ドクター コトー 神木 隆之 介。 ドラマ感想文(Dr.コトー診療所2006)

ドラマ「ドクターコトー診療所」動画2004~2006まで全話FODで無料視聴!あらすじ・キャストも♪

ドクター コトー 神木 隆之 介

コトー診療所 テレビドラマ 『 Dr. コトー診療所』(ドクターコトーしんりょうじょ)は、で放送されていた日本の。 主演は。 によるを原作とする。 第1期は、よりまで毎週木曜日22:00 - 22:54に、「」枠で放送。 に『特別編』と『Dr. コトー診療所2004』が放送。 第2期は、よりまで毎週木曜日22:00 - 22:54に、「木曜劇場」枠で放送。 概要 第1期 にあるとされる架空の島 志木那島(しきなじま)を主な舞台とするドラマ版『Dr.コトー診療所』は、2003年に連続ドラマとして第1期が制作された。 ロケ地となったの自然が美しく、での過酷な医療状況とともに、島でのゆったりとした時間の流れや人間関係が情緒豊かに描かれている。 また、都会から島にやってきた人の視点と島の人が外来者を見た視点が対照的に描かれ、時には誤解が生じたり、お互いを傷つけることもあるが、忘れてしまっていた大切なコトにお互いに気付きはじめ、相互に影響しあいながら少しずつ信頼関係を築いてゆく姿が描き込まれている。 出身である脚本家のと、主人公のコトー役の吉岡秀隆をはじめとする役者陣の演技や、演出家のをはじめとするスタッフ陣、の主題歌やのなど、それまでの医療ドラマの視点とは異なる作品になっている。 ハイビジョン撮影作品であるが、本放送時はは行われておらず(2003年12月1日放送開始)、において4:3サイドカットで放送されている。 特別編 、の2夜連続でフジテレビ系列の新春ドラマスペシャルとして放送された。 志木那島での新撮場面にはコトーと和田、島の少年たちの他にはレギュラー出演者は登場しないが、Dr. コトー診療所2004、2006年第2期に繋がる貴重な新録内容となっている。 この作品はDVD化はされておらず地上波での再放送もされていなかったが、、の2週連続で放送された。 で配信されている。 コトー診療所2004 2004年、に2夜連続のドラマスペシャルとして放送された。 2003年第1期の続編として完全新撮されたもので、コトーの身近な人たちを襲う悲劇や苦渋の選択をする姿が描かれている。 尚、当初の放送予定は10月であったが、相次ぐのため収録に手間取り、放送が遅れる経緯があった。 この作品も長らく地上波での再放送がされていなかったが、よりまで『特別編』として毎週木曜日22:00 - 22:54に、「」枠で再放送される。 第2期 『Dr. コトー診療所2004』の続編。 また近年では珍しく、同じタイトルバック(1話のみ映像の上にタイトル)、同じエンドバックが使用されていた。 なお、前シリーズでは、夏のシーンが夏に放送されただけだったが、このシリーズではドラマ中で、春から冬(12月)までの四季の移り変わりが描かれていた。 あらすじ 第1期 東京ので外科医をしていた五島健助が星野正一とともにに乗り込み、()から6時間かかる志木那島をめざして洋上を行くところからドラマは始まる。 それは島のに常駐してくれる医師を長年さがし続けている、志木那村役場の民生課長星野の要請だった。 星野の娘での彩佳や役場の職員で診療所事務長の和田をスタッフとして張り切る五島だったが、それまでの経緯から島の医師を信用しない島民らは全く診療所に寄りつかない。 最初の患者となった島の少年から感謝のしるしとして贈られた診療所の旗に「 ドクターコトー診療所」と記されていたため、以来五島は島民からコトーと呼ばれることになる。 コトーの医師としての技量の確かさと誠実な人がらはしだいに島民らに受け入れられ、交流を深めていった。 