中華 コンロ。 初心者でもOK!登山用コンロを選ぶ方法とおすすめのブランド|マウンテンシティメディア

ガステーブルコンロ 業務用中華レンジ

中華 コンロ

詳しくは詳細ページをご確認ください。 代金引換手数料は、集金金額によって異なります。 詳しくは詳細ページをご確認ください。 ご注文時にご要望されてもお受けできませんので予めご了承ください。 ご注文者様と送付先が異なる場合で且つご注文者様のお名前の記載を希望される場合は決済画面の備考欄に「注文者名記載希望」と入力の上ご注文下さい。 メール便での発送は対応しておりません。 ただし、一部商品につきましてはご指定いただけない場合がございますので、予めご了承ください。 ただし離島は除きます。 金曜日の正午以降にいただいたご注文につきましては、翌営業日以降の対応となりますのでご注意ください。 ご了承ください。 弊社が責任を持って速やかに対処させていただきます。 (返品・交換にかかる送料、手数料などは必要ありません。 ) また破損商品はこちらからご連絡するまでお手元にて保管しておいてください。 詳しくは詳細ページをご確認ください。 ご注文時にご要望されてもお受けできませんので予めご了承ください。

次の

愛好家がオススメする中華料理の道具たち!名前・調理器具

中華 コンロ

などなど、家庭用コンロを料理人が使うと 不満の嵐 になるんです。 というのも自分が料理人ということで、身をもって家庭用コンロの使いづらさを実感しているから。 一応ですけど調理師免許の写真も貼っておきます。 そう、家庭用コンロの火力がめっちゃ弱くて不満なんですよ。 料理をしている途中で、安全装置が働いていきなり弱火!または消える! なんて、いちばん盛り上がっている場面で火力が落ちたら料理にとって ガチ命取りですよね。 うちも今度家庭用コンロを買い替えることにしたので、料理人が使って後悔しないもの。 料理人が求める家庭用コンロなのでまず「火力がしっかりあること」をベースにして、いちばん買って損のないものを選ぶため備忘録として書き残していきます。 結論からいえば、うちはこれにしました。 いろいろな視点からすべてをクリアした家庭用コンロで、料理人が選ぶならこれが間違いないですよ。 この家庭用コンロに辿り着くまでの道のりをまとめているので、ぜひこの後も参考にされてみてください。 けっこう時間をかけて調べて、やっとこの「火力が強い家庭用コンロ」に行き着きました。 そこで、まず料理人が使う家庭用コンロには「火力」が絶対条件になってきます。 最近の家庭用コンロはそこそこ火力アップされてきているけど、料理人にとってはまだまだ不満を感じてしまうんです。 したがってまずは家庭用コンロに火力アップを求めることが先決。 料理人が選ぶなら火力にはしっかりと注目をしてチェックしないといけませんね。 家庭用コンロは最大火力が強いものを選びたい 家庭用コンロの最大火力っていうのは、だいたい最新のものでMAX4. 2kwくらい。 うちで使ってる家庭用コンロって最新式だけど、せいぜい最大火力にしてもこれくらいまで。 まあ10年前の家庭用コンロと比較すると最大火力は強くなったけど、料理人としてはまだまだ。 とくに寸胴になると、とんでもなく時間がかかりますよね。 この最大火力っていうのも家庭用コンロには必要なポイントですね。 したがって料理人が家庭用コンロを選ぶなら、この 「火力アップ」「最大火力」は見逃せないポイントになります。 家庭用コンロは高火力じゃないのでここが弱い! 家庭用コンロが高カロリーじゃないと、野菜から水が出てしまったり調理がしづらいものです。 家庭用コンロは基本的にカロリー(kw・cal)が圧倒的に低い さっきも述べたように、家庭用コンロのカロリーはかなり弱いもの。 うちの最新式でも最大4. 2kwなので、料理人にとってはまだまだ足りません。 とくに中華料理をしたいときなんかは火力の弱さのためやる気も出ないもので、もっと高火力であれば満足できる家庭用コンロになるはず。 このカロリーにも注目をしていくことがポイントになってきます。 家庭用コンロは中華鍋が使えない 家庭用コンロは中華鍋が使えない!というのが最大の弱点ですよね。 ちょっと鍋を振ったら五徳が外れてしまうんですから、調理中に「キィーッ!」ってこっちが沸騰しそうになりますよね。 