ミニ ペッカ デッキ。 『クラロワ』アリーナ7でおすすめのデッキ編成と戦略【最新版】 | クラコネ.net

【クラロワ】おすすめのペッカデッキを紹介!高火力ユニットの王様!

ミニ ペッカ デッキ

ジャイアントデッキ ジャイアントを攻撃の軸としたデッキです。 序盤ではスーパーレアカードがとても協力なのですが、入手出来るかは運なので、ノーマルカードとレアカードだけでデッキを作ってみました。 それぞれのカードの使い方を説明します。 ユニット紹介 ナイト 防衛で使うカードです。 攻めでは使わないでください。 空は攻撃できません。 アーチャー 防衛にも攻めにも使うカードです。 空を攻撃できます。 攻めの場合はジャイアントの後ろに出しましょう。 ガーゴイル 防衛にも攻めにも使うカードです。 空を攻撃できます。 空を飛んでいるので、ナイトやジャイアントなどの空を攻撃出来ないユニットを一方的に攻撃することができます。 矢の雨 広範囲を攻撃できるスペルです。 相手がスケルトン部隊やガーゴイルの群れなどを出してきた時に使いましょう。 基本的には自陣ではなく相手陣地に使いましょう。 自陣なら矢の雨ではなく、他のユニットで防衛しましょう。 マスケット銃士 防衛にも攻めにも使うカードです。 単体を攻撃できる射程が長いユニットです。 空を攻撃できます。 ジャイアント 攻めの主軸となるカードです。 敵のユニットを無視して建物のみを攻撃するので、敵のアリーナタワーにダメージを与えやすいです。 ミニペッカ 主に防衛で使います。 空には攻撃できません。 単体にしか攻撃できませんが、攻撃力がとても高いです。 なので、敵がホグライダーやジャイアントなどを出してきた時に使いましょう。 ゴブリン 主に防衛で使います。 空には攻撃できません。 敵のプリンスの突進やミニペッカなどの攻撃力が高いユニットに対して盾として使います。 次は基本的な戦い方を紹介します! 基本的な戦い方 このデッキの基本的なカードの使い方を紹介します。 ミニペッカの使い方 これはホグライダーを出してきた場面です。 これに対して単発火力が高いミニペッカを出すと、 タワーを1発殴られましたが、このようにホグライダーをすぐに処理することができました。 これはジャイアントを出してきた場面です。 これもミニペッカを出すと、 ミニペッカは単発火力が高いのでジャイアントも瞬く間に処理してくれました。 ミニペッカはその攻撃力の高さを生かしてあげましょう。 カウンターのやり方 これは相手がベビードラゴンを出してきたのに対して、マスケット銃士で防衛している所です。 マスケット銃士で防衛成功したのですが、ほぼ無傷で残っています。 なので、ジャイアントを前に出して、攻めの形を作ります。 このように防衛から攻めにつなげることを「カウンター」、といいます。 カウンターはクラロワにおいて 、とても強力な戦術なので、このデッキでは積極的に狙っていきましょう! 矢の雨の使い方 これは先ほどカウンターをしたところ、相手がガーゴイルの群れで防衛してきたところです。 こんな時はどうすればいいのでしょうか このように、矢の雨で処理することができました。 矢の雨は低威力のダメージを広範囲に与えます。 なので、 ガーゴイルの群れやガーゴイル、スケルトン部隊などを一発で処理することができます。 これが矢の雨の基本的な使い方です。 ゴブリンの使い方 今度はゴブリンの使い方です。 ゴブリンは攻撃力も体力も少ないですが、上手く使えば2コスト以上の働きをすることができます。 相手がプリンスを出してきた場面です。 プリンスの突進をまともに受けるとすごいダメージを食らいます。 こういうときがゴブリンの出番です。 ゴブリンでプリンスの突進を受け止めつつ、アーチャーで援護した場面です。 このように、 プリンスやミニペッカなど一撃が重いユニットはゴブリンなどの低コストユニットで受け止めましょう。 この場合もアーチャーが無傷で残っているので、カウンターをすることができます。 このようにジャイアントを前に出してカウンターしました。 すると、スケルトン部隊を出してきたので、矢の雨を打ちました。 もしスーパーレアカードを手に入れたら 序盤はスーパーレアカードがとても強力です。 というのもノーマルカードの初期レベルが1、レアカードの初期レベルが3なのに対して スーパーレアカードの初期レベルは6もあるからです。 なので、もしスーパーレアカードが手に入ったら、 プリンス・・・ミニペッカと交代 ベビードラゴン・・・アーチャーと交代 してもらえるとよりデッキが強くなります! 最後に はい!ということでジャイアントデッキの紹介と基本的な戦い方について書きました。 ただ、デッキも大切ですがアリーナ1を突破するにはプレイヤースキルやレベルも必要です。 プレイヤースキルは戦えば戦うほど上がるので、頑張りましょう! またレベルについては、レベルがとても高いカードがあるなら、このデッキのカードと入れ替えるのもありだと思います。 でも、絶対に似たカード同士を入れ替えてください。 それでは皆さん さようなら!.

