マイ スイート ハネムーン。 マイ・スイート・ハネムーンとは (マイスイートハネムーンとは) [単語記事]

マイ スイート ( パルガ ) の宿泊予約

マイ スイート ハネムーン

周辺情報• ヴァルトス ビーチ - 徒歩 27 分• Mediterranean Sea - 徒歩 1 分• アンソーサ ウォーターフォール - 徒歩 21 分• パルガ城 - 徒歩 24 分• クリオネリ ビーチ - 徒歩 33 分• アンソーサ城 - 徒歩 37 分• 1 マイル• リッチノズ ビーチ - 6. 9 マイル• サラキニコ ビーチ - 9. 8 マイル• アギオス ギアナキス ビーチ - 11. 2 マイル.

次の

佐久間まゆ(牧野由依) マイ・スイート・ハネムーン 歌詞&動画視聴

マイ スイート ハネムーン

こんばんは。 北川です。 --ジャングル-- セカイの中心で 愛 を叫ぶーー 今回はかのアイマスREMIX界隈最大の企画、 CINDERELL-A-RRANGE vol. 5 Tri Jungle Story の1日目、Brand New Jungleに参加させていただきました。 まず初めに、動画を作っていただいたるなりあさんに自分が持てる最大級の感謝を。 当初は本編と連弾の2枚のイラストをお願いしたのですが、なんと動画まで作っていただきました。 期間も長くない中で最高の動画を用意していただき、感謝してもし尽くせません。 さて、今回の曲は佐久間まゆ歌唱の「マイ・スイート・ハネムーン」になります。 月は自分では輝くことのできない、太陽に照らされてその光を私たちに届けてくれています。 これは皆さんも知っての通りだとは思います。 しかし、月のその輝きは一日として留まりません、新月から満月へと一日一日、形を絶えず変えます。 私は、マイ・スイート・ハネムーンを披露してもらってから、愛に生きるアイドル佐久間まゆに、月を重ねて見るようになりました。 愛の形は絶えず変わることなく移ろい、その姿を私にみせてくれる。 一つの周期で満ち欠ける月、寄せては返す光の波... そんなイメージでこの曲をアレンジさせていただきました。 Trilian Dr Mr. B・F・D 9月に開催された事務所のアニーバーサリーパーティー。 私の 担当の北条加蓮の誕生日も祝ってもらって個人的にはすごく嬉しい日でした。 そしてこれまた担当である高森藍子もはりきってお手伝いをしたおかげもあってか大成功だったお昼からのパーティー も落ち着きを見せ始めた午後8時。 ほの暗いステージに置かれたライブの機材。 そこに向かう3人のアイドルと私、そしてゲスト達... そこで披露した曲となっております。 では、今回のアレンジの解説、もとい聴いてほしいところの解説をいたします。 解説するのも野暮なことかな、とも思いましたが、私たちからの愛を存分に受け取っていただきたく、こちらに書かせていただきます。 まず初めにイントロです。 イントロは皆さんご存知、「イリュージョニスタ!」から「ワンナイト・イリュージョン ようこそ新世界」のフレーズを2人での演奏からスタートしました。 私たち2人から、聞いてくださる皆さんに、「ようこそ」と歓迎をさせていただいた次第です。 聞いてくださる皆さんに感謝をこめて。 次にまゆからの歌いだし、そしてハモリに私が入ったAメロ。 ハモリの音域をまゆより高くすることで後ろでサポートしながらも手を引いていけるように、と思い歌わせていただきました。 高かったです。 Bメロに入り3拍子へ。 個人的に3拍子系がもとより好きなのですが、私の大好きで大嫌いな作詞作曲の滝澤俊輔さんは牧野由依さんが歌唱する(キャラ名義、本人名義問わず)曲で時折3拍子系をいれてきます。 3拍子は3拍子らしくアレンジしたつもりです。 1,2,3と回るように。 4拍子に戻ってサビはハモリの音域を下げました。 まゆを高いところに連れていきたい思いです。 私のパートは低かったですが少しでも支えれていれば嬉しいです。 2番はボサノヴァ風のリズムからスタートして楽しい雰囲気からスタート。 やっぱり2人で歌うと嬉しさがあふれ出してきます。 Bメロでボーカルを私に少しだけですがスイッチ。 一番好きなフレーズなので歌わせてもらいました。 また後述しますがこの歌詞には少しこだわりがあります。 2番サビはAメロと対称的にしたく、また、少しエレクトロなリズムにしています。 本当に名曲ですしアルバムも名盤なのでぜひ一度お聞きください。 これ以上は語ると長くなりすぎるので割愛させていただきます。 そしてまゆと私のアドリブソロパートです。 バックのコード進行はまんまFly me to the moonです。 ジャズに欠かせないアドリブという要素。 