ほかにも中華鍋についてこんな不満があるものです。 家庭用コンロの火力はかなり弱くて、まず中華鍋そのものが温まるまでに時間がめっちゃかかります。 そしてやっと温まったと思っても、こんどは火力の弱さから材料を入れると沸いてこない! これじゃあ中華料理は作れないよ!なんて思っている人も多いと思います。 やはりここでも家庭用コンロの火力っていうのは大事ですね。 中華鍋なんかとくに使えないので、せめてうちの最大4. 2kwの火力よりも高火力のものを選ばないといけません。 中華鍋の空焼きができない!というのも家庭用コンロの弱点 中華鍋の空焼きをしようと思えば、さっきのように高火力じゃないから時間がかかる。 また火力だけの問題でもなくて、安全装置が働いて火が小さくなったりしますよね? あれって本当に料理人にとってはやりづらいもので、自分の意思とは違う動きをするので本当に使いにくいものです。 この辺も何とかしないといけない部分ですね。 家庭用コンロではチャーハンすら作れない 中華鍋でチャーハンを作ると、普通のフライパンで作るよりはるかにウマいですよね。 でもそれは高火力があってこその話で、火力の弱い家庭用コンロでは到底うまいチャーハンを作ることはムリ。 家族にウマいチャーハンを食べさせたい!というのはたぶん同じだと思います。 ウマいチャーハンを作るためにも、やっぱり家庭用コンロの火力・しっかりとしたブレない五徳というのは大事なポイントです。 家庭用コンロの温度ではちょっと中華鍋は厳しい そう、中華鍋が天ぷら鍋にしか使えません。 結論からすれば、一般の家庭用コンロの温度(火力)では中華鍋での料理は難しいです。 また五徳がすぐに外れてしまう、というのも弱点。 激しく中華鍋を振る!なんて考えられていないから、どうしてもメンテナンスがしやすい方向に行ってしまうんでしょうきっと。 中華鍋を振れるだけの温度になれるほど、家庭用コンロの火力には注意が必要です。 ほかにも家庭用コンロの安全装置によって、こんなことが考えられると思いますがいかがですか? 家庭用コンロのセンサーが邪魔 家庭用コンロのセンサーが邪魔をして、料理のじゃまをしてきますよね。 コンロ消し忘れ消化機能• 焦げつき消化機能• 料理人にとっては調理のじゃまになる機能は、正直必要ないですよね。 できれば料理人が選ぶ家庭用コンロからは、こうした機能は失くして欲しいものです。 参考 家庭用コンロで鉄板が使えない 家庭用コンロでは安全装置がついているため、鉄板を使うことができません。 うちでもよくチャコールなどを載せてローストビーフを作ったりしてましたが、いまの家庭用コンロになってからは安全装置が働いて五徳の上に鉄板を載せて調理することができません。 なにか鉄板を載せる工夫でもあればいいけど、何もないというが現実です。 したがって五徳の上に鉄板を載せられる家庭用コンロを選ばないと、料理のバリエーションが狭まってしまいます。 家庭用コンロで網が使えない 同じように家庭用コンロで網を載せることはできません。 これもやはり安全装置が働いて火が消えるためで、うちではピーマンや茄子は網焼きにして皮をはいでいました、 しかし今の最新式の家庭用コンロになってからは、網が使えないので出来ていません。 これは料理人でなくてもかなり大きなダメージがあると思うので、せめて網焼きができる家庭用コンロを選びたいところです。 家庭用コンロでたこ焼きが焼けない 家庭用コンロの上にタコ焼き器というか、タコ焼き器の鉄板を置くことはできません。 やっぱり安全装置が働いてしまうため、火が消えてしまうんですね。 うちの子供はたこ焼きを作るのが好きでしたが、今では作ることができなくなってしまいました。 これは料理人じゃなくても、結構大きな問題かもしれませんね。 今では魚グリルを使って焼いていますが、煙がすぐに逃げてくれないのでこれもイマイチ。 こっちとしては焼けた煙をどんどん逃がしたいですよね。 このへんも焼き鳥にこだわって調理されるのであれば、ちょっとしたポイントとして抑えておくべきです。 でも「解除できない」のが現実で、家庭用コンロの安全装置を勝手に解除してはいけません。 それを阻止するためにも安全装置についてはしっかりと注目して選ぶ必要があります。 うちの家庭用コンロも「火力」「安全装置」の2つが使いづらいので、また新しく買い換えようとなったわけです。 