ゼノンザードtheanimation。 ゼノンザード THE ANIMATION : 作品情報

【ゼノンザード】JZL優勝デッキまとめ|JZLについても解説!【zenonzard】

ゼノンザードtheanimation

2019年6月16日 日 開催国内最大級の eスポーツイベント「RAGE 2019 Summer」レポート! 12回目となる今大会は、最後まで気の抜けない展開に 〜MCの霜降り明星も大興奮・ゲーム愛炸裂〜 2019年6月16日(日)、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2019 Summer」を幕張メッセで開催しました。 当日の日中は気温約30度の夏日でしたが、会場内はそれに負けない熱気に包まれました。 会場内には恒例の物販ブースや、100台以上を充電できるスマホ充電コーナー、人気グッズが当たるスタンプラリーコーナーなども。 来場者が長く快適に滞在しやすい工夫がされていました。 さらに今回スマホ充電コーナーでは、発売されたばかりのシャープ株式会社の最新スマホ端末「AQUOS R3」が展示され、体験する来場者も多くいらっしゃいました。 自身も「Shadowverse」ファンであると公言する粗品さんが、「GRANDFINALS」への熱い想いを語りました。 場内が暗転すると、6,000名の中から勝ち上がったファイナリスト8名がステージに登壇。 優勝賞金400万円と世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019」 優勝賞金100万ドル への出場権がかかっている戦いとあり、どの選手も真剣な表情を見せていました。 実況解説席には、フリーアナウンサーの平岩康佑さん、解説のまるさんが登場。 さらに第1・第2試合のゲストコメンテーターとして、よしもとLibalent所属のソルト選手、「RAGE Shadowverse Brigade of the Sky」のチャンピオンAAAA選手も登場し、一同初戦から目が離せない戦いになっているとコメントしました。 結果、優勝候補のかさご選手をAdams選手が破り、オープニングゲームから波乱の幕開けとなりました。 抽選で選出された200名以上の女性プレイヤーが決勝進出をかけて戦いました。 ブース内では、持参のヘッドホンを装着して集中するなど、熱心な女性プレイヤー達の姿も目立ちました。 決勝に上がったファイナリスト4名による決勝戦は、今月22日(土)都内スタジオでおこなわれる予定です。 また、場内では、その場に集まった「Shadowverse」プレイヤーが4人ひと組でトーナメントに参加できる「Shadowverse4名フライト式トーナメント」も開催。 黙々とプレイする方、バトルに歓声をあげる方など、会場は常に多くの「Shadowverse」プレイヤーの熱気に包まれていました。 プロデューサーの小谷英斗さん、オフィシャルサポーターの霜降り明星、番組進行にはタレントの石田晴香さんが登場。 小谷さんは「おそらく世界初となるカードゲーム特化型AIが友でありライバルにもなりうる」とゲームの醍醐味を語りました。 さらに、「ゼノンザード」のキャラクター声優陣もスペシャルゲストとして登場。 「ゼノンザード THEANIMATION」の主人公・東蒼汰役の島崎信長さん、「芸人AI」ヨルスケ・ヨーライハ役の立花慎之介さん、「アイドルAI」ノノイン・ニルオン役の近藤玲奈さんなど、豪華メンバーが集合して華やかな配信となりました。 番組は、石田晴香さんとせいやさんによるフレンドマッチからスタート。 試合前、「このバトルのためにやり込んできました」と話す石田さん。 せいやさんは「品川から新大阪までの往復の度、練習しました」と意気込みをコメント。 しかし、ゲーム開始直後にせいやさんが初歩的なミスをし、会場からは笑いが起こります。 石田さんが勝利後、近藤玲奈さんがノノイン・ニルオンの声で「楽勝だったね!」とコメントすると再び会場に笑いが起こるなど、来場者と一緒に終始笑いに包まれた配信になりました。 その後も、アニメーションの詳細情報や、世界初公開となるPVの解禁、粗品さんとオフィシャルAIによるバトルなどが続き生配信ならではの一体感で盛り上がりを見せました。 アプリ試遊コーナーには、独自のタッチチューニング技術とディスプレイの湾曲した形状がマッチすることで、ゲームと相性の良い端末、シャープ株式会社の「AQUOSzero」が用意されていました。 来場者は、「ゼノンザード」のチュートリアルバトル、公式AIとの対決などを楽しんでいました。 最大160名のオフライン予選を通過した上位16名が、招待選手を交えた決勝大会への参加権を獲得しました。 オープニングでは、予選突破選手がステージに集結。 それぞれの選手が、味方に頼らず1人で戦う「RAGE PUBG MOBILE SOLO CHALLENGE」ならではの不安や、本決勝大会にかける想いを語りました。 招待選手の1人であるMitchel選手は「自宅でやるときとは環境が違うので、トラブルに気をつけたい」と緊張した面持ちでコメント。 「今日応援しに来てくださっているファンの方もいらっしゃるので、いいところを見せられるように頑張ります」と笑顔で続けました。 ブース内の席は満席で、ブースの外から立ち見客も多数。 ゲームがはじまると、観客はさらに増加。 ファインプレーが起こる度、大きな響めきが起こる盛り上がりでした。 激戦の末、見事優勝を勝ち取ったのは、Sekamen選手。 2位以下の選手と圧倒的な差をつけての勝利。 表彰式では「最高に気持ちいいです。 応援ありがとうございました」と、晴れ晴れした表情を見せました。 場内には、リリースから1日で10万ダウンロードを突破して話題、株式会社モブキャストゲームスのスマホ向け対戦型シミュレーションRPG「ナナカゲ〜7つの王国と月影の傭兵団〜」の体験ブースの出展も。 来場者同士で戦う席や、プロデューサーの祝(はふり)さんと対戦できる席が設けられ、多くの方が対戦を楽しんでいました。 見事、賞金と世界大会への切符を勝ち取りました。 インタビューでは「色んな人に練習に付き合ってもらいました。 ありがとうございます。 1戦目は緊張しましたが、2戦目、3戦目と本来のプレーができました」と優勝した嬉しさを語りました。 優勝賞金の使い道について聞かれると、霜降り明星せいやさんの「M-1優勝賞金を奨学金返済に充てました」というコメントを受けて、「仲間と飲みに行きたい。 僕も、大学の奨学金を返したいです」と締めくくりました。 せいやさんは「女性のお客さんが多く、これからさらに女性が入りやすいイベントになるといいと思いました」とコメント。 粗品さんは「どのブースも自分の好きなタイトル。 楽しいイベントに、仕事で来させてもらえるなんて最高です」と話しました。 次回「RAGE Shadowverse 2019 Autumn GRANDFINALS」開催は、2019年9月21日(土)に秋葉原UDXでおこなわれます。 jp)をご確認ください。