想いをその場で音に紡ぎ、また、繋いでいく。 それはまるで会話のような心地よさがあります。 みなさんには少しでも伝わればいいな、と思います。 アドリブも終わりCメロ。 歌詞が良すぎる... 歌詞が本当に良いんです。 Cメロの歌詞の中の「つみ重ねてきた」。 わざわざ"つみ"をひらがなにしているんです。 ひとつずつ積み重ねてきました。 そして、罪を、重ねてきました。 愛し合うことを許されないアイドルとプロデューサー、想うことすら罪なんです。 2人の関係を変えれば、それは罪ではなくなるでしょう。 正面をきって愛し合えるかもしれません。 それでも。 ただただ、彼女にもっと高いところからの景色を見せてあげたい。 今はそれだけなんです。 それだけがあれば待つことも、耐えることも、できます。 Cメロが終わり、サビへ。 最後のサビの前半は、まゆと私からの音だけで構成されています。 見つめあいながら、愛をこっそりと囁くように。 2人なら夜も照らす、そう彼女が言ってくれたので私がオクターブのユニゾンで入り全員が音を鳴らします。 最後のサビ、あのブレイクは、私たちの「お願い」です。 彼女のこれから、私たち2人のこれから。 それらに願いをこめて。 2人のユニゾン、掛け合いを経て、Piece of Love Storyで私が、彼女のこれから上っていくであろう坂道の1歩先を見せたつもりです。 曲が終わり、まゆのもとへ向かい、2人だけで秘密で練習した連弾。 連弾に関しては多くは語りません。 ただ、連弾は、2人で1つの鍵盤に向かい、音を紡ぐものです。 これは、まるで... また、コードに関し1つだけ。 本編の曲の最後のコードに注目してほしいです。 コード名はGbsus4。 まだまだ、続きます。 続けていきます。 ですから、お願いです。 少しだけでもいいです。 祝福してください。 旅立つ2人を。 また、マイスイートハネムーンでは歌詞の方でもたくさんのダブルミーニング的フレーズがあります。 その中でも私の一番のお気に入りのフレーズ、今回のアレンジで唯一私がソロで歌った場所、2番Bメロの「鍵をかけて 愛を閉じこめましょう」。 ここにはぱっと見ですと、あなたとの愛を閉じ込めて永遠に逃さない、というような解釈が最初にくると思います。 しかし、このフレーズは、このようにも考えることができます。 アイドルである佐久間まゆとプロデューサーである私、 そして、決して結ばれることの許されない、アイドルとプロデューサーの関係。 今は1人を愛することは許されないアイドルが、プロデューサーが、それぞれその想いに鍵をかけ、閉じ込める。 いつか鍵を開け、愛し合える日が来るまでは。 1,2番のサビとラストのサビの対比にも注目してもらいたいです。 特に最後のフレーズ、1,2番は"Fantastic Story"、そして最後は"Piece of Love Story" となっています。 歌詞を 読み深めるとわかりやすいのですが、この曲は、 Cメロを境にして視点が変わります。 前半はいわゆるまゆの夢、願望の中の想い、後半は現実にアイドルとして輝いているのまゆの本当の 想い。 過ぎていった、過ごしてきた時間は、確かに彼女の「愛」のカタチを、とても尊く、暖かなものに変えてくれたのだと思います。 また、サビの最後のフレーズのFantastic Storyは「素晴らしい物語」や「素敵な物語」という意味があります。 しかし、fantasticのもともとの意味は「空想的な」というものです。 あくまで彼女の中の深い想い"だけ"の、言ってしまえば独りよがりのものです。 これに対し、ラスサビでは Piece of L ove S to ry 「愛物語のひとかけら」。 今までとは違い、続けていく、彼女とプロデューサー含む周りの優しいみんなとの物語の中の出来事を、彼女の持つ紅い日記帳に書き出したものです。 まゆは成長し、変化することを恐れなくなりました。 彼女の持つ「愛」も形を変えました。 1人だけを愛してさえいればそれでよかった、そんな想いが、周りの暖かいアイドルたちとの出会いや、みんなと過ごした時間のおかげもあり、1人でなく、周り全ての人に変わらぬ愛を振りまくことができるようになったのです。 しかし、愛の形が変わったとて、愛するモノ、人が変わることはありません。 春夏秋冬、四つの季節が巡っても変わらない想いが、"Always"なものが。 私は彼女から大きな、大きな愛と音源を聞いてくださった皆さん、この記事を読んでくださった皆さんとの関わりをもらいました。 深い感謝、そして尊敬の念でいっぱいです。 これからもゆっくりではありますが、 隣で歩いていけたら、と思います。 こちらの記事を読んでいただいた皆さん、ありがとうございます。 また、次の機会に。

