たらこ レシピ。 たらこを使ったレシピ13選|タラコの美味しい焼き方や明太子との違いも

たらこの人気レシピ22選!簡単おつまみからメインのおかずまで

たらこ レシピ

たらこを使ったアレンジ料理で特におすすめなのがタラモサラダです。 火を通したじゃがいもにたらことマヨネーズ、塩こしょうで味付けをするだけ。 レシピによっては醤油やめんつゆを加えるものもあります。 粉ふき芋にしてたらこを和えるだけでも立派なひと品に仕上がります。 作り置きしておけば、サンドイッチや、少量の牛乳で溶いてグラタンに活用したりとアレンジを楽しめます。 クラッカーを添えて、ワインのお供としていただくのもすてき! バリエーションに困ったら、たらこの出番 今回ご紹介したたらこを使った料理はどれも素材に加えたり和えたりするだけで作れるので、「冷蔵庫にあるもの、プラスたらこ」で一品作ることができちゃいます。 味付けのバリエーションってアイデア勝負な側面もあるので悩みがちですが、たらこを和えるという技を身につけると色々なアレンジ料理を作れるようになるはずです。 たらこは冷凍保存もできて解凍も早いので、ストックしておくのもおすすめです。 ぜひ、たらこ料理に挑戦してみて下さいね。 関連記事:.

次の

たらこがあれば怖いものなし!?リピートしたくなるアレンジレシピ5選

たらこ レシピ

鶏ささ身 4本• 大葉 4枚• カボチャ 100g• 塩コショウ 少々• 小麦粉 適量• たらこ 1腹• Aかつお節 3g• B水 80~100ml• 揚げ油 適量• 鶏ささ身は1枚に開き、塩コショウを振ります。 カボチャは種とワタを取り、薄切りにして塩コショウをします。 たらこは切り込みを入れて中身を出し、 材料Aを加えて混ぜます。 材料Bを混ぜます。 大葉の片面に 材料Bをよく混ぜたものをつけて、ささみの切り口を閉じる様にはさみます。 たらこ 1本• 冷凍うどん 2袋• バター 10g• 薄力粉 大さじ2• 牛乳 200cc• Aこしょう 少々• たらこは中身を取り出し、かいわれ菜は根元を切り落とします。 耐熱容器に冷凍うどんを入れ、600Wのレンジで3分加熱して水気を切ります。 バターを入れてレンジで10秒加熱して溶かし、薄力粉を加えて混ぜ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、さらに1分加熱して混ぜます。 材料Aを加えて混ぜ、たらこの半量を加えてさらに混ぜます。 器にうどんを盛り、たらこソース、残りの明太子、かいわれ菜をのせたら完成です。 米 2合• Aベーコン(ハーフ)4枚• Aコンソメキューブ 1個• Aにんにく 2片• バター 10g• 卵 4個• 牛乳 大さじ2• 小麦粉 大さじ2• バター 大さじ1• たらこ 2腹• 牛乳 200ml• こんぶ茶 少々• 塩 少々• 米を研ぎ、2合分の水をいれ、 材料Aを乗せ普通に炊きます。 鍋にバターをとかし、火を弱め、小麦粉を入れて混ぜ、少しずつ牛乳を加え、とろみをつけたら明太子を入れて最後に昆布茶で味を整えます。 ご飯がたけたらバターをいれて混ぜてお皿に盛ります。 フライパンにサラダ油をひき、牛乳と卵を混ぜたものを流し入れ、ゴムベラで混ぜながら火を入れたら、ご飯の上にのせて完成です。