安全装置によって鍋を振ると火が消える 安全装置のついている家庭用コンロのデメリットに「鍋を振ると火が消える」というものもあります。 とくに炒め物を中心として、焼きそばやスパゲティなどの焼麺類で鍋を振る必要があるときに火が消えてしまいます。 その結果きちんと火を通すことができず、最悪の場合は 「焦げ」の原因になることも。 このあたりは調理を良くなさる方であれば、かなりうなづける部分かと思います。 私が使っていた家庭用コンロなんかは、1ヵ所が消えると使っているガス口がすべて消えてしまうのでかなり腹が立ちます。 この「鍋を振ると火が消える」というのも、安全装置のデメリットかなと私は感じます。 家庭用コンロの安全装置で唯一便利なのは「揚げ物」の温度管理 ただし家庭用コンロの安全装置でも、中には本当に便利なものがあります。 その1つが「調理油過熱防止装置」というもので、これは天ぷら油などの温度を自動検知してその温度を保ってくれるというもの。 これは料理人としてもかなり便利ですね。 今までは自分で火力を調節していたけど、この装置付きの家庭用コンロになってからは油温度は放置でOK。 これはかなり助かっている安全装置の機能です。 だいたいこの規格で作られているので、まず家庭用コンロのサイズで迷ってしまうということはありません。 しかし料理人としてはサイズも大事だけど、とくに「ガス口」が気になるところです。 ガス口の作りがしっかりとしているか?というのを見ておくべき。 あまりにガス口が小さくて、どう見ても火力が低いだろ!という家庭用コンロもあるので注意が必要です。 五徳がすぐにズレてしまう部分などもチェックしておかなければいけません。 業務用コンロと家庭用コンロの違い 業務用コンロと家庭用コンロの違いには、つぎのようなものがあります。 「人の感性に沿って調理ができるかどうか?」 これができない部分が多くなってきているから、こうして家庭用コンロが使いづらいといっているんですね。 AIとかセンサーとかが増えたことで安全性は高まってきましたが、料理人からすると使いづらくて仕方がないというのが今のコンロなんです。 あまりオートメーション化ばかりに走られると、人間の感性の部分を発揮できないためこうなってしまいます。 なので料理人がコンロを選ぶときには、なるべくこうしたオートメーション化しすぎないものがいいのかもしれません。 家庭用コンロにダッチオーブンは必要ない 家庭用コンロにダッチオーブンが欲しい!という人もいるようですが、これはまったく必要ありません。 もし電子レンジがあれば、そっちでオーブンの代わりにしたほうがよほど使いやすいです。 やはり家庭用コンロの火力は制限時間(うちのは最大2時間で消える)などがあるため、もしそういうダッチオーブンのような機能があっても使いづらいはず。 そもそもダッチオーブン自体が、家庭用コンロには必要ないと思っています。 うちの五徳なんかこれですよ。 この前なんかフライパンをあおっていて、なんだかフライパンのすわりが悪いと思ったら五徳周りがズレていて焦った経験があります。 だってこれよく見てください。 たったこれだけのジョイントなのですぐに外れてしまうし、また初めからぐらぐらの状態。 これはうちの家庭用コンロが不良ではなく、こういう造りになっているのが最近の手入れがしやすい家庭用コンロの特徴です。 ここもしっかりとしている家庭用コンロを選ばないと、本当に使いづらいですよ。 家庭用コンロは飲食店スタイルが基本 家庭用コンロはそんな作りが簡素化されていることも多いので、そのへんも含めて飲食店の厨房機器のような作りになっているほうが使い勝手はかなりアップします。 いったい掃除と調理どっちに重点を置いてるの?なんて思ってしまいます。 したがって五徳周りなどもしっかりとチェックをして、人の感性として使いやすいカタチはどれ?と考えたときに「飲食店の厨房機器スタイル」というのは良い手本になりますね。 どうですかシンプルイズベストの形。 厨房で使ってる五徳にそっくりですよね。 今までに使ってきた家庭用コンロのデメリットを、すべて失くしてくれるものだったためです。 リンナイの家庭用コンロといってもいろいろ。 この というシリーズじゃないと 料理人が納得できる家庭用コンロにはなりません。 この「Vamo(バーモ)」にはこんなメリットがあります。