そんななかコトーが大学病院を辞めるきっかけとなった医療事故の関係者が来島し、最終話に向けて島民を巻きこむ大波乱となる。 特別編 志木那島で新年を迎えたコトーのもとに三上医師からの手紙が届く。 大学病院を辞した三上はコトーと同じように僻地医療を担うべく、にある礼別島(れべつとう:架空の島)診療所に赴任していた。 島の医師は自分1人という責任の重さと、島民に信頼されない焦りとの苦悩をつづった文面から、コトーは自分が初めて志木那島に赴任して来た頃を思い出していた。 ここから2003年第1期の主要エピソードを再編集した内容が回想される。 東京へ研修中の彩佳からお土産を貰う。 それは「週刊アクセス」という。 離島医療に携わるコトーと島の現状が掲載されている。 もちろんこの記事は巽謙司が書いたものである。 そしてコトーは三上に励ましの手紙を書く。 三上は患者となった1人暮らしの老女との交流を通して島の医師としての手応えを掴んで行く。 コトー診療所2004 島を挙げての祭りのさなか星野昌代が家で倒れているのを、診療所から戻った娘の彩佳が発見した。 コトーの緊急手術により一命を取り留めたものの、のが残り、右半身が不自由になってしまう。 昌代の異変に気付かなかったことで、夫の正一や彩佳は後々まで自分を責め続けることになる。 一方、コトーに憧れ医師を目指す島の少年、原剛洋は島を出て東京の私立中学受験を決意する。 漁師では充分な学資が得られないと考えた父の剛利は、漁船を手放し本土(沖縄本島)に出稼ぎに行く決断をする。 キャスト 登場人物についてはを参照。 志木那島診療所• 五島健助(医師) -• 星野彩佳(看護師・星野正一の娘) -• 和田一範(村役場の職員・志木那島診療所の事務員) -• 仲依ミナ - (第2期) 原家• 原剛利(漁師) -• 原剛洋(息子) - 星野家• 星野正一(村役場の民生課課長) -• 星野昌代(正一の妻) - 山下家(明夫)• 山下明夫(農業) - (第1期)• 山下一夫(明夫の息子・村役場の職員) -• 山下道子(一夫の妻) -• 山下邦夫(一夫の息子) - 山下家(努)• 山下努(漁師) -• 山下春江(努の妻) -• 山下信一(努の息子) - 斉藤大貴(第2期:石川眞吾)• 山下桃子(努の娘) - 坂野家• 坂野ゆかり -• 坂野孝(村役場の職員・ゆかりの夫) -• 坂野千賀 - (第2期) 宮野家• 宮野純平(剛洋の友達) -• 宮野真由美 - 谷本真美• 宮野真人(純平の兄) - (第2期) 小沢家• 小沢信二 - (2004、第2期)• 小沢小百合 - (2004、第2期)• 小沢ひな - (現:)(2004、第2期) その他• 西山茉莉子(スナック経営) -• 中村三郎(志木那村村長) -• 中村悠子(剛洋の同級生) - (第1期)• 川畑夏美(剛洋の同級生) - (第1期)• 山下巌 - (第1期)• 山下茂 - 松田史朗(第1期)• 元木渡(漁師) -• 橋口俊(漁師) - (第1期)• 熊木圭介(漁師) - 熊耳宏之• 脇田実(漁師) - 栗脇高志• 南佑介(漁師) -• 洋平(漁師) - 宮嶋剛史(第2期)• 剛洋の叔父 - 妹尾正文(第2期)• 原和子 - (第2期)• 原沢咲(五島の元同僚・昭英大学附属病院産婦人科医) - (第1期)• 内つる子(村の長老・産婆) - (第1期)• 鳴海慧(医師) - (第2期)• 安藤重雄(漁業協同組合漁労長) - ゲスト 第1期(2003年) 第1話 「美しい南の島から、心温まる感動の物語(そこに、人が生きている)」• 笠井ミツエ - 箕浦康子 第2話 「故郷で暮らす母へ」• 内誠(本土在住・内つる子の息子) - 第3話 「赤ちゃんを助けて」• 坂野ゆかり(妊婦・孝の妻) -• 坂野達郎(ゆかりの義父) -• 坂野和枝(ゆかりの義母) -• 高村 - 第4話 「病気を診るな、人を診ろ」• 