次の

【クラロワ】ミニペッカの評価!使い方と対策【クラッシュロワイヤル】

ミニ ペッカ デッキ

タグ 60式ムート アイスウィザード アイスゴーレム アイススピリット アサシンユーノ アースクエイク インフェルノドラゴン ウォールブレイカー エリクサーゴーレム エレクトロウィザード オーブン クローン コウモリの群れ ゴブジャイアント ゴブリン ゴブリンの小屋 ゴブリンの檻 ゴブリンギャング ゴブリンバレル ゴーレム ザッピー ザップ ジャイアント スケルトン スケルトンバレル スケルトンラッシュ スケルトン部隊 スパーキー ダークネクロ ダークプリンス ディガー トルネード ナイト ネクロマンサー ハンター バトルヒーラー バルキリー バーバリアン ファイアボール フリーズ ベビードラゴン ペッカ ホグライダー ホバリング砲 ボムタワー ポイズン マジックアーチャー マスケット銃士 ミニペッカ メガガーゴイル メガナイト ライトニング ライトニングドラゴン ラムライダー ランバージャック ラヴァハウンド ロイヤルゴースト ロイヤルジャイアント ロイヤルホグ ロケット砲士 ローリングウッド ローリングバーバリアン 三銃士 初心者 執行人ファルチェ 墓石 巨大クロスボウ 巨大スケルトン 巨大雪玉 攻城バーバリアン 槍ゴブリン 漁師トリトン 迫撃砲 ペッカ攻城デッキの3つの使い方のポイント 以下の3つのポイントを意識して戦ってみてください。 トリトンの使い方を習得する• ペッカトリトンの形を作る• 攻城バーバリアンを通すことを考える トリトンの使い方を習得する トリトンは、防衛力が上がる「キング起動」、大型ユニットに対する「逆サイドに引き寄せる」、「逆サイド誘導を阻止する」などと多くの役割を持ちます。 トリトンの使い方をまとめたので、を参考にしてください。 来シーズンにはトリトンの下方修正がくると思いますが、トリトンのいかりの射程が変わらない限り強いユニットです。 相手がトリトンを使ってくることもあるので、トリトンの使い方は早いうちに覚えましょう。 ペッカの後ろにトリトンをつけることで、逆サイド誘導を阻止できます。 6ホグやジャイアントデッキは、必ずペッカに対して逆サイドをしてくるので、ペッカトリトンで攻めましょう。 トリトンの出すタイミングを、相手の逆サイド誘導ユニットを同じにすることで相手は防衛しにくいので、おすすめです。 ペッカが橋を渡り切った時に出す 今までの攻城ババデッキは、「陸受けを枯渇させ、両サイドを攻める」のに対して、今回の攻城ババデッキは、「ペッカで攻撃の形を作る」が強いです。 