次の

京都の老人ホーム|京都マイスイートホーム

マイ スイート ハネムーン

念願のソロ2曲目『マイ・スイート・ハン』。 おめでとうまゆ。 そしてありがとうまゆ。 そんな気持ちで思い立って歌詞考察の記事を書いたのがおよそ1年前…。 一度消してしまったものを再びお出しするのは憚られたのですが、今日はなんと言ってもまゆの大切な誕生日ですので少しでもまゆの役に立てたらなぁと思い掲載します。 曲名『マイ・スイート・ハン』 まゆの貰った『マイ・スイート・ハン』という楽曲の名前の意味。 やっぱり気になりますよねぇ。 だってまゆのソロ1曲目は『エヴリデイドリーム』なんですから、「曲名はやっぱりなのか?」とか「どこで区切れば隠された意味が紐解けるんだ」とか。 私も歌詞とにらめっこして考えたのですが、ティンと来る答えは得られませんでした。 でも最終的に、ちゃんと答えは得られました。 やっぱり『マイ・スイート・ハン』もでした。 それも歌詞の 1、2番と3番で分けて考えると上手く当てはまるんですよ。 私の頭の中では間違いありません。 1、2番は『私の・甘い・蜜月』• 3番は『私の・一緒の・新婚旅行』 『マイ・スイート・ハン』歌詞第1番 まゆが1番の歌詞で歌っているのは『Pと結ばれてから新婚旅行に行くまで』についてなんですよねぇ。 歌詞を一言一句解説するのはここでは省きますが、1番サビがとっても分かりやすいので注目しますと あなたとハン 祝福してる 世界中がエキストラ 永遠の魔法をかけて 二人紡ぐ愛の続きを Fantastic Story と言った感じでまさに浮かれポンチというか。 幸せの絶頂期というか。 世界中の人間が祝福してくれているのに、それはただのエキストラに過ぎなくてまゆにはPしか見えていないって言うのが、またなんともしいんですけど… 単刀直入に言って1番の歌詞はぜーんぶ嘘なんですよ。 で空想で夢物語でそれこそ正に白昼夢なんですよ。 まあでも当たり前ですよねー。 まゆとPは新婚旅行にまだ行ってないし、結婚式もまだ挙げてないし、婚約も初夜もキスもまだなんですから。 『大好きだよ』の言葉さえまゆにまだ伝えてませんよ。 だからちょっぴり歌詞が官能的なのも問題はありません。 『ハン』が『蜜月=結婚したての頃』と解釈したのも曲名に沿ってます。 1番の終わりが『Fantastic Story』なのもそういうことです。 言葉通り夢見てるんですよ。 『マイ・スイート・ハン』歌詞第2番 当たり前ですけど2番の歌詞も全部嘘の内容です。 2番では『妊娠してから出産そして家族3人での生活』をまゆは歌っているみたいですが、1番同様にまゆとの関係はそこまで進展していませんよね。 そもそも1、2番で一括りになった構成と考えると2番が嘘なのも尤もです。 2番の歌詞も『Fantastic Story』で締められているのも同様です。 教えてハーフムーン 愛はどうして かたち変えていくのでしょう? 満ち欠けて私惑わす 二人歩む恋の軌跡を Fantastic Story それよりも、まゆにとって半身であるPの愛情が、自分よりも子に向けられていることに対して不満を感じているような歌詞なのが、なんともまゆっぽさで満ちてて非常に良いです。 上記の考察は不適切であり、私がまゆのことを十分に理解出来ていなかった未熟さ故の過ちであります。 まゆ及び以前に当記事をご覧になられた皆様にお詫び申し上げます。 改めて解説させていただきます。 2番Aメロでまゆはハートのグラスに何かを注ぐから全部飲んでねと言っているんですが、『ハートのグラス』がまゆとPの子 まゆのお腹の中にいる状態かは不明 だということは理解しておりました。 