次の

たらこを使ったレシピ13選|タラコの美味しい焼き方や明太子との違いも

たらこ レシピ

たらこと明太子は含まれる栄養成分が違います。 しかし、たらこと明太子の親魚は同じですので、そもそもの栄養成分は同じで、明太子にすると増える成分があるということです。 まずたらこですが、たんぱく質が非常に豊富です。 次いでビタミンB1や亜鉛、ナトリウム、葉酸、ビタミンC、脂質やカリウムが含まれます。 たんぱく質が豊富なのに脂質や糖分が少ないので「高たんぱく低脂質の食品」ということになります。 体の組織作りのために必要な栄養成分が豊富に含まれていますね。 たらこも明太子も含まれる塩分は多いので、1日に食べる量は50gまでにしましょう。 お弁当や夕食のあと1品に大活躍の卵焼きにもたらこは相性抜群です!おつまみにもぴったりですよ。 いつもと違った卵焼きをぜひお試しください。 たらこと一緒に入れるとろけるチーズがポイントです。 たらことチーズの卵焼きの作り方• 1たらこは中身を取り出しておきます• 2ボールに卵2個とめんつゆ小さじ1、味の素ひとつまみを入れて混ぜ合わせます• 3熱したフライパンに油を引いて、卵を薄く流し入れます(弱火)• 5表面が乾いてきたら、並べた方からくるくる巻いていきます• 6残りの卵液も数回に分けて流し入れ、繰り返し巻いていけば完成です たらこを使ったレシピ8個目は、たらこあんかけオムライスです。 お家で食べるオムライスはケチャップやデミグラスソースが定番かと思いますが、たらこと鶏ガラスープの素があれば、簡単にたらこソースが作ることができます。 いつものオムライスが違った味わいになりますね。 たらこあんかけオムライスの作り方• 1玉ねぎをみじん切り、ベーコンを一口大に切ります• 2フライパンにバターを引いて、玉ねぎを飴色になるまで炒め、ベーコンも入れます• 3ご飯を入れて、バターとしょうゆをそれぞれフライパン2周くらいまわしかけます• 4最後にマヨネーズをフライパン1周くらいまわしかけ、ご飯は別皿に移しておきます• 5フライパンに多めの油を引き、フライパンになじませたら余分な油は拭き取ります• 6卵3個を箸で10回ほど混ぜるように溶きます• 7卵を一気に流し込み、フライパンを揺らしながら箸でぐるぐると混ぜます• 8表面が半熟で、底が少し固まってきたら火を止め、1人分のご飯を真ん中に乗せて包みます• 9フライパンにあんにしたい分の水を入れ、たらこの中身を取り出して入れたらひと煮立ちさせます• 10鶏がらスープの素を入れて、味見をしながら調節します(少し濃いめがおすすめ)• 11片栗粉を入れてとろみをつけたら完成です たらこを使ったレシピ9個目は、たらこのポテトサラダです。 いつものポテトサラダにたらこが加わるとアクセントになって美味しいですよ。 めんたいポテトサラダの辛さが苦手な方も、たらこなら安心です!じゃがいもは茹でずにレンジでチンするだけなので、時短レシピです。 たらこのポテトサラダの作り方• 1たらこは魚焼きグリルで3分焼いてほぐしておきます• 2きゅうりをいちょう切りにしてひとつまみの塩を振っておきます• 3ハムは半分に切って5㎜、玉ねぎは1㎜のスライスにして水にさらしておきます• 4じゃがいもに切り込みを入れ、ふんわりとラップをしてレンジで6分チンします• 5じゃがいもフォークで潰しながら皮を取ります• 6じゃがいもがアツアツの内に、マヨネーズ大さじ1と酢小さじ2を混ぜ合わせます• 7きゅうりは絞らずそのまま加え、ハムと絞った玉ねぎ、たらこを加えます• 8粗熱が取れたら、仕上げにマヨネーズ大さじ1と塩コショウで味を整えて完成です たらこを使ったレシピ11個目は、ハッセルバックポテトたらこマヨです。 スウェーデン発祥の料理で、じゃがいもに切り込みを入れて焼くだけのお手軽な料理なのに、写真映えもしてパーティーにもピッタリと今ブームになっています!じゃがいもとたらこマヨが相性抜群ですよ。 ハッセルバックポテトたらこマヨの作り方• 1じゃがいもをよく洗い、皮つきのまま切り落とさないように5mm間隔の切り込みを入れます(じゃがいもの下に割りばし2膳を置くと、切り落とし防止になります)• 2流水で切り込みの間をよく洗い、15分ほど水に浸して水気を拭きます• 3スキレットか耐熱皿にじゃがいもを置き、オリーブオイル大さじ1を切れ込みにも入るようにかけます• 4塩コショウをかけ、220度のオーブンで45分焼きます• 5途中の30分ほどで1度取り出し、たらことマヨネーズを混ぜ合わせたものを塗って再びオーブンに戻します• 6焼きあがったら粗びきコショウを少々かけて完成です たらこを使ったレシピ13個目は、青梗菜のたらこソースがけです。 青菜とたらこも実は相性が良いのです。 ソースの作り方を覚えたら、ほうれんそうや小松菜でもアレンジしてみてください。 青梗菜のたらこソースがけの作り方• 1青梗菜は縦に4等分にして、水に浸します• 2根元の泥がゆるんだら、洗い流してさらに縦に4等分に切り、さっと洗って水けを切ります• 5茎がやや透き通ってきたらざるに上げて広げ、そのままさまして水けを飛ばします• 6青梗菜がさめたら、器に盛ってたらこソースをかけ、好みの量のねぎとしょうがのみじん切りをふったら完成です.

次の