上記のペッカトリトンに加えて、エレウィズを後ろにつけると、相手のペッカをすぐに処理できます。 この攻撃の形は相手からしたら止めづらいです。 「ペッカトリトンエレウィズ」を意識して作っていきましょう。 小物系対策として、雪玉を構えておきましょう。 攻城バーバリアンを通すことを考える ペッカ攻城デッキなので、攻城バーバリアンの攻撃が一番重要です。 攻城バーバリアンを通すには• 相手陸ユニットの把握• 施設・陸ユニットが手札にあるかを把握• 同サイドか逆サイドか• 追加ユニット・呪文は何がいいか(相手の防衛を考える) これらのことを考えて、攻城バーバリアンを通しましょう。 今までのペッカ攻城デッキも参考になると思うので、以下に載せておきます。 さらに、上手になりたい人は… さらに、上手になりたい人は以下の点を参考にしてください。 トリトンを後ろから出さない• ペッカと攻城ババの前に、ロイヤルゴーストを出す• マジアチャの貫通ダメージを狙う• トリトン対策に攻城ババを出す トリトンを後ろから出さない ペッカ攻城デッキは、後ろから出せるカード(エレウィズ、マジアチャ、ロイゴ、ペッカ)と多いので、トリトンは後ろからは出さないでおきましょう。 ペッカや巨スケを合わせられると、大ダメージをもらいます。 トリトンは「キング起動」「ペッカの後衛」「逆サイド引き寄せ」のために取っておきます。 ペッカと攻城ババの前に、ロイヤルゴーストを出す ロイゴの良い点は、消える&範囲攻撃です。 特長を最大限使うには、攻城ババやペッカの「前」に出しましょう。 それらに対する小物系は処理できますし、ロイゴにアリーナタワーのターゲットがいかないので、ロイゴ延命もできます。 攻城ババのうしろにトリトンを追加し、ペッカなどを引き寄せることで、攻城ババをタワーに入れることができます。 カウンターが怖いので、トリトンが防衛で残っている時や最後の削りの時に使いましょう。 トリトン対策に攻城ババを出す 相手がトリトンを持っているときは、トリトンでペッカを引き寄せられないように気をつけましょう。 下の流行っているゴレトリトンは、ペッカをトリトンで引き寄せて、盾の戦士やミニぺ(プリンス)でペッカを処理してきます。 相手がトリトンを持っている時の対策として、ペッカの前に、攻城ババを出して、トリトンのターゲットを攻城にしましょ。 攻城ババなら複数回ターゲットを取ることができるので、盾役としても優秀です。 まとめ 以上が、今シーズン強いの攻城ババデッキでした。 トリトン入りの攻城ババデッキのコツは「片方のサイドに、攻撃の形(ペッカトリトンエレウィズ)を作る」ことです。 参考動画.