次の

ゼノンザード THE ANIMATION : 作品情報

ゼノンザードtheanimation

10 0 6. The year 20XX. Humans called and ultra-high-performance AI called team up as buddies to compete in the card battle game ZENONZARD. People... More are going wild with excitement at the world championships, THE ZENON. One day, Azuma Souta, an average high school student, is challenged to a battle by a mysterious woman, Eilietta Lash. Souta reluctantly agrees. No ads when logged in• Follow Anime you enjoy watching• Get notifications when they air• Share your library with friends• Discover new Anime•

次の

ゼノンザード THE ANIMATION(TVアニメ動画)【あにこれβ】

ゼノンザードtheanimation

2019年6月16日 日 開催国内最大級の eスポーツイベント「RAGE 2019 Summer」レポート! 12回目となる今大会は、最後まで気の抜けない展開に 〜MCの霜降り明星も大興奮・ゲーム愛炸裂〜 2019年6月16日(日)、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2019 Summer」を幕張メッセで開催しました。 当日の日中は気温約30度の夏日でしたが、会場内はそれに負けない熱気に包まれました。 会場内には恒例の物販ブースや、100台以上を充電できるスマホ充電コーナー、人気グッズが当たるスタンプラリーコーナーなども。 来場者が長く快適に滞在しやすい工夫がされていました。 さらに今回スマホ充電コーナーでは、発売されたばかりのシャープ株式会社の最新スマホ端末「AQUOS R3」が展示され、体験する来場者も多くいらっしゃいました。 自身も「Shadowverse」ファンであると公言する粗品さんが、「GRANDFINALS」への熱い想いを語りました。 場内が暗転すると、6,000名の中から勝ち上がったファイナリスト8名がステージに登壇。 優勝賞金400万円と世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019」 優勝賞金100万ドル への出場権がかかっている戦いとあり、どの選手も真剣な表情を見せていました。 実況解説席には、フリーアナウンサーの平岩康佑さん、解説のまるさんが登場。 さらに第1・第2試合のゲストコメンテーターとして、よしもとLibalent所属のソルト選手、「RAGE Shadowverse Brigade of the Sky」のチャンピオンAAAA選手も登場し、一同初戦から目が離せない戦いになっているとコメントしました。 結果、優勝候補のかさご選手をAdams選手が破り、オープニングゲームから波乱の幕開けとなりました。 抽選で選出された200名以上の女性プレイヤーが決勝進出をかけて戦いました。 ブース内では、持参のヘッドホンを装着して集中するなど、熱心な女性プレイヤー達の姿も目立ちました。 決勝に上がったファイナリスト4名による決勝戦は、今月22日(土)都内スタジオでおこなわれる予定です。 また、場内では、その場に集まった「Shadowverse」プレイヤーが4人ひと組でトーナメントに参加できる「Shadowverse4名フライト式トーナメント」も開催。 黙々とプレイする方、バトルに歓声をあげる方など、会場は常に多くの「Shadowverse」プレイヤーの熱気に包まれていました。 