芦田ゆき(原沢咲の高校時代の後輩・医師) - (第5話も)• 芦田雄一郎(ゆきの父・代議士) - (第5話も)• 安部純一(芦田の秘書) - (第5話も)• 安部広子(安部純一の母) - (第5話も)• 杉本竜一(西山茉莉子の東京に住む息子) - (第5・6・7話も) 第5話 「手術で治せない病」• 柏木秀一 - 第7話 「巣立ち」• 安藤リカ(安藤重雄の東京に住む娘) -• 古川徹 - 第9話 「暴かれた過去」• 巽謙司(週刊アクセスの記者) - (第10話も)• 巽久美子 - (第10話も) 第10話 「この島を出て行け」• 三上新一(五島の元同僚・昭英大学附属病院消化器外科医) - (最終話も) 最終話 「新たな旅立ち」• 奥村史朗(昭英大学附属病院消化器外科教授) -• 熊谷英夫 - 特別編(2004年)• 三上新一 -• 奥村史朗 -• 熊谷英夫 -• 北見康代 -• 荻野ツネ - Dr. コトー診療所2004(2004年)• 小沢信二(教師) -• 小沢小百合(信二の妻) -• 小沢ひな(信二の娘) - 第2期(2006年) 第1話 「二人の約束」• 剛利の元同僚 - (第3・4話も) 第2話 「最後の言葉」• 島民 - (第2話のモブで特別出演) 第4話 「父のあやまち」• 宮野博(投資顧問会社勤務) - 第7話 「命の期限」• 坂野和枝 - (第8話も) 第9話 「愛を乞う者」• 仲依知明(ミナの夫) - 第10話 「失われた信頼」• 三上新一 - (最終話も) 最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」• 五島沙知子 - スタッフ• 脚本 -• 原作 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」(作詞・作曲:中島みゆき、「」に収録)• 挿入歌 - 柴咲コウ「」(作詞・作曲:中島みゆき、アルバム「」に収録)• 原案協力 - 上阪泰幸、宇都宮紀子、山川恵一(小学館「週刊ヤングサンデー」編集部)• 取材協力 - 下甑村立(現:)手打診療所• 協力 - 、、、、、ほか• 撮影 - 星谷健司• 美術プロデュース - 関口保幸(第1期)、木村達昭• 演出補• 第1期 - 高木健太郎、松山博昭、西坂瑞城、、• 第2期 - 緒方敬大、戸崎隆司• プロデュース補• 第1期 - 柴田圭子、玉田祐美子、久野貴子• 第2期 - 玉田祐美子• プロデュース助手(第1期) - 池田匡夫、三竿玲子• 協力プロデュース(第1期) - 東海林秀文• 企画(第1期) -• 制作統括(第1期) -• プロデュース• 第1期 -• 第2期 - 中江功、、塚田洋子• 第1期 - 、、平井秀樹• 第2期 - 中江功、平井秀樹、高木健太郎• 放送日程 第1期• 初回は30分拡大(22:00 - 23:24)。 最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 などのスポーツ中継によって放送時間が繰り下げの場合もあり。 (「 」)内はDVD-BOXで改題されたタイトル。 第1期は平均・最高視聴率ともに2003年7月期の連続ドラマで1位となった。 特別編 Dr. コトー診療所2004 第2期• 初回と最終回は30分拡大(22:00 - 23:24)。 (「 」)内はDVD-BOXで改題されたタイトル。 第2期の初回視聴率は木曜劇場初回視聴率の歴代最高記録となり、最終回視聴率は2006年の連続ドラマ最終回視聴率1位となった。 受賞 第1期• 第12回• 第38回ドラマアカデミー賞• 最優秀作品賞• 主演男優賞• 主題歌賞• 監督賞• 脚本賞• 劇中音楽賞• キャスティング賞 第2期• 第15回() シリーズ• 第44回 特別賞 脚注 [] 外部リンク• フジテレビ• フジテレビオンデマンド•