次の

【クラロワ】ミニペッカの評価!使い方と対策【クラッシュロワイヤル】

ミニ ペッカ デッキ

ペッカの特徴• アリーナ4(P. Aシアター)でアンロック(コスト7)• 地上単体攻撃ユニット• 小型ユニットの群れには弱いのでサポートが必要• ウィザードやボンバーなど、範囲攻撃ユニットを一緒に付けるのがおすすめ• 空中には攻撃できないため、ベビードラゴンやガーゴイルには一方的に攻撃を受ける• その遅い移動時間・攻撃速度からアリーナタワーに辿り着くのが困難なので、レイジの呪文で両方を加速させるのが良い• 高い体力と攻撃力を持つため、敵が川の手前にクロスボウを設置したときに破壊するのに適している ペッカは一撃が重たいかわりに、タワーまで辿り着かせるのが難しいユニットです。 ほぼ確実に建物で誘導されたり、スケルトンなどの小型ユニットで対処されてしまいます。 そのため一緒に矢の雨やファイアボールの呪文、もしくはウィザードやボンバーなどのサポートユニットを必要とします。 ペッカの攻め方 ペッカを使った編成の攻め方としては、• 範囲殲滅ユニットを組み込む• 各種呪文でペッカをサポートする• ペッカを囮に逆サイドから攻める• ペッカを温存する といったポイントが挙げられます。 範囲殲滅ユニットを組み込む ウィザード・ボンバー・ベビードラゴンなどを一緒に投入することで、ペッカの弱点である小型ユニットの大群に対処することができます。 相手タワーに貼り付くための道筋をこれらのサポートユニットで切り開くことで、相手にペッカ処理をやりづらくさせ、より多くのエリクサーを使わせることも可能です。 そうして相手がペッカ処理に多くのユニットを投入してきた場合、逆サイドから別のユニットで攻めこむこともできます。 各種呪文でペッカをサポートする 陣地の中央にテスラやインフェルノなどを設置されるとペッカはそちらのほうに流れるように誘導されます。 そこでテスラにはファイアボール・インフェルノにはフリーズなど、適切な呪文でサポートする必要があります。 防衛設備はアリーナに設置されているだけでHPがじわじわ減っていくので、もし既にアリーナ上に相手の防衛設備が設置されているならば、• 逆サイドから少し攻めてみる• エリクサーを貯めつつ待ってみる などで防衛設備のHPが減った頃合いにペッカを投入するのも手です。 エリクサーポンプを編成していてれば、設置しつつ時間を稼げますね。 ペッカを囮に逆サイドから攻める ペッカはエリクサーを7消費して召喚するカードなので、強力です。 ということは、その対処のために相手はかなりのエリクサーコストをかける必要があるということです。 そこで相手のエリクサーコストを予想しつつ、対処に手間取っているようならば追加でユニットを投入したり、プリンスやホグライダーを持っているならば逆サイドから奇襲をかけてみるのも良いでしょう。 エリクサーコストを予想するには? 4. ペッカを温存する 手札にペッカがあったとしても、順番にカードを出すのではなく、温存してここぞというタイミングで投入することができます。 攻めのバリエーションを持ち、ワンパターンな攻めにならないために、ぜひ投入タイミングは工夫してみましょう。 オーバーキルを防ぐ ペッカの一撃は大きすぎて、少しHPが余るだけでさらに一撃加えなくてはいけません。 その時間でペッカが消耗してしまうため、一緒にバルキリーやミニペッカなど攻撃速度・移動速度が違うユニットを出すことで、スムーズに建物を破壊することができます。 ペッカを使った編成 以下からペッカを使ったデッキを12個ご紹介します。 三銃士・穴掘りデッキ 三銃士を入れた攻撃的なデッキ。 ジャイも一瞬で溶かせるため、流行の編成に勝ちやすい(2016年10月現在)。 相手はポイズン・ザップで三銃士を対処してくるため、三銃士を温存しておき、先にエリポンにポイズンを打たせてから三銃士を投入すれば比較的容易にタワーを落とせる。 ペッカはなるべく相手の動きを見て、相手ジャイと同じ方向から出せるようにしよう。 三銃士は分けて出す方法もおすすめ。 関連: プリンス・ダークプリンスデッキ フリーズを組み合わせることで、攻めにも守りにも柔軟な対応が可能なプリプリ編成。 コストが重たく大振りな攻撃になりがちなので、ホグデッキなどには序盤削られがちになりますが、諦めずに粘れば3クラウンも狙える編成です。 