山中 伸弥 コロナ。 【 最新 】iPS研究所の山中伸弥教授 コロナHP 『 最低1年は我慢を 』

iPS研究所の山中教授「最低1年は我慢を」 新型コロナ終息へ「専門外」でも情報発信続ける|社会|地域のニュース|京都新聞

山中 伸弥 コロナ

サイトは「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」()で、13日に開設。 新型コロナをめぐる社会の様々な動きや対策にも言及し、「個人の責任で」独自の分析を交えて解説している。 「甲子園(選抜高校野球大会)中止の本当の理由」と題した項目では、高校生は感染しても大半は風邪程度の症状だと説明。 「中止は周囲の高齢者を守り、感染者が急増して医療や社会が破綻するのを防ぐため。 選手は周囲や社会のために夢を犠牲にしてくれている」と思いやった。 中国の商業施設で発生したクラスター(感染集団)の論文に対しては、「日本での感染防止を考える上で貴重な情報。 潜伏期間も1日から17日と患者によって大きく異なる点にも注意」とコメントした。 山中教授は読売新聞の取材に、「国難とも言える状況を本当に心配している。 医学研究者として、論文などから分かる正しい情報を発信していきたい」と強調した。 あわせて読みたい•

次の

山中伸弥教授がコロナウイルスに関してHPを作ったようですがこの人っ...

山中 伸弥 コロナ

Sponsored Link 山中伸弥教授 コロナHP開設 2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授が、新型コロナの終息に、『 最低1年は我慢を 』と述べました。 山中教授のコロナHPをすぐに読みたい方は読み飛ばしてください。 新型コロナウイルスのHP開設 【 ニュース記事 】 山中伸弥教授が先日、新型コロナウイルスについてのホームページを開設しました。 マラソンランナーでもある山中教授は、 コロナとの闘いを『 長いマラソン 』と表現しました。 ・帰国後、研究環境の米国との落差に悪戦苦闘の日々が始まるようになる。 アメリカ合衆国と異なりネズミの管理担当者がおらず、ネズミの管理に忙殺された。 ・また当時としてはiPS細胞の有用性が医学研究の世界において重視されておらず、周囲の理解を得られずに批判される毎日が続き、半分うつ病状態になった。 ・基礎研究を諦め、整形外科医へ戻ろうと半ば決意した中、科学雑誌で見つけた奈良先端科学技術の公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。 」と考え、応募したところ、採用に至り、アメリカ時代と似た研究環境の中で再び基礎研究を再開した。 ・マラソンを趣味とし、奈良先端大時代は毎朝構内をジョギング、京都大学に移ってからも鴨川沿いを昼休みに30分走る。 ・2012年(平成24年)3月11日の京都マラソンで山中自身が完走することを条件に クラウドファンディングと呼ばれる募金方法によるiPS基金へ寄付を呼びかけたところ、金額は1000万円以上の寄付が集まった。 マラソンは4時間29分53秒で完走した。 5達成 Wikipediaにも書かれているように、山中伸弥教授がマラソンランナーでもあるということは知る人ぞ知るところですよね。 2020年2月16日 日 に開催された京都マラソンで、3時間22分34秒でゴールし自己ベストを更新しました。 2012年の京都マラソンが4時間29分53秒ですから、かなりタイムを縮められています。 私も負けていられません。 マラソンは iPS細胞の研究資金募金活動と趣味 山中教授にとってマラソン大会出場は、京都大学iPS細胞研究所の基金をPRする場ともなっているようです。 再生医療の普及や難病治療薬の開発の支援の寄付を呼び掛けるなどの活動もされています。 ノーベル賞受賞するまでの数々のチャレンジと挫折を乗り越えられたことを知り、本当に感動しました。 マラソンランナーでもある山中教授、研究資金を募るための有言実行のマラソン完走、自己ベスト更新を続けられています。 この感動に刺激を受けて、私もフルマラソンにトライしてみたいと思っています。 ホリエモンも知る人ぞ知るランナーです。

次の

山中教授、コロナのHP開設 闘いは「長いマラソン」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山中 伸弥 コロナ

Sponsored Link 山中伸弥教授 コロナHP開設 2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授が、新型コロナの終息に、『 最低1年は我慢を 』と述べました。 山中教授のコロナHPをすぐに読みたい方は読み飛ばしてください。 新型コロナウイルスのHP開設 【 ニュース記事 】 山中伸弥教授が先日、新型コロナウイルスについてのホームページを開設しました。 マラソンランナーでもある山中教授は、 コロナとの闘いを『 長いマラソン 』と表現しました。 ・帰国後、研究環境の米国との落差に悪戦苦闘の日々が始まるようになる。 アメリカ合衆国と異なりネズミの管理担当者がおらず、ネズミの管理に忙殺された。 ・また当時としてはiPS細胞の有用性が医学研究の世界において重視されておらず、周囲の理解を得られずに批判される毎日が続き、半分うつ病状態になった。 ・基礎研究を諦め、整形外科医へ戻ろうと半ば決意した中、科学雑誌で見つけた奈良先端科学技術の公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。 」と考え、応募したところ、採用に至り、アメリカ時代と似た研究環境の中で再び基礎研究を再開した。 ・マラソンを趣味とし、奈良先端大時代は毎朝構内をジョギング、京都大学に移ってからも鴨川沿いを昼休みに30分走る。 ・2012年(平成24年)3月11日の京都マラソンで山中自身が完走することを条件に クラウドファンディングと呼ばれる募金方法によるiPS基金へ寄付を呼びかけたところ、金額は1000万円以上の寄付が集まった。 マラソンは4時間29分53秒で完走した。 5達成 Wikipediaにも書かれているように、山中伸弥教授がマラソンランナーでもあるということは知る人ぞ知るところですよね。 2020年2月16日 日 に開催された京都マラソンで、3時間22分34秒でゴールし自己ベストを更新しました。 2012年の京都マラソンが4時間29分53秒ですから、かなりタイムを縮められています。 私も負けていられません。 マラソンは iPS細胞の研究資金募金活動と趣味 山中教授にとってマラソン大会出場は、京都大学iPS細胞研究所の基金をPRする場ともなっているようです。 再生医療の普及や難病治療薬の開発の支援の寄付を呼び掛けるなどの活動もされています。 ノーベル賞受賞するまでの数々のチャレンジと挫折を乗り越えられたことを知り、本当に感動しました。 マラソンランナーでもある山中教授、研究資金を募るための有言実行のマラソン完走、自己ベスト更新を続けられています。 この感動に刺激を受けて、私もフルマラソンにトライしてみたいと思っています。 ホリエモンも知る人ぞ知るランナーです。

次の