次の

Dr.コトー診療所: Collage Note

ドクター コトー 神木 隆之 介

大学病院の外科医が沖縄本土から船で6時間の離島・志木那島診療所を舞台に、都会からきた青年医師の成長と、彼と島の人々の交流をハートフルに描いた感動のヒューマンドラマ。 南の離島、志木那島。 医者不在だったこの島へ、ひとりの青年医師・五島健助(吉岡秀隆)が自ら志願してやってきた。 ずっと医師招聘に奔走していた役場の民生課課長・星野(小林薫)は、今回の健助の着任を心底喜んだ。 だが、健助を島に運んできた漁船の主である原(時任三郎)をはじめ、村の長老・つる子(千石規子)や漁師の安藤(泉谷しげる)ら島の人間には、船酔いした上に車の免許も持たない彼は、情けない若僧程度にしか映らなかった…。 橋田寿賀子賞を受賞。 コトー診療所」の待望の新作。 志木那島にコトー(吉岡秀隆)がやって来て1年が経った夏。 彩佳(柴咲コウ)、和田(筧利夫)と共にやっている診療所も順調、彩佳の両親、正一(小林薫)と昌代(朝加真由美)は重雄(泉谷しげる)も巻き込み、コトーと彩佳の結婚を考え始めたりもしている。 そんな中、島に新任の教師・小沢(光石研)が赴任。 剛洋(富岡涼)は小沢の一人娘・ひな(尾崎千瑛)にひとめぼれしてしまう。 そんな中、島は豊漁祭の日を迎え、診療所は多くの急患を抱えることに。 やっとのことですべての診療を終え家に帰った彩佳は、母・昌代が倒れているのを見つける。 この島に小学校の新任教師が妻娘と共に赴任して来る。 連続ドラマよりも大きく、重いテーマを描く。 当初10月8、9日に放送予定だったが、台風の影響で放送延期。 G U E S T 小沢(光石研)、小沢小百合(神野三鈴)、小沢ひな(尾崎千瑛) Dr. コトー診療所・2004〜後編〜愛する人を襲う突然の病魔その時…家族愛・夫婦愛・親子の絆・切なく優しい涙の別れ! 昌代は一命を取り留めたが、運動性言語障害と右半身麻痺の後遺症が残ってしまう…脳内出血ですものね。 今回はコトー先生も手術して治る時とは違って、リハビリという新しい問題が出てきましたね…大学病院では専門の人がいたし。 ご飯を食べない昌代を怒って、本土の病院に昌代を連れて行くという彩佳は気持ちが切れてしまったのか、あの夜の正一を責めてしまって、いつか言ってしまうことで気持ちがうまくコントロール出来なくなっているんですね。 でも彩佳も正一が一番後悔していることを分かっていたし、気持ちも誰よりも分かるからこそ辛いですよね。 そして自分の母親は病気にならないと思い込んでいるのはすごく分かります、きっとあたしも母が病気にでもなったらそう思うと思うし。 彩佳は特に看護師でたくさんの患者を見てきたけど、自分の親となるとこんなに変わってしまうこと。 彩佳は病院を探しに行って、その間昌代を正一が見ると言い、慣れないながらも献身的に介護する姿はいい旦那さんです。 昌代が書いた「死にたい」という文字は夫と娘の世話になっていることが耐えられなかったんでしょうね、気持ちは痛い程分かるけど…昌代自身も言っていた通り人間そう簡単には死ねないんですよね。 苦しむ正一を重さんが破り捨てて重さんらしく励まして、いい支えになってますね。 剛洋とひなが出かけて、雨に降られて、ひながぜんそくを起こしてしまう。 吸引機が落ちてしまうところはハラハラしましたわー。 そして診療所に行って、小沢夫妻は剛洋を怒ることもなく「ありがとう」って言ってくれて、いい先生ですね。 剛洋は自分が医者になりたい為に父親が漁師を辞めるのは辛いよね、犠牲になってるみたいで。 でも剛利は落ち込む剛洋を自分の漁場に連れて行って、剛利は金の為だけではなくて願掛けのような気持ちで漁師を辞めるつもりだったんですねー全部剛洋の為。 医者への思いを確かめて、抱きしめて最高でした。 昌代を神戸の病院に転院させるというけど、昌代の気持ちはここにいたいって、そうですよねーそれがあたしもいいと思います。 島の人達も口だけじゃなくて手伝って、支えてくれると思うし。 コトー先生も自分が焦っている姿が不安にさせたと思って、命を救うことだけが医者ではないこと…疲れている姿をみんなに見せたこと。 また素敵な医者になりましたね! 剛洋が東京に旅立ち、内さんが剛洋が医者になるまで生きてるって、それはちょっと無理だよね?