関連: バルーンミニペッカデッキ バルーンは建物を置かれると対策されやすいです。 そのため、破壊力のあるペッカを先に出しておいて、あとからバルーンを出すことで、• ターゲットをペッカで取る• 建物をペッカで破壊する この2つをしつつバルーンをタワーに送り届けます。 さらにミニペッカを組み合わせると、ペッカと一撃の攻撃速度が違うため、ペッカ単体だとオーバーキル(1撃が大きすぎて時間がかかる)になるところを、うまく合間を縫ってミニペッカが破壊してくれます。 フリーズ・ホグデッキ ペッカは囮というタイプのデッキ。 相手がペッカに気を取られている隙に、逆サイドから一気にホグ・プリンスで落とす。 もしくは、ペッカを前衛にウィズでうまく相手のタワーに貼り付けた場合には、フリーズの呪文で凍らせつつダメージを蓄積させる手もある。 戦況によって柔軟に対応可能です。 バルキリー・フリーズデッキ バルキリーは範囲を巻き込んだ殲滅が可能なので、ペッカとの相性が良いです。 さらに先日(2016年3月23日)のアップデートにより、HPとダメージがそれぞれ10%ずつ上方修正されたユニットでもあります。 今後ますますバルキリーを使った戦術は使われていくものと思われるので、早めに使い慣れておくのもいいかもしれませんね。 プリンス・ダークプリンス・プリンセスデッキ プリンス・ダークプリンスはレジェンドアリーナの中で人気の編成です。 そこにさらにペッカも組み合わせた編成もよく使われているものです。 ペッカの火力を組み合わせれば、たとえばプリンス・ダークプリンスでどちらかのタワーを落としたあとに、ペッカを相手の陣地近くにポン、と投入することができます。 逆にいえば、それまでペッカを温存しておく作戦ですね。 そういった形に持ち込めれば、ペッカの移動距離が大幅に短縮でき、あっという間にキングタワーまで落としてしまうという展開の攻めもできるようになるかもしれません。 相手の首元に一気に迫れるので、相手も「まさか!」といった気分となるでしょう。 ほぼ建物デッキ ペッカにクロスボウ・迫撃砲・ロケット・インフェルノ・エリクサータンク・矢の雨・テスラを編成したデッキ。 ペッカ以外は建物という脅威の編成ですが、飛びもの系のクロスボウ・迫撃砲で一気にタワーを狙えるため、侮れない編成です。 攻めにも守りにも使えるカードが多く、劣勢の場合にはクロスボウを下げて設置するなど、柔軟に対応したいところ。 現在はバランス調整アップデートにより、テスラやクロスボウは弱体化されています。 アイスウィザードマスケット銃士デッキ マスケット銃士は後衛の中でも射程が6. 5と長いです。 そのためウィザードと比べてより川の手前側で攻撃を開始することができ、相手に倒しづらくさせます。 これがたとえばウィザードの場合、射程5. 5なので前に寄っていってしまい、後衛ユニットですから真っ先に狙われて倒されてしまいがちになります。 ペッカを前衛に体力が多いアイスウィザードと組み合わせることで、マスケット銃士を長く生き残らせることができますね。 ゴーレムバルーンデッキ ペッカ・ゴーレムを同時に出すのは難しそうなので、おそらくどちらかを召喚して、その補助に他のユニットを使っていく感じになりそう。 ミニペッカの火力も高いので、ネクロを補助にすれば空中・範囲対策にもなります。 ベビードラゴンガーゴイルデッキ 空中ユニットのベビードラゴンとガーゴイルを組み合わせたデッキ。 ペッカの後ろからはウィズの範囲火力で邪魔な小型ユニットを焼きます。 ホグプリンセスデッキ ホグフリも決められる編成。 ペッカの後衛としてはプリンセスで、遠距離でタワーを狙う。 手数が多く、厄介なデッキですね。 バルーンレイジデッキ ペッカ・ウィズ・バルーンを巻き込んでレイジを使うのが最高のシチュエーション。 そのためにはエリポンを使い、エリクサーアドバンテージを確保しておく必要があります。 スポンサードリンク ペッカの攻め方・編成まとめ ペッカは単純に出すだけでなく、様々なサポートするカードが必要となるカードです。 ペッカを相手に対処させる必要があることから、うまく使えば攻め続けるバトルが可能となるかもしれません。 相手の隙を見破って、うまく撃破していきましょう。 関連: ペッカと同様の高コストユニット、ゴーレムを組み合わせた編成もおすすめです。

次の