麒麟 が 来る 衣装。 大河「麒麟がくる」、初回は19.1% 派手な色彩話題:朝日新聞デジタル

大河「麒麟がくる」、初回は19.1% 派手な色彩話題:朝日新聞デジタル

麒麟 が 来る 衣装

スポンサードリンク 【理由1】戦国時代の武士は原色を好んでいた? 庶民の衣装が派手という印象があるけど、実際、あの当時の人は原色を好んでいたそうです。 洛中図の庶民の服も水色とか赤とか描かれています。 つまりは絵師も疑問に思わないほどに原色があふれていた可能性が高いです。 — ねこたまみずき nekotamamizuki 着物が綺麗だって? あの時代の絵巻ものの衣装はカラフルに書かれている。 で、写真は400年過ぎても色鮮やかな小早川秀秋の陣羽織。 — ねこたまみずき nekotamamizuki 色カラフルな戦国時代の衣装。 写真は伊達政宗の着物。 【理由3】衣装が派手に見えるのは画面の鮮度を上げている! 衣装もカラフル過ぎと思ったが画像も彩度上げてんのか。 そこまでやる必要ないかな。 これにより画質の彩度がこれまでより上がり、衣装がより綺麗に見えるということです。

次の

「“麒麟がくる” 衣装デザイナー・黒澤和子の世界」大河ドラマ 衣装の制作現場に密着したドキュメンタリー「黒子の美学」

麒麟 が 来る 衣装

グリーンやイエローという色味は彩度が上がるとちょっと目に辛いんですよね(綺麗だけど) 元々カラフルな布地を使った衣装に加え、 編集の段階で色彩の彩度をあげているのだと思われます。 いくら天気が良くて草木の色味が綺麗な季節であってもここまでの彩度にはなりませんので。 それかCGを使っている可能性もありますよね。 わかるww 『麒麟がくる』の衣装の色は時代考証に基づいて演出されていた 今回『麒麟がくる』の衣装を担当したのは、黒澤明監督の長女である黒澤和子さん。 役者たちの衣装が4Kカメラでの撮影に映えるようなビビッドな色使いを実現させました。 制作統括の落合プロデューサーは『麒麟がくる』の衣装についてこのようにコメントをしています。 「庶民も含め、いつ死ぬか分からない時代なので、町なかが平穏な時はそういった(カラフルな)衣装を着ているという時代考証に基づいて演出している」 引用: 昔って茶色とかベージュの服ばかりのイメージでしたが(特に庶民)、 意外にもカラフルな服を着ていたという事なんですね。 庶民の衣装が派手という印象があるけど、実際、あの当時の人は原色を好んでいたそうです。 洛中図の庶民の服も水色とか赤とか描かれています。 つまりは絵師も疑問に思わないほどに原色があふれていた可能性が高いです。 — ねこたまみずき nekotamamizuki とはいえ、 あまりにも彩度が高いと高齢の方は見ていて疲れてしまうのではないかな?とも心配になります。 NHKの大河ドラマは年齢層が高い方も楽しみにしてますもんね。。。 麒麟がくるを見てるけど なんか目がチカチカする — おツジヤン jsjwjwhhwjsj 録画した大河を観てるんだけど、時代劇なのにカラフルすぎて目がチカチカする。 — nimo shikka68666474 4Kのテレビだとより鮮やかに見えるのでしょうね。 録画してた 見てる。 色が鮮やか過ぎて目が疲れる。 しかし、黒澤和子さんの父である黒澤明さんが監督を務めた映画『乱』(1985年公開)での衣装も『麒麟がくる』のようにカラフルでした。

次の

麒麟がくるの衣装が派手で鮮やか!カラフルなデザインは大河(時代)に合ってないとの声も

麒麟 が 来る 衣装

公式サイトより 現在放送中の NHK大河ドラマ『 麒麟がくる』。 出演が予定されていた女優・沢尻エリカの薬物事件による降板劇や、それにより大幅な撮り直しを迫られたことなどが大きな話題を呼んでいるが、もう一つ、出演陣の着用する鮮やかな衣裳も世間の注目を集めている。 報道によれば、このカラフルな画づくりの賛否は分かれているようで、一部の視聴者からは「カラフルすぎて目がチカチカする」という声まで上がってしまっているという。 しかしNHK・木田幸紀放送総局長は、「さまざまなご意見をいただいています」と批判の存在を認めたうえで、原色を用いた衣装については、「時代考証に基づいています」と語り、完全な創作ではないことを強調している。 そこで今回は、日本中世史が専門の研究者で、2016年放送の大河ドラマ『真田丸』では時代考証を務めた東京都市大学共通教育部准教授・丸島和洋氏に、戦国時代は本当にカラフルだったのかということについて、詳しく話を聞いた。 戦国時代にカラフルだったのは本当だった、その理由 まずは、戦国時代に色鮮やかな衣服が着られていたというのは本当なのか、単刀直入に疑問をぶつけてみた。 「戦国時代に服装が艶やかになったのは事実です。 戦国時代から安土桃山時代にかけて、『小袖』という服が女性を中心に流行します。 これはもともと、下着として着られていたものなのですが、それがカラフルになり、表に出てくるようになったのです。 現在まで残っている当時の絵画を調べれば、戦国時代頃から衣服がカラフルになっていったことは言えると思います。 そうした絵画は、時間が経って色が落ちてしまっているのですが、CGなどを使って復元してみると非常に色鮮やかだった、ということはよくあることなんですよ」(丸島氏) 時代背景を無視して極彩色の衣装を採用したわけではなく、きちんと一定の歴史的エビデンスに則って採用していたというわけか。 では戦国時代にカラフルな服装が好まれるようになっていったのは、なぜなのだろうか。 「戦国時代には、武将の兜もやたら目立つものに変わっていきましたし、当時は男性も女性も、自己主張が激しかったようです。 また、服の材質として木綿が使われることが増えるなど、さまざまな時代的な変化もあって、とくに上の階級にある人、身分の高い人が着飾るようになっていったのではないでしょうか」(同).

次の