次の

【楽天市場】本格中華道具から寸胴鍋、ガスコンロまで業務用の厨房機器の専門店です。:業務用プロ道具 厨房の匠[トップページ]

中華 コンロ

などなど、家庭用コンロを料理人が使うと 不満の嵐 になるんです。 というのも自分が料理人ということで、身をもって家庭用コンロの使いづらさを実感しているから。 一応ですけど調理師免許の写真も貼っておきます。 そう、家庭用コンロの火力がめっちゃ弱くて不満なんですよ。 料理をしている途中で、安全装置が働いていきなり弱火!または消える! なんて、いちばん盛り上がっている場面で火力が落ちたら料理にとって ガチ命取りですよね。 うちも今度家庭用コンロを買い替えることにしたので、料理人が使って後悔しないもの。 料理人が求める家庭用コンロなのでまず「火力がしっかりあること」をベースにして、いちばん買って損のないものを選ぶため備忘録として書き残していきます。 結論からいえば、うちはこれにしました。 いろいろな視点からすべてをクリアした家庭用コンロで、料理人が選ぶならこれが間違いないですよ。 この家庭用コンロに辿り着くまでの道のりをまとめているので、ぜひこの後も参考にされてみてください。 けっこう時間をかけて調べて、やっとこの「火力が強い家庭用コンロ」に行き着きました。 そこで、まず料理人が使う家庭用コンロには「火力」が絶対条件になってきます。 最近の家庭用コンロはそこそこ火力アップされてきているけど、料理人にとってはまだまだ不満を感じてしまうんです。 したがってまずは家庭用コンロに火力アップを求めることが先決。 料理人が選ぶなら火力にはしっかりと注目をしてチェックしないといけませんね。 家庭用コンロは最大火力が強いものを選びたい 家庭用コンロの最大火力っていうのは、だいたい最新のものでMAX4. 2kwくらい。 うちで使ってる家庭用コンロって最新式だけど、せいぜい最大火力にしてもこれくらいまで。 まあ10年前の家庭用コンロと比較すると最大火力は強くなったけど、料理人としてはまだまだ。 とくに寸胴になると、とんでもなく時間がかかりますよね。 この最大火力っていうのも家庭用コンロには必要なポイントですね。 したがって料理人が家庭用コンロを選ぶなら、この 「火力アップ」「最大火力」は見逃せないポイントになります。 家庭用コンロは高火力じゃないのでここが弱い! 家庭用コンロが高カロリーじゃないと、野菜から水が出てしまったり調理がしづらいものです。 家庭用コンロは基本的にカロリー(kw・cal)が圧倒的に低い さっきも述べたように、家庭用コンロのカロリーはかなり弱いもの。 うちの最新式でも最大4. 2kwなので、料理人にとってはまだまだ足りません。 とくに中華料理をしたいときなんかは火力の弱さのためやる気も出ないもので、もっと高火力であれば満足できる家庭用コンロになるはず。 このカロリーにも注目をしていくことがポイントになってきます。 家庭用コンロは中華鍋が使えない 家庭用コンロは中華鍋が使えない!というのが最大の弱点ですよね。 ちょっと鍋を振ったら五徳が外れてしまうんですから、調理中に「キィーッ!」ってこっちが沸騰しそうになりますよね。 ほかにも中華鍋についてこんな不満があるものです。 家庭用コンロの火力はかなり弱くて、まず中華鍋そのものが温まるまでに時間がめっちゃかかります。 そしてやっと温まったと思っても、こんどは火力の弱さから材料を入れると沸いてこない! これじゃあ中華料理は作れないよ!なんて思っている人も多いと思います。 やはりここでも家庭用コンロの火力っていうのは大事ですね。 中華鍋なんかとくに使えないので、せめてうちの最大4. 2kwの火力よりも高火力のものを選ばないといけません。 中華鍋の空焼きができない!というのも家庭用コンロの弱点 中華鍋の空焼きをしようと思えば、さっきのように高火力じゃないから時間がかかる。 