しいと言えます。 やり方としては以下の手順を参考に、つまりを解消させましょう。 洗剤がつまりの原因を溶かすまで時間がかかるため、 早急にトイレつまりを解消したい人には不向きな方法ではありますが、時間があったら試してみましょう。 しかし、これでつまり解消はあまり見込めないので、根本的に解決するのであれば他の方法を試してみるとよいでしょう。 以下の手順とポイントを踏まえて水を流してみましょう。 なお、 温度が高いと便器にヒビが入ってしまう可能性があるため、40度未満のぬるま湯を用意してください。 また、バケツの水を流すとき、一度に大量の水を流してしまうと溢れてしまうことがあるため、水を流す際は複数回に分けて行うようにしましょう。 そもそも、便器を覆うことで真空状態を作り出して行う必要があるのですが、日本のトイレは便器の中に給水用の穴があるため真空状態が作りにくいのです。 どちらかというと、海外で給水用の穴がないようなトイレで用いられる方法になりますが、このようなやり方もあるため、ここでは一応取り上げています。 そうすると、ラップが少し膨らんでくるので膨らんだところを数回押してみましょう。 水を流さずに行うよりも吸引力が少し上がるので、つまりの解消が期待できます。 自分でやってもトイレつまりが解消されない場合は… 上記でご紹介した方法でトイレつまりが解消されない場合は、迷わず業者に相談しましょう。 無理をして状況が悪化することを考慮すると、やはり業者への相談が大切です。 トイレつまりならザットマンにお任せ! トイレつまりでお困りの方はぜひザットマンにお任せください。 ザットマンは水まわりのトラブルに迅速かつ丁寧にご対応させていただきます。 経験豊富なプロが最高のサービスをご提供! 私たちザットマンは水まわりのトラブル解決のプロ集団です。 月間の修理件数は 約3,000件。 給水装置工事主任技術者取得店、PL保険加入店、水道局認定で経験豊富なプロが最高のサービスをご提供します。 訪問・見積は無料!初回は基本料も無料! ザットマンなら 訪問料や見積料は無料で対応いたします。 また、 初回ご利用の方は基本料をいただきません。 まずはザットマンが誇るサービス品質を実際に体験していただきたい…その思いからこのようなサービスを提供しています。 24時間年中無休!迅速に駆けつけます! 水のトラブルはいつどんなときに起こるかわからないものです。 困ったときにすぐに駆けつけられる…それが私たちザットマンです。 プロのスタッフがお電話から修理まで迅速、丁寧に対応させていただきます。 トイレつまりの修理費用 トイレつまりにかかる費用は以下の表の通りです。 こちらは概算となっておりますので、詳しい見積に関しては現場を見ないと判断しづらいこともあります。 見積は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。 ですが、自分で対処できないような場合、専門業者に依頼するのがおすすめです。 ご相談だけでもザットマンまでお気軽にお尋ねください。