同様に子は歌詞通りに『運命』であり2番AメロBメロは妊娠から出産に至るまでの過程を歌っているんだと思い込んでいました。 でも違うんですよね。 『教えてハーフムーン』からも分かる通りまゆはPに問いかけていますね。 ならかたちを変えていく『愛』は子を示しており、人の成長と共に満ち欠ける感情の起伏を表していると解釈する方が自然です。 すると気になるのがBメロの次の歌詞。 『鍵をかけて 愛を閉じ込めましょう』 サビの前までが出産までの過程だと決めつけていた以前の私には分からなかったんですよね。 『夢』を第一子の誕生と思い込んでいたのも不覚でした。 ここも違ったんですよ。 2番のAメロでもう既にまゆは出産を成しており、『閉じ込める』とは過保護なまゆの親バカっぷりを表していたんですね。 『夢』とはまゆとPと子で送る3人の日々のことでしょうか。 じゃあPをつなぎ止める『愛言葉』ってつまり幼い『愛』の発する赤ちゃん言葉ってわけで…子はかすがいって言いますもんね。 ほんとまゆって感じです。 『マイ・スイート・ハン』歌詞第3番:前編 間奏から曲の終わりまでを私は3番と捉えて考察しています。 ひとつずつつみ重ねてきた 日記帳が証人 これは未来、運命、逃げられない結びつき ですよね? ここからは嘘の内容じゃありませんね。 『エヴリデイドリーム』の頃はまだ不安があるような歌詞でしたが、そこから随分と成長したように思えます。 また、P・アイドル・お友達に対するまゆの微妙なスタンスの変化が感じられます。 ちなみに、氏がゲストの第163回『CINDERELLA PARTY! 』会員用おまけ放送より、『つみ』は『積み』と『罪』ののようです。 あなたとフルムーン 半分どおし 二人なら夜も照らす 寄り添ってくちづけしたら 月が奇麗だねと告げるの 『半分どおし』って『半分同士』と『半分通し』ってことですかね。 前者はまゆとPの二人で完全な存在になれること。 まゆにとってPが居なくてはダメだということ。 後者は機が熟したらキスをした後に告白すると宣言していること。 トップアイドルになって告白するまでの事は、あくまでまゆとPのにおいて折り返し地点に過ぎないということ。 月が変形・成長を表すシンボルであり満月が物事が熟す意味であることから、上記のように解釈しました。 この部分は続くラスサビとも繋がっていますね。 『マイ・スイート・ハン』歌詞第3番:後編 曲の最後となるこのサビ部分だけで書きたいことが沢山あったので分けました。 お願いハン 祝福してね 旅立つ二人の未来 永遠の魔法をかけて 共に紡ぐ愛の続きを Piece of Love Story このラスサビはほぼ間違いなく1番サビとの対比になっていますね。 最高に想い溢れる歌詞なので1フレーズずつ解説しますね。 『あなたとハン』から『お願いハン』へ 1番が嘘で3番が本当と考えた場合、この『お願い』はまゆのリアルに対する心情を端的に表しています。 まゆは祈ってるんですよ、 『私の・一緒の・新婚旅行』を。 内心ではPに選ばれないかもしれないと不安があって、でもやっぱりPと一緒に新婚旅行に行くのは自分であって欲しいと祈ってるんです。 1番で『蜜月』だった『ハン』を3番では『新婚旅行』と解釈した理由もここにあります。 『祝福してる』から『祝福してね』へ 先程の『お願い』に続いてこちらもまゆの心情が零れてますね。 そもそも『お願い』が『祝福してね』にも同様に意味が掛かっていると解釈するのが正しい気がします。 