また火力だけの問題でもなくて、安全装置が働いて火が小さくなったりしますよね? あれって本当に料理人にとってはやりづらいもので、自分の意思とは違う動きをするので本当に使いにくいものです。 この辺も何とかしないといけない部分ですね。 家庭用コンロではチャーハンすら作れない 中華鍋でチャーハンを作ると、普通のフライパンで作るよりはるかにウマいですよね。 でもそれは高火力があってこその話で、火力の弱い家庭用コンロでは到底うまいチャーハンを作ることはムリ。 家族にウマいチャーハンを食べさせたい!というのはたぶん同じだと思います。 ウマいチャーハンを作るためにも、やっぱり家庭用コンロの火力・しっかりとしたブレない五徳というのは大事なポイントです。 家庭用コンロの温度ではちょっと中華鍋は厳しい そう、中華鍋が天ぷら鍋にしか使えません。 結論からすれば、一般の家庭用コンロの温度(火力)では中華鍋での料理は難しいです。 また五徳がすぐに外れてしまう、というのも弱点。 激しく中華鍋を振る!なんて考えられていないから、どうしてもメンテナンスがしやすい方向に行ってしまうんでしょうきっと。 中華鍋を振れるだけの温度になれるほど、家庭用コンロの火力には注意が必要です。 ほかにも家庭用コンロの安全装置によって、こんなことが考えられると思いますがいかがですか? 家庭用コンロのセンサーが邪魔 家庭用コンロのセンサーが邪魔をして、料理のじゃまをしてきますよね。 コンロ消し忘れ消化機能• 焦げつき消化機能• 料理人にとっては調理のじゃまになる機能は、正直必要ないですよね。 できれば料理人が選ぶ家庭用コンロからは、こうした機能は失くして欲しいものです。 参考 家庭用コンロで鉄板が使えない 家庭用コンロでは安全装置がついているため、鉄板を使うことができません。 うちでもよくチャコールなどを載せてローストビーフを作ったりしてましたが、いまの家庭用コンロになってからは安全装置が働いて五徳の上に鉄板を載せて調理することができません。 なにか鉄板を載せる工夫でもあればいいけど、何もないというが現実です。 したがって五徳の上に鉄板を載せられる家庭用コンロを選ばないと、料理のバリエーションが狭まってしまいます。 家庭用コンロで網が使えない 同じように家庭用コンロで網を載せることはできません。 これもやはり安全装置が働いて火が消えるためで、うちではピーマンや茄子は網焼きにして皮をはいでいました、 しかし今の最新式の家庭用コンロになってからは、網が使えないので出来ていません。 これは料理人でなくてもかなり大きなダメージがあると思うので、せめて網焼きができる家庭用コンロを選びたいところです。 家庭用コンロでたこ焼きが焼けない 家庭用コンロの上にタコ焼き器というか、タコ焼き器の鉄板を置くことはできません。 やっぱり安全装置が働いてしまうため、火が消えてしまうんですね。 うちの子供はたこ焼きを作るのが好きでしたが、今では作ることができなくなってしまいました。 これは料理人じゃなくても、結構大きな問題かもしれませんね。 今では魚グリルを使って焼いていますが、煙がすぐに逃げてくれないのでこれもイマイチ。 こっちとしては焼けた煙をどんどん逃がしたいですよね。 このへんも焼き鳥にこだわって調理されるのであれば、ちょっとしたポイントとして抑えておくべきです。 でも「解除できない」のが現実で、家庭用コンロの安全装置を勝手に解除してはいけません。 それを阻止するためにも安全装置についてはしっかりと注目して選ぶ必要があります。 うちの家庭用コンロも「火力」「安全装置」の2つが使いづらいので、また新しく買い換えようとなったわけです。 安全装置によって鍋を振ると火が消える 安全装置のついている家庭用コンロのデメリットに「鍋を振ると火が消える」というものもあります。 とくに炒め物を中心として、焼きそばやスパゲティなどの焼麺類で鍋を振る必要があるときに火が消えてしまいます。 その結果きちんと火を通すことができず、最悪の場合は 「焦げ」の原因になることも。 