剛洋が医者になる姿みたいけど、一体何年後?見送らないのは剛利らしいかったけど、剛洋が渡してくれと頼んだタオルを見て泣く姿はもうボロボロでしたーこんな顔初めて見た、寂しいに決まってるよね…。 でも剛利が漁師を辞めたのはやっぱりショックだし、剛洋にも行って欲しくないのが本音。 度々出てコトー先生が気にしていた石碑と病気で亡くなった医者がどうも気になったけど、なんかの序章? やっぱりコトー先生はいいですわ、是非是非また続編をやって欲しい。 コトー診療所・2004〜前編〜待望の最新作!親子愛・夫婦愛・家族の絆・コトーを襲う新たな試練 Dr. コトーはやっぱりいいですね〜美しい景色に温かい人達…。 コトーと彩佳をくっつけようとして、でも彩佳は奥さんのようですね。 島に教師として赴任してきた小沢一家。 コトー先生は自分の時は誰も歓迎がなかったと正一に言って無視されて、原さんに詰め寄るところは最高だわー横に並ぶと時任さん本当に大きいですね。 剛洋はひなに一目惚れ。 この尾崎千瑛ちゃんは「虹のかなた」でちひろ役の子ですよねー演技うまいですものね、でもちひろとかぶって「負けるもんか」って言い出しそうでした。 そしてひなはぜんそく持ちのようですが、この島は自然がいっぱいでとってもいいですものね。 小沢家に感化されて、信一が「ママ、パパ」って言い出して大騒ぎしているのは笑ったわ。 豊漁祭に剛利に船にちゃっかり乗せてもらってるコトー先生、でもやっぱりゲロゲロなのはさすがコトー先生。 夜になってもまだ後を引いていて、相当辛かったようですねーしかもお酒飲めないし、本当にダメダメですね。 剛洋の作文を読んで医者になりたい気持ちを知り、コトー先生に医者になる為にはどれくらいかかるのか聞きに行って、改めて医学部ってお金かかるんですね。 そして出掛けて行く剛利…剛洋の中学受験のことですね。 コトー先生が彩佳とくっ付かせようとしているのを知らなくて、彩佳の口から「結婚」って出ると慌てふためく姿は最高でした。 本当に鈍感ですね。 そしてついに昌代が倒れてしまって、倒れるのを知ってたけどいつ来るかドキドキしたわ。 この昌代が倒れるシーンで祭りのシーンと交互映し出されるのはすごかった…迫ってくる感じが恐いくらい。 病名は脳内出血…。 彩佳は昌代が頭が痛いと言っていたのに、電話で邪険に扱ってしまったことを後悔して、手術中に補佐が出来なくなってしまって当たり前だよねー普通家族のオペはしないようにするんだよね?でもここに他に看護師はいない…気丈にオペに立ち会う姿もたまらなかったです。 正一は酔っ払って帰って来て寝てしまっていたことを後悔して、重の前で泣き崩れる姿がたまらなかった。 こうゆう時は後悔ばっかりが思い出されてしまうよね…。 明日は更に辛い状況になりそうだけど、楽しみです。 また、レギュラー陣の吉岡や筧利夫らが参加した地方ロケを新たに加えて放送。 G U E S T 三上新一(山崎樹範)、北見康代(キムラ緑子)、荻野ツネ(大方斐紗子) Dr. コトー診療所 特別編 よかったー何度見ても「Dr. コトー診療所」はいいね! 三上医師の離島医師の話もよかった。 ほぼドラマの選りすぐりエピソードだったが、 なんと言っても最後の雑誌に巽がコトー先生の事を書いてくれた事が感動した。 うまい2夜だったと思いました。 DVD-BOX 原作 サウンドトラック 連続ドラマ G U E S T 第 1 話 美しい南の島から、心温まる感動の物語 第 2 話 故郷で暮らす母へ 内誠 國村隼 第 3 話 赤ちゃんを助けて 坂野ゆかり(桜井幸子) 第 4 話 病気を診るな、人を診ろ 芦田ゆき(木村佳乃)、芦田雄一郎(竜雷太)、安部純一(井澤健)、安倍広子(白川和子) 第 5 話 手術で治せない病 芦田ゆき(木村佳乃)、芦田雄一郎(竜雷太)、安部純一(井澤健)、安倍広子(白川和子) 第 6 話 愛するわが子へ 杉本竜一(神木隆之介) 第 7 話 巣立ち 杉本竜一(神木隆之介)、安藤リカ(伊藤歩)、古川徹 柏原収史 第 8 話 救えない命 第 9 話 暴かれた過去 巽健司(津田寛治) 第 10 話 この島を出て行け 巽健司(津田寛治) 最終話 新たな旅立ち 三上新一(山崎樹範)、奥村教授(大和田伸也)、熊谷幹事長(勝部演之).