次の

トイレ詰まりはハンガーでも直せる!その方法と注意点

トイレつまり ハンガー

針金ハンガーで解消できるつまり原因 針金ハンガーで 解消できるトイレつまりの原因は、以下のような 水にふやけるものです。 トイレットペーパー• ティッシュペーパー• 排泄物• 嘔吐物• 水に溶ける系グッズ これらの物は針金ハンガーでつまりを解消できる可能性があります。 この記事を読み終わった後に試してみる価値は十分にありますよ! 針金ハンガーで解消することが難しいつまり原因 針金ハンガーで 解消が難しいトイレつまりとは、以下のような 水にふやけないものがつまったケースです。 オムツ• 生理用品• ペット砂• スマホやおもちゃなどの固形物 これらのものが便器に落ちた場合は水に溶けにくいので、針金ハンガーでつまりを解消することが難しくなります。 オムツや生理用品などは針金ハンガーを上手く引っ掛けることができれば取り出せますが、困難な作業になるでしょう。 和式トイレのつまりを針金ハンガーで解消するときの加工方法 強度が高く柔軟性がある針金ハンガーは大きく分けて3つ形に加工することができます。 加工すると言っても特に道具は使用しないので安心してくださいね。 それでは早速、針金ハンガーの3つの加工方法をご紹介します。 加工方法1|針金ハンガーの先端を輪っかにする 一番簡単な加工方法が、針金ハンガーの先端を輪っかにする方法です。 先端を輪っかにすれば角がなくなり、排水路に引っかかることなく奥までハンガーを突っ込むことができます。 異物を奥に押し込みたい時は、針金ハンガーの先端を輪っかにして使ってみてください。 加工方法2|針金ハンガーの先端を螺旋状にする 針金ハンガーの先端を螺旋状にすれば、輪っかにした時よりも針金ハンガーの強度が高くなります。 トイレにつまった異物が ペット砂や嘔吐物のように少し固めの物の場合に螺旋状にしてみてください。 加工方法3|針金ハンガーの先端を釣り針の形にする 針金ハンガーの先端を釣り針のように軽く曲げることで、トイレにつまった物を引っ掛けて取り出しやすくなります。 例えば、 生理用パッドやおむつ系の素材などを落としてしまった時に釣り針のように曲げて使ってみてください。 和式トイレのつまりを針金ハンガーで解消する方法 針金ハンガーを使用した和式トイレのつまり解消は次の手順で行います。 針金ハンガーを加工する• 針金ハンガーをトイレの排水管に差し込む• つまりの原因を針金ハンガーで崩す・引っ掛ける• 上下左右に小さく動かすと探しやすいです。 和式トイレの排水管は排水口から手前方向に排水管が伸びているので、その形をイメージしながら針金ハンガーを奥まで差し込んでみてください。 一発でつまりを解消できない場合が多いので、針金ハンガーの位置や向きを変えながら何度かチャレンジしてみてください。 もし「小」がない場合はレバーを半回転させて水を調節しながら流してみてください。 水を流して普段通りに便器の水が流れたら、つまりが解消されているということになります。 針金ハンガー以外での解決方法は、トイレ詰まりの応急処置方法をまとめた次の記事もご参考ください。 針金ハンガーで和式トイレのつまりを解消できない場合は? 針金ハンガーを使用しても和式トイレのつまりが解消されないケースは珍しくありません。 特に和式トイレは洋式トイレよりも排水管が太いので、和式トイレでつまりが発生する場合は大量のものがつまっている可能性が高いんです。 もし、針金ハンガー を使ってもトイレのつまりが解消されない場合は『専門業者』に依頼しましょう。 専門業者であればトイレのつまりを素早く・的確に状況を判断してつまりを直すことができます。 道具の使用にも慣れているので、ご自身で試してみても直らなかったトイレのつまりをいとも簡単に解消してくれます。 例えば、ラバーカップなどで直る簡単なつまりであれば到着から 5分ほどで直ることも少なくありません。 修理費はつまりの状況によりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと8,000円ほどで修理することができます。 もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。 針金ハンガーを使ってもトイレのつまりが解消されないのであれば業者を呼んで素早くつまりを解消させましょう!.

次の

トイレつまりの直し方「自分でできる8つの修理法」

トイレつまり ハンガー

【ステップ3】感触を感じたら分解させる つまりの原因である感触を探したら、それを分解・崩しながら押し込みます。 ただし、押し込んでOKなのはつまりを起こしている原因が「水に溶けるもの」だった場合のみ。 トイレに流しても大丈夫なものか確認するのをお忘れなく。 【ステップ4】分解されていけば水が流れる 水が流れていけば、順調に分解され押し込めている証拠です。 流れ切ったあとすぐにレバーで水を流すのではなく、バケツにお水を汲んで便器へ流し込み、きちんと流れるか確認してください。 【注意点】 針金のしくみ上、ハンガーは形を変えてどんどん奥まで潜り込んでいってしまいます。 無理やり押し込んでしまうと別箇所の損傷原因になり得るので、自己責任のもと、つまりの原因が分解できる程度の力加減でお試しください。 流してはいけないものならNG トイレのつまりには、主な原因が2つあります。 1つは「大量のトイレットペーパーや流れにくい便を一度に流す」、2つは「水に溶けないもの(おもちゃや携帯電話など)を流す」といったものです。 紹介したハンガーを使用する方法は、あくまで「水に溶けるものを押し込む」方法となっています。 トイレットペーパーなどの水に溶けるものが原因となって起こったつまりの解決法なのです。 水に溶けず、固い異物がつまりの原因となる場合は対処法が異なりますので、ご注意ください。 とはいえ「自分で修理したことで別の箇所を破損してしまい、予想以上に修理代がかかってしまった」などという事態にならないよう「つまりの原因は何なのか」をきちんと把握することも大切です。 把握できれば「自分で修理を行う・業者に頼む」といった判断もしやすくなる上に、業者への相談もスムーズにできます。 いつ起こるかわからないトイレのつまり。 だからこそ、普段からちょっとしたことでも相談できる「かかりつけ業者」を見つけておきましょう。

次の