このあたりは調理を良くなさる方であれば、かなりうなづける部分かと思います。 私が使っていた家庭用コンロなんかは、1ヵ所が消えると使っているガス口がすべて消えてしまうのでかなり腹が立ちます。 この「鍋を振ると火が消える」というのも、安全装置のデメリットかなと私は感じます。 家庭用コンロの安全装置で唯一便利なのは「揚げ物」の温度管理 ただし家庭用コンロの安全装置でも、中には本当に便利なものがあります。 その1つが「調理油過熱防止装置」というもので、これは天ぷら油などの温度を自動検知してその温度を保ってくれるというもの。 これは料理人としてもかなり便利ですね。 今までは自分で火力を調節していたけど、この装置付きの家庭用コンロになってからは油温度は放置でOK。 これはかなり助かっている安全装置の機能です。 だいたいこの規格で作られているので、まず家庭用コンロのサイズで迷ってしまうということはありません。 しかし料理人としてはサイズも大事だけど、とくに「ガス口」が気になるところです。 ガス口の作りがしっかりとしているか?というのを見ておくべき。 あまりにガス口が小さくて、どう見ても火力が低いだろ!という家庭用コンロもあるので注意が必要です。 五徳がすぐにズレてしまう部分などもチェックしておかなければいけません。 業務用コンロと家庭用コンロの違い 業務用コンロと家庭用コンロの違いには、つぎのようなものがあります。 「人の感性に沿って調理ができるかどうか?」 これができない部分が多くなってきているから、こうして家庭用コンロが使いづらいといっているんですね。 AIとかセンサーとかが増えたことで安全性は高まってきましたが、料理人からすると使いづらくて仕方がないというのが今のコンロなんです。 あまりオートメーション化ばかりに走られると、人間の感性の部分を発揮できないためこうなってしまいます。 なので料理人がコンロを選ぶときには、なるべくこうしたオートメーション化しすぎないものがいいのかもしれません。 家庭用コンロにダッチオーブンは必要ない 家庭用コンロにダッチオーブンが欲しい!という人もいるようですが、これはまったく必要ありません。 もし電子レンジがあれば、そっちでオーブンの代わりにしたほうがよほど使いやすいです。 やはり家庭用コンロの火力は制限時間(うちのは最大2時間で消える)などがあるため、もしそういうダッチオーブンのような機能があっても使いづらいはず。 そもそもダッチオーブン自体が、家庭用コンロには必要ないと思っています。 うちの五徳なんかこれですよ。 この前なんかフライパンをあおっていて、なんだかフライパンのすわりが悪いと思ったら五徳周りがズレていて焦った経験があります。 だってこれよく見てください。 たったこれだけのジョイントなのですぐに外れてしまうし、また初めからぐらぐらの状態。 これはうちの家庭用コンロが不良ではなく、こういう造りになっているのが最近の手入れがしやすい家庭用コンロの特徴です。 ここもしっかりとしている家庭用コンロを選ばないと、本当に使いづらいですよ。 家庭用コンロは飲食店スタイルが基本 家庭用コンロはそんな作りが簡素化されていることも多いので、そのへんも含めて飲食店の厨房機器のような作りになっているほうが使い勝手はかなりアップします。 いったい掃除と調理どっちに重点を置いてるの?なんて思ってしまいます。 したがって五徳周りなどもしっかりとチェックをして、人の感性として使いやすいカタチはどれ?と考えたときに「飲食店の厨房機器スタイル」というのは良い手本になりますね。 どうですかシンプルイズベストの形。 厨房で使ってる五徳にそっくりですよね。 今までに使ってきた家庭用コンロのデメリットを、すべて失くしてくれるものだったためです。 リンナイの家庭用コンロといってもいろいろ。 この というシリーズじゃないと 料理人が納得できる家庭用コンロにはなりません。 この「Vamo(バーモ)」にはこんなメリットがあります。

次の