唐津競艇 特徴。 【ボートレース】唐津競艇場徹底攻略!特徴や予想の仕方を詳細解説!

競艇選手の階級や特徴とは?本当の実力を見極める方法!

唐津競艇 特徴

ボートレース唐津の最大の特徴は「風による影響が強い」という点。 朝は向かい風、午後は追い風と変化する。 北に唐津湾、虹の松原、東に鏡山など、景勝地に囲まれた唐津。 水面は南北方向にレイアウトされ、年間では追い風が半分、向かい風が40%とほとんど風が吹いている。 ほぼモーニング開催の唐津は、基本的に向かい風。 でもレース後半は追い風と1日のうちで結構変化する。 ピットから2マークまでの距離は178mと全国で一番遠く、待機行動時間も1分50秒と最も長い。 競走水面はプールで、水質は淡水、または汽水。 汽水は淡水と海水が混ざってる水のことね。 競走水面の大きさが特徴の一つにあって、周辺は木と草に囲まれてる。 唐津競艇場(ボートレース唐津)のデータ.

次の

【巨大水面】ボートレース唐津の予想で万舟券を狙う水面特徴と展開や企画番組を完全攻略! 2020年7月

唐津競艇 特徴

1.水面特徴 ボートレース唐津(唐津競艇場)の競走水面は淡水で、全国24の競艇場(ボートレース場)の中でも有数の広さを誇るプールとして知られています。 ピットから1マーク側の対岸までの距離が約600m。 大時計から電光掲示板が設置されている対岸までの距離が約125m。 とにかく広い競走水面です。 ピットから2マークまでの距離が178mと非常に長くなっています。 これにより、ピット離れの善し悪しで、コース取りが大きく左右されているのは間違いありません。 ボートレース唐津(唐津競艇場)でのレースを面白くしている一因でもあります。 レース展開を大きく左右する風向き。 ボートレース唐津(唐津競艇場)の競走水面では、年間を通してホーム追い風となることが多くなります。 夏場の7~8月に緩い向かい風となることもありますが、ほぼ追い風のコンディションと考えていいと思います。 追い風となれば、スロー起こしのインコースが強くなるのがセオリーです。 風速2~3mくらいの追い風なら、イン水域がキッチリとスタートを決めれば、逃げ切り勝ちが多くなります。 しかし、風速6~7m以上の追い風になると状況は変わります。 インコース受難と言っても過言ではありません。 インコースやまくりに行った選手が、1マークで流れることが多くなり、差しが決まるようになります。 握って出る選手の右隣の選手は、展開が向くことが多いのも特徴です。 風向きに関わらず、バックストレッチは内側の艇が伸びる傾向があります。 1マークで最内を差して、2マークを先マイ。 そんなシーンが数多くあるだけに、差しが上手い選手にも注意が必要です。 スタートの難しいプールとも言われているボートレース唐津(唐津競艇場)。 走り慣れている地元勢、もしくは当地水面で好成績を残している選手にとっては、それだけでプラスアルファがあると考えていいでしょう。 それでも広くて走りやすい競走水面であるのは間違いありませんが、アウト勢にとってはその広さがアダとなる場合もあります。 アウトコースから好スタートを決めて、内側を絞りに行っても、その間に内側が伸び返すため、外からのまくりは決まりにくい傾向にあります。 基本はインコース~センターコースが幅を利かす競走水面です。 引用元:ボトレースからつHP競争水面データ 2.コース別データ 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP データを見る限りでもインコース~センターコース水面でアウトコースには少々厳しい水面だというのがわかります。 ただし、全国でも有数な広い水面だけあって決まり手が抜きが多いのもボートレース唐津(唐津競艇場)ならではなのではないでしょうか。 3.モーター情報 ボートレース唐津(唐津競艇場)のモーターデータに関してはを参照ください。 ボートレース唐津(唐津競艇場)のモーターは標準型を使用していたが、平成22年7月16日の開催から減音型(301型)に変わっています。 また、ボートレース唐津(唐津競艇場)のみ電波障害対策型エンジンを採用しています。 ボートレース唐津(唐津競艇場)のモーター交換時期は8月になります。 8月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、8月以降の9月や10月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *参考 4.まとめ ボートレース唐津(唐津競艇場)は、建物は「ホテル並みの豪華さ」をもつと評され、水面は全国24の競艇場(ボートレース場)の中でも有数の広さを誇るプールとして知られていますので全ての面で他の競艇場とは一線を画すスケールで競艇場に足を運ぶだけで楽しめるのではないでしょうか。 ボートレース唐津(唐津競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の

強い風には要注意!唐津競艇場の特徴と予想するコツを徹底解析して紹介します。

唐津競艇 特徴

・ 風の影響が超大事。 1・2レースは約半数のレースで向かい風が吹いている。 後半になり気温が上がってくるにつれ海からの北風が吹いて来るので、追い風の割合が高くなってくる(実に7割以上)。 後半になると強い追い風が吹く事もしばしば。 追い風時の影響。 5メートルを超える追い風の時は全速で行くとインは差される。 つまり膨らんでしまう為 2コースや4コースの差しが決まりやすくなる。 追い風が7メートルを超えてくるとインは凄く苦しくなる。 どこかで必ず落とさないと行けない為全速では行けない。 落としすぎると 3コースからの全速ツケマイが決まりやすくなる。 握って回れる為、 基本はインが強い競艇場。 ・ ピットから第2ターンマークまでの距離が178mも有りモーター性能の差をチェックしやすい。 また 進入も変わる可能性が有る。 ・ プール型で水質は淡水または汽水。 ・ 佐賀支部のスーパースターあの峰選手でさえ 唐津で追い風が7m以上吹くとインからはかなり厳しいとコメントしています。 強い追い風の時は穴党の出番のようです。 ・ 待機行動時間が1分50秒で他の場よりも10秒長い。 さらに 追い風が多いので前付けに行く選手は流れやすい。 起こしが100m割る事も。 追い風の影響はこんなところにも。 ・ 広い水面ゆえにチルト3度まで設定されているがほとんど使う選手はいない、、、?もしチルトを跳ねている選手が居れば捲りに行く気がある証拠なので展開予想に組み込もう。 ・ モーニング開催。 (10時前に第1Rがスタートする) コース別成績 (総合) コース 出走数 勝率 1着率 2連対率 3連対率 F L 平均ST 1 コース 2304 7. 84 54. 15 2 コース 2301 5. 67 15. 17 3 コース 2299 5. 44 13. 17 4 コース 2298 4. 98 10. 17 5 コース 2297 4. 14 5. 18 6 コース 2280 2. 91 1. boatrace-db. boatrace-db.

次の