まゆの白昼夢では世界中が『祝福してる』ことになってましたが、本当は『祝福してね』って内心では祈ってるわけで。 昔は「まゆにはもう…Pさんしか見えてないの…」なんて言っていたまゆが、今じゃアイドルとしての自覚が芽生えたことからファンのことも本当に大切に考えているわけで。 こうやって『祝福してね』と大切なファンに願う程、今のはアイドルなわけで。 ニュアンスの違いに気付いた時、まゆの内面的な成長と秘めた心情と付随する覚悟が感じられて、思わず目頭が熱くなりましたね。 まあ勿論一番大切なのはPであることに変わりは無いんですけどね。 そこはまゆですから。 『二人紡ぐ愛の続きを』から『共に紡ぐ愛の続きを』へ 『二人』が『共に』に変わったことから『スイート』を『一緒の』と解釈しています。 スイートルームとかの suiteから『一緒の』と意訳しています。 『愛の続き』というのは、1番では空想の中の新婚生活だったわけですが、こちらは半分通したまゆとPのの続きをおそらく指してるんでしょうね。 『Fantastic Story』から『Piece of Love Story』へ 夢物語からの一編に変化したこの部分。 まゆからの熱い信頼と自信を感じます。 何せ3番の歌詞は実際の内容を歌っていて、それでいてまだ先の未来を歌ったサビ全体を、既に物語の一部だと言っているわけですから。 Pに絶対振り向いて貰う・振り向かせて見せると闘気バリバリですよまゆ。 やっぱりまゆは夢見る乙女で、でも昔より成長もしていて、それでも魅力の色褪せない最高のアイドルです。 『マイ・スイート・ハン』のちょっとしたお話 第163回『CINDERELLA PARTY! 』会員用おまけ放送にて、『マイ・スイート・ハン』の生みの親である氏から曲に関する貴重なお話をいただけたので、エッセンスだけ抽出していきます。 なお、デレパ二次会の内容を他言することについて、ある特定のプログラムを除き、「会員になってもいいかなぁ」と思えるような内容であれば多少漏洩しても構わないと以前の放送にて主催のお二人が仰っていたので問題ありません。 『エヴリデイドリーム』の間奏と『マイ・スイート・ハン』のアウトロについて やはり意識して似せているとのこと。 1曲目と2曲目の作曲を同じ滝澤氏が担当するにあたり、せっかくなので2つの曲に繋がりを持たせるように他にも色々工夫したとのことでした。 1,2番サビ最後の「Fantastic Story」について 収録に同席されていたの柏谷智浩プロデューサーより、「『素晴らしい物語』と『夢のような物語』どっちかなぁ」とのこと。 私は本考察において『夢のような物語』ではないかと考察していましたが、振り返るとでも意味が通じるような気がします。 これ以外にも『エヴリデイドリーム』と『マイ・スイート・ハン』のニュアンスの違いについてなど、滝澤氏の貴重なお話がたくさんお聞き出来た素晴らしい放送でした。 『マイ・スイート・ハン』をありがとう 滝澤氏は『マイ・スイート・ハン』の作曲に当たり、まゆというキャターやまゆPのニーズについてなど、改めて一から調べ直して下さったようで、非常に真摯な態度でまゆの楽曲をプロデュースをしていただいたことに頭が下がる思いです。 もしまゆのソロ3曲目がいただける機会があるとするならば、その時も是非滝澤氏から『エヴリデイドリーム』、『マイ・スイート・ハン』に続く、まゆのシンデレラストーリー第三楽章として、また楽曲をプロデュースして下さったら嬉しいなぁと思うばかりです。 この度も素敵な楽曲をありがとうございました。 Four-oclockP.

次の