次の

神木隆之介子役時代の代表作は何?ドラマと映画、一覧と画像!

ドクター コトー 神木 隆之 介

神木隆之介と母親の関係 神木隆之介さんのお母さんは大病をして 今後どれだけ生きられるか分からない我が子に全ての愛情を注いで育てていました。 かわいい隆之介くんの 生きた証を残したいということで、 「セントラルグループ・セントラル子供タレント」へ入団させました。 隆之介くんが 2歳の頃です。 そのことに関して神木隆之介さんは 写真をたくさん残すだけでなく、雑誌の表紙などメディアに載っている生きた証をいろいろな人に見てもらいたかったのではと語っています。 それから隆之介くんは新たな感染症などはなく、回復してすくすくと育っていきました。 小さな子どもに対して病気を治すために大人が出来ることってほとんどないですよね。 無力感に苛まれて、文化的な事に力を使うことって普通できることではありません。 お母さんは本当に深い愛情を持って行動されていたんだなあと感じます。 神木隆之介さんはどちらかと言えばやはりお母さんっ子なんだそうです。 今でも一緒に買物に出かけたりするそうですよ。 神木隆之介の友達は 神木隆之介さんには親友と呼べる友達が複数いるようですよ。 元々人懐っこい性格の神木さんの周りにはいい人がたくさん集まるんみたいです。 山田涼介と中村隼人 神木隆之介さんはHey! Say! JUMPの 山田涼介さんと 堀越学園高校時代からの親友で、歌舞伎役者の 中村隼人さんと三人でに飲みに行ったりすることがあるそうですよ。 二十歳になった時、一緒にお酒を飲んで、 ビールジョッキ半分で酔っ払った神木さんを二人が介抱してくれたエピソードを語っていますし、プライベートでもよく食事や飲みに行っているんですって。 忙しい芸能活動の合間に、こういった時間が本当に大切だと感じているそうですよ。 野村周平 野村周平さんも神木隆之介さんの 堀越学園高校の同級生なんですって。 同じクラスに人気俳優が三人もいたなんて豪華な教室ですよね。 野村周平さんにとって神木さんは俳優としては尊敬する大先輩なんだとか。 2011年の単発ドラマ 「高校生レストラン」共演した際に神木さんの実力に驚いたと語っています。 根幹の部分からにじみ出てくるような演技を目の当たりにして、 「すきがあれば技を盗みたい」と思うようになったそうです。 しかし表面的な 「技」ではない部分は盗めるものではない気がしますよね。 俳優それぞれが持つ独特なものだと思います。 野村周平さんも 「自分を殺して役になりきる」と語っていますし、 世阿弥の言葉のように表現者の本質を理解しているんじゃないでしょうか。 野村周平さんについては記事がありますのでぜひチェックしてみてください。 参考記事のリンク 以上、今回は• 神木隆之介プロフィール• 神木隆之介は子役時代がかわいい!• 神木隆之介は病気だったって本当?• 神木隆之介と母親との関係• 神木隆之介の友達 という内容でお送り致しました。 神木隆之介さんの中学や高校などについては別記事がありますので、チェックしてみてください。 また、歌も得意らしいですが、その関連記事もぜひどうぞ。 それは幼少期の病気を周囲の愛情を受けて克服した時から運命づけられたもののような気がします。 お母さんや周りの人、ファンの方やこれから初めて自分を見る人々全部に対して感謝を忘れない神木隆之介さんは既に大俳優の域に達しているような気がします。

次の