プロデューサーの小谷英斗さん、オフィシャルサポーターの霜降り明星、番組進行にはタレントの石田晴香さんが登場。 小谷さんは「おそらく世界初となるカードゲーム特化型AIが友でありライバルにもなりうる」とゲームの醍醐味を語りました。 さらに、「ゼノンザード」のキャラクター声優陣もスペシャルゲストとして登場。 「ゼノンザード THEANIMATION」の主人公・東蒼汰役の島崎信長さん、「芸人AI」ヨルスケ・ヨーライハ役の立花慎之介さん、「アイドルAI」ノノイン・ニルオン役の近藤玲奈さんなど、豪華メンバーが集合して華やかな配信となりました。 番組は、石田晴香さんとせいやさんによるフレンドマッチからスタート。 試合前、「このバトルのためにやり込んできました」と話す石田さん。 せいやさんは「品川から新大阪までの往復の度、練習しました」と意気込みをコメント。 しかし、ゲーム開始直後にせいやさんが初歩的なミスをし、会場からは笑いが起こります。 石田さんが勝利後、近藤玲奈さんがノノイン・ニルオンの声で「楽勝だったね!」とコメントすると再び会場に笑いが起こるなど、来場者と一緒に終始笑いに包まれた配信になりました。 その後も、アニメーションの詳細情報や、世界初公開となるPVの解禁、粗品さんとオフィシャルAIによるバトルなどが続き生配信ならではの一体感で盛り上がりを見せました。 アプリ試遊コーナーには、独自のタッチチューニング技術とディスプレイの湾曲した形状がマッチすることで、ゲームと相性の良い端末、シャープ株式会社の「AQUOSzero」が用意されていました。 来場者は、「ゼノンザード」のチュートリアルバトル、公式AIとの対決などを楽しんでいました。 最大160名のオフライン予選を通過した上位16名が、招待選手を交えた決勝大会への参加権を獲得しました。 オープニングでは、予選突破選手がステージに集結。 それぞれの選手が、味方に頼らず1人で戦う「RAGE PUBG MOBILE SOLO CHALLENGE」ならではの不安や、本決勝大会にかける想いを語りました。 招待選手の1人であるMitchel選手は「自宅でやるときとは環境が違うので、トラブルに気をつけたい」と緊張した面持ちでコメント。 「今日応援しに来てくださっているファンの方もいらっしゃるので、いいところを見せられるように頑張ります」と笑顔で続けました。 ブース内の席は満席で、ブースの外から立ち見客も多数。 ゲームがはじまると、観客はさらに増加。 ファインプレーが起こる度、大きな響めきが起こる盛り上がりでした。 激戦の末、見事優勝を勝ち取ったのは、Sekamen選手。 2位以下の選手と圧倒的な差をつけての勝利。 表彰式では「最高に気持ちいいです。 応援ありがとうございました」と、晴れ晴れした表情を見せました。 場内には、リリースから1日で10万ダウンロードを突破して話題、株式会社モブキャストゲームスのスマホ向け対戦型シミュレーションRPG「ナナカゲ〜7つの王国と月影の傭兵団〜」の体験ブースの出展も。 来場者同士で戦う席や、プロデューサーの祝(はふり)さんと対戦できる席が設けられ、多くの方が対戦を楽しんでいました。 見事、賞金と世界大会への切符を勝ち取りました。 インタビューでは「色んな人に練習に付き合ってもらいました。 ありがとうございます。 1戦目は緊張しましたが、2戦目、3戦目と本来のプレーができました」と優勝した嬉しさを語りました。 優勝賞金の使い道について聞かれると、霜降り明星せいやさんの「M-1優勝賞金を奨学金返済に充てました」というコメントを受けて、「仲間と飲みに行きたい。 僕も、大学の奨学金を返したいです」と締めくくりました。 せいやさんは「女性のお客さんが多く、これからさらに女性が入りやすいイベントになるといいと思いました」とコメント。 粗品さんは「どのブースも自分の好きなタイトル。 楽しいイベントに、仕事で来させてもらえるなんて最高です」と話しました。 次回「RAGE Shadowverse 2019 Autumn GRANDFINALS」開催は、2019年9月21日(土)に秋葉原UDXでおこなわれます。 jp)をご確認ください。

次の